比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-03-31)

2017/06/29

日本政策投資銀行の最新業績

業界:政府系金融業界すぐ比較

日本政策投資銀行の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から日本政策投資銀行の事業内容についても確認できます。 注意:日本政策投資銀行の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-03-31:-2.61

2016-12-31:0.83

2016-09-30:4.19

2016-06-30:7.1

経常収益

2017-03-31:2854億7600万

2016-03-31:3586億0600万

2015-03-31:3390億4300万

2014-03-31:3616億1000万

経常利益

2017-03-31:1225億3100万

2016-03-31:1851億5600万

2015-03-31:1530億4100万

2014-03-31:1657億7700万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-03-31:876億3900万

2016-03-31:1289億5200万

2015-03-31:927億5800万

2014-03-31:1243億0300万

包括利益

2017-03-31:747億2100万

2016-03-31:982億5900万

2015-03-31:1508億4300万

2014-03-31:1263億3200万

営業CF

2017-03-31:5033億2300万

2016-03-31:1399億5400万

2015-03-31:1220億7800万

2014-03-31:3449億8600万

もっと見る

投資CF

2017-03-31:364億1600万

2016-03-31:20億6500万

2015-03-31:-696億7600万

2014-03-31:-2140億0400万

財務CF

2017-03-31:271億1600万

2016-03-31:425億6500万

2015-03-31:-334億0200万

2014-03-31:-363億3900万

総資産額

2017-03-31:16兆5704億9600万

2016-03-31:15兆9071億8000万

2015-03-31:16兆3606億0800万

2014-03-31:16兆3107億1100万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:9897億2400万

2016-03-31:4230億3200万

2015-03-31:2392億7200万

2014-03-31:2198億0500万

負債

2017-03-31:13兆5842億1100万

2016-03-31:13兆0229億7900万

2015-03-31:13兆6133億3400万

2014-03-31:13兆6829億9700万

純資産

2017-03-31:2兆9862億8400万

2016-03-31:2兆8842億0000万

2015-03-31:2兆7472億7400万

2014-03-31:2兆6277億1400万

もっと見る

従業員数

2017-03-31:1546

2016-03-31:1435

2015-03-31:1407

2014-03-31:1391

臨時従業員数(外)

2017-03-31:143

2016-03-31:135

2015-03-31:159

2014-03-31:161

売上経常利益率

2017-03-31:42.9

2016-03-31:51.6

2015-03-31:45.1

2014-03-31:45.8

売上純利益率

2017-03-31:30.7

2016-03-31:36

2015-03-31:27.4

2014-03-31:34.4

ROA

2017-03-31:0.5

2016-03-31:0.8

2015-03-31:0.6

2014-03-31:0.8

ROE

2017-03-31:2.9

2016-03-31:4.5

2015-03-31:3.4

2014-03-31:4.7

もっと見る

自己資本比率

2017-03-31:18

2016-03-31:18.1

2015-03-31:16.8

2014-03-31:16.1

業績ランキングは

3173

(3909社中 , 2017-03-31)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

日本政策投資銀行の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
日本政策投資銀行

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/29(年度)2015/06/29(年度)2016/12/26(四半期)2015/12/25(四半期)
日本公庫日本公庫日本公庫日本公庫日本公庫
dbjdbj公庫公庫公庫
公庫リスクマネdbj附則リスクマネ
リスクマネ公庫第三セクター日本政策投資銀行日本政策投資銀行
日本政策投資銀行日本政策投資銀行tiedbj附則
附則附則財政投融資リスクマネdbj
第三セクター第三セクターr1第三セクター第三セクター
tietie政府出資tietie
財政投融資全国銀行協会日本政策投資銀行法全国銀行協会日本政策投資銀行法
資金供給財政投融資リスクマネ全国地方銀行協会財政投融資
日本政策投資銀行法全国地方銀行協会政府保有株第二地方銀行協会r1
政府出資第二地方銀行協会政府保証債日本政策投資銀行法投融資
r1日本政策投資銀行法金融検査マニュアル資金供給全国銀行協会
投融資政府出資投融資財政投融資金融検査マニュアル
名誉顧問資金供給主務r1新岳
政府保証債投融資交付国債投融資資金供給
指定金融機関r1指定金融機関公募債政府保証債
秋池アドバイザリー・ボード金融再生法アドバイザリー・ボード金融再生法
公募債政府保有株貸出金金融検査マニュアル全国地方銀行協会
アドバイザリー・ボード政府保証債ファンド政府保証債第二地方銀行協会
金融検査マニュアル指定金融機関jaicファンド連絡機
主務公募債銀行法金融再生法ファンド
全国銀行協会金融検査マニュアル査定基準台風第10号貸出金
交付国債新岳リスク管理連絡機アドバイザリー・ボード
ファンド主務債務者貸出金ボード
金融再生法ファンドpfipfi公募債
台風第10号交付国債金融債ppp投融資残高
連絡機金融再生法cpボード大学校
pfi連絡機債権残高投融資残高静岡銀行
政府保有株貸出金投資目的大学校原本
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20161226)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

日本政策投資銀行の類似企業へ

日本政策投資銀行の業績推移

日本政策投資銀行の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の中核事業である投資銀行業におきましては、投資先企業の長期的な発展・成長に寄与するという経営理念のもと、経営戦略・資本政策面での支援を通じ、対象企業の企業価値向上に努めております。また、当社は、持続的な成長を実現するとともに、安定した収益構造と強固な財務体質を構築するため、事業構造のイノベーションに取り組んでまいります。具体的には、事業提携や資本提携、M&Aなどにより、事業投資、事業プロジェクト投資やブランド投資を積極的に進めてまいります。この事業投資分野を投資銀行事業に続く、当社の事業の柱に成長させ、バランスのとれた収益構造の構築を目指してまいります。BICC UTILITIES LLC...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社は、当社、連結子会社6社及び関連会社(持分法適用関連会社)1社で構成され、銀行業務を中心に金融サービスに係る事業を行っております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。また、当社において経営管理業務などを行っております。連結子会社であるきらやかリース株式会社においては、リース業務等を行っております。なお、平成28年4月1日付で連結子会社の株式会社きらやか銀行が、きらやかリース株式会社の株式を追加取得し、同行の連結子会社としたことにより、当連結会計年度から同社を連結の範囲に含めております。連結子会社3...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行及び当行の関係会社は、平成29年3月末日現在、当行及び連結子会社19社で構成され、銀行業務を中心に、金融商品取引業務、信託業務、投資運用業務、投資助言業務などの金融サービス事業や債権管理回収業務を子会社において行っております。なお事業の区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」において掲げるセグメント区分の通りですが、「第2 事業の状況」以外の箇所においては、従来と同様に「銀行業」及び「その他」の区分としております。当行の本店及び支店において、預金業務、貸出業務、有価証券投資業務、内国為替業務及び外国為替業務等の銀行業務を行っております。また、あおぞら地域総研株式会社におい...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行、連結子会社6社、持分法非適用非連結子会社1社及び持分法非適用関連会社1社で構成され、銀行業を中心とした金融サービスに係る事業を行っております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当行の本店及び支店等においては、預金業務、貸出業務、内国為替業務及び外国為替業務等を行っております。当行の関係会社においては、銀行業以外の金融サービスに係る事業を行っております。紀陽ビジネスサービス株式会社においては事務代行業務、阪和信用保証株式会社においては信用保証業務、紀陽リース・キャピタル株式会社においては...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行、連結子会社1社及び持分法適用関連会社2社で構成され、銀行業務を中心に、クレジットカード業務、リース業務、ベンチャーキャピタル業務などの金融サービスに係る事業を行っております。なお、投資事業有限責任組合を1組合有しておりますが、重要性が乏しいため連結の範囲及び持分法の対象から除いております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当行の本店ほか支店等において、預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務、内国為替業務、外国為替業務等を行い、地域に密着した営業活動を展開しております...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行グループ(当行および連結子会社6社)は、銀行業務を中心に、リース業務、信用保証業務およびクレジットカード業務等の金融サービスに係る業務を行っております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当行の本店ほか支店72カ店等においては、預金業務、貸出業務、内国為替業務、外国為替業務およびその他付随業務を行っております。連結子会社の宮銀リース株式会社においては、総合リース業務を行っております。連結子会社の宮銀ベンチャーキャピタル株式会社においては株式・社債等への投資業務および経営コンサルティング業務を、宮銀保証株式会社におい...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当行及び当行の関係会社は、当行、当行の連結子会社5社及び非連結子会社(持分法適用)3社で構成され、銀行業務を中心に、リース業務などの金融サービスに係る事業を行っております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。また、連結子会社のひめぎんビジネスサービス株式会社において銀行業務に付随した業務を行っております。ひめぎん総合リース株式会社がリース業務等を行っております。株式会社ひめぎんソフト、株式会社愛媛ジェーシービー、ひめぎんスタッフサポート株式会社において、コンピュータ関連業務、クレジットカード業務、保証業務、人材派遣業務...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び連結子会社6社(平成29年3月31日現在)で構成され、銀行業務を中心に、証券業務、クレジットカード業務、ベンチャーキャピタル等金融サービスに係る事業を行っております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(株)フィデアキャピタル、(株)フィデア総合研究所、(株)フィデア情報システムズの連結子会社3社において、投融資業務、調査研究業務、ソフトウェア開発業務等を行っております。事業系統は次のとおりであります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2013-03-31)

(2013-03-31) 売上高4年連続マイナス成長営業利益4年連続プラス成長,6年連続赤字経常利益6年連続赤字,4年連続プラス成長当期純利益6年連続赤字,4年連続プラス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 経常利益赤字へ転落当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高マイナス成長へ転落経常利益3年連続赤字,マイナス成長へ転落当期純利益3年連続赤字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-12-31)

(2010-12-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長経常利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長当期純利益3年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-12-31)

(2012-12-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益3年連続赤字,マイナス成長へ転落当期純利益2年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高2年連続マイナス成長営業利益2年連続赤字,2年連続マイナス成長経常利益2年連続赤字,2年連続マイナス成長当期純利益2年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当公庫及び当公庫の関係会社は、平成29年3月31日現在、当公庫及び関連会社1社から構成されており、当公庫は、公庫法その他の法令により定められた以下の業務を行っております。当公庫は、一般の金融機関が行う金融を補完することを旨としつつ、国民一般(生活衛生関係営業者を含む。)、中小企業者及び農林水産業者の資金調達を支援するための金融の機能を担うとともに、内外の金融秩序の混乱又は大規模な災害、テロリズム若しくは感染症等による被害に対処するために必要な金融を行うほか、当該必要な金融が銀行その他の金融機関により迅速かつ円滑に行われることを可能とし、もって国民生活の向上に寄与することを目的として、公庫法第1...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-11-21)

(2014-11-21) 営業利益3年連続赤字,マイナス成長へ転落経常利益2年連続プラス成長,3年連続黒字当期純利益2年連続プラス成長,3年連続黒字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当行及び当行の関係会社は、平成29年3月31日現在、当行及び関連会社7社から構成されており、当行は当行法その他の法令により定められた以下の業務を行っております。当行は、日本政府が全株式を保有する政策金融機関であり、一般の金融機関が行う金融を補完することを旨としつつ、以下に示した4つの分野について金融業務を行い、もって、日本及び国際経済社会の健全な発展に寄与することを目的としています。当行は、当行法第1条に規定される目的の下、以下の「企業理念」、「コーポレート・スローガン」、「行動原則」を定め、業務を行っております。国際ビジネスの最前線で、日本そして世界の未来を展きます。海外プロジェクトの現場に...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-09-30)

(2016-09-30) ”当社は、持株会社として、子会社等の経営管理及びこれに関連する業務を行っております。また、当社グループの主な事業の内容は以下のとおりです。当社グループの事業は、「投資・金融サービス業」という単一セグメントに属しており、(1) 融資型クラウドファンディング事業、(2) グリーンシート銘柄等取扱事業及び有価証券の売買の取次事業、(3) 投資・コンサルティング事業を行っております。当社グループでは、主力事業として、主にインターネットを通じて投資家より小口の資金を募集し、資金需要を有する企業等へ融資を行い、これによって生じた利息等を投資家に分配する融資型クラウドファンディング事業を行っております。融資型...(20160630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”日本郵政グループは、郵便・物流事業、金融窓口事業、国際物流事業、銀行業、生命保険業等を行っておりますが、当行は、日本郵政グループにおける唯一の銀行として、銀行法に基づき銀行業を全国規模で行っております。当行は、銀行業のみを単一セグメントとして、預入限度額内での預金(貯金)業務、シンジケートローン等の貸出業務、有価証券投資業務、為替業務、国債、投資信託及び保険商品の窓口販売、住宅ローン等の媒介業務、クレジットカード業務などを営んでおります。具体的には、想定した市場環境の下、負債の状況等を踏まえて国債等の運用資産・運用期間を適切に管理し、スワップ等で一定の金利リスク(金利の変動により、資産・負債の...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

日本政策投資銀行の同業他社をもっと見る

日本政策投資銀行の関連統計

統計分類検索へ

日本政策投資銀行の基本情報

企業名 株式会社日本政策投資銀行
カナ カブシキガイシャニッポンセイサクトウシギンコウ
英語名 
業種 その他金融業
所在地 千代田区大手町一丁目9番6号
ホームページ http://www.dbj.jp/
EDINET E11701
証券コード -
決算日 03月31日