比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2012-03-31)

2015/11/01

JBISホールディングスの最新業績

JBISホールディングスの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からJBISホールディングスの事業内容についても確認できます。 注意:JBISホールディングスの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2012-03-31:-3.95

2011-12-31:-1.74

2011-09-30:-4.72

2011-06-30:0.46

売上高

2012-03-31:351億9500万

2011-03-31:377億0700万

2010-03-31:405億3200万

2009-03-31:482億9000万

売上総利益

2012-03-31:65億6500万

2011-03-31:70億6300万

2010-03-31:69億4400万

2009-03-31:136億2800万

営業利益

2012-03-31:1億9100万

2011-03-31:1億5700万

2010-03-31:-11億2700万

2009-03-31:11億9700万

経常利益

2012-03-31:10億0200万

2011-03-31:17億2800万

2010-03-31:1億9600万

2009-03-31:34億6900万

当期純利益

2012-03-31:-25億9800万

2011-03-31:-6億1800万

2010-03-31:-19億8800万

2009-03-31:-18億0900万

もっと見る

包括利益

2012-03-31:-18億1500万

2011-03-31:-9億9200万

営業CF

2012-03-31:4億8300万

2011-03-31:19億3700万

2010-03-31:-4億0800万

2009-03-31:20億0400万

投資CF

2012-03-31:-10億8800万

2011-03-31:-12億3000万

2010-03-31:-18億7000万

2009-03-31:-6億2400万

財務CF

2012-03-31:2億0800万

2011-03-31:-11億4200万

2010-03-31:-21億0400万

2009-03-31:-26億4200万

総資産

2012-03-31:343億4800万

2011-03-31:343億6300万

2010-03-31:377億9500万

2009-03-31:443億0900万

流動資産

2012-03-31:159億4200万

2011-03-31:155億9900万

2010-03-31:166億4600万

2009-03-31:226億6800万

もっと見る

現金及び現金同等物

2012-03-31:40億1200万

2011-03-31:44億0800万

2010-03-31:48億4500万

2009-03-31:92億2800万

現金及び預金

2012-03-31:39億6100万

2011-03-31:43億5700万

2010-03-31:47億9400万

2009-03-31:91億7800万

固定資産

2012-03-31:184億0500万

2011-03-31:187億6300万

2010-03-31:211億4900万

2009-03-31:216億4100万

負債

2012-03-31:196億4700万

2011-03-31:170億4500万

2010-03-31:190億8000万

2009-03-31:237億5500万

流動負債

2012-03-31:132億1100万

2011-03-31:91億3200万

2010-03-31:82億8400万

2009-03-31:102億2200万

固定負債

2012-03-31:64億3600万

2011-03-31:79億1200万

2010-03-31:107億8900万

2009-03-31:135億2200万

もっと見る

純資産

2012-03-31:147億0000万

2011-03-31:173億1800万

2010-03-31:187億1500万

2009-03-31:205億5400万

従業員数

2012-03-31:2058

2011-03-31:2162

2010-03-31:2229

2009-03-31:2354

臨時従業員数(外)

2012-03-31:182

2011-03-31:199

2010-03-31:257

2009-03-31:352

売上総利益率

2012-03-31:18.7

2011-03-31:18.7

2010-03-31:17.1

2009-03-31:28.2

売上営業利益率

2012-03-31:0.5

2011-03-31:0.4

2010-03-31:-2.8

2009-03-31:2.5

売上経常利益率

2012-03-31:2.8

2011-03-31:4.6

2010-03-31:0.5

2009-03-31:7.2

もっと見る

売上純利益率

2012-03-31:-7.4

2011-03-31:-1.6

2010-03-31:-4.9

2009-03-31:-3.7

ROA

2012-03-31:-7.6

2011-03-31:-1.8

2010-03-31:-5.3

2009-03-31:-4.1

ROE

2012-03-31:-17.7

2011-03-31:-3.6

2010-03-31:-10.6

2009-03-31:-8.8

自己資本比率

2012-03-31:42.8

2011-03-31:50.4

2010-03-31:49.5

2009-03-31:46.4

流動比率

2012-03-31:120.7

2011-03-31:170.8

2010-03-31:200.9

2009-03-31:221.8

固定比率

2012-03-31:125.2

2011-03-31:108.3

2010-03-31:113

2009-03-31:105.3

JBISホールディングスの事業内容

メインサブ
JBISホールディングス
なし

書類を取得できませんでした。

JBISホールディングスの業績推移

JBISホールディングスの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”システム開発サービス事業を行っておりますが、事業の内容は以下のとおりであります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社1社により構成されており、「システム事業」と「不動産賃貸事業」を行っております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1 財務諸表等(1)財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。システムインテグレーション部門は、当社の主要顧客であります金融機関に対して、信用リスク(*)管理に関する業務支援システムのパッケージの企画、開発、販売、カスタマイズ及びコンサルティングを行っております。当社のシステムのメインユーザーである金融機関においては、金融機関自身が自らの抱える各リスクの特性を十分に理解し、適切な内部管理体制に基づくリスク管理を行うこと、つまり、...(20161222に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社ベリサーブ)、子会社(株式会社ベリサーブ沖縄テストセンター)の2社により構成されており、システム検証サービス事業を主たる事業として展開しております。また、当社グループは親会社であるSKを中心とする企業グループに属しております。当社グループの事業は、お客様のシステムや製品開発におけるQCD向上のパートナーになるべく、様々な検証サービスを提供し、お客様のシステムや製品開発の上流工程から下流工程の各場面で必要となる各種サービスを提供することです。テスト戦略策定、テスト設計、テスト実行といった検証のコア業務に加え、お客様の開発プロセス改善のためのコンサルティングサービ...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社プロシップ)、連結子会社1社及び当社の関係会社(子会社2社)により構成されており、パッケージシステムの開発・販売、受託開発、システムの運用管理等を事業として行っております。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。固定資産システム及び販売管理システムにおけるコンサルテーションから導入、保守までを含む事業であります。当社及び連結子会社の(株)プロシップフロンティア並びに普楽希普信息系統(大連)有限公司及び浦楽熙普信息科技(上海)有限公司がパッケージソリューション事業を営んでおりま...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”の3事業に大別され、子会社のうち2社はシステム開発事業の業務を行っており、1社及び持分法適用会社1社は情報処理サービス事業を行っております。ドキュメントの電子化や、電子データのファイル形式変換・メディア変換・データクリーニング等を行っています。急速に拡大していくインターネット時代において、HTMLやPDF、各種イメージデータはもとより、共通のデータ変換形式として注目されるXMLや保存性に優れるSGML等、多彩なデータフォーマットに対応しております。大学図書館・研究機関図書館などの大規模な文書管理について、図書データベースの構築からデータ入力、管理・運用スタッフの派遣まで、トータルなサービスを提...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および連結子会社1社で構成され、SIサービスおよびソフトウエア開発を主たる業務としております。更にコンピュータ機器等の商品販売、WEBサイトの運営ならびにクラウドサービス(SaaS)、ソフトウエアプロダクト開発販売等も行う総合情報サービス業であります。当社グループはソフトウエア関連事業の単一セグメントであるため、業務区分別の内容を記載しております。請負契約にて、顧客の情報化ニーズから情報システムを提案・開発・構築を提供するサービス。システム構築用ハードウエア等を含む。大手企業を中心に、準委任契約や派遣契約による常駐型を中心とした企業の基幹業務のシステム開発やメンテナンス業務...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社(株式会社アドバンスト・メディア)と連結子会社4社、持分法適用会社1社により構成されており、事業セグメントは、音声事業の単一セグメントであります。当社グループは、音声認識技術AmiVoice®を核とした事業を展開しております。その事業内容は、1AmiVoice®を組み込んだ音声認識ソリューションの企画・設計・開発を行う「ソリューション事業」、2AmiVoice®を組み込んだアプリケーション商品をライセンス販売する「プロダクト事業」、3企業内のユーザーや一般消費者へAmiVoice®をサービス利用の形で提供する「サービス事業」の3つを行っています。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、販売、物流、購買、会計等の基幹業務機能をコンピュータソフトウェアの機能上に統合するERP(Enterprise Resource Planning)用パッケージソフトウェアの導入及び保守を主たる業務としております。なお、その他の関係会社である有限会社ファウンテンは持株会社であり、当社と営業上の取引はありません。また、当社はERP導入事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載は省略しております。当社の事業内容は、次のとおりです。SAP ERPはドイツに本社をもつソフトウェア開発販売会社であるSAP SE社の代表的製品であり、ERPのためのパッケージソフトウェアです。当社はSAP...(20160929に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業グループは、(株)フォーカスシステムズ(当社)と関連会社1社により構成されております。グループ各社は、公共関連事業、民間関連事業及びセキュリティ機器関連事業の各セグメント別に、システムインテグレーションサービス、ITサービス、セキュリティ機器の販売及び関連サービスを、主な業務としております。これら事業を通して、IT産業における有力企業グループとして社会に貢献し続けることを目指しております。当企業グループの事業内容は、以下のとおりであります。当社は、公共関連事業として、官公庁及び関係機関・地方自治体及び関連機関等の公共機関並びに銀行・保険等の金融機関向けのソフトウェアの開発、ハードウェア、...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は次の2つのセグメントを主たる事業としております。企業のコンピュータシステムに係るシステムインテグレーション、コンサルティング、ソフトウエアの設計・開発・保守など、ソフトウエア開発の全領域に対応した総合的なサービスと官公庁及び民間企業を顧客として、自社内設置のコンピュータによる各種の分析・統計・解析などの業務を受託しております。官公庁及び民間企業を顧客として、各種情報をコンピュータで処理するために入力するデータの作成業務を行っており、その受託形態の大半は自社内設置の各種入力データ作成機器で一括処理し、顧客に納品しております。...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)が行っている事業である「システム開発及びシステム開発に関連するサービス(システム開発等)」の売上品目別の概要は、以下のとおりであります。システムの設計、製造、運用・保守業務であります。システムに関するコンサルテーション及び調査研究業務であります。システムまたは自社ソフトウェア製品のインテグレーション・サービスであります。コンピュータ製品の販売及びその他のサービスであります。上海技菱系統集成有限公司は現在、清算手続き中であります。...(20160916に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社1社、非連結子会社5社および持分法非適用関連会社1社で構成され、情報サービス事業を展開しております。セグメントは「ソリューション事業」、「プロダクト事業」、「システムサポート事業」であります。他社が開発したERPパッケージ製品を主に利用し、企業の情報システムを設計、開発、導入するサービスを提供する事業であります。当社が開発したERPパッケージ製品をパートナー企業を通じて販売するとともに、同製品を利用して企業の情報システムを設計、開発、導入するサービスを提供する事業であります。基幹業務システムを導入した企業に対して、システムの運用・保守を始めとする支援サービスを提...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社(株式会社アイネット)、子会社2社及び関連会社1社より構成されており、事業内容は情報処理サービス、システム開発サービス、システム機器販売を主たる業務としております。当社及び各社の事業内容は次のとおりであります。(当社)..............................(連結子会社).....................(子会社)........................... (1)情報処理サービス(関連会社)...........................(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-12-31)

(2015-12-31) ”当社グループは、当社及び子会社5社と関連会社2社より構成され、顧客の情報システムに関する企画構想、コンサルティング、設計からシステム開発、さらにシステム等の管理運営に至るまで一貫したサービスを提供する事業、インターネットデータセンター運営・ホスティングサービス等のインターネット関連事業、組み込みソフトウェアの開発に関する事業、半導体開発に関連した設計・評価・解析に関する事業、FAに関する設計・製造事業を営んでおります。...(20150629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、(株)セゾン情報システムズ(当社)と子会社5社(連結子会社3社、非連結子会社2社)の計6社により構成されており、事業内容と事業の系統図は次のとおりであります。なお、当連結会計年度より、重点顧客マーケットビジネスへのフォーカスを推進し、また、「選択と集中」によるカテゴリートップを目指すべく組織変更を行っております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。クレジット業界向けにシステムの開発・運用を行っております。流通・サービス業界向けにシステムの開発・運用及びソリューション等の提供を行っております。通信ミドルウェア「HULFT」等のパッケージソフトウェアの販売・保...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社、連結子会社1社、非連結子会社1社で構成され、システム開発、情報サービスを主たる業務としております。...(20160826に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-12-31)

(2014-12-31) ”当社の企業集団は、コムテック株式会社(当社)及び子会社4社で構成され、次のとおりITサービス、マーケティングサポートサービス、データマネジメントサービスを主な事業にしております。なお、子会社である株式会社リンクラインは、障がい者支援を目的とした特例子会社として、当社向けに主に社内サービスを提供しております。当社はIT支援サービスとして、システムコンサルティングをはじめ、汎用系、オープン系、インターネット系システムの開発、運用管理やネットワーク・マネジメントを手掛ける等、幅広く業務を展開しております。子会社である(株)ケイ・シィ・ティとは技術の共有化を図り、より付加価値の高いネットワーク設計やシ...(20140625に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-12-31)

(2011-12-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益5年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益5年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益5年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-12-31)

(2009-12-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社は、「リアルなITコミュニケーションで豊かな社会形成に貢献する。」という経営理念のもと、ウェブ技術をベースとしたグループウェア(※1)である「desknet's NEO」とその関連製品・サービスの開発、販売を主な事業として行っております。当社の事業はソフトウェア事業の単一セグメントであります。売上区分につきましては、グループウェア及びその関連製品をインターネット経由で提供するサービスに関連した売上である「クラウドサービス」、グループウェア及びその関連製品のライセンス販売に関連した売上である「プロダクト」、ソフトウェアの受託開発に関連した売上である「技術開発」に区分しております。各売上区分の...(20170427に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/13

あとで比較する

すぐに比較する

JBISホールディングスの同業他社をもっと見る

JBISホールディングスの関連統計

統計分類検索へ

JBISホールディングスの基本情報

企業名 株式会社JBISホールディングス
カナ カブシキガイシャジェイビーアイエスホールディングス
英語名 JBIS Holdings,Inc.
業種 サービス業
所在地 江東区福住二丁目5番4号
ホームページ https://www.jip.co.jp/
EDINET E05644
証券コード -
決算日 03月31日