比較リスト

業績赤字あり (2017-09-30)

2017/11/15

ヘリオスの最新業績

ヘリオスの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:ヘリオスの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。 企業ページについて 総合点について業績ランキングは3006(3082社中,2017-09-30)業績ランキングへ

日本基準/単独/JPYの概況

総合点

2017-09-30:-6.9

2017-06-30:-7.76

2017-03-31:-8.62

2016-12-31:-10

売上高

2017-09-30:2766万

2016-09-30:5771万

2015-09-30:7633万

2014-09-30:2億0942万

売上総利益

2017-09-30:2434万

2016-09-30:5085万

2015-09-30:6957万

2014-09-30:1億7260万

営業利益

2017-09-30:-17億9790万

2016-09-30:-30億5316万

2015-09-30:-7億0558万

2014-09-30:-4億2505万

経常利益

2017-09-30:-18億4683万

2016-09-30:-30億9985万

2015-09-30:-6億1104万

2014-09-30:-3億5195万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-09-30:-12億0938万

2016-09-30:-31億0351万

2015-09-30:-5億8203万

2014-09-30:-3億5696万

もっと見る

営業CF

2017-06-30:-4億6545万

2016-06-30:-25億0364万

2015-06-30:3億9014万

2014-06-30:1億9900万

投資CF

2017-06-30:12億7010万

2016-06-30:-2712万

2015-06-30:-2億0051万

2014-06-30:-1億5845万

財務CF

2017-06-30:74億2716万

2016-06-30:25億0000万

2015-06-30:66億4941万

2014-06-30:27億5482万

総資産額

2017-09-30:170億2316万

2016-09-30:98億0372万

2015-09-30:107億9931万

2014-09-30:33億9226万

流動資産

2017-09-30:166億0958万

2016-09-30:86億6556万

2015-09-30:96億0486万

2014-09-30:23億0706万

現金及び現金同等物の残高

2017-06-30:160億6553万

2016-06-30:91億2216万

2015-06-30:87億8281万

2014-06-30:24億8234万

もっと見る

現金及び預金

2017-09-30:163億4110万

2016-09-30:84億7337万

2015-09-30:95億4646万

2014-09-30:22億1465万

固定資産

2017-09-30:4億1358万

2016-09-30:11億3816万

2015-09-30:11億9445万

2014-09-30:10億8519万

負債

2017-09-30:37億5438万

2016-09-30:35億0470万

2015-09-30:10億5169万

2014-09-30:6億2711万

流動負債

2017-09-30:14億7896万

2016-09-30:10億5294万

2015-09-30:10億2127万

2014-09-30:4億0351万

固定負債

2017-09-30:22億7542万

2016-09-30:24億5175万

2015-09-30:3041万

2014-09-30:2億2360万

純資産額

2017-09-30:132億6878万

2016-09-30:62億9902万

2015-09-30:97億4762万

2014-09-30:27億6514万

もっと見る

従業員数

2016-12-31:58

2015-12-31:44

2014-12-31:37

2013-12-31:14

臨時従業員数(外)

2016-12-31:10

2015-12-31:9

2014-12-31:8

2013-12-31:3

売上総利益率

2017-09-30:88

2016-09-30:88.1

2015-09-30:91.1

2014-09-30:82.4

売上営業利益率

2017-09-30:-6498.6

2016-09-30:-5290.2

2015-09-30:-924.4

2014-09-30:-203

売上経常利益率

2017-09-30:-6675.5

2016-09-30:-5371.1

2015-09-30:-800.5

2014-09-30:-168.1

売上純利益率

2017-09-30:-4371.4

2016-09-30:-5377.4

2015-09-30:-762.5

2014-09-30:-170.5

もっと見る

ROA

2017-09-30:-9.46643

2016-09-30:-42.26561

2015-09-30:-7.19982

2014-09-30:-13.99965

ROE

2017-09-30:-12.13303

2016-09-30:-65.73169

2015-09-30:-7.9998

2014-09-30:-17.19957

自己資本比率

2017-09-30:77.9

2016-09-30:64.3

2015-09-30:90.3

2014-09-30:81.5

流動比率

2017-09-30:1123.1

2016-09-30:823

2015-09-30:940.5

2014-09-30:571.7

固定比率

2017-09-30:3.1

2016-09-30:18.1

2015-09-30:12.3

2014-09-30:39.2

ヘリオスの書類一覧

青い日付をクリックすると書類を閲覧できます。

総合点の推移

2017-09-30:-6.9

2017-06-30:-7.76

2017-03-31:-8.62

2016-12-31:-10

2016-09-30:-8.34

2016-06-30:-6.63

2016-03-31:-4.91

2015-12-31:-3.75

2015-09-30:-2.03

2015-06-30:-0.31

2015-03-31:1.41

2014-12-31:3.13

2014-09-30:4.84

2014-06-30:6.56

2014-03-31:8.28

2013-12-31:10

2013-09-30:8.28

2013-06-30:6.56

2013-03-31:4.84

2012-12-31:3.13

2012-09-30:4.84

2012-06-30:6.56

2012-03-31:8.28

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
ヘリオス

ヘリオスの同業他社へ

ヘリオスの同業他社

(2017-09-30) ”当社グループは、アジアに患者の多い疾患を適応症とした複数の創薬候補化合物をパイプラインに持ち、先端バイオ技術を活用して創薬活動を行っている創薬企業グループであります。自社グループの研究により開発された創薬候補物より、開発パイプラインを充実させると同時に、その一部を外部製薬企業にも...”(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/11/15

あとで比較する

すぐに比較する

(2017-09-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社2社より構成され、遺伝子医薬品を中心とする医薬品や医療機器の開発及び販売、ヘルスケア分野の製品に関する研究開発と販売を進めております。当社はHGF(Hepatocyte Growth Factor、肝細胞増殖因子)遺伝子を含む遺伝子治療薬を主要プ...”(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/11/15

あとで比較する

すぐに比較する

(2017-09-30) ”当社の企業集団は、当社、連結子会社2社により構成されています。当社および連結子会社は「医薬品の研究および開発」ならびにこれらに関連する事業内容を行っております。当社は、元東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長(現 シカゴ大学教授)である中村祐輔教授の研究成果(シーズ)を事業...”(20170620に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/11/07

あとで比較する

すぐに比較する

(2017-09-30) ”当社グループは、日本に軸足を置いた国際的なバイオ企業を目指し、グローバルな研究開発活動やライセンス活動などの事業展開を推進しています。中長期的には研究から開発、商業化といった医薬品開発に係る全てを担う、総合的なモデルを組み入れたバイオ企業になるべく、成長を続けています。長期的には...”(20171109に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/11/15

あとで比較する

すぐに比較する

(2017-09-30) ”人ががん疾患、リウマチなどの免疫炎症疾患、アルツハイマー病などの神経変性疾患になると、体内では細胞の異常な増殖、分化が起こっています。この原因と考えられている分子のひとつに、細胞内外の情報伝達をつかさどるキナーゼ(*)と呼ばれる酵素があります。当社は、このキナーゼに焦点をあてて研...”(20170327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/11/15

あとで比較する

すぐに比較する

(2017-09-30) ”当社は、細胞周期に関する基礎研究の成果をもとに、正常細胞に影響が少ない抗癌剤の研究および開発を単一事業として行っている、創薬企業であります。なお、当社は、医薬品事業の単一セグメントであります。当社は、癌細胞の細胞周期(細胞分裂に至る過程)が正常細胞と異なることに着目する独特の創薬...”(20170926に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/11/15

あとで比較する

すぐに比較する

(2017-09-30) ”当社は、先端科学技術を活用し、医療分野においてニーズの高い疾患領域に対する新たな医薬品を生み出すことを目指す研究開発型の創薬企業であり、独自に創出した新薬の開発化合物(*)の知的財産権を製薬会社等に対して導出(使用許諾契約によりライセンスアウト)することにより収益を獲得することを...”(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/11/15

あとで比較する

すぐに比較する

()

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

(2017-09-30) ”当社は、アプタマー創薬技術に関するプラットフォームである「RiboARTシステム(Ribomic Aptamer Refined Therapeutics System)」をベースとした創薬事業を展開している創薬プラットフォーム系バイオベンチャーであります。「RiboARTシステ...”(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/11/15

あとで比較する

すぐに比較する

(2017-07-31) ”当社グループ(以下、当社及び連結子会社SanBio, Inc.(米国カリフォルニア州マウンテンビュー市)の2社を指します。)は「再生細胞薬の開発を通じて、アンメットメディカルニーズ(未だ有効な治療法がない治療ニーズ)を充たし、ステークホルダーにとっての価値を創造する」ことをコーポ...”(20170427に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/09/13

あとで比較する

すぐに比較する

ヘリオスの同業他社をもっと見る

ヘリオスの関連統計

統計分類検索へ

ヘリオスの基本情報

企業名 株式会社ヘリオス
カナ カブシキガイシャヘリオス
英語名 HEALIOS K.K.
業種 医薬品
所在地 港区浜松町二丁目4番1号
ホームページ https://www.healios.co.jp/
EDINET E31335
証券コード 4593
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(4593)
決算日 12月31日