比較リスト

ヘルスケア業界のランキングと概況

概況

※ポイント(0~10)表記

ヘルスケア業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです(業界について)。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業は総医研ホールディングス創健社などです。
キーワードは、化粧品ヘルスケア青汁oem栄養補助食品健康食品店舗販売栄養通信販売食品バイオ機能性表示食品ユーグレナ雑穀健康補助食品を設定しています。

ランキング(年度)

売上高(20年03月)

1位総医研ホールディングス:86億(連結)

2位創健社:45億(連結)

売上総利益(20年03月)

1位総医研ホールディングス:41億(連結)

2位創健社:11億(連結)

営業利益(20年03月)

1位創健社:1639万(連結)

2位ユーグレナ:-12億(連結)

経常利益(20年03月)

1位創健社:2041万(連結)

2位ユーグレナ:-8億5494万(連結)

当期純利益(20年03月)

1位創健社:1454万(連結)

2位ユーグレナ:-34億(連結)

親会社の所有者に帰属する当期利益(20年03月)

1位創健社:1454万(連結)

2位ユーグレナ:-34億(連結)

営業CF(20年03月)

1位創健社:-1744万(連結)

2位ユーグレナ:-7523万(連結)

投資CF(20年03月)

1位ユーグレナ:-1億6941万(連結)

2位ファンケル:-113億(連結)

総合点(20年03月)

1位ユーグレナ:6.57点

2位創健社:3.49点

収益性(20年03月)

1位創健社:7.7点

2位ユーグレナ:0.94点

安全性(20年03月)

1位総医研ホールディングス:6.14点

2位創健社:0.1点

成長性(20年03月)

1位ユーグレナ:9.25点

2位創健社:2.66点

資産(20年03月)

1位総医研ホールディングス:68億(連結)

2位創健社:27億(連結)

純資産(20年03月)

1位総医研ホールディングス:54億(連結)

2位創健社:9億9748万(連結)

全従業員(20年03月)

1位ファンケル:3703人(連結)

2位創健社:70人(連結)

ROA(20年03月)

1位創健社:0.53%(連結)

2位ユーグレナ:-21.63%(連結)

ROE(20年03月)

1位創健社:1.45%(連結)

2位ユーグレナ:-32.54%(連結)

売上高総利益率(20年03月)

1位総医研ホールディングス:47.86%(連結)

2位創健社:25.22%(連結)

売上高営業利益率(20年03月)

1位創健社:0.36%(連結)

2位ユーグレナ:-9.87%(連結)

売上高経常利益率(20年03月)

1位創健社:0.45%(連結)

2位ユーグレナ:-6.51%(連結)

売上高純利益率(20年03月)

1位創健社:0.32%(連結)

2位ユーグレナ:-26.55%(連結)

自己資本比率(20年03月)

1位ユーグレナ:66.45%(連結)

2位創健社:36.29%(連結)

固定比率(20年03月)

1位ユーグレナ:52.67%(連結)

2位ファンケル:61.63%(連結)

固定長期適合率(20年03月)

1位ユーグレナ:39.57%(連結)

2位ファンケル:52.51%(連結)

流動比率(20年03月)

1位ファンケル:338.71%(連結)

2位創健社:214.39%(連結)

手元流動性比率(20年03月)

1位創健社:2.7ヶ月(連結)

2位ファンケル:2.66ヶ月(連結)

資産回転率(20年03月)

1位総医研ホールディングス:1.27回転(連結)

2位ユーグレナ:0.81回転(連結)

ヘルスケア業界の企業をもっと見る

全体像

業績が良くなっている、悪くなっている企業の一覧です。

調味料

すぐに比較する

菓子

すぐに比較する

即席カップ麺

すぐに比較する

パン

すぐに比較する

冷凍食品

すぐに比較する

漬物・珍味

すぐに比較する

製油

すぐに比較する

大豆加工品

すぐに比較する

惣菜

すぐに比較する

業界検索へ

飲食料品(百貨店商品別販売額)

431,297.0 (百万円)(20年04月)

すぐに比較する

清涼飲料(付加価値額)[2010年基準]

133.3 (2010=100)(18年08月)

すぐに比較する

油脂・調味料(付加価値額)[2010年基準]

86.5 (2010=100)(18年08月)

すぐに比較する

酒類(付加価値額)[2010年基準]

92.6 (2010=100)(18年08月)

すぐに比較する

食料(二人以上の世帯の消費支出)

304,908 (円)(20年04月)

すぐに比較する

肉製品(付加価値額)[2010年基準]

109.8 (2010=100)(18年08月)

すぐに比較する

乳製品(付加価値額)[2010年基準]

101.9 (2010=100)(18年08月)

すぐに比較する

食料品・たばこ工業(付加価値額)[2010年基準]

100.7 (2010=100)(18年08月)

すぐに比較する

飲食料品(スーパーの商品別販売額)

3,593,706.0 (百万円)(20年04月)

すぐに比較する

油かす(生産量)

335,743 (t)(20年04月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

(20年03月) ”当企業集団は、(株)ファンケル(当社)、子会社10社および関連会社1社で構成され、化粧品および栄養補助食品の製造販売を主な事業としております。営業活動は、通信販売(インターネット通信販売を含む)、直営店舗販売、卸販売の3形態を中心に展開しております。無添加化粧品を中心としたファン...”(20年06月23日に提出された書類より抜粋)

業界化粧品

更新日:20年06月23日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年02月) ”当社の企業集団は、当社((株)AFC-HDアムスライフサイエンス)及び連結子会社7社により構成されており、主な事業として当社及び連結子会社5社により、下記の事業を営んでおります。なお、当社グループのセグメントは、健康食品を中心とするヘルスケア事業と漢方医療用医薬品を中心とする医薬...”(19年11月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年04月22日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、当社(株式会社ユーグレナ)、子会社12社及び関連会社3社により構成されており、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食品用途屋外大量培養技術をコア技術とし、ユーグレナをはじめとする微細藻類に関する多様な研究開発活動を行うとともに、その研究開発成果を活かしてヘルス...”(19年12月23日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年05月17日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社((株)総医研ホールディングス)及び子会社6社により構成されており、生体評価システム事業、ヘルスケアサポート事業、化粧品事業、健康補助食品事業及び機能性素材開発事業を主たる業務としております。生体評価システム事業は(株)総合医科学研究...”(19年09月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年05月17日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は株式会社創健社(当社)及び連結子会社である髙橋製麺株式会社により構成されており、事業は安全性、栄養性を追求した食品を広く取扱う、製造販売を営んでおります。 なお、当社グループは、健康自然食品の卸売業として単一セグメントであるため、セグメント...”(20年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月26日

あとで比較する

すぐに比較する

ヘルスケア業界の同業他社をもっと見る