比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2014-09-30)

2017/03/10

北海道エアシステムの最新業績

業界:空運業界すぐ比較

北海道エアシステムの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から北海道エアシステムの事業内容についても確認できます。 注意:北海道エアシステムの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2014-09-30:10

2014-06-30:7.79

2014-03-31:5.57

2013-12-31:3.21

事業収入

2014-09-30:13億5930万

2013-09-30:11億9580万

2012-09-30:10億5757万

2011-09-30:11億0304万

売上総利益

2014-09-30:2億2420万

2013-09-30:1億5629万

2012-09-30:1154万

2011-09-30:-7827万

営業利益

2014-09-30:6132万

2013-09-30:-721万

2012-09-30:-1億5934万

2011-09-30:-2億5403万

経常利益

2014-09-30:7266万

2013-09-30:-1102万

2012-09-30:-1億5598万

2011-09-30:-1億9846万

当期純利益又は当期純損失(△)

2014-09-30:9200万

2013-09-30:-1128万

2012-09-30:-1億5624万

2011-09-30:-1億9602万

もっと見る

営業CF

2014-09-30:3億2965万

2013-09-30:1億3943万

2012-09-30:-943万

2011-09-30:-2億9199万

投資CF

2014-09-30:-20万

2013-09-30:4万

2012-09-30:-307万

2011-09-30:-4億9352万

財務CF

2014-09-30:-8500万

2013-09-30:-1億5500万

2012-09-30:7771万

2011-09-30:3億6000万

総資産額

2014-09-30:8億3868万

2013-09-30:6億5965万

2012-09-30:7億8656万

2011-09-30:14億2267万

流動資産

2014-09-30:5億7945万

2013-09-30:2億9430万

2012-09-30:2億9515万

2011-09-30:8億1901万

現金及び現金同等物の残高

2014-09-30:2億8230万

2013-09-30:3530万

2012-09-30:7973万

2011-09-30:3億1019万

もっと見る

現金及び預金

2014-09-30:2億8230万

2013-09-30:3530万

2012-09-30:7973万

2011-09-30:3億1019万

固定資産

2014-09-30:2億5923万

2013-09-30:3億6534万

2012-09-30:4億9140万

2011-09-30:6億0366万

負債

2014-09-30:7億2487万

2013-09-30:7億8754万

2012-09-30:7億6321万

2011-09-30:8億9130万

流動負債

2014-09-30:5億0386万

2013-09-30:3億9514万

2012-09-30:3億4070万

2011-09-30:5億4430万

固定負債

2014-09-30:2億2101万

2013-09-30:3億9239万

2012-09-30:4億2250万

2011-09-30:3億4700万

純資産

2014-09-30:1億1381万

2013-09-30:-1億2788万

2012-09-30:2335万

2011-09-30:5億3137万

もっと見る

従業員数

2014-09-30:84

2013-09-30:78

2012-09-30:83

2011-09-30:85

臨時従業員数(外)

2013-09-30:0

2012-09-30:0

2011-09-30:0

2010-09-30:0

売上総利益率

2014-09-30:16.5

2013-09-30:13.1

2012-09-30:1.1

2011-09-30:-7.1

売上営業利益率

2014-09-30:4.5

2013-09-30:-0.6

2012-09-30:-15.1

2011-09-30:-23

売上経常利益率

2014-09-30:5.3

2013-09-30:-0.9

2012-09-30:-14.7

2011-09-30:-18

売上純利益率

2014-09-30:6.8

2013-09-30:-0.9

2012-09-30:-14.8

2011-09-30:-17.8

もっと見る

ROA

2014-09-30:22

2013-09-30:-3.4

2012-09-30:-39.8

2011-09-30:-27.6

ROE

2014-09-30:161.6

2013-09-30:17.6

2012-09-30:-1337.8

2011-09-30:-73.8

自己資本比率

2014-09-30:13.6

2013-09-30:-19.4

2012-09-30:3

2011-09-30:37.4

流動比率

2014-09-30:115

2013-09-30:74.5

2012-09-30:86.6

2011-09-30:150.5

固定比率

2014-09-30:227.8

2013-09-30:-285.7

2012-09-30:2103.9

2011-09-30:113.6

北海道エアシステムの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
北海道エアシステム
なし

年度or届出書
四半期or半期

(20140627)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20141225)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

北海道エアシステムの類似企業へ

北海道エアシステムの業績推移

北海道エアシステムの同業他社

業績 (2016-12-31)

(2016-12-31) ”当社グループは、株式会社日本デジタル研究所、及び連結子会社1社で構成され、当社はコンピュータの設計、製造、販売、ならびにソフトウエアの開発、販売、さらにこれらに附帯する保守サービス、情報サービスの提供、及びサプライ商品の販売を主な事業とし、連結子会社は定期航空運送事業(1社)を独自に展開しております。以上の企業集団について図示すると、次のとおりであります。...(20160630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と子会社・関連会社76社で構成され、国内外にわたる物流事業をはじめとして、旅行事業および不動産事業を運営しております。当社につきましては物流事業および不動産事業、子会社・関連会社につきましては、物流事業(米州地域4社、欧州・中近東地域9社、東南アジア・インド地域15社、中国8社、国内28社の64社)および旅行事業(11社)、ならびに不動産事業(不動産事業専業1社を含む7社)を営んでおります。なお、当社グループの連結範囲および持分法の適用については、連結子会社55社、持分法適用会社5社となっております。物流事業.........有価証券報告書提出会社(以下(株)日新という)と...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社丸運(当社)及び子会社19社により構成されております。グループの主たる事業として陸運業を営み、貨物輸送、潤滑油・化成品輸送、流通貨物、国際貨物、石油輸送等の物流全般にわたる事業展開を行っております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社81社および関連会社56社により構成され、「航空運送事業」および「その他」を営んでおり、その事業内容と各事業に係る位置づけおよび事業の種類別セグメントとの関連は、次のとおりです。次のとおり、当社、子会社30社および関連会社3社、合計34社が行っております。当社、子会社の日本トランスオーシャン航空株式会社、日本エアコミューター株式会社、株式会社ジェイエア、株式会社北海道エアシステム、琉球エアーコミューター株式会社および関連会社が航空運送事業を行っております。航空旅客の搭乗手続きおよび案内業務に加えて、運航補助業務、搭載コントロール業務を株式会社JALスカイ等の子会社が...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、グループ経営戦略策定等を行うANAホールディングス株式会社(提出会社 以下「当社」という)及び子会社120社、関連会社45社により構成されており、「航空事業」をはじめ、「航空関連事業」、「旅行事業」、「商社事業」及び「その他」を営んでいる。航空事業 全日本空輸株式会社、ANAウイングス株式会社、株式会社エアージャパン、バニラ・エア株式会社が航空事業を行っている。子会社4社及び関連会社4社が含まれており、うち子会社4社を連結、関連会社2社に持分法を適用している。航空関連事業 ANA大阪空港株式会社、ANAエアポートサービス株式会社、ANAテレマート株式会社及びANAベースメンテナ...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2015-03-31)

(2015-03-31) ”当社グループは当社及び非連結子会社1社で構成されており、定期航空運送事業を営んでおります。...(20151013に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、既存の航空会社にはない、高品質・高付加価値サービスを提供する「感動のある航空会社」を目指して設立された新規航空会社であります。平成29年3月31日現在、当社グループは、当社および非連結子会社1社(株式会社スターフライヤービジネスサービス)により構成されており、航空運送事業並びにそれに付随する附帯事業を営んでおります。当社事業の概要並びに特徴は以下のとおりであります。なお、当社は、航空運送事業を主な事業とする単一業種の事業活動を営んでおり、また、経営資源の配分の決定や業績評価は、当社全体で行っております。当社の航空運送事業は、航空機による旅客・貨物運送事業の総称であり、その概要は以下のと...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(セコム(株)の子会社である当社及び連結子会社)は、「国内部門」と「海外部門」からなる空間情報サービス事業(地理空間情報の収集、加工・処理・解析、ICT技術を活用した高品質な情報サービス提供事業)を単一事業として行っています。国や地方自治体等をお客様とする「国内公共部門」では、航空写真撮影や地図整備のほか、自治体行政事務の効率化と住民サービスの向上を図るためのソリューション提供を行っています。また、自治体の財政健全化や地方創生に資する取り組みや、人工衛星や航空機の撮影データを活用した災害・環境モニタリング等のサービスを提供しています。 流通業や製造業、金融業など様々な民間企業をお客...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社9社及び関連会社2社で構成され、主に中央官庁、地方公共団体及び電力会社等の公益事業体各社を主要顧客とし国内外で営業展開しております。なお、当社グループは空間情報コンサルタント事業の単一セグメントであり、セグメント別の記載に代えて業務区分別に記載しております。情報システム事業では、測量・調査、デジタルマッピング、GIS(地理情報システム)、画像・計測技術等をベースに、都市計画等の行政支援システム構築、都市防災・斜面防災管理におけるデジタル計測、移動通信サービス等を行っております。建設コンサルタント事業では、各種計画、調査、設計技術等により、環境、防災、地質、森林、土壌...(20161216に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社は、郵船ロジスティクス株式会社(当社)、日本郵船株式会社(親会社)、連結子会社77社及び持分法適用会社6社で構成されており、貨物運送事業及び旅行事業を主たる事業とし、グローバルに事業活動を展開しております。当社及び当社の関係会社は、次の事業をグローバルに展開し、陸・海・空の総合物流ネットワークを提供しております。他の事業者(実運送事業者)が経営する外航船舶及び国際航空の運送事業を利用して荷主の貨物の運送を行うものです。また、実運送の利用に先行又は後続する自動車利用運送事業による集荷・配送を組み合わせることにより、荷主に対し、戸口から戸口までの一貫輸送サービスの提供を行うも...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高3年連続マイナス成長営業利益4年連続赤字,マイナス成長へ転落経常利益4年連続赤字,マイナス成長へ転落当期純利益4年連続赤字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”連結財務諸表提出会社(以下、当社という。)の企業集団は、親会社名古屋鉄道(株)グループの中にあって、貨物運送事業を主力とする総合物流事業を行っており、子会社26社と関連会社2社で構成し、それぞれが事業地域及び分野を複合的に分担し、物流ニーズの対応に企業グループが一体となって結束して、総合物流事業の展開を図っております。当連結会計年度において、平成28年4月1日を効力発生日とする信州名鉄運輸株式会社との株式交換により、同社を完全子会社としましたので連結の範囲に含めております。また、上記株式交換の効力発生を前提として、日本通運株式会社と資本業務提携契約を締結しており、平成28年4月1日に、同社が当...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業グループは、持株会社である株式会社ロジネットジャパン(当社)、当社の子会社である札幌通運株式会社、中央通運株式会社、株式会社ロジネットジャパン西日本及びそれらの子会社12社により構成されております。事業は、貨物の運送並びに管理に関する業務を一貫的に行うことを主とし、これらに附帯する事業を営んでおります。前頁の企業グループ等について図示すると次のとおりであります。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2013-09-30)

(2013-09-30) 営業収入プラス成長に回復営業利益3年連続マイナス成長,2年連続赤字経常利益2年連続赤字,3年連続マイナス成長当期純利益3年連続マイナス成長,2年連続赤字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループは、当社のみで構成され、航空運送事業を主な事業としております。当社は、航空運送事業の単一セグメントであります。平成29年3月31日現在における定期運航路線は次のとおりであります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社の主たる業務は、定期航空運送事業であります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益赤字へ転落当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-09-30)

(2012-09-30) 売上高プラス成長に回復営業利益4年連続赤字,2年連続マイナス成長経常利益6年連続赤字,プラス成長に回復当期純利益5年連続赤字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社は、NACの管理、プログラム開発・変更等同システムの運営に関する業務である輸出入等関連業務(※1)と、当社の目的を達成するために財務大臣の認可を受けて行う業務(※2)を行っております。NACCSは、それらをオンラインで結び、貨物の流れに沿って必要な行政手続きや各種業務を初めとした関係者間での手続きを総合的に処理することを通じて、情報の一元的管理や共有化、再利用を実現しており、官民が共同で利用する日本で唯一のシステムであり、国際物流に不可欠なサプライチェーンマネジメントを支援する総合物流情報プラットフォームであります。NACは、民間業務(貨物管理等)を含む輸出入等関連業務を処理する官”...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

北海道エアシステムの同業他社をもっと見る

北海道エアシステムの関連統計

統計分類検索へ

北海道エアシステムの基本情報

企業名 株式会社北海道エアシステム
カナ カブシキカイシャホッカイドウエアシステム
英語名 HOKKAIDO AIR SYSTEM CO.,LTD
業種 空運業
所在地 札幌市東区丘珠町丘珠空港内
ホームページ http://www.hac-air.co.jp/
EDINET E26251
証券コード -
決算日 03月31日