20/08/07

即席カップ麺業界のランキングと概況

食料品

即席カップ麺業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです( 業界について )。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業は 日清食品ホールディングス東洋水産マルタイ などです。
キーワードは カップめん焼そばラーメン低温食品棒ラーメン即席麺明星 を設定しています。

ランキング

損益貸借CF従業員比率総合収益性安全性成長性

売上高 (20年03月)

1位 日清食品ホールディングス 4688億(連結)

2位 東洋水産 4160億(連結)

3位 マルタイ 85億(単独)

売上総利益 (20年03月)

1位 日清食品ホールディングス 1672億(連結)

2位 東洋水産 1541億(連結)

3位 マルタイ 38億(単独)

営業利益 (20年03月)

1位 日清食品ホールディングス 412億(連結)

2位 東洋水産 283億(連結)

3位 マルタイ 5億6880万(単独)

経常利益 (20年03月)

1位 東洋水産 313億(連結)

2位 日清食品ホールディングス 190億(単独)

3位 マルタイ 6億 209万(単独)

当期純利益 (20年03月)

1位 日清食品ホールディングス 311億(連結)

2位 東洋水産 238億(連結)

3位 マルタイ 4億1001万(単独)

親会社の所有者に帰属する当期利益 (20年03月)

1位 日清食品ホールディングス 293億(連結)

2位 東洋水産 233億(連結)

主要企業一覧

全体像

期間データ

類似企業、業界、統計、比較例

企業類似業界関連統計比較例
20年06月 20/08/07

日清食品ホールディングス の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、持株会社制を採っており、即席めんを主とするインスタント食品の製造及び販売を中核として、その他食品事業、物流業等の周辺事業への展開を図っております。海外において も、現地子会社及び関連会社による即席めん等の製造・販売やこれら現地法人に対する技術援助などにより業域を拡大しております。以上についての概要図は次のとおりであります。なお、当社は特定上場会社等であります...

即席カップ麺

20年03月 20/06/26

東洋水産 の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社23社、持分法適用関連会社1社、非連結子会社5社及び関連会社3社により構成されております。国内及び海外における水産食品の仕入・加工・販売を行っ ております。国内においては、当社及び連結子会社7社(新東物産(株)他)、非連結子会社1社(ヤイズ新東(株))及び関連会社1社(ヒガシマルインターナショナル(株))が仕入・加工・販売しております。海外に...

即席カップ麺

20年06月 20/08/07

マルタイ の最新売上高、利益へ

当社は、即席の棒ラーメン、皿うどん、カップめん等の製造及び販売を行っております。現在、福岡及び佐賀の2工場において即席棒ラーメン、皿うどん等の製造を行っており、カップめんについては、サンヨー食品株式会 社及びエースコック株式会社へ、袋めんについては、サンヨー食品株式会社へ製造を委託しております。販売については、福岡、広島、大阪、名古屋、東京の5営業所及び販売促進部において、特約店(一次問屋)を通じ、...

即席カップ麺

調味料業界

良い企業の割合: 50 % ( 伸び率: -8 % )

パン業界

良い企業の割合: 75 % ( 伸び率: 200 % )

菓子業界

良い企業の割合: 75 % ( 伸び率: 93 % )

ヘルスケア業界

良い企業の割合: 40 % ( 伸び率: -50 % )

冷凍食品業界

良い企業の割合: 50 % ( 伸び率: -37 % )

製粉業界

良い企業の割合: 0 % ( 伸び率: -100 % )

大豆加工品業界

良い企業の割合: 33 % ( 伸び率: -50 % )

製油業界

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -65 % )

惣菜業界

良い企業の割合: 100 % ( 伸び率: 17 % )