比較リスト

トラック業界のランキングと概況

概況

※ポイント(0~10)表記

トラック業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです(業界について)。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業はヤマトホールディングスセイノーホールディングス日立物流福山通運山九上組ニッコンホールディングスSBSホールディングストナミホールディングス丸全昭和運輸などです。
キーワードは、貨物物流倉庫貨物自動車貨物自動車運送事業港湾運送事業logistics燃料荷役倉庫業車両運賃コンテナ荷主を設定しています。

ランキング(年度)

売上高(19年03月)

1位ヤマトホールディングス:1兆6253億(連結)

2位日立物流:7088億(連結)

3位セイノーホールディングス:6184億(連結)

4位山九:5725億(連結)

5位福山通運:2856億(連結)

6位上組:2748億(連結)

7位SBSホールディングス:2309億(連結)

8位ニッコンホールディングス:1976億(連結)

9位キユーソー流通システム:1706億(連結)

10位トランコム:1511億(連結)

売上総利益(19年03月)

1位ヤマトホールディングス:1113億(連結)

2位日立物流:823億(連結)

3位セイノーホールディングス:719億(連結)

4位山九:601億(連結)

5位上組:418億(連結)

6位ニッコンホールディングス:297億(連結)

7位福山通運:281億(連結)

8位SBSホールディングス:257億(連結)

9位トナミホールディングス:145億(連結)

10位ハマキョウレックス:127億(連結)

営業利益(19年03月)

1位ヤマトホールディングス:583億(連結)

2位山九:392億(連結)

3位セイノーホールディングス:312億(連結)

4位日立物流:303億(連結)

5位上組:233億(連結)

6位ニッコンホールディングス:200億(連結)

7位福山通運:194億(連結)

8位SBSホールディングス:111億(連結)

9位ハマキョウレックス:99億(連結)

10位丸全昭和運輸:75億(連結)

経常利益(19年03月)

1位ヤマトホールディングス:542億(連結)

2位山九:391億(連結)

3位セイノーホールディングス:336億(連結)

4位上組:252億(連結)

5位ニッコンホールディングス:220億(連結)

6位福山通運:215億(連結)

7位日立物流:110億(単独)

8位SBSホールディングス:104億(連結)

9位ハマキョウレックス:103億(連結)

10位丸全昭和運輸:83億(連結)

当期純利益(19年03月)

1位山九:280億(連結)

2位ヤマトホールディングス:259億(連結)

3位日立物流:240億(連結)

4位セイノーホールディングス:210億(連結)

5位上組:184億(連結)

6位福山通運:151億(連結)

7位ニッコンホールディングス:147億(連結)

8位ハマキョウレックス:69億(連結)

9位SBSホールディングス:66億(連結)

10位丸全昭和運輸:59億(連結)

親会社の所有者に帰属する当期利益(19年03月)

1位山九:274億(連結)

2位ヤマトホールディングス:256億(連結)

3位日立物流:227億(連結)

4位セイノーホールディングス:212億(連結)

5位上組:183億(連結)

6位福山通運:149億(連結)

7位ニッコンホールディングス:147億(連結)

8位SBSホールディングス:61億(連結)

9位丸全昭和運輸:59億(連結)

10位ハマキョウレックス:59億(連結)

営業CF(19年03月)

1位ヤマトホールディングス:1180億(連結)

2位山九:495億(連結)

3位セイノーホールディングス:480億(連結)

4位日立物流:378億(連結)

5位福山通運:305億(連結)

6位上組:304億(連結)

7位ニッコンホールディングス:253億(連結)

8位SBSホールディングス:159億(連結)

9位ハマキョウレックス:125億(連結)

10位トナミホールディングス:104億(連結)

投資CF(19年03月)

1位大運:-1397万(単独)

2位杉村倉庫:-1億1854万(連結)

3位ヤマコー:-1億6356万(連結)

4位大東港運:-2億3527万(連結)

5位瀬戸内運輸:-2億6612万(連結)

6位京極運輸商事:-3億2343万(連結)

7位センコン物流:-4億6843万(連結)

8位近物レックス:-4億7600万(連結)

9位ファイズホールディングス:-5億7123万(単独)

10位ヒガシトゥエンティワン:-6億3352万(連結)

総合点(19年03月)

1位山九:9.81点

2位日立物流:9.76点

3位セイノーホールディングス:9.66点

4位東陽倉庫:9.63点

5位キユーソー流通システム:9.61点

6位福山通運:9.57点

7位トナミホールディングス:9.54点

8位日本トランスシティ:9.53点

9位新潟運輸:9.51点

10位ハマキョウレックス:9.5点

安全性(19年03月)

1位センコン物流:10点

2位キユーソー流通システム:9.97点

3位大宝運輸:9.95点

4位東海自動車:9.9点

5位丸和運輸機関:9.88点

6位福山通運:9.83点

7位丸全昭和運輸:9.81点

8位新潟運輸:9.79点

9位ロジネットジャパン:9.79点

10位遠州トラック:9.77点

資産(19年03月)

1位ヤマトホールディングス:1兆1236億(連結)

2位セイノーホールディングス:6579億(連結)

3位日立物流:6125億(連結)

4位福山通運:4398億(連結)

5位山九:4095億(連結)

6位上組:3957億(連結)

7位ニッコンホールディングス:2942億(連結)

8位SBSホールディングス:1751億(連結)

9位トナミホールディングス:1367億(連結)

10位丸全昭和運輸:1301億(連結)

純資産(19年03月)

1位ヤマトホールディングス:5733億(連結)

2位セイノーホールディングス:4262億(連結)

3位上組:3322億(連結)

4位福山通運:2523億(連結)

5位日立物流:2289億(連結)

6位山九:1983億(連結)

7位ニッコンホールディングス:1869億(連結)

8位丸全昭和運輸:863億(連結)

9位トナミホールディングス:697億(連結)

10位ハマキョウレックス:646億(連結)

全従業員(19年03月)

1位日立物流:3万7643人(連結)

2位セイノーホールディングス:3万7143人(連結)

3位福山通運:2万4606人(連結)

4位ニッコンホールディングス:1万6038人(連結)

5位ハマキョウレックス:1万3063人(連結)

6位C&Fロジホールディングス:1万1658人(連結)

7位名鉄運輸:9934人(連結)

8位アルプス物流:9204人(連結)

9位トナミホールディングス:8494人(連結)

10位ゼロ:8038人(連結)

ROA(19年03月)

1位丸和運輸機関:8.57%(連結)

2位トランコム:8.17%(連結)

3位山九:6.71%(連結)

4位ロジネットジャパン:6.53%(連結)

5位ファイズホールディングス:5.71%(単独)

6位ニッコンホールディングス:5.02%(連結)

7位ハマキョウレックス:4.95%(連結)

8位大東港運:4.69%(連結)

9位上組:4.65%(連結)

10位丸全昭和運輸:4.56%(連結)

ROE(19年03月)

1位丸和運輸機関:17.32%(連結)

2位ロジネットジャパン:17.08%(連結)

3位近物レックス:17.02%(連結)

4位SBSホールディングス:15.13%(連結)

5位山九:14.22%(連結)

6位トランコム:12.72%(連結)

7位ファイズホールディングス:10.87%(単独)

8位ハマキョウレックス:10.46%(連結)

9位リンコーコーポレーション:10.35%(連結)

10位日立物流:10.25%(連結)

売上高総利益率(19年03月)

1位ヤマコー:77.02%(連結)

2位東海自動車:70.34%(単独)

3位日本自動車ターミナル:34.03%(連結)

4位丸八倉庫:25.25%(連結)

5位瀬戸内運輸:23.47%(連結)

6位大東港運:20.52%(連結)

7位杉村倉庫:20.39%(連結)

8位ヒガシトゥエンティワン:18.68%(連結)

9位南総通運:16.45%(連結)

10位上組:15.22%(連結)

売上高営業利益率(19年03月)

1位日本自動車ターミナル:18.01%(連結)

2位丸八倉庫:13.31%(連結)

3位杉村倉庫:11.6%(連結)

4位南総通運:10.87%(連結)

5位ニッコンホールディングス:10.13%(連結)

6位ハマキョウレックス:8.55%(連結)

7位上組:8.49%(連結)

8位山九:6.86%(連結)

9位福山通運:6.82%(連結)

10位丸和運輸機関:6.79%(連結)

売上高経常利益率(19年03月)

1位日本自動車ターミナル:17.23%(連結)

2位丸八倉庫:13.16%(連結)

3位ニッコンホールディングス:11.14%(連結)

4位杉村倉庫:10.91%(連結)

5位日立物流:10.8%(単独)

6位南総通運:10.71%(連結)

7位上組:9.18%(連結)

8位ハマキョウレックス:8.94%(連結)

9位福山通運:7.54%(連結)

10位丸全昭和運輸:7.11%(連結)

売上高純利益率(19年03月)

1位日本自動車ターミナル:11.75%(連結)

2位杉村倉庫:9.24%(連結)

3位丸八倉庫:8.96%(連結)

4位ニッコンホールディングス:7.47%(連結)

5位南総通運:6.84%(連結)

6位上組:6.69%(連結)

7位福山通運:5.24%(連結)

8位ハマキョウレックス:5.09%(連結)

9位丸全昭和運輸:5.08%(連結)

10位山九:4.8%(連結)

自己資本比率(19年03月)

1位東部ネットワーク:82.73%(単独)

2位上組:82.3%(連結)

3位トランコム:64.24%(連結)

4位大宝運輸:63.34%(単独)

5位セイノーホールディングス:62.61%(連結)

6位丸全昭和運輸:62.23%(連結)

7位南総通運:61.59%(連結)

8位ニッコンホールディングス:60.25%(連結)

9位アルプス物流:59.15%(連結)

10位日本自動車ターミナル:58.85%(連結)

固定比率(19年03月)

1位トランコム:44.93%(連結)

2位ファイズホールディングス:55.27%(単独)

3位大運:80.97%(単独)

4位東部ネットワーク:83.18%(単独)

5位上組:85.67%(連結)

6位アルプス物流:86.53%(連結)

7位ゼロ:94.05%(連結)

8位ヒガシトゥエンティワン:94.83%(連結)

9位丸全昭和運輸:96.25%(連結)

10位セイノーホールディングス:98.63%(連結)

固定長期適合率(19年03月)

1位トランコム:41.82%(連結)

2位ファイズホールディングス:54.63%(単独)

3位大運:63.75%(単独)

4位大東港運:70.76%(連結)

5位日立物流:73.2%(連結)

6位東部ネットワーク:73.82%(単独)

7位ヒガシトゥエンティワン:75.56%(連結)

8位アルプス物流:76.13%(連結)

9位杉村倉庫:76.39%(連結)

10位山九:77.04%(連結)

流動比率(19年03月)

1位東部ネットワーク:452.69%(単独)

2位杉村倉庫:320.39%(連結)

3位上組:257.35%(連結)

4位トランコム:231.88%(連結)

5位日立物流:211.16%(連結)

6位乾汽船:199.42%(連結)

7位アルプス物流:194.58%(連結)

8位日本自動車ターミナル:193.85%(連結)

9位セイノーホールディングス:193.07%(連結)

10位大東港運:181.64%(連結)

手元流動性比率(19年03月)

1位乾汽船:6.02ヶ月(連結)

2位杉村倉庫:5.42ヶ月(連結)

3位東部ネットワーク:5.24ヶ月(単独)

4位立山黒部貫光:3.22ヶ月(連結)

5位ヤマコー:3.13ヶ月(連結)

6位南総通運:2.8ヶ月(連結)

7位丸全昭和運輸:2.45ヶ月(連結)

8位丸八倉庫:2.36ヶ月(連結)

9位大宝運輸:2.34ヶ月(単独)

10位上組:2.28ヶ月(連結)

資産回転率(19年03月)

1位ファイズホールディングス:3.61回転(単独)

2位トランコム:2.85回転(連結)

3位ゼロ:2.16回転(連結)

4位キユーソー流通システム:2.07回転(連結)

5位ロジネットジャパン:1.95回転(連結)

6位大東港運:1.92回転(連結)

7位丸和運輸機関:1.88回転(連結)

8位ヒガシトゥエンティワン:1.63回転(連結)

9位大運:1.59回転(単独)

10位ヤマトホールディングス:1.45回転(連結)

トラック業界の企業をもっと見る

全体像

業績が良くなっている、悪くなっている企業の一覧です。

倉庫

すぐに比較する

総合物流

すぐに比較する

鉄道

すぐに比較する

郵便・宅配

すぐに比較する

運輸・郵便

すぐに比較する

引越し

すぐに比較する

バス・タクシー

すぐに比較する

水運

すぐに比較する

空運

すぐに比較する

業界検索へ

運輸業,郵便業(雇用者)

337.000 (万人)(20年03月)

すぐに比較する

運輸施設提供業(活動指数)

111.7 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

道路施設提供業(活動指数)

100.1 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

運搬機械(受注額)

905,499.0 (百万円)(20年02月)

すぐに比較する

交通・通信(二人以上の世帯の消費支出)

128,539 (円)(20年03月)

すぐに比較する

パルプ・紙・紙加工品工業(付加価値額)[2010年基準]

96.4 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

繊維工業(付加価値額)[2010年基準]

87.9 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

紙加工品(付加価値額)[2010年基準]

105.5 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

雇用者(女)

2,724.0 (万人)(20年03月)

すぐに比較する

パルプ(付加価値額)[2010年基準]

91.7 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

(19年12月) ”ヤマトグループは、ヤマトホールディングス株式会社(当社)および、子会社55社、関連会社21社により構成されており、デリバリー事業、BIZ-ロジ事業、ホームコンビニエンス事業、e-ビジネス事業、フィナンシャル事業、オートワークス事業を主な事業としているほか、これらに附帯するサービス...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、連結子会社84社及び持分法適用関連会社20社で構成され、顧客に対して、陸・海・空を網羅した総合的な物流サービスの提供等を行っている。主な事業の内容は次のとおりである。 なお、当社のその他の関係会社は(株)日立製作所及びSGホールディングス(株)である。 2 ...”(19年06月19日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、純粋持株会社である当社、連結子会社81社及び関連会社22社で構成され、輸送事業、自動車販売事業、物品販売事業、不動産賃貸事業、その他を主な事業としております。なお、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社の企業集団等は、連結子会社45社、非連結子会社1社及び関連会社6社で構成され、運送事業及びこれらに付帯する事業を主体とし、流通加工事業、国際事業並びに不動産の賃貸業等その他事業を営んでおります。なお、セグメントと同一の区分であります。貨物自動車運送事業及び貨物運送取扱事業を営...”(19年06月20日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月10日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社70社、関連会社20社で構成され、当社が営む物流・機工の二事業に加えて、情報システム・人材派遣等のサービス事業を国内外において幅広く展開しております。:a. 港湾における船舶の貨物取卸し、積込み、本船内の荷繰り業務ならびにコンテナターミナルオペレーショ...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

業界倉庫

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社及び子会社24社、関連会社17社により構成されており、物流サービス事業を中核として各種の事業を行っております。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。港湾荷役、コンテナタ...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社及び関係会社75社で構成され、運送事業、倉庫事業、梱包事業、テスト事業を主な内容とし、更にこれらに附帯する業務を併せて行っております。運送事業 ......... 四輪・二輪完成自動車及び自動車部品・住宅設備・農業用機械等の輸送を行っております。日本梱包運輸倉...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは持株会社制を導入しており、2019年12月31日現在、連結財務諸表提出会社(以下当社という)ならびに子会社35社(うち連結子会社24社)および関連会社7社(うち持分法適用関連会社1社)から構成されております。当社は持株会社として、グループ戦略の立案・決定やグループ会...”(20年03月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年05月17日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社の企業集団は、当社、子会社30社及び関連会社6社の計36社で構成しており、オールトナミグループとして総合物流事業の展開を図っております。総合物流事業の展開は、貨物輸送並びにそれに附帯する業務を中心に行う物流関連事業、コンピューターによる情報処理並びにソフトウェアの開発及び販売...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは丸全昭和運輸株式会社(以下当社)と子会社38社及び関連会社7社で構成され、貨物自動車運送事業、港湾運送事業及び構内作業を主な事業とし、更なる営業の強化と深耕、企業体質の改善をはかり、物流市場において「得意先の最良のロジスティクス・パートナー」となることを目指しており...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

トラック業界の同業他社をもっと見る