比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

大冷の最新業績

業界:冷凍食品業界すぐ比較

大冷の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から大冷の事業内容についても確認できます。 注意:大冷の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:2.93

2017-03-31:1.49

2016-12-31:0.54

2016-09-30:0.22

売上高

2017-06-30:66億8510万

2016-06-30:67億4698万

2015-06-30:68億9462万

2014-06-30:68億1408万

売上総利益

2017-06-30:11億2292万

2016-06-30:10億6695万

2015-06-30:10億9324万

2014-06-30:12億3724万

営業利益

2017-06-30:3億0233万

2016-06-30:2億6760万

2015-06-30:3億0615万

2014-06-30:4億5051万

経常利益

2017-06-30:3億0337万

2016-06-30:2億6843万

2015-06-30:3億0974万

2014-06-30:4億5142万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-06-30:2億0576万

2016-06-30:1億7181万

2015-06-30:2億0845万

2014-06-30:3億2298万

もっと見る

営業CF

2017-03-31:9億7655万

2016-03-31:3億3561万

2015-03-31:3億4857万

2014-03-31:3億9382万

投資CF

2017-03-31:-1億3560万

2016-03-31:625万

2015-03-31:-1億5838万

2014-03-31:1億5114万

財務CF

2017-03-31:-3億4604万

2016-03-31:-3億4609万

2015-03-31:1億6190万

2014-03-31:-5億0279万

総資産額

2017-06-30:102億5553万

2016-06-30:96億2457万

2015-06-30:91億7497万

2014-06-30:83億2952万

流動資産

2017-06-30:92億4136万

2016-06-30:85億5268万

2015-06-30:82億3427万

2014-06-30:73億2482万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:23億5699万

2016-03-31:18億6226万

2015-03-31:18億6775万

2014-03-31:15億1310万

もっと見る

現金及び預金

2017-06-30:25億0615万

2016-06-30:19億8247万

2015-06-30:13億4634万

2014-06-30:10億5259万

固定資産

2017-06-30:10億1416万

2016-06-30:10億7188万

2015-06-30:9億4069万

2014-06-30:10億0470万

負債

2017-06-30:34億0882万

2016-06-30:33億5211万

2015-06-30:33億1907万

2014-06-30:40億9041万

流動負債

2017-06-30:30億6097万

2016-06-30:29億8333万

2015-06-30:29億4016万

2014-06-30:33億8988万

固定負債

2017-06-30:3億4785万

2016-06-30:3億6877万

2015-06-30:3億7891万

2014-06-30:7億0052万

純資産額

2017-06-30:68億4671万

2016-06-30:62億7245万

2015-06-30:58億5589万

2014-06-30:42億3911万

もっと見る

従業員数

2017-03-31:155

2016-03-31:153

2015-03-31:156

2014-03-31:157

売上総利益率

2017-06-30:16.8

2016-06-30:15.8

2015-06-30:15.9

2014-06-30:18.2

売上営業利益率

2017-06-30:4.5

2016-06-30:4

2015-06-30:4.4

2014-06-30:6.6

売上経常利益率

2017-06-30:4.5

2016-06-30:4

2015-06-30:4.5

2014-06-30:6.6

売上純利益率

2017-06-30:3.1

2016-06-30:2.5

2015-06-30:3

2014-06-30:4.7

ROA

2017-06-30:8

2016-06-30:7.2

2015-06-30:9.2

2014-06-30:15.6

もっと見る

ROE

2017-06-30:12

2016-06-30:10.8

2015-06-30:14.4

2014-06-30:30.4

自己資本比率

2017-06-30:66.8

2016-06-30:65.2

2015-06-30:63.8

2014-06-30:50.9

流動比率

2017-06-30:301.9

2016-06-30:286.7

2015-06-30:280.1

2014-06-30:216.1

固定比率

2017-06-30:14.8

2016-06-30:17.1

2015-06-30:16.1

2014-06-30:23.7

業績ランキングは

2078

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

大冷の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
大冷
なし

キーワードの推移
2017/06/21(年度)2016/06/22(年度)2015/06/23(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/10(四半期)2016/11/10(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/10(四半期)2015/11/10(四半期)2015/08/10(四半期)
骨なし魚骨なし魚骨なし魚匠味匠味シュリンプ骨なし魚冬場匠味匠味
匠味匠味匠味骨なし魚骨なし魚匠味匠味匠味骨なし魚骨なし魚
切身切身切身ミートミート骨なし魚えび骨なし魚ミートミート
煮付旨味旨味問屋ガーリックミートミートフライフライ
れいつみれつみれpb商品ミートフライフライ貸付
さば煮付煮付短期貸付金高2株主優待短期貸付金短期貸付金
照焼れいれい高3一丸貸付高3シェア短期貸付金高3
クッククックユーザマインドpb商品高2運賃シェア運賃
臭みミートフライ大手シリーズ金融市場高2運賃高2
ミート高2手数料短期貸付金貸付天候高1貸付
あじフライミートままユーザシリーズシリーズシリーズ物価
クック臭み臭み一丸高1原油価格食品シリーズ
揚物さばさばコストダウン食品株式市場食品食品配当金食品
練り製品冷凍食品冷凍食品政権eu離脱シリーズリスク原油原材料
フライ揚物揚物貸付円高ユーザ受取手形受取手形棚卸配当金
冷凍食品練り製品練り製品シェア受取手形手形手形システム個人消費
pb商品シリーズ手形食品配当金配当金受取手形
えびえび拡販配当金eu離脱金融仕入れ金融
煮付け煮付け食品研究開発円高研究開発債権長期
畜肉仕入れ環境配当金研究開発手形研究開発
ドック介護食配当金個人消費
畜肉個人消費環境売上高
fablessドック畜肉研究開発売上高売上高環境研究開発環境
スチコンチキンカツpb商品ドック環境成績棚卸成績成績売上高
豚肩ロースpb商品受取手形環境成績
エックス線クロメバル仕入れ
薯蕷芋fablessクロメバル売上高債権売上高
鶏ももスチコンチキンカツ成績手形成績
串刺し豚肩ロースfabless株式
問屋エックス線スチコンチキンカツ
年度or届出書
四半期or半期

(20170621)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

大冷の類似企業へ

大冷の業績推移

大冷の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは株式会社極洋(当社)及び子会社25社、関連会社2社により構成され、水産商事事業、冷凍食品事業、常温食品事業、物流サービス事業、鰹・鮪事業を主として行っております。当社及び極洋商事(株)他において水産物の買付及び販売を行っております。当社及び極洋食品(株)他において冷凍食品の製造及び販売を行っております。当社及び(株)ジョッキ他において缶詰・海産物珍味の製造及び販売を行っております。キョクヨー秋津冷蔵(株)他において冷蔵倉庫業等を行っています。当社及び極洋水産(株)他においてカツオ・マグロの漁獲、養殖、買付及び加工、販売を行っております。キョクヨー総合サービス(株)他において保険代...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社69社及び関連会社28社で構成され、水産事業、食品事業、ファイン事業及び物流事業を主な内容とし、さらに各事業に関連する研究及びサービス等を展開している。○水産事業.........当社及び連結子会社[黒瀬水産(株)、NIPPON SUISAN(U.S.A.),INC.他28社]、非連結子会社5社[持分法適用会社]、並びに関連会社(株)ホウスイ、(株)大水他18社[持分法適用会社]で漁撈事業、養殖事業、加工・商事事業を行っている。○食品事業.........当社及び連結子会社[日本クッカリー(株)、GORTON'S INC.他16社]、並びに関連会社5社[持分法適用会...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(日本製粉株式会社)及び子会社61社、関連会社23社で構成されております。当社が小麦粉、ふすまを製造し、松屋製粉(株)がそば粉を製造しております。特約店を通じて販売しており、ニップン商事(株)、(株)ニップン商事コーポレーション、鈴木(株)及び丸七商事(株)は、この特約店の一部であります。東福製粉(株)が小麦粉、プレミックスを製造、販売しております。当社が家庭用小麦粉、プレミックス等を製造し、特約店を通じて販売しております。オーマイ(株)が当社製造の小麦粉を使用して、パスタ類を製造し当社に販売しております。また、ニップン冷食(株)が当社製造の小麦粉...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社、連結子会社47社及び持分法適用会社10社)の主な事業内容と、各関係会社等の当グループの事業に係わる位置付け、及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。なお、事業内容の区分は「第5 経理の状況 1 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。日清製粉(株)(連結子会社)は小麦粉及びふすま(副製品)を製造し、特約店を通じて販売しております。フレッシュ・フード・サービス(株)(連結子会社)は主として冷凍食品及びその原材料の販売と小麦粉関連の商材を用いた飲食店経営を行っており、日清製粉(株)から関連商材及び小麦粉を仕入れております。ヤマジョウ商事(...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、平成22年10月1日から持株会社制を導入しており、当社、連結子会社8社により構成されております。「井村屋(株)」が製造販売するほか、同社製品の一部については、製造を「日本フード(株)」に委託しております。また中国北京市所在の「井村屋(北京)食品有限公司(IBF)」の中国国内における和菓子の製造・販売事業及び米国カリフォルニア州アーバイン市所在の「IMURAYA USA,INC.」のアメリカ国内における冷菓の製造・販売事業に、同社が生産技術の提供を行っております。加えて、「スイーツ」カテゴリーとして、レストラン「Anna Miller’s(アンナミラーズ)」「JOUVAUD(ジュ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-02-28)

(2017-02-28) ”当社は、「デザートの使命である「小さな幸せ」を、より多くの方にお届けすることにより「大きな幸せ」で日本を包み、元気で明るい未来を次世代に、そして世界にお届けすること」を経営理念とし、「小回りの利いた『企画開発~生産~供給』までの一貫した高品質なサービスをお客様にスピーディーに供給すること」を経営方針として掲げ、冷凍洋菓子(フローズンスイーツ)の企画、開発、生産及び販売を行っております。当社は、生産から流通までを一貫して“冷凍のみ”にスコープし、「必要な時に必要な分だけが食べられる、廃棄の少ないエコなスイーツ」をコンセプトとして、次の特徴を有する製品の提供に努めております。当社は、皆様へ安心・安...(20160829に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/05/12

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、当社の親会社(伊藤忠商事(株))、当社の子会社5社、関連会社2社及びその他関係会社4社で構成され、食料品卸売業として酒類・食品の卸売及びそれに伴う商品の保管、運送ならびに各種商品の情報提供、商品流通に関するマーチャンダイジング等を主な事業の内容としております。メーカー及び親会社より商品(酒類・食品)を仕入れ、卸売を行っております。その他の部門には物流管理・運送業、小売業、サービス業、食品製造業及び食品マーケティング業がありますが、重要なものではありません。...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社66社及び関連会社17社により構成されており、加工食品事業、水産事業、畜産事業、低温物流事業、不動産事業及びその他の事業並びにこれらに付帯する業務を行っております。なお、当社はすべての子会社を連結対象としております。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社は、親子会社及び関連会社を有しない、単独事業体であり、アイスクリーム類及び和菓子の製造販売・仕入販売、冷凍食品等の仕入販売、寄託品保管業務を主たる事業としております。当事業年度末日現在の主要な事業所における主な業務内容は、以下のとおりであります。生産部は新潟工場、三条工場の2工場により構成されております。各工場には冷凍倉庫を設備しており、三条工場は冷凍保管業務も行っております。新潟工場は氷菓及びアイスクリームを中心に製造しており、およそ半数は他社からの受託加工品であります。三条工場では冷凍和菓子を中心に製造しております。営業部は、新潟、佐渡、東京の各地域に拠点をおき、自社製品及び他社から仕...(20170526に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社は、当社、関係会社2社(日爵海食品貿易(上海)有限公司及びPT Indofood Comsa Sukses Makmur)の計3社で構成されており、「ピザ、エスニックブレッド製品等の製造及びピザ関連商品の販売」、「焼き鳥を中心とするレストラン店舗、惣菜等の食物販及び弁当等の宅配の経営」を行っております。当セグメントにおいては、ピザ・エスニックブレッド製品等の製造販売をしております。当セグメントにおいては、レストラン店舗、食物販及び宅配の経営をしております。当セグメントにおいては、レストラン店舗等の海外での経営及び国内外で事業化を検討している新規事業をしております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社5社と持分法適用関連会社1社で構成されており、加工食品(冷凍食品、缶詰、レトルトパウチ食品等)及び日配食品の製造販売を主な事業としているほか、これらに付帯する事業を行っております。当社が製造・販売するほか、関西ベストフーズ株式会社と九州ベストフーズ株式会社及び日東アリマン株式会社が当社の製造委託により冷凍食品の製造を行っております。株式会社爽健亭が製造及び販売を行っております。当社が缶詰、レトルトパウチ食品、冷蔵食品等の製造・販売を行うほか、日東アリマン株式会社は、当社の製造委託によりレトルトパウチ食品の製造を行っております。JAPAN BEST FOODS ...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、提出会社及び子会社14社で構成され、コラーゲン製品、ゼラチン製品、コラーゲン化粧品、皮革製品、健康食品等の製造販売を主な内容とし、更に貿易関連、不動産管理その他の事業活動を展開しております。提出会社が、連結子会社ニッピコラーゲン工業(株)より製品を購入して国内外ユーザーへ販売しており、輸出の一部は在外連結子会社 NIPPI COLLAGEN NA INC. へ販売しております。 連結子会社ニッピコラーゲン工業(株)は、在外連結子会社日皮胶原蛋白(唐山)有限公司が海外サプライヤーより調達した原材料をコラーゲン・ケーシング向けに加工し、連結子会社大鳳商事(株)を経由して購入しており...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-06-30)

(2015-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社ヒューテックノオリン)、連結子会社2社(株式会社ヘルティー、株式会社ヒューテックサービス)及び関連会社1社(エヌ・ケー商事株式会社)により構成されており、主に低温食品(冷凍食品、チルド食品等)を対象としたDC事業(保管在庫型物流事業)、TC事業(通過型センター事業)の2事業とその他に区分しております。あります。ン物流を構築しております。とした食材の仕分・配送を行っております。事業を行っております。の重要書類や貴重品等の警備輸送を行っております。配等を行っております。...(20150629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-03-31)

(2010-03-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益3年連続黒字,2年連続プラス成長経常利益3年連続黒字,2年連続プラス成長当期純利益3年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、ブラジル連邦共和国パラ州のトメアス総合農業協同組合(以下、「CAMTA」(注)1という。当社は、「健康・本物」を基本に据えて、主力商品であるアサイーを中心に、まさに天然のサプリメントといえるアマゾンフルーツをわが国に普及、拡大すべく事業を展開しております。当社は、『自然と共に生きる』を企業理念とし、地球温暖化対策に貢献するべく、“経済が環境を復元させる事業モデルの構築~グリーンエコノミーの実現~”を企業コンセプトとして推し進めております。アマゾンフルーツを安定的に供給するには、持続的農業と加工設備の両立が不可欠で、それを実現させているのがCAMTAです。CAMTAは、アマゾン地域で持続...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

大冷の同業他社をもっと見る

大冷の関連統計

統計分類検索へ

大冷の基本情報

企業名 株式会社大冷
カナ カブシキガイシャダイレイ
英語名 DAIREI CO.,LTD
業種 食料品
所在地 中央区月島2-3-1
ホームページ http://www.dai-rei.co.jp/
EDINET E31012
証券コード 2883
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(2883)
決算日 03月31日