比較リスト

建設・土木業界のランキングと概況

概況

※ポイント(0~10)表記

建設・土木業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです(業界について)。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業は大林組鹿島建設清水建設大成建設竹中工務店大東建託前田建設工業戸田建設西松建設五洋建設などです。
キーワードは、土木土木工事建築工事特命建設工事不動産道路未成工事受入金トンネル建設業受入地盤現金預金公共投資住宅を設定しています。

ランキング(年度)

売上高(19年03月)

1位大林組:2兆 396億(連結)

2位鹿島建設:1兆9742億(連結)

3位清水建設:1兆6649億(連結)

4位大成建設:1兆6508億(連結)

5位大東建託:1兆5911億(連結)

6位竹中工務店:1兆3527億(連結)

7位五洋建設:5419億(連結)

8位戸田建設:5104億(連結)

9位前田建設工業:4920億(連結)

10位三井住友建設:4487億(連結)

売上総利益(19年03月)

1位大東建託:2960億(連結)

2位大林組:2540億(連結)

3位鹿島建設:2511億(連結)

4位大成建設:2414億(連結)

5位清水建設:2166億(連結)

6位竹中工務店:1641億(連結)

7位戸田建設:671億(連結)

8位前田建設工業:651億(連結)

9位三井住友建設:510億(連結)

10位五洋建設:467億(連結)

営業利益(19年03月)

1位大林組:1554億(連結)

2位大成建設:1533億(連結)

3位鹿島建設:1426億(連結)

4位清水建設:1297億(連結)

5位大東建託:1270億(連結)

6位竹中工務店:852億(連結)

7位前田建設工業:359億(連結)

8位戸田建設:345億(連結)

9位五洋建設:292億(連結)

10位三井住友建設:292億(連結)

経常利益(19年03月)

1位大林組:1630億(連結)

2位鹿島建設:1629億(連結)

3位大成建設:1579億(連結)

4位清水建設:1339億(連結)

5位大東建託:1322億(連結)

6位竹中工務店:942億(連結)

7位前田建設工業:383億(連結)

8位戸田建設:374億(連結)

9位三井住友建設:288億(連結)

10位五洋建設:265億(連結)

当期純利益(19年03月)

1位大林組:1163億(連結)

2位大成建設:1127億(連結)

3位鹿島建設:1101億(連結)

4位清水建設:1001億(連結)

5位大東建託:903億(連結)

6位竹中工務店:686億(連結)

7位戸田建設:257億(連結)

8位前田建設工業:256億(連結)

9位三井住友建設:196億(連結)

10位五洋建設:188億(連結)

親会社の所有者に帰属する当期利益(20年03月)

1位三井住友建設:155億(連結)

営業CF(20年03月)

1位大成建設:774億(連結)

2位鹿島建設:530億(連結)

3位前田建設工業:323億(連結)

4位髙松コンストラクショングループ:217億(連結)

5位松尾建設:143億(連結)

6位西松建設:141億(連結)

7位東亜建設工業:114億(連結)

投資CF(20年03月)

1位南海辰村建設:15億(連結)

2位松井建設:7億4364万(連結)

3位大本組:6億4200万(単独)

4位不動テトラ:5億7700万(連結)

5位新日本建設:2億8200万(連結)

6位サンユー建設:2億6984万(連結)

7位キャンディル:903万(連結)

安全性(19年03月)

1位佐田建設:10点

2位大末建設:10点

3位奥村組:10点

4位東急建設:10点

5位東洋建設:10点

6位錢高組:10点

7位飛島建設:10点

8位ITbookホールディングス:10点

9位大本組:9.94点

10位アジアゲートホールディングス:9.93点

成長性(19年03月)

1位サンユー建設:10点

2位ヤマウラ:10点

3位南海辰村建設:10点

4位大東建託:10点

5位巴コーポレーション:10点

6位日本基礎技術:10点

7位矢作建設工業:10点

8位JESCOホールディングス:10点

9位テノックス:9.99点

10位松井建設:9.97点

資産(19年03月)

1位大林組:2兆2145億(連結)

2位鹿島建設:2兆 911億(連結)

3位清水建設:1兆8607億(連結)

4位大成建設:1兆8461億(連結)

5位竹中工務店:1兆4841億(連結)

6位大東建託:8597億(連結)

7位前田建設工業:7176億(連結)

8位戸田建設:6677億(連結)

9位西松建設:4663億(連結)

10位五洋建設:3838億(連結)

純資産(19年03月)

1位大林組:7981億(連結)

2位鹿島建設:7569億(連結)

3位清水建設:7352億(連結)

4位大成建設:7223億(連結)

5位竹中工務店:6888億(連結)

6位大東建託:3022億(連結)

7位戸田建設:2691億(連結)

8位前田建設工業:2525億(連結)

9位西松建設:1993億(連結)

10位奥村組:1684億(連結)

全従業員(20年03月)

1位鹿島建設:2万2114人(連結)

2位大東建託:2万1916人(連結)

3位大林組:1万8879人(連結)

4位清水建設:1万8475人(連結)

5位大成建設:1万8378人(連結)

6位前田建設工業:7025人(連結)

7位三井住友建設:6910人(連結)

8位五洋建設:5441人(連結)

9位綿半ホールディングス:4348人(連結)

10位東急建設:3126人(連結)

ROA(19年03月)

1位JESCOホールディングス:12.98%(連結)

2位コプロ・ホールディングス:12.56%(連結)

3位ファーストコーポレーション:12.12%(単独)

4位田中建設工業:11.71%(単独)

5位大東建託:10.46%(連結)

6位Lib Work:9.79%(単独)

7位第一カッター興業:9.74%(連結)

8位新日本建設:9.53%(連結)

9位日本国土開発:9.14%(連結)

10位ピーエス三菱:8.78%(連結)

ROE(19年03月)

1位JESCOホールディングス:34.82%(連結)

2位大東建託:29.39%(連結)

3位ファーストコーポレーション:24.91%(単独)

4位ピーエス三菱:23.71%(連結)

5位シード平和:22.39%(単独)

6位三井住友建設:20.8%(連結)

7位コプロ・ホールディングス:20.01%(連結)

8位Lib Work:19.78%(単独)

9位日本国土開発:19.3%(連結)

10位大林組:18.97%(連結)

売上高総利益率(19年03月)

1位地盤ネットホールディングス:45.5%(連結)

2位キャンディル:35.54%(連結)

3位コプロ・ホールディングス:33.5%(連結)

4位第一カッター興業:31.61%(連結)

5位応用地質:30.88%(連結)

6位アジアゲートホールディングス:30.65%(連結)

7位川崎地質:28.25%(単独)

8位サイタホールディングス:28.12%(連結)

9位岐阜造園:27.99%(連結)

10位Lib Work:26.72%(単独)

売上高営業利益率(19年03月)

1位新日本建設:14.2%(連結)

2位サンユー建設:13.21%(連結)

3位日本国土開発:13.21%(連結)

4位田中建設工業:12.53%(単独)

5位コプロ・ホールディングス:12.43%(連結)

6位サイタホールディングス:12.34%(連結)

7位第一カッター興業:11.67%(連結)

8位ファーストコーポレーション:10.44%(単独)

9位巴コーポレーション:9.81%(連結)

10位ライト工業:9.44%(連結)

売上高経常利益率(19年03月)

1位新日本建設:14.08%(連結)

2位サイタホールディングス:14.02%(連結)

3位サンユー建設:13.22%(連結)

4位日本国土開発:13.07%(連結)

5位田中建設工業:12.85%(単独)

6位コプロ・ホールディングス:12.35%(連結)

7位第一カッター興業:12.27%(連結)

8位巴コーポレーション:10.51%(連結)

9位ファーストコーポレーション:10.41%(単独)

10位アジアゲートホールディングス:9.92%(連結)

売上高純利益率(19年03月)

1位JESCOホールディングス:10.65%(連結)

2位新日本建設:9.75%(連結)

3位日本国土開発:9.51%(連結)

4位巴コーポレーション:9.47%(連結)

5位コプロ・ホールディングス:8.68%(連結)

6位サイタホールディングス:8.55%(連結)

7位第一カッター興業:8.47%(連結)

8位田中建設工業:8.44%(単独)

9位ファーストコーポレーション:7.25%(単独)

10位ピーエス三菱:7.18%(連結)

自己資本比率(19年03月)

1位地盤ネットホールディングス:81.68%(連結)

2位応用地質:81.38%(連結)

3位金下建設:79.95%(連結)

4位第一カッター興業:79.43%(連結)

5位田中建設工業:78.75%(単独)

6位サンユー建設:73.05%(連結)

7位日本基礎技術:71.53%(連結)

8位太洋基礎工業:70.89%(単独)

9位兼松サステック:68.57%(連結)

10位テノックス:67.29%(連結)

固定比率(19年03月)

1位ファーストコーポレーション:2.7%(単独)

2位地盤ネットホールディングス:19.04%(連結)

3位ナカボーテック:19.92%(単独)

4位青木あすなろ建設:20.69%(連結)

5位新日本建設:20.85%(連結)

6位コプロ・ホールディングス:21.06%(連結)

7位森組:23.45%(単独)

8位テノックス:24.28%(連結)

9位ソネック:24.95%(連結)

10位Lib Work:26.25%(単独)

固定長期適合率(19年03月)

1位ファーストコーポレーション:2.68%(単独)

2位シード平和:14.5%(単独)

3位ナカボーテック:17.44%(単独)

4位青木あすなろ建設:18.31%(連結)

5位コプロ・ホールディングス:18.41%(連結)

6位地盤ネットホールディングス:18.84%(連結)

7位新日本建設:19.56%(連結)

8位イチケン:22.93%(単独)

9位テノックス:23.19%(連結)

10位森組:23.41%(単独)

流動比率(19年03月)

1位アジアゲートホールディングス:721.96%(連結)

2位金下建設:610.26%(連結)

3位応用地質:555.11%(連結)

4位第一カッター興業:496.42%(連結)

5位地盤ネットホールディングス:489.42%(連結)

6位田中建設工業:402.42%(単独)

7位ナカボーテック:357.37%(単独)

8位コプロ・ホールディングス:308.14%(連結)

9位テノックス:304.91%(連結)

10位太洋基礎工業:283.4%(単独)

手元流動性比率(19年03月)

1位金下建設:9.92ヶ月(連結)

2位応用地質:6.27ヶ月(連結)

3位新日本建設:5.91ヶ月(連結)

4位岐阜造園:5.5ヶ月(連結)

5位コプロ・ホールディングス:5.21ヶ月(連結)

6位安藤・間:4.5ヶ月(連結)

7位サンユー建設:4.44ヶ月(連結)

8位第一カッター興業:4.39ヶ月(連結)

9位ナカボーテック:4.34ヶ月(単独)

10位テノックス:4.29ヶ月(連結)

資産回転率(19年03月)

1位大東建託:1.85回転(連結)

2位Lib Work:1.82回転(単独)

3位綿半ホールディングス:1.79回転(連結)

4位キャンディル:1.72回転(連結)

5位ファーストコーポレーション:1.67回転(単独)

6位イチケン:1.6回転(単独)

7位大末建設:1.49回転(連結)

8位コプロ・ホールディングス:1.45回転(連結)

9位守谷商会:1.42回転(連結)

10位五洋建設:1.41回転(連結)

建設・土木業界の企業をもっと見る

全体像

業績が良くなっている、悪くなっている企業の一覧です。

床面積(新設住宅着工)

21,582 (1000㎡)(20年04月)

すぐに比較する

建設設計業務(総計)

3,224.0 (1000m2)(20年04月)

すぐに比較する

建設コンサルタント(契約金額)

100,381 (百万円)(20年04月)

すぐに比較する

測量業(契約金額)

11,246 (百万円)(20年04月)

すぐに比較する

管工事

1,421,864.0 (百万円)(20年03月)

すぐに比較する

電気工事

1,768,303 (百万円)(20年03月)

すぐに比較する

木造(建築物着工)

15,681.0 (1000㎡)(20年04月)

すぐに比較する

非木造(建築物着工)

21,166.0 (1000㎡)(20年04月)

すぐに比較する

建設業(雇用者)

401.000 (万人)(20年04月)

すぐに比較する

設備工事業

3,399,514.0 (百万円)(20年03月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

(20年03月) ”当社グループは、当社及び子会社94社、関連会社26社で構成され、その主な事業内容は、建設事業(国内建築事業、海外建築事業、国内土木事業及び海外土木事業)及び不動産事業であり、さらに各々に付帯する事業を行っている。当社が建築工事の受注、施工を行っているほか、子会社の(株)内外テクノ...”(20年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月26日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、当社、子会社178社、関連会社82社で構成され、当社は土木事業、建築事業、開発事業等の事業活動を展開するとともに、国内関係会社が主に日本国内において多様な事業を、海外関係会社が海外地域において建設事業、開発事業等を展開している。当社が建設事業のうち、土木工事の受注...”(20年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月26日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”建設事業......... 当社及び日本ファブテック(株),第一設備工業(株),(株)シミズ・ビルライフケア,日本道路(株)等が営んでおり,当社は工事の一部を関係会社に発注している。開発事業......... 当社及び清水総合開発(株)等が営んでおり,当社は一部の関係会社と土地・...”(20年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月26日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”それらの事業に係る位置付けを報告セグメント等ごとに示すと次のとおりであります。当社は、土木事業を営んでおり、土木事業を営む大成ロテック(株)、成和リニューアルワークス(株)他子会社7社に施工する工事の一部及び資材納入等を発注しております。その他国内では、関連会社の加賀アスコン(株...”(20年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月26日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループの事業に係わる位置付けをセグメントごとに示すと次のとおりである。当社が主として建築工事業を、連結子会社では(株)竹中土木が主として土木工事業を、(株)竹中道路が道路舗装工事業を、また、海外においてはTAKENAKA EUROPE GmbH、THAI TAKENAKA ...”(20年03月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年03月27日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社60社及び関連会社22社で構成され、建築事業、土木事業、製造事業及びインフラ運営事業を主な事業とし、さらに不動産事業からサービス業まで幅広く展開しています。[建築事業] 建築事業は、集合住宅や事務所ビルを中心とする建設工事及び...”(20年06月23日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月23日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、当社、連結子会社31社、関連会社5社で構成され、建物賃貸事業によって土地活用を考える土地所有者に対し、建物賃貸事業の企画・建築・不動産の仲介・不動産管理までを総合的に提供するとともに、関連事業にも積極的に取り組んでいます。当社は、土地の有効活用に関する企画を提案す...”(20年07月01日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年07月01日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループが営んでいる主な事業内容、主な関係会社の当該事業に係る位置づけ及びセグメント情報との関連は次のとおりであります。当社が国内における建築工事の施工等を行っております。当社が国内における土木工事の施工等を行っております。当社グループが国内における不動産の自主開発・売買・賃...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、当社、子会社15社及び関連会社11社で構成され、建設事業及び不動産事業を主な事業内容としております。・当社、連結子会社の泰国西松建設(株)他2社及び関連会社の(株)増永組は、建設事業を営んでおります。らの会社に工事の一部を発注することがあります。・当社、連結子会社...”(20年06月29日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月29日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、当社、子会社28社及び関連会社6社で構成され、国内土木事業、国内建築事業、海外建設事業及びこれらに関連する建設資材の販売、機器リース並びに国内開発事業、造船事業等の事業活動を展開している。当社及び連結子会社である五栄土木(株)、洋伸建設(株)が営んでおり、当社は工...”(20年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年07月09日

あとで比較する

すぐに比較する

建設・土木業界の同業他社をもっと見る