比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2009-03-31)

2015/11/01

サイバー・コミュニケーションズの最新業績

業界:ネット広告業界すぐ比較

サイバー・コミュニケーションズの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からサイバー・コミュニケーションズの事業内容についても確認できます。 注意:サイバー・コミュニケーションズの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2009-03-31:-10

2008-12-31:-3.33

2008-09-30:3.33

2008-06-30:10

売上高

2009-03-31:682億3228万

2008-03-31:517億6233万

売上総利益

2009-03-31:129億9932万

2008-03-31:121億2616万

営業利益

2009-03-31:2億8458万

2008-03-31:10億4837万

経常利益

2009-03-31:3億2737万

2008-03-31:9億2929万

当期純利益

2009-03-31:-11億2187万

2008-03-31:6億1156万

もっと見る

営業CF

2009-03-31:7億2981万

2008-03-31:5億1769万

投資CF

2009-03-31:-26億6141万

2008-03-31:-18億5691万

財務CF

2009-03-31:14億9508万

2008-03-31:-1億7691万

総資産

2009-03-31:191億1468万

2008-03-31:171億0900万

流動資産

2009-03-31:151億6651万

2008-03-31:119億2065万

現金及び現金同等物

2009-03-31:5億3542万

2008-03-31:7億8320万

2007-03-31:23億3647万

もっと見る

現金及び預金

2009-03-31:4億2183万

2008-03-31:6億9753万

固定資産

2009-03-31:39億4816万

2008-03-31:51億8834万

負債

2009-03-31:117億9353万

2008-03-31:93億5527万

流動負債

2009-03-31:117億8779万

2008-03-31:93億3795万

固定負債

2009-03-31:574万

2008-03-31:1732万

純資産

2009-03-31:73億2115万

2008-03-31:77億5372万

2007-03-31:82億0058万

もっと見る

従業員数

2009-03-31:408

2008-03-31:427

2007-03-31:388

2006-03-31:319

売上総利益率

2009-03-31:19.1

2008-03-31:23.4

売上営業利益率

2009-03-31:0.4

2008-03-31:2

売上経常利益率

2009-03-31:0.5

2008-03-31:1.8

売上純利益率

2009-03-31:-1.6

2008-03-31:1.2

ROA

2009-03-31:-5.9

2008-03-31:3.6

もっと見る

ROE

2009-03-31:-15.3

2008-03-31:7.9

自己資本比率

2009-03-31:38.3

2008-03-31:45.3

流動比率

2009-03-31:128.7

2008-03-31:127.7

固定比率

2009-03-31:53.9

2008-03-31:66.9

サイバー・コミュニケーションズの事業内容

メインサブ
サイバー・コミュニケーションズ

書類を取得できませんでした。

サイバー・コミュニケーションズの業績推移

サイバー・コミュニケーションズの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは当社、子会社7社(うち非連結子会社1社)および関連会社2社(うち持分法非適用会社1社)で構成され、インターネットを活用したプロモーションやメディア運営およびこれらに附随する事業を行っております。 各事業の概要は以下のとおりであります。(1)インターネット広告事業 当社及び海外子会社が運営するアフィリエイトサービス「アクセストレード」は、「成果報酬型広告」とも言われ、商品の販売などをおこなっている企業(以下、「マーチャント」といいます。)がインターネット上で販売促進活動等をする際、その発生した成果の件数に応じて広告掲載料が決定される、費用対効果の明確な広告モデルです。また、店舗アフ...(20161226に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-06-30)

(2016-06-30) ”当社グループ(当社及び連結子会社)は、ユーザーが主体的に情報を収集、選別、発信し、自らの情報体験のイニシアティブを握っていくユーザー主導社会において、ある商品・サービスの情報を求めているユーザー、興味・関心を持つユーザーに対して、必要な情報が最適に流通している状態を理想とし、その理想を世界で一番多く創り出す企業グループを形成していきたいと考えております。この基本方針により、デジタルマーケティング領域を担当する当社は、検索エンジンマーケティング(Search Engine Marketing、以下SEM)領域に新たな広告事業、ソリューション事業を加えることで、「ユーザーへの最適な情報流通を通じ、...(20151221に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社(株式会社フルスピード)、親会社1社、子会社5社及び関連会社2社により構成され「アド・テクノロジーを基盤に、インターネットマーケティングを必要とするあらゆる国内外企業を総合的に支援する」ことを事業方針としております。この方針に基づき、インターネットマーケティングの事業領域において、ソーシャルメディアマーケティング、コンテンツマーケティング、動画広告、アフィリエイト広告、リスティング広告を中心とした各種サービス等の提供ならびに、アド・テクノロジーに関するサービスの開発・提供に取り組んでおります。また、アジア展開の一環として中国(上海)にて事業展開を...(20170727に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/27

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当連結会計年度末において、株式会社オプトホールディングと連結子会社23社により構成されており、インターネット広告販売及び広告制作、ウェブサイト開発、SEOサービス、マーケティングを支援する各種ソリューションの提供、オムニチャネルの開発及びデータベースマーケティング等、顧客のマーケティング支援全般を行う「マーケティング事業」、インターネット関連ベンチャー企業への投資等を行う「投資育成事業」、海外におけるインターネット広告販売、情報収集、投資先支援を主とした「海外事業」を行っております。...(20170327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社3社より構成されております。 当社グループはインターネット広告市場において、オンライン上のマーケティングコストを削減する「パフォーマンスマーケティング」を事業コンセプトとして、オンラインでマーケティング活動を展開する企業に対して、アフィリエイト・プログラム運営サービス(以下「アフィリエイト広告サービス」という。)である「A8.net(エーハチネット)」及び「Moba8.net(モバハチネット)」、スマートフォン向け運用型広告サービス「nend(ネンド)」、リターゲティング広告配信サービス「nex8(ネックスエイト)」、スマートフォンアプリ向けCPI広告サービス...(20170403に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社アドウェイズ)と連結子会社26社、非連結子会社8社及び持分法適用関連会社2社の計37社で構成されており、日本やアジア及び北米において、PC及びスマートフォンを含む携帯端末向けにマーケティング活動を行う広告主(クライアント)と当社提携メディアを、当社の運営するアフィリエイトサービスを通じて繋ぐ、アフィリエイトサービスプロバイダー(以下、「ASP」という。)として、アフィリエイトを中心としたインターネット広告サービスの提供等を行っております。広告事業におきましては、Webサイト運営者やコンテンツプロバイダー、スマートフォン向けアプリ開発会社を広告主(クライアント)とし...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、親会社2社、当社(バリューコマース株式会社)、子会社2社、関連会社2社により構成されており、広告事業及びCRM事業を行っており、主にインターネット広告配信サービスを展開しております。当連結会計年度において、VIET TIEN MANH ADVERTISMENT TECHNOLOGY SYSTEM DEVELOPMENT JOINT STOCK COMPANYの株式を取得し、持分法適用関連会社としております。広告事業は、ウェブサイト上で商品やサービスを販売しているEコマース事業者等の広告主の広告を、ウェブサイトやアプリの広告掲載メディアに配信する事業で、...(20170327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、平成29年3月31日現在、事業持株会社である当社、連結子会社12社及び持分法適用関連会社1社で構成されております。 また、当社グループは、「広告事業」、「コンテンツ事業」、「インベストメント事業」の3つの区分で管理しております。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-09-30)

(2016-09-30) ”当社グループは、当社、連結子会社43社及び持分法適用関連会社28社により構成されており、「インターネット関連事業」、「インベストメント事業」の2つの区分で管理しております。なお、次の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。インターネット関連事業は、以下の3領域を事業ドメインとしております。エージェント領域は、媒体社の代理ないし広告主・広告会社の代理として、インターネット広告のプランニング(企画)やバイイング(購入実施)を中心とした広告サービスを提供する事業分野です。グループ内では、当社、(株)アイレップ、ユナイテッド...(20160628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、2016年9月30日現在、持株会社である株式会社セプテーニ・ホールディングス(当社)及び連結子会社27社(1組合含む)、持分法適用関連会社2社により構成されており、ネットマーケティング事業、メディアコンテンツ事業及びノンコア事業を展開しております。...(20161220に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは連結子会社9社(GMOアドマーケティング株式会社、GMO NIKKO株式会社、GMOインサイト株式会社、GMOソリューションパートナー株式会社、GMOイノベーターズ株式会社、Concierge Co.Ltd(旧GMO Concierge Co.Ltd)等)、親会社(GMOインターネット株式会社、GMOアドホールディングス株式会社)により構成されており、事業はエージェンシー事業およびメディア・アドテク事業を行っております。 なお、当社は特定上場会社等であります。 なお、平成28年11月7日付でGMOイノベーターズ株式会社をGMO NIKKO株式会社に吸収合併をする契約書の締結に関す...(20170428に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と連結子会社106社によって企業集団を構成しております。GMO GlobalSign Ltd.GMO GlobalSign,Inc.GMO-Z.com Forex HK LimitedGMO-Z.com Trade UK Limited...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-12-31)

(2009-12-31) 営業利益2年連続赤字経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-03-31)

(2017-03-31) ”平成29年3月31日現在の当社の企業集団は、当社のみで構成され、アドネットワーク事業、広告代理事業及び自社メディア事業を主な事業として取り組んでおり、この区分はセグメントと同一であります。料金体系であり、費用対効果の高い広告を提供しております。対して自動的に広告を配信しております。また完全成果報酬型(アフィリエイト)の料金体系であり、費用対効果の高い広告を幅広く提供しております。ります。リターゲティング機能や細かいセグメント配信等を駆使し、高い広告効果を提供しております。広告代理事業は、モバイル分野における純広告販売の他、アドネットワーク等の販売を行なっております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用関連会社)は、当社(株式会社VOYAGE GROUP)、連結子会社15社及び持分法適用関連会社7社で構成され、「人を軸にした事業開発会社」として、広告配信プラットフォームを運営するアドテクノロジー事業と、ポイントサイトおよびポイント交換サイトなど販促系インターネットメディアを企画・運営するメディア事業の2つを主力事業として展開しております。そしてこの進化はますますそのスピードを上げ、社会に大きな影響を与え続けるものと考えられます。当社はこうした変化を積極的に捉え、提供サービスの創造・進化を通じて、生活者の利便性や豊かさの向上、企業の付加価値創造活動の...(20161215に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社7社、非連結子会社2社、関連会社2社により構成されております。当社グループは、「人に人らしい仕事を」というミッションを掲げ、Full-Stack Ad Platform(注1)を経営戦略として掲げ、DSP(注2)領域、SSP(注3)及びアドエクスチェンジ(注4)領域及びDMP(注5)領域のそれぞれの事業領域の拡大をしてまいりました。当社グループのDSP事業はDSP領域及びSSP領域への事業展開を行っております。DSP領域においては、広告主がもつ自社(広告主)サイトのアクセスデータ、広告配信データ、会員データ、購買データなどのビッグデータを当社開発の解析ソフトウェ...(20161222に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社であるLOCKON Vietnam Co., Ltd.、非連結子会社であるLOCKON marketing of U.S.A.inc.(休眠会社)及び関連会社である有限会社彩の4社で構成されております。また、当社グループは「グローバルに影響力のある企業を作り、より多くの人に夢と希望を与えたい」という創業時からの想いを経営理念に「Impact On The World」と定め、事業運営を行っております。当社グループは、マーケティングプラットフォームシステム「AD EBiS」の開発・販売、及び顧客企業内に蓄積されたデータを組み合わせ、インターネット広告出稿の最適化を...(20161226に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社3社(株式会社Anything、株式会社GROWTH POWER、RENTRACKS VIETNAM CO.,LTD)で構成されております。当社グループでは、「インターネットを駆使し、人々に適切な情報を提供し、便利さを提供する。」という経営理念を掲げ、成果報酬型広告サービス事業、検索連動型広告代行事業及びその他の事業を行っております。各事業の概要は、以下のとおりであります。当社は、主にPC・スマートフォン向けのインターネット広告サービスとして、成果報酬型広告サービス「レントラックス(Rentracks)」の運営を行っております。成果報酬型広告とは、「アフィリエイト...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、「発想力と技術力で社会にダイナミズムをもたらすユニークな事業開発会社になる」という経営理念を掲げており、ビッグデータ(注1)処理、人工知能、金融工学の3つのコアテクノロジーを源泉とした、DSP(注2)「Logicad(ロジカド)」を中心とする「マーケティングテクノロジー事業」の単一セグメントを提供しております。主要なサービスは、1.DSP、2.アフィリエイト、3.メディアプランニングの3つに大別され、平成29年3月31日現在、当社ならびに連結子会社2社で構成されております。DSPは、Demand Side Platformの略で、RTB(注3)を活用した広告主の広告配信効果を最...(20170620に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

サイバー・コミュニケーションズの同業他社をもっと見る

サイバー・コミュニケーションズの関連統計

統計分類検索へ

サイバー・コミュニケーションズの基本情報

企業名 株式会社サイバー・コミュニケーションズ
カナ カブシキガイシャサイバーコミュニケーションズ
英語名 cyber communications inc.
業種 サービス業
所在地 中央区築地一丁目13番1号 築地松竹ビル
ホームページ http://www.cci.co.jp/
EDINET E05130
証券コード -
決算日 -