比較リスト

包装資材業界のランキングと概況

概況

※ポイント(0~10)表記

包装資材業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです(業界について)。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業は東洋製罐グループホールディングスレンゴーエフピコクレハグンゼホッカンホールディングストーモク特種東海製紙ジェイエスピー藤森工業などです。
キーワードは、容器フィルム紙器製品段ボール資材食品プラスチック原材料包装資材原紙シートパッケージング樹脂petを設定しています。

ランキング(年度)

売上高(19年03月)

1位東洋製罐グループホールディングス:7931億(連結)

2位レンゴー:6531億(連結)

3位エフピコ:1811億(連結)

4位トーモク:1715億(連結)

5位クレハ:1482億(連結)

6位グンゼ:1407億(連結)

7位ホッカンホールディングス:1287億(連結)

8位ジェイエスピー:1161億(連結)

9位藤森工業:1122億(連結)

10位ザ・パック:943億(連結)

売上総利益(19年03月)

1位東洋製罐グループホールディングス:1147億(連結)

2位レンゴー:1111億(連結)

3位エフピコ:589億(連結)

4位クレハ:435億(連結)

5位グンゼ:408億(連結)

6位ジェイエスピー:308億(連結)

7位トーモク:277億(連結)

8位信越ポリマー:267億(連結)

9位藤森工業:238億(連結)

10位ザ・パック:225億(連結)

営業利益(19年03月)

1位東洋製罐グループホールディングス:254億(連結)

2位レンゴー:252億(連結)

3位クレハ:171億(連結)

4位エフピコ:139億(連結)

5位信越ポリマー:81億(連結)

6位藤森工業:81億(連結)

7位ザ・パック:67億(連結)

8位グンゼ:66億(連結)

9位ホッカンホールディングス:61億(連結)

10位ジェイエスピー:54億(連結)

経常利益(19年03月)

1位東洋製罐グループホールディングス:277億(連結)

2位レンゴー:274億(連結)

3位エフピコ:148億(連結)

4位クレハ:132億(単独)

5位藤森工業:85億(連結)

6位信越ポリマー:80億(連結)

7位グンゼ:71億(連結)

8位ホッカンホールディングス:70億(連結)

9位ザ・パック:70億(連結)

10位ジェイエスピー:58億(連結)

当期純利益(19年03月)

1位東洋製罐グループホールディングス:219億(連結)

2位レンゴー:178億(連結)

3位クレハ:139億(連結)

4位エフピコ:99億(連結)

5位信越ポリマー:60億(連結)

6位藤森工業:58億(連結)

7位ザ・パック:48億(連結)

8位トーモク:45億(連結)

9位特種東海製紙:44億(連結)

10位グンゼ:42億(連結)

親会社の所有者に帰属する当期利益(19年03月)

1位東洋製罐グループホールディングス:202億(連結)

2位レンゴー:171億(連結)

3位クレハ:139億(連結)

4位エフピコ:99億(連結)

5位信越ポリマー:60億(連結)

6位藤森工業:55億(連結)

7位ザ・パック:48億(連結)

8位トーモク:44億(連結)

9位ジェイエスピー:43億(連結)

10位特種東海製紙:42億(連結)

営業CF(19年03月)

1位東洋製罐グループホールディングス:552億(連結)

2位レンゴー:508億(連結)

3位エフピコ:255億(連結)

4位クレハ:233億(連結)

5位グンゼ:114億(連結)

6位ホッカンホールディングス:110億(連結)

7位信越ポリマー:94億(連結)

8位特種東海製紙:82億(連結)

9位トーモク:79億(連結)

10位藤森工業:74億(連結)

投資CF(19年03月)

1位中央化学:3億5500万(連結)

2位不二硝子:4820万(連結)

3位日本製麻:-4001万(連結)

4位岡山製紙:-5157万(単独)

5位MICS化学:-7541万(連結)

6位中央紙器工業:-1億 638万(連結)

7位中国工業:-1億3000万(連結)

8位ショーエイコーポレーション:-1億3163万(連結)

9位日本製罐:-3億1944万(連結)

10位昭和パックス:-3億3754万(連結)

総合点(19年03月)

1位トーイン:9.92点

2位中本パックス:9.9点

3位寺岡製作所:9.81点

4位昭和パックス:9.8点

5位信越ポリマー:9.69点

6位クレハ:9.36点

7位丸東産業:9.32点

8位レンゴー:9.29点

9位トーモク:9.27点

10位東洋製罐グループホールディングス:8.97点

収益性(19年03月)

1位グンゼ:10点

2位トーイン:10点

3位中本パックス:10点

4位信越ポリマー:10点

5位寺岡製作所:10点

6位昭和パックス:10点

7位トーモク:9.06点

8位石塚硝子:8.9点

9位クレハ:8.69点

10位東洋製罐グループホールディングス:8.65点

安全性(19年03月)

1位トーモク:10点

2位中本パックス:10点

3位日本製麻:9.89点

4位日本山村硝子:9.86点

5位朝日印刷:9.84点

6位グンゼ:9.78点

7位レンゴー:9.77点

8位トーイン:9.75点

9位大石産業:9.68点

10位ザ・パック:9.68点

成長性(19年03月)

1位クレハ:10点

2位ジェイエスピー:10点

3位トーイン:10点

4位中央紙器工業:10点

5位丸東産業:10点

6位寺岡製作所:10点

7位日本製罐:10点

8位昭和パックス:10点

9位竹本容器:10点

10位大石産業:9.94点

資産(19年03月)

1位東洋製罐グループホールディングス:1兆 687億(連結)

2位レンゴー:7693億(連結)

3位エフピコ:2493億(連結)

4位クレハ:2473億(連結)

5位グンゼ:1696億(連結)

6位ホッカンホールディングス:1559億(連結)

7位トーモク:1425億(連結)

8位特種東海製紙:1299億(連結)

9位ジェイエスピー:1292億(連結)

10位藤森工業:1080億(連結)

純資産(19年03月)

1位東洋製罐グループホールディングス:6498億(連結)

2位レンゴー:2746億(連結)

3位クレハ:1621億(連結)

4位エフピコ:1121億(連結)

5位グンゼ:1110億(連結)

6位ジェイエスピー:841億(連結)

7位信越ポリマー:805億(連結)

8位特種東海製紙:757億(連結)

9位藤森工業:667億(連結)

10位トーモク:621億(連結)

全従業員(19年03月)

1位東洋製罐グループホールディングス:2万2182人(連結)

2位エフピコ:4781人(連結)

3位クレハ:4778人(連結)

4位トーモク:3914人(連結)

5位日本山村硝子:3728人(連結)

6位ジェイエスピー:3498人(連結)

7位藤森工業:3007人(連結)

8位ホッカンホールディングス:2521人(連結)

9位グンゼ:2070人(単独)

10位特種東海製紙:1778人(連結)

ROA(19年03月)

1位竹本容器:6.97%(連結)

2位ザ・パック:5.71%(連結)

3位信越ポリマー:5.65%(連結)

4位クレハ:5.63%(連結)

5位藤森工業:5.12%(連結)

6位丸東産業:4.95%(連結)

7位ウェーブロックホールディングス:4.85%(連結)

8位JFEコンテイナー:4.48%(連結)

9位昭和パックス:4.4%(連結)

10位中本パックス:4.3%(連結)

ROE(19年03月)

1位中央化学:18.22%(連結)

2位竹本容器:14.06%(連結)

3位ショーエイコーポレーション:13.06%(連結)

4位ウェーブロックホールディングス:12.87%(連結)

5位中本パックス:10.48%(連結)

6位丸東産業:10.08%(連結)

7位藤森工業:9.23%(連結)

8位エフピコ:8.95%(連結)

9位古林紙工:8.92%(連結)

10位クレハ:8.68%(連結)

売上高総利益率(19年03月)

1位エフピコ:32.55%(連結)

2位信越ポリマー:31.32%(連結)

3位MICS化学:31.16%(連結)

4位竹本容器:29.76%(連結)

5位クレハ:29.39%(連結)

6位グンゼ:29.06%(連結)

7位寺岡製作所:26.98%(連結)

8位ジェイエスピー:26.56%(連結)

9位大村紙業:25.76%(単独)

10位中央紙器工業:24.6%(連結)

売上高営業利益率(19年03月)

1位クレハ:11.58%(連結)

2位竹本容器:9.8%(連結)

3位信越ポリマー:9.54%(連結)

4位エフピコ:7.7%(連結)

5位JFEコンテイナー:7.61%(連結)

6位藤森工業:7.24%(連結)

7位ザ・パック:7.19%(連結)

8位昭和パックス:6.98%(連結)

9位中央紙器工業:6.68%(連結)

10位岡山製紙:6.67%(単独)

売上高経常利益率(19年03月)

1位クレハ:15.88%(単独)

2位竹本容器:10.65%(連結)

3位信越ポリマー:9.39%(連結)

4位エフピコ:8.2%(連結)

5位JFEコンテイナー:8.03%(連結)

6位昭和パックス:7.65%(連結)

7位藤森工業:7.59%(連結)

8位ザ・パック:7.48%(連結)

9位中央紙器工業:7.37%(連結)

10位岡山製紙:7.17%(単独)

売上高純利益率(19年03月)

1位クレハ:9.4%(連結)

2位竹本容器:7.36%(連結)

3位信越ポリマー:7.08%(連結)

4位JFEコンテイナー:5.63%(連結)

5位エフピコ:5.47%(連結)

6位昭和パックス:5.29%(連結)

7位特種東海製紙:5.14%(連結)

8位ザ・パック:5.1%(連結)

9位ウェーブロックホールディングス:5.06%(連結)

10位藤森工業:4.93%(連結)

自己資本比率(19年03月)

1位MICS化学:92.76%(連結)

2位中央紙器工業:82.21%(連結)

3位信越ポリマー:76.9%(連結)

4位寺岡製作所:76.08%(連結)

5位大村紙業:69.65%(単独)

6位JFEコンテイナー:67.85%(連結)

7位ザ・パック:66.56%(連結)

8位大成ラミック:66.16%(連結)

9位クレハ:64.91%(連結)

10位グンゼ:64.6%(連結)

固定比率(19年03月)

1位中央紙器工業:27.09%(連結)

2位信越ポリマー:34.8%(連結)

3位MICS化学:42.52%(連結)

4位大村紙業:50.1%(単独)

5位寺岡製作所:54.68%(連結)

6位ザ・パック:57.26%(連結)

7位大石産業:62.49%(連結)

8位藤森工業:64.15%(連結)

9位JFEコンテイナー:66%(連結)

10位岡山製紙:66.16%(単独)

固定長期適合率(19年03月)

1位中央紙器工業:25.56%(連結)

2位信越ポリマー:33.89%(連結)

3位MICS化学:42.21%(連結)

4位大村紙業:44.76%(単独)

5位寺岡製作所:52.23%(連結)

6位ザ・パック:53.09%(連結)

7位大石産業:54.58%(連結)

8位藤森工業:58.46%(連結)

9位岡山製紙:58.78%(単独)

10位昭和パックス:61.66%(連結)

流動比率(19年03月)

1位中央紙器工業:782.67%(連結)

2位不二硝子:400.39%(連結)

3位寺岡製作所:374.28%(連結)

4位MICS化学:364.44%(連結)

5位信越ポリマー:322.97%(連結)

6位大村紙業:299.36%(単独)

7位JFEコンテイナー:241.54%(連結)

8位岡山製紙:236.05%(単独)

9位ザ・パック:229.86%(連結)

10位日本製麻:227.78%(連結)

手元流動性比率(19年03月)

1位中央紙器工業:7.59ヶ月(連結)

2位大村紙業:6.97ヶ月(単独)

3位MICS化学:6.47ヶ月(連結)

4位信越ポリマー:5.73ヶ月(連結)

5位寺岡製作所:4.56ヶ月(連結)

6位岡山製紙:4.26ヶ月(単独)

7位昭和パックス:3.65ヶ月(連結)

8位大石産業:3.46ヶ月(連結)

9位不二硝子:3.02ヶ月(連結)

10位トーイン:2.69ヶ月(連結)

資産回転率(19年03月)

1位ショーエイコーポレーション:1.99回転(連結)

2位スーパーバッグ:1.93回転(連結)

3位中央化学:1.37回転(連結)

4位丸東産業:1.32回転(連結)

5位中本パックス:1.25回転(連結)

6位野崎印刷紙業:1.21回転(連結)

7位トーモク:1.2回転(連結)

8位中国工業:1.15回転(連結)

9位ザ・パック:1.12回転(連結)

10位藤森工業:1.04回転(連結)

包装資材業界の企業をもっと見る

全体像

業績が良くなっている、悪くなっている企業の一覧です。

発泡プラスチック製品(付加価値額)[2015年基準]

95.9 (2015=100)(20年03月)

すぐに比較する

工業用プラスチック製品(付加価値額)[2015年基準]

117.0 (2015=100)(20年03月)

すぐに比較する

プラスチック製品工業(付加価値額)[2015年基準]

107.0 (2015=100)(20年03月)

すぐに比較する

環式中間物(付加価値額)[2015年基準]

85.7 (2015=100)(20年03月)

すぐに比較する

脂肪族系中間物(付加価値額)[2015年基準]

97.8 (2015=100)(20年03月)

すぐに比較する

化学肥料(付加価値額)[2015年基準]

95.8 (2015=100)(20年03月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

(19年12月) ”当社および子会社88社(連結子会社75社、非連結子会社13社)ならびに関連会社12社により構成される当社グループは総合容器メーカーとして、金属・プラスチック・紙・ガラスを主原料とする容器の製造販売、エアゾール製品・一般充填品の受託製造販売および包装容器関連機械設備の製造販売を行う...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社、子会社193社および関連会社33社で構成されており、主な事業内容は次のとおりである。なお、セグメントと同一の区分である。板紙の製造・販売事業は、当社および丸三製紙株式会社等が行っており、各社の製品はレンゴーペーパービジネス株式会社...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当企業集団の事業に係わる位置付けおよびセグメントとの関連は、次のとおりであります。・当社は、機能樹脂、炭素製品の製造・販売を行っております。・(株)クレハトレーディングは、機能製品の販売を行っており、当社は製品の一部を同社を通じて販売を行うとともに、原料の一部について同社を通じて...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社31社及び関連会社2社により構成されており、「簡易食品容器関連事業」を主たる事業としており、トレー容器・弁当容器等の製造販売を中心として、その販売に付随する包装資材の販売も併せて行っております。当社グループの事業における各社の事業及び役割は、次のとおり...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社及び関係会社の当該事業に係わる位置づけ及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。当社は、プラスチックフィルム・エンジニアリングプラスチックス・電子部品等の製造・販売を行っており、福島プラスチックス(株)等に製造加工を委託しております。また、グンゼ包装システム(株)が当社...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社29社、関連会社5社で構成されており、段ボール、住宅、運輸倉庫を主たる事業としております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。段ボール...............”(19年06月24日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年03月04日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社および子会社19社、関連会社3社により構成されております。当社は純粋持株会社として、主にグループ各社の経営管理を行っております。またグループ各社は容器(金属缶およびプラスチック容器)の製造・販売、各種飲料等の受託充填、機械製作・販売およびその他の事業活動を行っ...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループ(当社及び子会社、関連会社)は、当社(特種東海製紙(株))、子会社10社及び関連会社5社で構成され、紙パルプの製造・販売に関する事業を主に行っており、さらに紙加工や土木・造園工事などの事業を行っております。また、当連結会計年度より報告セグメントの区分を変更しております...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社と国内子会社11社、海外子会社29社、関連会社3社及び親会社1社(2019年3月31日現在)で構成され、発泡技術を主体として機能性、経済性を高めたプラスチック製品の製造販売を主な事業内容としております。また、これらに付随する事業活動も展開しております。なお、以...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループ(当社及び関係会社)は、藤森工業株式会社(当社)及び子会社14社(うち連結子会社12社、非連結子会社2社)から成り、主な事業は「ライフサイエンス」「情報電子」及び「建築資材」の製造・販売となっております。具体的には歯磨・化粧品用ラミネートチューブや、洗剤、シャンプー等...”(19年06月20日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

包装資材業界の同業他社をもっと見る