比較リスト

全業界のランキングと概況

概況

※ポイント(0~10)表記

全業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです(業界について)。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業は三菱UFJフィナンシャル・グループ日本郵政三菱UFJ銀行ゆうちょ銀行三井住友フィナンシャルグループみずほフィナンシャルグループ三井住友銀行みずほ銀行かんぽ生命保険りそなホールディングスなどです。
キーワードは、店舗不動産機器部品機械製品自動車住宅ソリューション食品半導体電子販売事業資金会員を設定しています。

ランキング(年度)

売上高(19年03月)

1位トヨタ自動車:30兆2256億(連結)

2位三菱商事:16兆1037億(連結)

3位本田技研工業:15兆8886億(連結)

4位日本郵政:12兆7749億(連結)

5位日本電信電話:11兆8798億(連結)

6位伊藤忠商事:11兆6004億(連結)

7位日産自動車:11兆5742億(連結)

8位ENEOSホールディングス:11兆1296億(連結)

9位ソフトバンクグループ:9兆6022億(連結)

10位日立製作所:9兆4806億(連結)

売上総利益(19年03月)

1位ソフトバンクグループ:3兆8545億(連結)

2位イオン:3兆 900億(連結)

3位トヨタ自動車:2兆6430億(単独)

4位日立製作所:2兆5159億(連結)

5位セブン&アイ・ホールディングス:2兆3851億(連結)

6位パナソニック:2兆2664億(連結)

7位KDDI:2兆2129億(連結)

8位三菱商事:1兆9878億(連結)

9位日産自動車:1兆9038億(連結)

10位ソフトバンク:1兆6313億(連結)

営業利益(19年03月)

1位ソフトバンクグループ:2兆3539億(連結)

2位日本電信電話:1兆6938億(連結)

3位トヨタ自動車:1兆3261億(単独)

4位KDDI:1兆 137億(連結)

5位NTTドコモ:1兆 136億(連結)

6位ソニー:8942億(連結)

7位本田技研工業:7263億(連結)

8位ソフトバンク:7194億(連結)

9位東海旅客鉄道:7097億(連結)

10位ENEOSホールディングス:5370億(連結)

経常利益(19年03月)

1位トヨタ自動車:2兆3231億(単独)

2位ソフトバンクグループ:1兆7285億(単独)

3位三菱UFJフィナンシャル・グループ:1兆3480億(連結)

4位三井住友フィナンシャルグループ:1兆1353億(連結)

5位NTTドコモ:9862億(単独)

6位三井住友銀行:8945億(連結)

7位三菱UFJ銀行:8512億(連結)

8位日本郵政:8306億(連結)

9位KDDI:7233億(単独)

10位東海旅客鉄道:6326億(連結)

継続事業からの当期利益(20年03月)

1位JSR:257億(連結)

2位アサヒホールディングス:114億(連結)

3位ルネサスエレクトロニクス:74億(連結)

4位デジタルガレージ:73億(連結)

当期純利益(19年03月)

1位トヨタ自動車:1兆8968億(単独)

2位ソフトバンクグループ:1兆4546億(連結)

3位東芝:1兆2789億(単独)

4位日本電信電話:1兆1386億(連結)

5位三菱UFJフィナンシャル・グループ:9497億(連結)

6位三井住友フィナンシャルグループ:7921億(連結)

7位KDDI:7011億(連結)

8位本田技研工業:6762億(連結)

9位三井住友銀行:6689億(連結)

10位NTTドコモ:6648億(連結)

親会社の所有者に帰属する当期利益(19年03月)

1位トヨタ自動車:1兆8828億(連結)

2位ソフトバンクグループ:1兆4111億(連結)

3位東芝:1兆 132億(連結)

4位ソニー:9162億(連結)

5位三菱UFJフィナンシャル・グループ:8726億(連結)

6位日本電信電話:8545億(連結)

7位三井住友フィナンシャルグループ:7266億(連結)

8位NTTドコモ:6636億(連結)

9位KDDI:6176億(連結)

10位三井住友銀行:6174億(連結)

営業CF(19年03月)

1位三菱UFJ銀行:10兆6159億(連結)

2位三菱UFJフィナンシャル・グループ:5兆6093億(連結)

3位三井住友フィナンシャルグループ:4兆5962億(連結)

4位三井住友銀行:4兆1860億(連結)

5位トヨタ自動車:3兆7665億(連結)

6位日本電信電話:2兆4061億(連結)

7位第一生命ホールディングス:1兆6969億(連結)

8位日産自動車:1兆4508億(連結)

9位ソニー:1兆2587億(連結)

10位NTTドコモ:1兆2160億(連結)

投資CF(19年03月)

1位みずほフィナンシャルグループ:5兆4871億(連結)

2位日本郵政:5兆1860億(連結)

3位みずほ銀行:5兆1826億(連結)

4位ゆうちょ銀行:2兆7137億(連結)

5位かんぽ生命保険:2兆6530億(連結)

6位三菱UFJ信託銀行:1兆5696億(連結)

7位東芝:1兆3054億(連結)

8位三井住友銀行:1兆2608億(連結)

9位三井住友フィナンシャルグループ:1兆 62億(連結)

10位東邦銀行:6137億(連結)

資産(19年03月)

1位三菱UFJフィナンシャル・グループ:311兆1389億(連結)

2位日本郵政:286兆1707億(連結)

3位三菱UFJ銀行:253兆3121億(連結)

4位ゆうちょ銀行:208兆9741億(連結)

5位三井住友フィナンシャルグループ:203兆6591億(連結)

6位みずほフィナンシャルグループ:200兆7922億(連結)

7位三井住友銀行:190兆6902億(連結)

8位みずほ銀行:179兆 831億(連結)

9位かんぽ生命保険:73兆9050億(連結)

10位りそなホールディングス:59兆1100億(連結)

純資産(19年03月)

1位トヨタ自動車:20兆5652億(連結)

2位三菱UFJフィナンシャル・グループ:17兆2616億(連結)

3位日本郵政:14兆7886億(連結)

4位三菱UFJ銀行:12兆8695億(連結)

5位日本電信電話:11兆8047億(連結)

6位三井住友フィナンシャルグループ:11兆4516億(連結)

7位ゆうちょ銀行:11兆3623億(連結)

8位みずほフィナンシャルグループ:9兆1940億(連結)

9位ソフトバンクグループ:9兆 92億(連結)

10位三井住友銀行:8兆9867億(連結)

全従業員(20年03月)

1位トヨタ自動車:44万5761人(連結)

2位日本郵政:40万 1人(連結)

3位日本電信電話:37万 826人(連結)

4位住友電気工業:32万 975人(連結)

5位本田技研工業:25万3260人(連結)

6位デンソー:20万2363人(連結)

7位伊藤忠商事:17万4713人(連結)

8位三菱UFJフィナンシャル・グループ:16万8970人(連結)

9位日産自動車:15万3731人(連結)

10位日本電産:14万5169人(連結)

ROA(19年03月)

1位リゾート&メディカル:46.75%(連結)

2位ダイヤ通商:37.7%(単独)

3位フォースタートアップス:33.32%(単独)

4位カカクコム:32.58%(連結)

5位北の達人コーポレーション:31.56%(単独)

6位Link-U:27.55%(単独)

7位セルソース:27.14%(単独)

8位ディップ:27.01%(単独)

9位ダブルスタンダード:26.96%(連結)

10位名南M&A:26.93%(単独)

ROE(19年03月)

1位MIEコーポレーション:214.81%(連結)

2位スター・マイカ・ホールディングス:198.97%(単独)

3位ダイヤ通商:73.01%(単独)

4位ZOZO:70.96%(連結)

5位マネックスファイナンス:70.2%(単独)

6位東芝:69.56%(連結)

7位AHCグループ:68.75%(連結)

8位スポーツフィールド:61.82%(連結)

9位GMOペパボ:61.55%(連結)

10位ビザスク:59.87%(単独)

売上高総利益率(19年03月)

1位みらい證券:100%(連結)

2位エヌリンクス:100%(単独)

3位グレイスヒルズカントリー倶楽部:100%(単独)

4位スター・マイカ・ホールディングス:100%(単独)

5位各務原開発:100%(単独)

6位富士フイルムホールディングス:100%(単独)

7位岐阜中濃土地建物:100%(単独)

8位LTTバイオファーマ:100%(単独)

9位UMNファーマ:100%(単独)

10位MS-Japan:99.93%(単独)

売上高経常利益率(19年03月)

1位LTTバイオファーマ:1443.02%(単独)

2位互助会保証:98.23%(連結)

3位ENEOSホールディングス:95.59%(単独)

4位飯田グループホールディングス:91.72%(単独)

5位日本取引所グループ:90.91%(単独)

6位三菱ケミカルホールディングス:89.82%(単独)

7位富士フイルムホールディングス:89.77%(単独)

8位コナミホールディングス:88.42%(単独)

9位リクルートホールディングス:88.31%(単独)

10位ソフトバンクグループ:83.5%(単独)

売上高利益率(継続事業からの当期利益)(20年03月)

1位アサヒホールディングス:7.89%(連結)

2位JSR:5.46%(連結)

3位日本電産:5.03%(連結)

4位味の素:2.58%(連結)

5位三菱ケミカルホールディングス:1.95%(連結)

売上高純利益率(19年03月)

1位LTTバイオファーマ:1196.57%(単独)

2位りゅうとう:90.77%(単独)

3位ウェルス・マネジメント:88.02%(連結)

4位三十三フィナンシャルグループ:75.07%(連結)

5位互助会保証:70.85%(連結)

6位スター・マイカ・ホールディングス:64.77%(単独)

7位全国保証:55.86%(単独)

8位リゾート&メディカル:50.53%(連結)

9位鳥居薬品:50.39%(単独)

10位第四北越フィナンシャルグループ:48.17%(連結)

自己資本比率(19年03月)

1位ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股、Beat Holdings Limited):215.77%(連結)

2位ユニデンホールディングス:103.4%(連結)

3位蔵王産業:102.66%(連結)

4位ACCESS:101%(連結)

5位愛眼:99.51%(連結)

6位大坂木材会館:99.51%(単独)

7位福岡カンツリー倶楽部:99.17%(単独)

8位備後観光開発:98.98%(単独)

9位岡崎クラシック:98.57%(単独)

10位名古屋競馬:98.49%(単独)

固定比率(19年03月)

1位ゼネシス:-100%(単独)

2位ダイトウボウ:-100%(連結)

3位チッソ:-100%(連結)

4位フィスコ:-100%(連結)

5位倉元製作所:-100%(単独)

6位千代田化工建設:-100%(連結)

7位小僧寿し:-100%(連結)

8位文教堂グループホールディングス:-100%(連結)

9位曙ブレーキ工業:-100%(連結)

10位深川製磁:-100%(連結)

固定長期適合率(19年03月)

1位ゴンゾ:-100%(連結)

2位ゼネシス:-100%(単独)

3位フルッタフルッタ:-100%(単独)

4位千代田化工建設:-100%(連結)

5位小僧寿し:-100%(連結)

6位深川製磁:-100%(連結)

7位Mikatus:-100%(単独)

8位マネックスファイナンス:0.01%(単独)

9位桃太郎源:0.26%(単独)

10位ステムリム:0.54%(単独)

流動比率(19年03月)

1位大坂木材会館:17841.32%(単独)

2位コンコルディア・フィナンシャルグループ:14177.27%(単独)

3位東京湾横断道路:10489.3%(単独)

4位りそなホールディングス:10307.8%(単独)

5位ほくほくフィナンシャルグループ:7385.16%(単独)

6位DeltaーFly Pharma:6197.91%(単独)

7位ソニーフィナンシャルホールディングス:5554.5%(単独)

8位モダリス:4724.35%(連結)

9位CYBERDYNE:4683.03%(連結)

10位アンジェス:4673.84%(連結)

手元流動性比率(19年03月)

1位大坂木材会館:3342.24ヶ月(単独)

2位LTTバイオファーマ:1201.48ヶ月(単独)

3位メドレックス:820.61ヶ月(連結)

4位信金中央金庫:525.13ヶ月(連結)

5位日本証券金融:486.1ヶ月(連結)

6位ブライトパス・バイオ:377.48ヶ月(単独)

7位DeltaーFly Pharma:337.18ヶ月(単独)

8位ゆうちょ銀行:329.25ヶ月(連結)

9位ヘリオス:326.55ヶ月(連結)

10位東邦銀行:264.01ヶ月(連結)

資産回転率(19年03月)

1位横浜魚類:7.11回転(単独)

2位大水:5.9回転(連結)

3位東京青果:5.56回転(連結)

4位魚喜:5.4回転(連結)

5位小僧寿し:5回転(連結)

6位日本テレホン:4.82回転(単独)

7位イオン東北:4.82回転(単独)

8位大都魚類:4.74回転(連結)

9位マックスバリュ九州:4.7回転(単独)

10位キャリア:4.43回転(単独)

全業界の企業をもっと見る

全体像

業績が良くなっている、悪くなっている企業の一覧です。

機械

すぐに比較する

金属製品

すぐに比較する

卸売

すぐに比較する

電気機器

すぐに比較する

輸送用機械

すぐに比較する

電子部品・デバイス

すぐに比較する

ガラス・土石製品

すぐに比較する

化学

すぐに比較する

ゴム製品

すぐに比較する

業界検索へ

医療費(総計)

32.72 (兆円)(19年12月)

すぐに比較する

雇用環境(消費者態度指数)

17.1 (なし)(20年05月)

すぐに比較する

国内総生産(支出側)(GDP)

526,425.8 (10億円)(20年03月)

すぐに比較する

政府最終消費支出(GDP)

110,232.1 (10億円)(20年03月)

すぐに比較する

輸出(GDP)

86,428.0 (10億円)(20年03月)

すぐに比較する

輸入(GDP)

88,944.8 (10億円)(20年03月)

すぐに比較する

消費支出(二人以上の世帯)

1,119,044 (円)(20年04月)

すぐに比較する

純輸出

-2,516.8 (10億円)(20年03月)

すぐに比較する

民間最終消費支出(GDP)

291,686.9 (10億円)(20年03月)

すぐに比較する

投資財出荷指数(除輸送機械)(一致指数)

91.5 (2015=100)(20年04月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

(20年03月) ”当社グループは、当社、連結子会社251社及び持分法適用関連会社54社で構成され、「世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ」を目指し、銀行業務、信託銀行業務、証券業務を中心に、クレジットカード・貸金業務、リース業務、資産運用業務、その他業務を行っております。なお、当社グループ...”(20年06月29日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月29日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”日本郵政グループ(以下「当社グループ」といいます。)は、当社、日本郵便株式会社(以下「日本郵便」といいます。)、株式会社ゆうちょ銀行(以下「ゆうちょ銀行」といいます。)及び株式会社かんぽ生命保険(以下「かんぽ生命保険」といい、日本郵便及びゆうちょ銀行と併せて「事業子会社」と総称し...”(20年06月19日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月19日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当行グループは、親会社である株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの下、当行、連結子会社121社及び持分法適用関連会社42社で構成され、銀行業務、その他(リース業務等)の金融サービスに係る事業を行っております。従って、当行は、顧客・業務別のセグメントから構成されており、「法人...”(20年06月29日に提出された書類より抜粋)

業界銀行

更新日:20年06月29日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社(うち連結子会社174社、持分法適用会社101社))は、銀行業務を中心に、リース業務、証券業務、コンシューマーファイナンス業務、システム開発・情報処理業務などの金融サービスに係る事業を行っております。...”(20年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月26日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社は、銀行持株会社として、銀行持株会社、銀行、証券専門会社、その他銀行法により子会社とすることができる会社の経営管理及びこれに附帯する業務、その他銀行法により銀行持株会社が営むことのできる業務を行うことを事業目的としております。「みずほフィナンシャルグループ」(以下、当社グルー...”(20年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月26日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当行は、銀行法に基づき、預入限度額内での預金(貯金)業務、シンジケートローン等の貸出業務、有価証券投資業務、為替業務、国債、投資信託及び保険商品の窓口販売、住宅ローン媒介業務、クレジットカード業務などを営んでおります。当行及び当行の関係会社は、当行、連結子会社4社及び持分法適用関...”(20年06月19日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月19日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当行グループ(当行及び当行の関係会社(うち連結子会社111社、持分法適用会社64社))は、銀行業務を中心とした金融サービスに係る事業を行っております。なお、当行グループは、お客さまの様々なニーズへの対応力をグループベースで一層強化するため、お客さまセグメント毎に事業戦略を立案・実...”(20年06月26日に提出された書類より抜粋)

業界銀行

更新日:20年06月26日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当行は、個人、中堅中小企業、大企業、金融・公共法人ならびに海外の日系・非日系企業を主要なお客さまとし、銀行業務、その他の金融サービスに係る事業を行っております。「みずほフィナンシャルグループ」(以下、当グループ)は、株式会社みずほフィナンシャルグループ、当行を含む連結子会社126...”(20年06月26日に提出された書類より抜粋)

業界銀行

更新日:20年06月26日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、保険業法に基づく免許・認可を得て生命保険業を営む当社を中心とした企業グループであり、当社及び連結子会社1社を中心に構成されております。また、当社グループは、当社の親会社である日本郵政株式会社を中心とした日本郵政グループにおける、生命保険事業セグメントを担っておりま...”(20年06月19日に提出された書類より抜粋)

業界保険

更新日:20年06月19日

あとで比較する

すぐに比較する

全業界の同業他社をもっと見る