比較リスト

投資業界のランキングと概況

概況

※ポイント(0~10)表記

投資業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです(業界について)。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業はロードスターキャピタルエー・ディー・ワークススパークス・グループなどです。
キーワードは、ファンド物件不動産不動産投資アセットマネジメントマンションphi賃料コンサルティングアセット投資家プロパティマネジメントフロー用地キャッシュアウトを設定しています。

ランキング(年度)

売上高(20年03月)

1位プロパティエージェント:226億(単独)

2位ドリームインキュベータ:225億(連結)

3位ビーロット:210億(連結)

売上総利益(20年03月)

1位ビーロット:57億(連結)

2位エー・ディー・ワークス:48億(連結)

3位プロパティエージェント:45億(単独)

営業利益(20年03月)

1位ムゲンエステート:29億(連結)

2位ビーロット:25億(連結)

3位アルデプロ:19億(連結)

経常利益(20年03月)

1位ムゲンエステート:23億(連結)

2位ビーロット:19億(連結)

3位プロパティエージェント:15億(単独)

当期純利益(20年03月)

1位ムゲンエステート:15億(連結)

2位ビーロット:12億(連結)

3位マーキュリアインベストメント:10億(連結)

親会社の所有者に帰属する当期利益(20年03月)

1位ムゲンエステート:15億(連結)

2位ビーロット:12億(連結)

3位アルデプロ:10億(連結)

営業CF(20年03月)

1位ジャフコ:121億(連結)

2位スパークス・グループ:45億(連結)

3位レーサム:35億(連結)

4位ドリームインキュベータ:14億(連結)

5位フィンテック グローバル:11億(連結)

6位エフ・ジェー・ネクスト:9億8000万(連結)

7位プロパティエージェント:1億6010万(単独)

8位日本アジア投資:1億2400万(連結)

9位リゾート&メディカル:-2億2303万(連結)

投資CF(20年03月)

1位Oakキャピタル:2億 127万(連結)

2位日本アジア投資:1億4700万(連結)

3位フューチャーベンチャーキャピタル:900万(連結)

4位プロパティエージェント:-1億7584万(単独)

5位ジャフコ:-2億7700万(連結)

6位エー・ディー・ワークス:-3億5703万(連結)

7位エフ・ジェー・ネクスト:-5億 200万(連結)

8位フィンテック グローバル:-8億3425万(連結)

9位リゾート&メディカル:-11億(連結)

総合点(20年03月)

1位Oakキャピタル:7.62点

2位アルデプロ:7.52点

3位スパークス・グループ:7.49点

収益性(20年03月)

1位フィンテック グローバル:5.9点

2位エー・ディー・ワークス:5.71点

3位アルデプロ:5.43点

成長性(20年03月)

1位グッドライフカンパニー:10点

2位エー・ディー・ワークス:9.96点

3位ビーロット:9.93点

資産(20年03月)

1位ロードスターキャピタル:428億(連結)

2位エー・ディー・ワークス:354億(連結)

3位スパークス・グループ:337億(連結)

純資産(20年03月)

1位ドリームインキュベータ:136億(連結)

2位エー・ディー・ワークス:130億(連結)

3位マーキュリアインベストメント:107億(連結)

全従業員(20年03月)

1位エフ・ジェー・ネクスト:1040人(連結)

2位ドリームインキュベータ:625人(連結)

3位スパークス・グループ:169人(連結)

4位プロパティエージェント:131人(単独)

5位Oakキャピタル:91人(連結)

6位日本商業開発:74人(連結)

7位リゾート&メディカル:4人(連結)

ROA(20年03月)

1位ジャフコ:5.33%(連結)

2位ロードスターキャピタル:4.5%(連結)

3位日本商業開発:4.23%(連結)

ROE(20年03月)

1位日本商業開発:12.86%(連結)

2位スパークス・グループ:12.08%(連結)

3位ケネディクス:10.8%(連結)

売上高総利益率(20年03月)

1位ロードスターキャピタル:30.15%(連結)

2位ビーロット:27.23%(連結)

3位フューチャーベンチャーキャピタル:25.11%(連結)

売上高営業利益率(20年03月)

1位エフ・ジェー・ネクスト:12.27%(連結)

2位ビーロット:12.19%(連結)

3位アルデプロ:10.73%(連結)

売上高経常利益率(20年03月)

1位日本アジア投資:11.16%(連結)

2位ビーロット:9.36%(連結)

3位グッドライフカンパニー:8.82%(連結)

売上高純利益率(20年03月)

1位エフ・ジェー・ネクスト:7.93%(連結)

2位ビーロット:6.04%(連結)

3位アルデプロ:5.8%(連結)

自己資本比率(20年03月)

1位スパークス・グループ:56.49%(連結)

2位ケネディクス:56.22%(連結)

3位レーサム:53.55%(連結)

固定比率(20年03月)

1位レーサム:21.01%(連結)

2位フューチャーベンチャーキャピタル:29.34%(連結)

3位リゾート&メディカル:31.59%(連結)

固定長期適合率(20年03月)

1位日本商業開発:12.01%(連結)

2位レーサム:12.39%(連結)

3位グッドライフカンパニー:13.84%(連結)

流動比率(20年03月)

1位ムゲンエステート:461.77%(連結)

2位ロードスターキャピタル:440.6%(連結)

3位フィンテック グローバル:422.88%(連結)

手元流動性比率(20年03月)

1位レーサム:6.42ヶ月(連結)

2位ビーロット:5.76ヶ月(連結)

3位Oakキャピタル:5.24ヶ月(連結)

資産回転率(20年03月)

1位レーサム:0.6回転(連結)

2位フィンテック グローバル:0.58回転(連結)

3位ムゲンエステート:0.58回転(連結)

投資業界の企業をもっと見る

全体像

業績が良くなっている、悪くなっている企業の一覧です。

金融業,保険業(民間からの建設工事受注)

6,978.0 (百万円)(20年04月)

すぐに比較する

機械受注額(金融業・保険業)

65,887.0 (百万円)(20年04月)

すぐに比較する

金融業,保険業向け(建築物着工)

66.0 (1000㎡)(20年04月)

すぐに比較する

金融業,保険業(活動指数)

101.8 (2010=100)(20年04月)

すぐに比較する

投資向けサービス(活動指数)

83.6 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

資金提供関連産業(活動指数)

111.2 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

流通業務(活動指数)

93.1 (2010=100)(20年04月)

すぐに比較する

金融商品取引業,商品先物取引業(活動指数)

90.2 (2010=100)(20年04月)

すぐに比較する

発行業務(活動指数)

79.5 (2010=100)(20年04月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

(20年02月) ”当社は、サステナブルな社会の実現を目指している「サステナブルインフラ企業」です。当社の事業セグメントの区分は下記の通りです。なお、当連結会計年度末における当社の主要な連結子会社の状況を図示すると以下のとおりであります。...”(20年05月24日に提出された書類より抜粋)

業界投資

更新日:20年05月24日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社の事業は、ファンドの運用を通じたベンチャー投資とバイアウト投資に特化しています。ファンドの運用資金は、3年前後に一度、機関投資家や事業会社などから募集しています。また、すべてのファンドに当社の自己資金を投入し、自らファンドパフォーマンス向上にコミットします。その比率は通常30...”(20年06月19日に提出された書類より抜粋)

業界投資

更新日:20年06月19日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、当社(ケネディクス株式会社)、子会社39社及び関連会社22社により構成されており、当社グループの事業は、(1)アセットマネジメント事業、(2)不動産管理事業、(3)不動産運営事業、(4)不動産投資事業の4つの事業から成ります。これらの事業は連結財務諸表の注記事項に...”(20年03月27日に提出された書類より抜粋)

業界投資

更新日:20年05月17日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年02月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(トーセイ株式会社)及び連結子会社14社により構成されており、「不動産流動化事業」、「不動産開発事業」、「不動産賃貸事業」、「不動産ファンド・コンサルティング事業」、「不動産管理事業」、「ホテル事業」を主たる業務としております。なお、...”(20年03月04日に提出された書類より抜粋)

業界投資

更新日:20年04月11日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは当社及び連結子会社12社から構成されており、資産運用事業、プロパティマネジメント事業及びその他の事業を行っております。なお、前連結会計年度におけるサービシング事業の事業撤退により、当社の報告セグメントは2020年3月期より、資産運用事業、プロパティマネジメント事業、...”(20年06月24日に提出された書類より抜粋)

業界投資

更新日:20年06月24日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、当社及び連結子会社4社、非連結子会社1社により構成されており、首都圏において不動産開発事業を中心として事業展開しております。当社は、主として資産運用を目的としたワンルームマンション「ガーラマンションシリーズ」、ファミリー向けマンション「ガーラ・レジデンスシリーズ」...”(20年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月26日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループ(当社、子会社18社及び持分法適用関連会社1社)は、次の3つの事業を主たる業務としております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社グループが土地所有者から土地を借り受けて...”(20年06月26日に提出された書類より抜粋)

業界投資

更新日:20年06月26日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社ムゲンエステート)及び連結子会社3社(株式会社フジホーム、ムゲン投資顧問株式会社、株式会社ムゲンファンディング)、非連結子会社2社(合同会社プルミエ、一般社団法人プルミエ)の6社で構成されており、「不動産売買事業」、「賃貸そ...”(20年03月27日に提出された書類より抜粋)

業界投資

更新日:20年05月17日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年02月) ”当社グループは、当社(ファーストブラザーズ株式会社)及び連結子会社10社(ファーストブラザーズキャピタル株式会社、ファーストブラザーズ投資顧問株式会社、ファーストブラザーズディベロプメント株式会社、株式会社東日本不動産及びその他6社)及び持分法適用関連会社1社により構成されており...”(20年03月04日に提出された書類より抜粋)

業界投資

更新日:20年04月11日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、不動産投資開発事業、不動産コンサルティング事業及び不動産マネジメント事業を営んでおります。いずれの事業も、重要な社会財産である不動産を最有効活用すること、並びに、投資家様向けに最適な不動産投資商品を提供することを目的としております。具体的には、不動産投資開発事業を...”(20年04月11日に提出された書類より抜粋)

業界投資

更新日:20年05月17日

あとで比較する

すぐに比較する

投資業界の同業他社をもっと見る