比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-03-31)

2017/06/29

トヨタファイナンスの最新業績

トヨタファイナンスの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からトヨタファイナンスの事業内容についても確認できます。 注意:トヨタファイナンスの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-03-31:6.51

2016-12-31:6.47

2016-09-30:6.56

2016-06-30:7.14

営業収益

2017-03-31:1599億9700万

2016-03-31:1528億9600万

2015-03-31:1494億5700万

2014-03-31:1458億2700万

営業利益

2017-03-31:223億0000万

2016-03-31:232億1000万

2015-03-31:222億1800万

2014-03-31:225億5400万

経常利益

2017-03-31:249億1300万

2016-03-31:257億3900万

2015-03-31:248億0600万

2014-03-31:253億5800万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-03-31:172億2700万

2016-03-31:165億5000万

2015-03-31:148億7700万

2014-03-31:149億6400万

包括利益

2017-03-31:174億2800万

2016-03-31:171億9900万

2015-03-31:143億7100万

2014-03-31:146億9900万

もっと見る

営業CF

2017-03-31:-291億0200万

2016-03-31:105億0800万

2015-03-31:38億9400万

2014-03-31:180億0800万

投資CF

2017-03-31:-38億8600万

2016-03-31:-42億5500万

2015-03-31:-26億0300万

2014-03-31:-54億0300万

財務CF

2017-03-31:252億2800万

2016-03-31:-10億6200万

2015-03-31:-2600万

2014-03-31:-106億2300万

総資産額

2017-03-31:1兆5480億8100万

2016-03-31:1兆4889億6400万

2015-03-31:1兆4671億3300万

2014-03-31:1兆4620億2500万

流動資産

2017-03-31:1兆5162億4700万

2016-03-31:1兆4550億6100万

2015-03-31:1兆4342億5000万

2014-03-31:1兆4240億7500万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:26億4100万

2016-03-31:104億3200万

2015-03-31:51億1900万

2014-03-31:38億3700万

もっと見る

現金及び預金

2017-03-31:46億9000万

2016-03-31:123億0600万

2015-03-31:73億1000万

2014-03-31:60億6500万

固定資産

2017-03-31:318億3300万

2016-03-31:339億0300万

2015-03-31:328億8200万

2014-03-31:379億5000万

負債

2017-03-31:1兆3836億9000万

2016-03-31:1兆3420億3400万

2015-03-31:1兆3374億0300万

2014-03-31:1兆3431億3500万

流動負債

2017-03-31:7025億9300万

2016-03-31:6133億6200万

2015-03-31:6004億3700万

2014-03-31:6375億2200万

固定負債

2017-03-31:6810億9700万

2016-03-31:7286億7200万

2015-03-31:7369億6600万

2014-03-31:7056億1300万

純資産

2017-03-31:1643億9000万

2016-03-31:1469億2900万

2015-03-31:1297億2900万

2014-03-31:1188億8900万

もっと見る

従業員数

2017-03-31:1930

2016-03-31:1773

2015-03-31:1703

2014-03-31:1664

臨時従業員数(外)

2017-03-31:300

2016-03-31:480

2015-03-31:471

2014-03-31:432

売上営業利益率

2017-03-31:13.9

2016-03-31:15.2

2015-03-31:14.9

2014-03-31:15.5

売上経常利益率

2017-03-31:15.6

2016-03-31:16.8

2015-03-31:16.6

2014-03-31:17.4

売上純利益率

2017-03-31:10.8

2016-03-31:10.8

2015-03-31:10

2014-03-31:10.3

ROA

2017-03-31:1.1

2016-03-31:1.1

2015-03-31:1

2014-03-31:1

もっと見る

ROE

2017-03-31:10.5

2016-03-31:11.3

2015-03-31:11.5

2014-03-31:12.6

自己資本比率

2017-03-31:10.6

2016-03-31:9.9

2015-03-31:8.8

2014-03-31:8.1

流動比率

2017-03-31:215.8

2016-03-31:237.2

2015-03-31:238.9

2014-03-31:223.4

固定比率

2017-03-31:19.4

2016-03-31:23.1

2015-03-31:25.3

2014-03-31:31.9

業績ランキングは

1950

(3910社中 , 2017-03-31)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

トヨタファイナンスの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
トヨタファイナンス

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/29(年度)2015/07/03(年度)2015/06/29(年度)2016/12/26(四半期)2015/12/28(四半期)
トヨタファイナンシャルサービストヨタファイナンシャルサービストヨタファイナンシャルサービストヨタファイナンシャルサービスキャッシングキャッシング
金融事業金融事業金融事業金融事業金融事業金融事業
jmpcjmpcjmpcjmpcクレジットカードクレジットカード
キャッシングキャッシングキャッシングキャッシングリボルビング払いリボルビング払い
クレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカード年率年率
リボルビング払いリボルビング払いリボルビング払いリボルビング払いトヨタトヨタ
トヨタトヨタトヨタトヨタ信用供与信用供与
年率年率年率年率クレジットクレジット
信用供与信用供与信用供与信用供与カードローンカードローン
クレジットクレジットクレジットクレジット貸付アクワイア
カードローンカードローンカードローンカードローントヨタグループ貸付
貸付アクワイアアクワイアアクワイア無担保トヨタグループ
トヨタグループ貸付貸付貸付戸前無担保
金融サービストヨタグループトヨタグループトヨタグループ保険料戸前
無担保金融サービス金融サービス金融サービス電算機保険料
キュービック無担保無担保無担保jxエネルギーjx日鉱日石エネルギー
保険料キュービックキュービックキュービックeneoseneos
電算機ペーパ保険料保険料会員会員
会員保険料会員会員提携カード提携カード
jxエネルギーコマーシャルjx日鉱日石エネルギーjx日鉱日石エネルギー分割払い分割払い
eneos会員eneoseneos新車新車
戸前jxエネルギー戸前戸前ボーナスボーナス
カードeneosカードカードトリプルトリプル
提携カード戸前提携カード提携カード極度極度
分割払いカード分割払い分割払い内閣府内閣府
電算提携カード新車新車住宅ローン住宅ローン
新車分割払いボーナスボーナス約定金利約定金利
ボーナス新車トリプルトリプルアシストアシスト
トリプルボーナス極度極度手数料手数料
スタンストリプル内閣府内閣府カードカード
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20161226)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

トヨタファイナンスの類似企業へ

トヨタファイナンスの業績推移

トヨタファイナンスの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、事業者と消費者を結ぶ決済サービスの提供を中心とした決済・認証事業を行っております。当社の事業内容は次のとおりであります。す。マルチペイメントサービスは、請求書・払込取扱票など紙を使って代金請求及び回収を行うビリングサービスと、請求書・払込取扱票など紙を使わず代金回収を行うE-ビリングサービス、事業者から顧客への送金を効率的に行う送金サービス(ネットDE受取サービス、コンビニ現金受取サービス)、決済システムのSaaSサービスや決済システムに付随する情報処理システムの開発を行うその他サービスの4つのサービスから構成されております。これらのマルチペイメントサービスは、当社と提携しているコンビ...(20160929に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-12-31)

(2014-12-31) ”当社の事業領域は「IR・SR活動に専門特化したコンサルティング業」であり、単一セグメントであります。当社は上場企業等に対してIR・SR活動を総合的にサポートするため、「IR・SRコンサルティング」、「ディスクロージャーコンサルティング」、「データベース・その他」という3つのサービスを提供しております。当社では、これらのサービスを提供するため、国内390社、海外5,325社のファンドマネージャー、アナリスト、議決権行使担当者を網羅する機関投資家ネットワークや当社サービス「株主ひろば」に登録する49,185名の個人株主とのネットワーク(平成26年3月31日現在)を利用して、内外のコンサルティングサ...(20140625に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社および非連結子会社の株式会社全国ビジネスパートナーの2社より構成され、住宅ローン保証を中核とした「信用保証事業」を行っております。当社の事業は「信用保証事業」という単一セグメントであることから、以下の内容は信用保証事業に関するものであり、株式会社全国ビジネスパートナーは当該事業において当社よりシステム業務および一部の事務業務の代行を受託しております。金融機関等が行う住宅ローン融資は、一般的には不動産への担保設定や連帯保証人による保証を前提として行われておりますが、これは返済期間が20年~30年と長期に亘り、概して借入金額が他の個人ローンより多額である場合が多く、万が一借入...(20170620に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-03-31)

(2016-03-31) ”当社グループは、当社及び子会社4社、関連会社1社により構成されており、(株)ジャスティス債権回収が営む債権回収事業を主な事業内容としております。なお、(株)IFが営むファクタリング事業は、現在は事業を休止しており、既存の貸付債権について管理・回収を行っております。...(20160630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社(以下「当関係会社グループ」という)は、クレジットサービス、リース、ファイナンス、不動産関連、エンタテインメント等を主な事業の内容として、各社が各々の顧客と直結した事業活動を展開しております。クレジットサービス事業···· クレジットカード事業及びサービサー(債権回収)事業等を行っております。(株)セゾン情報システムズ、HD SAISON Finance Company Ltd.リース事業················ リース事業を行っております。<主な関係会社> PT.Saison Modern Financeファイナンス事業·········· 信用保証事業及びファ...(20170714に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社6社及び非連結子会社で持分法非適用会社1社により構成されており、債権買取による金融サービスを中核の事業としております。また、サプライチェーンにおける支払企業から経理事務等の業務を受託し、業務効率化に寄与するサービスを併せて展開しております。なお、当社は株式会社ドンキホーテホールディングスの関連会社であり、当社の主要取引先は同社の事業会社である株式会社ドン・キホーテとなっております。商品等の納入により納入企業(売掛債権者)が保有している支払企業(買掛債務者)に対する売掛債権を、期日前に当社が買い取る(早期現金化)ことで、納入企業の資金繰りを支援。医療機関及び介護事...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループの事業は、「信用保証事業」のみの単一セグメントにより構成されております。当社グループは、事業会社及び金融機関が企業間取引で負うことになる各種債権の未回収リスクの受託を行っております。当連結会計年度末日現在、独自の営業網として、東京本社、大阪、北海道、名古屋及び九州支店を展開し、全国各地で強固な基盤を持つ地方銀行(当連結会計年度末提携数50行)や大手都市銀行、証券会社を始め、商社、大手金融機関、リース会社、ノンバンク、一般企業の保険代理店子会社、信用金庫等との提携により、自社の経営資源によらない販売網を構築しております。これらの販売網を活用し、全国の企業に対して信用リスク受託の拡大を...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続赤字経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”ります。す。の事務を分掌しております。その他、住宅金融支援機構証券化支援住宅ローン「財住金フラット35」の取り扱いも行っております。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益黒字へ回復経常利益黒字へ回復当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-08-31)

(2011-08-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益2年連続赤字,2年連続マイナス成長経常利益赤字へ転落,2年連続マイナス成長当期純利益2年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社は、親会社である本田技研工業株式会社及びその関係会社等により構成されるホンダグループに属しております。主な事業は、主として本田技研工業株式会社の製品を購入又はリースされるお客様及び、製品を取扱う販売店等に対する金融サービス事業であり、その営業対象に応じた組織を基礎として区分した「顧客向け金融事業」及び「事業者向け金融事業」の2つに分類しております。なお、「第5 経理の状況」「2 財務諸表等」「(1)財務諸表」「注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社のクレジット取扱加盟店(販売店)が不特定の顧客に対して分割払い等で物品の販売又はサービスの提供を行う場合、その代金を顧客に代わ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-12-31)

(2012-12-31) 売上高4年連続マイナス成長営業利益3年連続赤字,4年連続マイナス成長経常利益3年連続赤字,マイナス成長へ転落当期純利益3年連続赤字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-09-30)

(2012-09-30) 営業利益4年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落当期純利益3年連続赤字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社は、独立行政法人住宅金融支援機構が提供する長期・固定・低利の住宅ローン「フラット35」を専門に取扱う金融機関として、平成17年7月1日より営業を開始しております。なお、当社の設立経緯は以下のとおりであります。(1)公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(以下、全宅連)では、会員支援業務として、会員が取扱う新築・中古住宅の売買に関し、会員自らが窓口となる長期固定金利型住宅ローン(住宅金融支援機構買取型)取扱会社の設立を理事会で決定しました。(2)ここで、会員にとっては、売買、仲介行為とローンの申し込みを切り離すと時間的なロスを生じたり、金融機関との折衝等により、成約までの日数がかかることが...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2016-11-30) ”当社は、株主であるTKC全国会会員及びその関与先企業等に対し、融資保証業務、リース業務、金銭の貸付及び貸借の斡旋業務、自動集金サービス斡旋業務等の「金融及び金融関連事業」と、TKC企業共済会が受託している小規模企業共済、中小企業倒産防止共済、中小企業退職金共済などの「共済受託事業」を行っております。なお、セグメントと同一の区分であります。当社の融資保証業務は、当社株式を保有するTKC全国会会員の関与先企業が、当社の提携金融機関から資金の借入れをする場合に、その金融機関に対して債務を保証するものであって、当社の株主たるTKC全国会会員の推薦及び当社とその関与先企業との融資保証委託契約並びに提携金...(20161219に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-03-31)

(2010-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益赤字へ転落当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社が行う住宅瑕疵担保責任保険契約の引受け等の事業をいいます。なお、住宅瑕疵担保責任保険契約は新築住宅を対象とする契約のみならず、リフォーム工事、共同住宅の大規模修繕工事、及び既存住宅の売買を対象とする契約についても、引受けを行っております。保証事業(完成保証、優良住宅瑕疵保証)、保険代理事業(損害保険、生命保険)、その他事業(住宅性能評価及び関連事業、適合証明業務、住宅履歴情報蓄積サービス、あんしん・とくとく倶楽部、住宅融資仲介業務、すまい給付金申請受付業務等)をいいます。...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/21

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-12-31)

(0000-00-00)

更新日:2016/01/05

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と連結子会社1社(アイ・アール ジャパン)で構成され事業活動を展開しております。アイ・アール ジャパンの事業領域は「IR・SR活動に専門特化したコンサルティング業」であり、単一セグメントであります。アイ・アール ジャパンは上場企業等に対してIR・SR活動を総合的にサポートするため、「IR・SRコンサルティング」、「ディスクロージャーコンサルティング」及び「データベース・その他」という3つのサービスを提供しております。アイ・アール ジャパンでは、これらのサービスを提供するため、国内785社、海外7,100社のファンドマネージャー、アナリスト、議決権行使担当者を網羅する機関投資...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

トヨタファイナンスの同業他社をもっと見る

トヨタファイナンスの関連統計

統計分類検索へ

トヨタファイナンスの基本情報

企業名 トヨタファイナンス株式会社
カナ トヨタファイナンスカブシキガイシャ
英語名 TOYOTA FINANCE CORPORATION
業種 サービス業
所在地 名古屋市西区牛島町6番1号
ホームページ http://www.toyota-finance.co.jp/index.php
EDINET E05031
証券コード -
決算日 03月31日