比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2009-09-30)

2015/11/01

エヌエス環境の最新業績

エヌエス環境の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からエヌエス環境の事業内容についても確認できます。 注意:エヌエス環境の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2009-09-30:-10

2009-06-30:-3.34

2009-03-31:3.32

2008-12-31:10

売上高

2009-09-30:49億5963万

2008-09-30:50億8197万

売上総利益

2009-09-30:13億9625万

2008-09-30:16億1261万

営業利益

2009-09-30:8941万

2008-09-30:2億6889万

経常利益

2009-09-30:8898万

2008-09-30:2億7406万

当期純利益

2009-09-30:2972万

2008-09-30:1億4115万

もっと見る

営業CF

2009-09-30:-4億0958万

2008-09-30:2億4153万

投資CF

2009-09-30:-2億5320万

2008-09-30:-4億1149万

財務CF

2009-09-30:2億2403万

2008-09-30:-4667万

総資産

2009-09-30:42億6930万

2008-09-30:42億0215万

流動資産

2009-09-30:21億5386万

2008-09-30:21億4060万

現金及び現金同等物

2009-09-30:2億3668万

2008-09-30:6億7544万

2007-09-30:8億9207万

もっと見る

現金及び預金

2009-09-30:2億5668万

2008-09-30:6億9544万

固定資産

2009-09-30:21億1544万

2008-09-30:20億6154万

負債

2009-09-30:11億2353万

2008-09-30:10億4946万

流動負債

2009-09-30:5億8318万

2008-09-30:6億9089万

固定負債

2009-09-30:5億4034万

2008-09-30:3億5856万

純資産

2009-09-30:31億4577万

2008-09-30:31億5268万

2007-09-30:30億6900万

もっと見る

従業員数

2009-09-30:476

2008-09-30:475

2007-09-30:448

2006-09-30:436

臨時従業員数(外)

2009-09-30:25

2008-09-30:29

2007-09-30:39

2006-09-30:49

売上総利益率

2009-09-30:28.2

2008-09-30:31.7

売上営業利益率

2009-09-30:1.8

2008-09-30:5.3

売上経常利益率

2009-09-30:1.8

2008-09-30:5.4

売上純利益率

2009-09-30:0.6

2008-09-30:2.8

もっと見る

ROA

2009-09-30:0.7

2008-09-30:3.4

ROE

2009-09-30:0.9

2008-09-30:4.5

自己資本比率

2009-09-30:73.7

2008-09-30:75

流動比率

2009-09-30:369.3

2008-09-30:309.8

固定比率

2009-09-30:67.2

2008-09-30:65.4

エヌエス環境の事業内容

メインサブ
エヌエス環境
なし

書類を取得できませんでした。

エヌエス環境の業績推移

エヌエス環境の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、オフィスや各種施設に関わるCM(コンストラクション・マネジメント)手法のプロジェクト・マネジメント事業を展開しており、そのサービスの内容から、「オフィス事業」、「CM事業」及び「CREM事業」の3つに区分しております。なお、セグメントと同一の区分であります。オフィスの移転・新設・改修のプロジェクト・マネジメント、ICT・データセンターの構築、ワークスタイルの変革、維持費削減を狙ったスペースの削減等、オフィスづくりと運用に関するあらゆる業務をサポートしております。また、オフィス移転等のコストは独自の設計&CM(コンストラクション・マネジメント)手法による見積査定・入札・交渉を通して、コス...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社を含む79社(当社、子会社74社および関連会社4社)で構成されており、コンサルタント国内事業、コンサルタント海外事業、電力エンジニアリング事業、都市空間事業および不動産賃貸事業を主な事業としております。当事業には、当社、連結子会社3社、非連結子会社3社が関わっており、日本国内の社会資本整備に関するコンサルティング業務を主に行っております。当社は、水資源総合開発、電源開発、農業開発、交通・運輸、都市・地域開発、自然・生活環境整備などに関する調査、計画、評価、設計、工事監理、運営指導などを行っております。連結子会社では、玉野総合コンサルタント(株)が都市開発および地方計画などに...(20160930に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当グループは、当社及び当社の関係会社12社(連結子会社6社、非連結子会社4社、関連会社1社、その他の関係会社1社)によって構成されております。当社は純粋持株会社であり、グループ経営管理を行っております。連結子会社は、官公庁の公共事業等において、企画から施工監理までを一貫して提供できる総合建設コンサルタント事業を行っております。株式会社エイト日本技術開発は、企画・計画、設計、診断、マネジメント等の建設コンサルタント業務を中心に行っており、また、日本インフラマネジメント株式会社は測量、施工監理、計測機器のレンタル等を中心に、株式会社近代設計は、道路・都市関係構造物に関連する建設コンサルタント業務を...(20160831に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは当社(株式会社エプコ)及び子会社3社及び関連会社3社により構成されており、住宅分野を主たる事業領域として設計コンサルティング事業、カスタマーサポート事業、スマートエネルギー事業を主な事業としております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。主要な事業は、低層住宅の建築設備の設計・積算受託業務とそれに伴う建築設備のコンサルティング業務及び設備工業化部材の加工情報提供業務を行っております。主に低層住宅の建築設備(給排水・電気等)の設備設計・積算業務の受託を行っております。住宅会社等から設備設計の依頼を受け、設備設計図を納品し、収益を計上しております。当社グループが...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは純粋持株会社である当社を中心として連結子会社10社、非連結子会社で持分法非適用会社14社及び関連会社で持分法非適用会社4社により構成された企業集団であり、インフラ整備を中心としてマネジメントサービスの提供を行うほか、工事施工、不動産管理などの事業を行っております。...(20161222に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、環境計量証明業を基盤とした事業を展開しています。 環境計量証明業は、環境関連諸法規にて定められている基準への適合状況を確認するための測定・分析を行い、計量法に基づく計量証明書を成果品としてお客様に納品する事業です。当社は、大気汚染・水質汚濁・土壌汚染・騒音・振動・悪臭などあらゆる環境媒体に対応するとともに、一般分析項目から極微量化学物質まであらゆる環境調査に対応できます。この環境調査分野は、公共用水域や一般環境の大気汚染などを調査する環境監視業務、工場稼働に伴う排水や排ガスなどを調査する施設・事業場業務、廃棄物処理に係る様々な環境影響を調査する廃棄物業務、土地取引等の際に土壌汚染の有無...(20160930に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-20)

(2017-04-20) ”当社は、主に建設コンサルタント事業を営んでおります。なお、以下に示す区分はセグメントと同一の区分であります。 当社の事業内容は以下のとおりであります。(建設コンサルタント事業) 新潟県内を中心に地質調査・土木設計等の業務を営んでおります。(不動産賃貸等事業) 主に新潟県内において不動産賃貸業等を営んでおります。...(20170118に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社は平成25年12月2日に単独株式移転の方法により日本ERI株式会社の完全親会社として設立されました。当社グループは、純粋持株会社である当社及び連結子会社4社(日本ERI株式会社、株式会社ERIソリューション、株式会社ERIアカデミー及び株式会社東京建築検査機構) の計5社で構成され、建築物等に関する専門的第三者機関として、社名にある、Evaluation(評価) Rating(格付け) Inspection(検査) を主な事業として展開しております。また関連事業として、長期優良住宅の認定に係る技術的審査を行っております。<建築確認検査> 建築基準法には、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関...(20160830に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-09-30)

(2016-09-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社と子会社3 社で構成され、国や地方公共団体、民間等を主な顧客として、社会資本に関わる調査、計画、設計、検査試験等を主要業務とする建設コンサルタント事業を行っています。橋梁点検、劣化予測、振動試験、補修設計など、主に構造物の劣化について点検、診断、対策をする業務。...(20160929に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社ラックランド)と連結子会社13社(株式会社ケークリエイト、株式会社資産管理、LUCKLAND ASIA PTE. LTD.、ニイクラ電工株式会社、LUCKLAND(CAMBODIA) Co.,Ltd.、LUCKLAND MALAYSIA SDN.BHD.、光電機産業株式会社、LUCKLAND(THAILAND)CO.,LTD.、LUCKLAND VIET NAM CO.,LTD.、PT.LUCKLAND CONSTRUCTION INDONESIA、マッハ機器株式会社、エースセンター株式会社、株式会社木戸設備工業)及び関連会社1社(株式会社ラックもっく工房:持分法...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社建設技術研究所)および子会社により構成されており、河川、ダム、道路、環境、情報などの公共事業に関する建設コンサルタント業を営んでおります。なお、当連結会計年度において連結子会社は4社、持分法適用会社はありません。主要な業務は、国内における公共事業の企画、調査、計画、設計、発注者支援、施工管理、運用維持管理などの総合コンサルティング業務および付随するシステム開発、保守管理、一般事務処理受託ならびに土地区画整理業務であり、当社はこれら全般を担当しております。また、子会社日本都市技術株式会社は、主に土地区画整理および都市再開発業務を、子会社株式会社地圏総合コンサルタント...(20170327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、株式会社協和コンサルタンツ(当社)及び子会社3社により構成されており、建設コンサルタント事業(都市、港湾、空港等、建設事業全般における事業計画、企画、設計、測量、調査、施工計画、管理)を主要事業としているほか、情報処理事業及び不動産賃貸・管理事業を営んでおります。以上の当社グループについて図示すると次のとおりであります。...(20170224に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-04-30)

(2014-04-30) 売上高プラス成長に回復営業利益2年連続黒字,2年連続プラス成長経常利益2年連続黒字,2年連続プラス成長当期純利益2年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、大日本コンサルタント株式会社(当社)、Nippon Engineering-Vietnam Co., Ltd.(連結子会社)、NEテクノ株式会社(連結子会社)および株式会社清流パワーエナジー(持分法非適用関連会社)の4社により構成されており、主な事業内容は、社会資本整備に関するコンサルタント業務のうち、調査・計画・設計・工事監理などであります。連結子会社との営業取引は、主として当社が委託する構造物のCADによる図化業務、設計アドバイザリー業務、橋梁点検業務、発注者支援補助業務、一般派遣業務であります。また、平成27年11月に株式会社トオヤマと合弁会社...(20160926に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-06-30)

(2011-06-30) 売上高4年連続マイナス成長営業利益4年連続赤字,2年連続マイナス成長経常利益4年連続赤字,プラス成長に回復当期純利益4年連続赤字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-12-31)

(2009-12-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-09-30)

(2009-09-30) 営業利益2年連続赤字経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社は純粋持株会社として、総合建設コンサルタント事業、複写製本事業、不動産事業、スポーツ施設運営事業、指定管理事業を行う子会社の株式を保有することにより、当該会社の経営管理およびそれに附帯または関連する業務を行っております。当社グループは、当社および当社の完全子会社である次の7社にて構成されております。(株式会社ウエスコが実施する総合建設コンサルタント事業に係わる図面、資料等の複写製本を請負っています。当社と子会社7社の関係は以下のとおりです。...(20161031に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社である株式会社日新企画設計の2社で構成されており、主に土木建設工事に係る試験総合サービス事業を展開しているほか、地盤補強サービス事業及びその他事業を行っております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。土木建設工事において建造物や道路、橋、トンネルなどのインフラを整備するためには、法令等で定められた試験を行う必要があり、また、その場所が安全に構造物を施工できるかを調査する必要があります。当社グループでは、構造物が安全に建設できるように土や地盤の状態を調べる土質・地質調査試験、コンクリート構造物等の状態や劣化を調査する非破壊調査試験、土木建設...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

エヌエス環境の同業他社をもっと見る

エヌエス環境の関連統計

統計分類検索へ

エヌエス環境の基本情報

企業名 エヌエス環境株式会社
カナ エヌエスカンキョウカブシキカイシャ
英語名 NS Environmental Science Consultant Corporation
業種 サービス業
所在地 港区西新橋3丁目24番9号
ホームページ http://www.ns-kankyo.co.jp/
EDINET E04989
証券コード -
決算日 09月30日