比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2009-03-31)

2015/11/01

ジャパンイメージコミュニケーションズの最新業績

業界:テレビ・ラジオ業界すぐ比較

ジャパンイメージコミュニケーションズの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からジャパンイメージコミュニケーションズの事業内容についても確認できます。 注意:ジャパンイメージコミュニケーションズの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2009-03-31:10

2008-12-31:3.64

2008-09-30:-3.18

2008-06-30:-10

営業収益

2009-03-31:46億7634万

2008-03-31:47億9716万

営業利益

2009-03-31:7億8111万

2008-03-31:7億6515万

経常利益

2009-03-31:7億8752万

2008-03-31:7億6697万

当期純利益

2009-03-31:4億6239万

2008-03-31:4億4824万

営業CF

2009-03-31:4億5310万

2008-03-31:4億5593万

もっと見る

投資CF

2009-03-31:-11億3957万

2008-03-31:-2905万

財務CF

2009-03-31:-887万

総資産

2009-03-31:29億4907万

2008-03-31:25億7631万

流動資産

2009-03-31:27億6528万

2008-03-31:24億0755万

現金及び現金同等物

2009-03-31:4億5471万

2008-03-31:11億5006万

2007-03-31:7億2319万

現金及び預金

2009-03-31:4億8471万

2008-03-31:11億8006万

もっと見る

固定資産

2009-03-31:1億8378万

2008-03-31:1億6876万

負債

2009-03-31:5億7776万

2008-03-31:6億5852万

流動負債

2009-03-31:5億7706万

2008-03-31:6億5139万

固定負債

2009-03-31:70万

2008-03-31:712万

純資産

2009-03-31:23億7131万

2008-03-31:19億1779万

2007-03-31:14億6955万

従業員数

2009-03-31:51

2008-03-31:48

2007-03-31:49

2006-03-31:46

もっと見る

臨時従業員数(外)

2009-03-31:5

2008-03-31:4

2007-03-31:8

2006-03-31:10

売上営業利益率

2009-03-31:16.7

2008-03-31:16

売上経常利益率

2009-03-31:16.8

2008-03-31:16

売上純利益率

2009-03-31:9.9

2008-03-31:9.3

ROA

2009-03-31:15.7

2008-03-31:17.4

ROE

2009-03-31:19.5

2008-03-31:23.4

もっと見る

自己資本比率

2009-03-31:80.4

2008-03-31:74.4

流動比率

2009-03-31:479.2

2008-03-31:369.6

固定比率

2009-03-31:7.8

2008-03-31:8.8

ジャパンイメージコミュニケーションズの事業内容

メインサブ
ジャパンイメージコミュニケーションズ
なし

書類を取得できませんでした。

ジャパンイメージコミュニケーションズの業績推移

ジャパンイメージコミュニケーションズの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、(株)WOWOW(当社)及び子会社3社、関連会社2社で構成され、放送番組を制作・調達し、これを放送衛星により有料でテレビ放送することを主たる業務とし、加入者の方々からの視聴料により、事業を運営しております。当社が番組の制作・調達を行い、放送衛星(=Broadcasting Satellite)を使ったデジタル有料放送サービス(デジタルフルハイビジョン・3チャンネル)を行っております。また、有料放送だけでなく、一部の放送時間帯においては無料の広告放送も行っております。ケーブルテレビ、通信衛星(=Communication Satellite)並びにIPTVといった...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社のその他の関係会社である(株)読売新聞グループ本社は、それぞれに子会社・関連会社から構成される企業集団を有し広範囲に事業を行っております。このうち、当社グループは、認定放送持株会社である当社と子会社48社及び関連会社28社から構成されており、セグメント区分ごとの事業内容は以下のとおりです。日本テレビ放送網(株)及び(株)日本は、テレビ番組を企画制作し、無料放送を行うことによるテレビ広告枠の販売、番組などのコンテンツの配信及びライセンス、映画の製作・公開、イベント・美術展の開催並びに通信販売を行っております。(株)日本は、110度衛星基幹放送事業及び番組供給事業を行ってお...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、平成19年4月2日に、(株)スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(以下、「スカイパーフェクTV」)とジェイサット(株)(以下、「JSAT」)が経営統合し、両社を完全子会社とする共同持株会社として設立されました。その後、平成20年3月31日に宇宙通信(株)(以下、「SCC」)を子会社化し、平成20年10月1日には、スカイパーフェクTVを存続会社としてJSAT及びSCCの3社が合併した新会社(スカパーJSAT(株) 以下、「スカパーJSAT」)を中核事業子会社とするグループとなりました。有料多チャンネル事業は、東経110度で運用中の衛星を利用し、デジタルテレビですぐに楽しめる約70チャ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団(以下、「当社グループ」という。)は当社、連結子会社15社及び関連会社3社で構成されており、主として(株)テレビ東京を中心とした地上波放送ならびに放送番組等を二次的に利用する権利その他放送番組等から派生する権利を利用した事業を行う地上波放送事業、放送事業等を機能的に補完する役割を担う子会社を中心とした放送周辺事業、(株)ジャパンを中心とした放送事業及び(株)テレビ東京コミュニケーションズを中心としたインターネット・モバイル事業を行っております。 また、当社は、その他の関係会社である(株)日本経済新聞社とも継続的な事業上の関係を有しております。教育、教養、娯楽及び報道の各ジ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社及び当社の関係会社(子会社2社及び関連会社4社(平成29年3月31日現在)により構成)においては、ラジオ・テレビ放送とこれに付帯する事業及びイベント企画、映像制作販売を主なる内容とした事業を展開している。...(20170620に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/20

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループは、当社、子会社7社及び関連会社4社で構成され、コンテンツ関連の分野、衛星放送関連の分野、放送設備関連の分野、スポーツ・レジャーの分野及びコンテンツ関連事業への出資の分野において幅広く事業展開を行っている。コンテンツ関連の分野においては、放送(ラジオ・テレビ)業務、番組の企画及び制作やそれに付随するプロダクション業務といった様々な業務を幅広く展開している。衛星放送関連の分野においては、通信衛星を通じ各地CATV局への番組供給及び委託放送(放送)事業を行っている。放送設備関連の分野においては、主に放送用送信所の建設・保守・監視といった業務を行っている。コンテンツ関連事業への出資の...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/22

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、平成29年3月31日現在、当社、子会社4社及び関連会社7社で構成され、放送関連事業、不動産関連事業を主たる業務としている。なお、放送関連事業及び不動産関連事業の2部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一である。放送関連事業 ─── 当社がテレビジョン、ラジオの放送及び放送に関連した事業を主催する他、持分法適用関連会社(株)インフォメーション・ネットワーク・コミュニティにおいて当社のテレビジョン放送を長野県の一部に有線による再送信をしている。連結子会社(株)コンテンツビジョン及び関連会社(...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループは、当社と子会社3社で構成され、商業テレビ・ラジオ放送、放送番組の企画制作並びに販売等の民間放送事業、ビル賃貸業等の不動産事業及び物品販売、各事業に関連する催物・イベントの請負、太陽光発電事業等のその他の事業活動を展開しております。○民間放送事業: 当社は、商業テレビ・ラジオ放送及びその番組の企画・制作・販売をしております。番組の企画・制作の一部は子会社株式会社ケービーシーメディア及び株式会社ケイ・ビー・シー映像が受注し、当社が全部を仕入れております。○不動産事業 : 当社は、新KBCビル・KBCビル・KBCパーキングビル等を賃貸し、子会社ケイビーシー開発株式会社が賃貸管理を行って...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高マイナス成長へ転落営業利益5年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益5年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益5年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社の企業集団は、当社、子会社1社及び関連会社2社で構成され、ラジオ放送、テレビ放送及び催物の実施を主な内容とし、更に事業に関連する放送番組の制作、販売、代理店業務等の事業活動を展開しております。また、主要株主である日本テレビ放送網(株)は当社のキー局であり、同社から放送番組の提供を受けております。なお、当社は放送事業の単一セグメントのため、セグメントに代えて放送の区分により記載しております。当社の事業は電波法に基づく放送設備をもってラジオ及びテレビの商業放送を行うことであり、主な業務は「放送時間の販売」と「番組の制作販売」とであります。放送番組は一般に放送時間を所定の料金により販売する商業番...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社は、電波法の規定に基づくラジオ、テレビジョン放送の設備を有し、放送法によって商業放送を行なう基幹放送事業者であり、放送番組の制作と販売を営んでいる。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社及び当社のその他の関係会社である日本テレビ放送網株式会社は、それぞれに子会社・関連会社から構成される企業集団を有し広範囲に事業を行っている。このうち、当社グループは、当社、子会社10社及び関連会社1社で構成され、放送、不動産、映画制作、通信販売及び音楽出版を主な事業内容とし、更に各事業に関連するサービス等の事業活動を展開している。放送事業部門.........当社が主として放送法に定めるテレビジョン放送を行っている。子会社株式会社STVラジオは、主として放送法に定めるラジオ放送を行っている。ビル賃貸管理部門......子会社エス・テー・ビー興発株式会社は、主として不動産賃貸、住宅の建設販売...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高3年連続プラス成長営業利益4年連続黒字,プラス成長に回復経常利益4年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益4年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-03-31)

(2014-03-31) 売上高4年連続プラス成長経常利益5年連続黒字,4年連続プラス成長当期純利益5年連続黒字,4年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高3年連続マイナス成長営業利益4年連続黒字,2年連続プラス成長経常利益4年連続黒字,2年連続プラス成長当期純利益2年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高プラス成長に回復営業利益4年連続赤字,プラス成長に回復経常利益4年連続赤字,プラス成長に回復当期純利益4年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び親会社である(株)ビックカメラ(東京証券取引所市場第一部上場)で構成されており、デジタル放送事業の単一セグメントであります。当社は、放送法に基づく放送衛星を利用した認定基幹放送事業を営むことを主たる事業目的として設立され、デジタルハイビジョン放送(チャンネル:211ch、リモコンID:11)を行っており、全国無料放送による総合編成を行う放送局として、報道番組、教養番組、娯楽番組、広告、ショッピング番組、その他の番組を広く扱うことにより、広告主よりタイム収入、スポット収入及びその他収入を得ております。また、「質の高い情報を提供することで人々に感動を与え幸せな社会づ...(20161117に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2013-12-31)

(2013-12-31) 売上高2年連続プラス成長営業利益2年連続黒字,2年連続プラス成長経常利益2年連続黒字,2年連続プラス成長当期純利益2年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-02-28)

(2015-02-28) ”当社の事業は、有線テレビジョン放送法及び電気通信事業法に基づく放送・電気通信施設をもって、有線テレビ放送事業を営む単一セグメントですが、事業の内容については、事業の部門別に記載しています。受信者(加入者)に対して、ケーブルテレビネットワークを通じてNHK、民放各社の番組を配信するほか、当社が他から購入した番組及び自社で制作した番組を配信し、配信に対して月額利用料を徴収します。また、加入にあたっては加入料のほか、受信のための必要な工事の対価として工事料を徴収します。有線テレビジョン放送用のネットワークを利用し、インターネット専用のIP接続サービスを提供します。サービスの提供に対しては接続利用料を...(20150820に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

ジャパンイメージコミュニケーションズの同業他社をもっと見る

ジャパンイメージコミュニケーションズの関連統計

統計分類検索へ

ジャパンイメージコミュニケーションズの基本情報

企業名 株式会社ジャパンイメージコミュニケーションズ
カナ カブシキカイシャジャパンイメージコミュニケーションズ
英語名 
業種 情報・通信業
所在地 千代田区神田淡路町2-23-1
ホームページ 
EDINET E04459
証券コード -
決算日 -