資産: 24億円(20年03月)
20年03月 20/11/15

ノムラシステムコーポレーション の最新売上高、利益へ

582,217千円となりました。これは現金及び預金が24,918千円、売掛金が28,095千円、仕掛品が25,043千円、投資その他の資産が28,509千円増加したことが主な要因でありま

システム開発・保守・インフラ

資産: 127億円(20年03月)
20年03月 20/11/04

東京自働機械製作所 の最新売上高、利益へ

9%増加し、78億9千9百万円となりました。これは、前渡金が1億6千5百万円減少したのに対し、現金及び預金が1億7千5百万円、仕掛品が1億5千9百万円それぞれ増加したことなどによります。

包装機械

資産: 50億円(20年03月)
20年03月 20/11/15

秋川牧園 の最新売上高、利益へ

及び預金の増加(46百万円)、売掛金の増加(62百万円)及び、商品及び製品の減少(41百万円)、仕掛品の減少(69百万円)、原材料及び貯蔵品の減少(10百万円)等によるものです。 (負債

畜産

資産: 6億 974万円(20年03月)
20年03月 20/11/15

ヘッドウォータース の最新売上高、利益へ

973千円となりました。流動資産は前事業年度末と比較して97,193千円増加し、640,904千円となりました。主な要因は、仕掛品が2,760千円減少したものの、現金及び預金が80,40

システム開発・保守・インフラ

資産: 70億円(20年03月)
赤字あり 20年03月 20/07/01

太平化学製品 の最新売上高、利益へ

減要因は、受取手形及び売掛金の減少(1,458百万円から1,240百万円へ217百万円の減少)、仕掛品の減少(330百万円から262百万円へ67百万円の減少)、原材料及び貯蔵品の減少(3

化成品(樹脂・油脂・界面活性剤・機能性原料)

資産: 194億円(20年03月)
20年03月 20/11/04

石井鐵工所 の最新売上高、利益へ

94億43百万円となりました。流動資産は、鉄構事業の増収による営業債権の増加や、工事量増加による仕掛品の計上などにより、前期末に比べ7億63百万円増加し72億72百万円となりました。固定

タンク

資産: 357億円(20年03月)
20年03月 20/11/15

エンシュウ の最新売上高、利益へ

当社グループの運転資金需要のうち主なものは、受注から売上までのリードタイムが長い工作機械関連事業のシステム工作機械の仕掛品であります。投資を目的とした資金需要は、設備投資によるものであり

金属工作加工機械・鋳造装置

資産: 29億円(20年03月)
20年03月 20/11/15

ダブルスタンダード の最新売上高、利益へ

営業活動によって得られた資金は743百万円となりました。これは主に、法人税等の支払額303百万円、売上債権の増加155百万円及び仕掛品の増加38百万円がありましたが、税金等調整前当期純利

データ解析

資産: 17億円(20年03月)
20年03月 20/11/15

WDBココ の最新売上高、利益へ

285百万円(前事業年度比28.3%増)となりました。これは、安全性情報管理サービスにおいて前事業年度に受注し前事業年度末に仕掛品としていた案件が売上計上されたこと、前事業年度第2四半期

医療サービス

資産: 196億円(20年03月)
20年03月 20/11/15

サンウッド の最新売上高、利益へ

度においては、たな卸資産及び有形固定資産の増加額に対し、借入金の増加額が小さくなっておりますが、仕掛品に計上されている新築工事費については手許資金にて賄っているためであります。 これらの

マンション・住宅・仲介

資産: 130億円(20年03月)
20年03月 20/11/15

カネミツ の最新売上高、利益へ

356百万円となり384百万円減少しました。その主な内訳は受取手形及び売掛金の減少406百万円、電子記録債権の減少45百万円、仕掛品の増加74百万円等によるものであります。固定資産の残高

輸送機械部品

資産: 1011億円(19年03月)
19年03月 20/04/22

ニューフレアテクノロジー の最新売上高、利益へ

834千円の増加、グループ預け金5,000,000千円の増加、繰延税金資産1,189,245千円の増加等に対し、仕掛品2,634,750千円の減少、機械装置及び運搬具(純額)825,11

半導体・液晶製造装置

資産: 85億円(20年03月)
20年03月 20/11/09

ビジネスエンジニアリング の最新売上高、利益へ

上記の金額には、消費税等は含まれておりません。 (2) 財政状態の状況 1) 資産の部 流動資産につきましては、現金及び預金の増加、仕掛品の減少等により、前連結会計年度末と比較して708

システム開発・保守・インフラ