比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2017-06-30)

2017/08/17

アイビーシーの最新業績

アイビーシーの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からアイビーシーの事業内容についても確認できます。 注意:アイビーシーの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:5.62

2017-03-31:6.42

2016-12-31:7.09

2016-09-30:7.75

売上高

2017-06-30:7億9989万

2016-06-30:7億1186万

2015-06-30:6億5070万

2014-06-30:6億0367万

売上総利益

2017-06-30:6億2512万

2016-06-30:6億2509万

2015-06-30:5億8757万

2014-06-30:5億1530万

営業利益

2017-06-30:1803万

2016-06-30:1億4513万

2015-06-30:2億1124万

2014-06-30:1億6161万

経常利益又は経常損失(△)

2017-06-30:28万

2016-06-30:1億4446万

2015-06-30:2億0764万

2014-06-30:1億6705万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-06-30:-199万

2016-06-30:8817万

2015-06-30:1億2739万

2014-06-30:1億0015万

もっと見る

営業CF

2017-03-31:-5944万

2016-03-31:-3437万

2015-03-31:6169万

2014-03-31:5270万

投資CF

2017-03-31:-2902万

2016-03-31:11万

2015-03-31:-610万

2014-03-31:-649万

財務CF

2017-03-31:-4633万

2016-03-31:1030万

2015-03-31:2億6693万

2014-03-31:1213万

総資産

2017-06-30:15億0862万

2016-06-30:14億3515万

2015-06-30:7億6655万

2014-06-30:6億5867万

流動資産

2017-06-30:12億8279万

2016-06-30:12億4259万

2015-06-30:6億6581万

2014-06-30:5億4707万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:7億2755万

2016-03-31:8億4865万

2015-03-31:5億4741万

2014-03-31:1億6695万

もっと見る

現金及び預金

2017-06-30:7億7703万

2016-06-30:7億8662万

2015-06-30:2億8160万

2014-06-30:1億9620万

固定資産

2017-06-30:2億2582万

2016-06-30:1億9255万

2015-06-30:1億0073万

2014-06-30:1億1159万

負債

2017-06-30:1億2471万

2016-06-30:1億7887万

2015-06-30:2億3621万

2014-06-30:3億2819万

流動負債

2017-06-30:9116万

2016-06-30:1億2749万

2015-06-30:1億7786万

2014-06-30:2億1486万

固定負債

2017-06-30:3355万

2016-06-30:5138万

2015-06-30:5835万

2014-06-30:1億1333万

純資産

2017-06-30:13億8390万

2016-06-30:12億5627万

2015-06-30:5億3033万

2014-06-30:3億3048万

もっと見る

従業員数

2016-09-30:57

2015-09-30:47

2014-09-30:34

2013-09-30:34

売上総利益率

2017-06-30:78.2

2016-06-30:87.8

2015-06-30:90.3

2014-06-30:85.4

売上営業利益率

2017-06-30:2.3

2016-06-30:20.4

2015-06-30:32.5

2014-06-30:26.8

売上経常利益率

2017-06-30:0

2016-06-30:20.3

2015-06-30:31.9

2014-06-30:27.7

売上純利益率

2017-06-30:-0.2

2016-06-30:12.4

2015-06-30:19.6

2014-06-30:16.6

ROA

2017-06-30:-0.13333

2016-06-30:8.13313

2015-06-30:22.13278

2014-06-30:20.26616

もっと見る

ROE

2017-06-30:-0.13333

2016-06-30:9.3331

2015-06-30:31.9992

2014-06-30:40.39899

自己資本比率

2017-06-30:91.7

2016-06-30:87.5

2015-06-30:69.2

2014-06-30:50.2

流動比率

2017-06-30:1407.1

2016-06-30:974.6

2015-06-30:374.3

2014-06-30:254.6

固定比率

2017-06-30:16.3

2016-06-30:15.3

2015-06-30:19

2014-06-30:33.8

業績ランキングは

1219

(3061社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

アイビーシーの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
アイビーシー
なし

キーワードの推移
2016/12/20(年度)2015/12/11(年度)2015/09/04(年度)2015/08/26(年度)2015/08/11(年度)2017/08/14(四半期)2017/05/15(四半期)2017/02/13(四半期)2016/08/12(四半期)2016/05/13(四半期)
mibmibmibmibmibプロビジョニングプロビジョニングプロビジョニング種it間接販売
間接販売間接販売ブラックボックスブラックボックスブラックボックスランサムウェア積立ライセンスライセンスライセンス
systemブラックボックス間接販売間接販売間接販売ライセンスライセンスパブリッククラウドセキュリティ積立
応答時間systemsystemsystemsystemパブリッククラウドパブリッククラウドプライベートクラウドインテグレーションセキュリティ
レスポンス応答時間応答時間応答時間応答時間プライベートクラウドプライベートクラウド仮想化it株式公開
speedyレスポンスネットワールドネットワールドネットワールドblockchainネットワークネットワークsoclインテグレーション
warespeedyレスポンスレスポンスレスポンスネットワーク仮想化パートナvendorit
帯域warespeedyspeedyspeedy仮想化パートナitsystemsocl
ブラックボックス帯域cloud computingcloud computingcloud computingパートナitマイナンバー制度物販vendor
仮想化cloud computingwarewarewareitマイナンバー制度ハイブリッドビッグデータsystem
アプライアンス仮想化帯域帯域帯域マイナンバー制度ハイブリッドsystem熊本地震物販
ipv6アプライアンス種it種it種itハイブリッドsystemパラリンピック地震ビッグデータ
cloud computingipv6仮想化仮想化仮想化systemパラリンピック物販情報サービス備品
vendorwanアプライアンスアプライアンスアプライアンスパラリンピック物販自動化資源国情報サービス
wanvendoripv6ipv6ipv6物販自動化リソース敷金ソフトウエア
コンピュータコンピュータwanwanwan資本準備金リソース東京オリンピックcrowd資源国
ライセンスライセンス物販物販物販自動化東京オリンピック東京証券取引所プラットフォームオフィス
リソースリソースvendorvendorvendorリソース大型パートナcrowd
販売チャネル販売チャネルコンピュータコンピュータコンピュータ積立保険公共システムプラットフォーム
lanlanライセンスライセンスライセンス東京オリンピック公共建設仮勘定日本銀行パートナ
テンプレートテンプレートリソースリソースリソース新株建設仮勘定最適化テーマシステム
パートナ物販パートナパートナパートナ東京証券取引所最適化情報サービスモバイル日本銀行
物販マウスモノのインターネットモノのインターネットモノのインターネット公共情報サービスcrowd興国テーマ
マウスictビッグデータビッグデータビッグデータ最適化中小プロセスコンサルティングモバイル
ictパートナ販売チャネル販売チャネル販売チャネル情報サービスソフトウエア日本銀行イベント興国
actionactionlanlanlanオフィスオフィスシステム保証金コンサルティング
データデータテンプレートテンプレートテンプレートcrowdcrowdインフラネットワークネットワーク
visorサマライズマウスマウスマウスプロセスプロセス銀行銀行保険
syslogvisorictictict日本銀行日本銀行リスクeu離脱銀行
ハイタッチsyslogactionactionaction大型大型技術資源資源
年度or届出書
四半期or半期

(20161220)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170814)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

アイビーシーの類似企業へ

アイビーシーの業績推移

アイビーシーの同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社3社により構成されており、グループ会社間の連携と連動により、携帯電話とパソコンを媒体としたインターネットユーザー向けの各種サービス、アプリケーション、コンテンツ及びソフトウェアの企画、製作、開発、配信、販売並びにコンピュータ入力により文字情報をデータ化するデータエントリーを主たる業務とする「情報サービス業」を行っております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同じであります。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び当社連結子会社のGMOペパボオーシー株式会社で構成されており、主に個人向けに低価格帯のインターネットサービスを展開しております。また、当社グループが属しておりますGMOインターネットグループは、主にインターネットインフラ事業、インターネット広告・メディア事業、インターネット証券事業、モバイルエンターテイメント事業及びインキュベーション事業を展開しております。当社の事業のうち「ホスティング事業」、「EC支援事業」、「ハンドメイド事業」の3事業がインターネットインフラ事業にあたり、「コミュニティ事業」がインターネット広告・メディア事業にあたります。当社グループは「もっとおも...(20170321に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当連結会計年度における主要な関係会社の異動と当社グループの主な事業内容は、以下のとおりであります。・ 前連結会計年度末において持分法非適用関連会社であった米国EverySense,Inc.は、重要生が増したため第1四半期連結会計期間から持分法適用の範囲に含め、第2四半期連結会計期間まで持分法非適用関連会社であった株式会社キャンパスナビTVも、重要性が増したため第3四半期連結会計期間から持分法適用の範囲に含めております。 また、当社の完全子会社であった株式会社Lyudia(以下、Lyudia)は、平成28年4月に、フランスのIngenico GroupS.A.に対し当社保有のLyudia株式を一...(20160923に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社4社(株式会社Joe'sクラウドコンピューティング、ゲヒルン株式会社、櫻花移動電信有限公司、エヌシーアイ株式会社)、関連会社1社(株式会社S2i)、その他の関係会社1社(双日株式会社)の計7社で構成されており、自社グループでデータセンターの運営とインターネットのバックボーンを構築し、それらを基にしたデータセンターサービスを提供する事業を行っております。当社グループが提供するサービスは、以下のとおりです。当社グループが運営するデータセンター内に、顧客所有の通信機器類を自由に設置できるスペースと、インターネット接続に必要な回線や電源などを貸...(20170615に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-07-31)

(2015-07-31) ”当社グループは、当社及び子会社9社で構成されており、「総合ITアウトソーシング事業」及び「エネルギー事業」を展開しております。なお、当連結会計年度より、従来の「総合ITアウトソーシング事業」に加え「エネルギー事業」を追加し、2事業としております。また、子会社である株式会社ビットサーフが当社グループの顧客を中心に人材サービスを提供いたします。さらに、子会社である株式会社セタ・インターナショナル及びAXLBIT株式会社その他事業提携先企業により当社グループのサービス基盤を利用してサービスを開発・提供しております。子会社である株式会社テラ・パワー及び合同会社TP1により、経済産業省から認定を受けた再...(20151029に提出された書類より抜粋)

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の事業は、音声を中心とする通信技術に関するソリューション提供を行う単一セグメントとなっており、通信事業者向けの高度なソリューション事業を中核としておりますが、その開発で蓄積してきた技術・経験を活かして、大手顧客を中心とするビジネスユース向けにもIP-PBX、通信事業者接続用ゲートウェイに加え、通話録音、音声認識、コールセンターソリューション、ユニファイドコミュニケーションとの連携ソリューションなどを展開しております。また、情報通信関連の技術やネットワーク環境の急速な発展に伴い、近年においては、より高度で広範なサービスの提供に対応すべく、さまざまな新規開発製品やサービスの提供に努めており、セ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-09-30)

(2014-09-30) ”当社グループは、当連結会計年度末において、当社(シナジーマーケティング株式会社)、連結子会社(株式会社ビーネット、SMIA Corporation)から構成されており、クラウドサービス事業、エージェント事業、eホールセール事業を主な事業として営んでおります。なお、セグメントと同一の区分であります。当事業では、当社が、企業等が保有する顧客情報資産を安全に格納しつつ、収益化に向けた積極的な管理・運用を実現するためアプリケーション・ソフトウェアについて、クラウド(SaaS)形態でのサービス提供を行っています。 クラウドは、企業が高額な投資で、長期間かけて個別にシステム構築をするのではなく、同じソフト...(20140325に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社Jストリーム(当社)、連結子会社4社で構成されており、各種のインターネット動画配信用ソフトウェアを用いて、インターネット上で映像や音声等のコンテンツ配信サービスを行うことを主たる事業としております。当社グループはインターネットにおけるコンテンツ配信を主な事業内容としておりますが、その内容は、配信事業、制作・システム開発事業に大きく区分されます。それぞれのサービスの内容は以下のとおりであります。当社グループでは、インターネットを通じて、イベント映像や企業の説明会、教育映像、広告、音楽、映画など、種類を問わず映像・音声コンテンツを配信しております。当社では、各インターネット...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社4社から構成されており、最先端技術及び商品を利用したICTシステムの構築から高付加価値サービスの提供までを事業領域としています。営業活動は、最適なソリューションを提供するため、対象市場を4つのセグメントに区分して行っております。営業支援体制としては、市場開発本部は各市場に適合したソリューションの企画・開発・コンサルティング、エンジニアリング本部はシステムの設計・構築・工事、カスタマーサービス本部はシステムの運用・保守・最適化、ビジネス推進本部は製品ベンダーとの協業や技術研究などを連携して行っています。また、連結子会社は、ネットワンパートナーズ株式会社、株式会社エク...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社、および当社の子会社)は、(株)ディーエムエス(当社)、子会社1社で構成され、ダイレクトメールを主体としたメーリングサービス業務をはじめ、セールスプロモーションのあらゆる領域にわたるサービス等の提供を主な事業活動として展開しております。なお、次の5部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の事業は、情報サービス事業並びにこれらの附帯業務の単一事業であるため、セグメント別に代えて事業部門別に記載しております。当部門は、オープン系サーバ、ネットワークシステムの構築、運用管理をはじめ、各種ソフトのインストールのほか、ヘルプデスクや障害対応など幅広いサポート業務を行っております。当部門は、業務系システムの設計・開発、組込み系ソフト開発・検証、ERP(業務パッケージ)などのソフト開発に関わる業務を行っております。当部門は、汎用系システムの保守・運用管理を行っております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-12-31)

(2009-12-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-03-31)

(2010-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益赤字へ転落当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続赤字経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高4年連続マイナス成長営業利益5年連続黒字,プラス成長に回復経常利益5年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益赤字へ転落,4年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社1社で構成され、世の中のインターネットサービスやインターネットとつながる全てのモノが快適かつ安定稼動するために、IoTビッグデータ(注1)をベースとした自動運用サービス(IoT、インターネットシステムの自動マネジメントサービス)を提供しております。また、OS開発及び信号制御技術等の基盤技術力をベースとした自動化を進め、インターネット(IoT)の未来に安心をご提供し続けることをミッションとし、お客様、社会のIoT・インターネットサービスを支える「マネジメントサービス事業」を「オートセンサリング&オートディレクション(A&A)(注2)」というコンセプトで展...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社、連結子会社5社及び持分法適用関連会社1社で構成され、「クラウド世代のリーディング・カンパニー」を目指し、クラウドにおける「ソリューション事業」及び「製品事業」を展開しております。 クラウド・コンピューティングは現在、「クラウドファースト」という言葉が示す通り、ITを活用するにあたり、クラウドを第1候補とする考え方が定着しつつあり、ITにおけるトレンドとなっております。これは、即ちITを活用するにあたり、「所有すること」から「使用すること」への変換を意味しており、ITにおける新たな「パラダイム・シフト」となっております。当社はそのような環境の変化を捉え、クラウドシステムの導...(20170529に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社は、平成27年9月1日に単独株式移転の方法により株式会社パイプドビッツの完全親会社である純粋持株会社として設立され、子会社等の経営管理及びそれに付帯または関連する業務を行っております。また、当社のグループ会社においては情報資産プラットフォームを提供する事業を中心として、情報資産プラットフォーム事業、広告事業及びソリューション事業に取り組んでおります。当社グループにおける事業内容は次のとおりであります。情報資産プラットフォーム事業は、主力サービスであるプラットフォーム「スパイラル(R)」を中心に、アパレル特化型ECプラットフォーム「スパイラルEC(R)」、会計クラウド「ネットde会計(R)」...(20170531に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社1社(RAKUS Vietnam Co., Ltd.)により構成されており「IT技術で中小企業を強くします。」を企業ビジョンに据え、大企業で使用されているようなシステムを簡単に使用できるクラウドサービス等を提供することで中小企業の成長とそこで働く人々に貢献するべく事業を展開しております。具体的には、主に中小企業向けにシステムをクラウド方式で提供するクラウド事業と、Java、Linux/Unixを中心としたWebシステムの開発やインフラ業務に強みを持つITエンジニアを派遣するIT人材事業を行っております。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

アイビーシーの同業他社をもっと見る

アイビーシーの関連統計

統計分類検索へ

アイビーシーの基本情報

企業名 アイビーシー株式会社
カナ アイビーシーカブシキカイシャ
英語名 
業種 情報・通信業
所在地 中央区新川一丁目8番8号
ホームページ http://www.ibc21.co.jp/
EDINET E31754
証券コード 3920
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(3920)
決算日 09月30日