比較リスト

水産加工品業界のランキングと概況

概況

※ポイント(0~10)表記

水産加工品業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです(業界について)。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業は日本水産はごろもフーズ一正蒲鉾大森屋などです。
キーワードは、食品水産食品事業漁撈きのこ削りぶし海苔イマークツナ進物練製品dha家庭シーチキン野菜を設定しています。

ランキング(年度)

売上高(19年03月)

1位日本水産:7121億(連結)

2位はごろもフーズ:799億(連結)

3位一正蒲鉾:350億(連結)

4位大森屋:183億(連結)

売上総利益(19年03月)

1位日本水産:1387億(連結)

2位はごろもフーズ:289億(連結)

3位一正蒲鉾:90億(連結)

4位大森屋:57億(連結)

営業利益(19年03月)

1位日本水産:216億(連結)

2位はごろもフーズ:15億(連結)

3位一正蒲鉾:12億(連結)

4位大森屋:4億4363万(連結)

経常利益(19年03月)

1位日本水産:253億(連結)

2位はごろもフーズ:18億(連結)

3位一正蒲鉾:12億(連結)

4位大森屋:4億5348万(連結)

当期純利益(19年03月)

1位日本水産:163億(連結)

2位はごろもフーズ:9億9399万(連結)

3位一正蒲鉾:7億9428万(連結)

4位大森屋:2億6681万(連結)

親会社の所有者に帰属する当期利益(19年03月)

1位日本水産:153億(連結)

2位はごろもフーズ:9億9399万(連結)

3位一正蒲鉾:7億9428万(連結)

4位大森屋:2億6681万(連結)

営業CF(19年03月)

1位日本水産:246億(連結)

2位はごろもフーズ:26億(連結)

3位一正蒲鉾:22億(連結)

4位大森屋:3919万(連結)

投資CF(19年03月)

1位大森屋:-7億8277万(連結)

2位一正蒲鉾:-11億(連結)

3位はごろもフーズ:-20億(連結)

4位日本水産:-168億(連結)

総合点(19年03月)

1位日本水産:9.48点

2位一正蒲鉾:8.67点

3位大森屋:8.49点

4位はごろもフーズ:5.27点

収益性(19年03月)

1位大森屋:8.89点

2位一正蒲鉾:8.61点

3位日本水産:8.44点

4位はごろもフーズ:0点

安全性(19年03月)

1位日本水産:10点

2位はごろもフーズ:9.78点

3位一正蒲鉾:9.55点

4位大森屋:9.35点

成長性(19年03月)

1位日本水産:10点

2位一正蒲鉾:7.84点

3位大森屋:7.23点

4位はごろもフーズ:6.02点

資産(19年03月)

1位日本水産:4779億(連結)

2位はごろもフーズ:474億(連結)

3位一正蒲鉾:234億(連結)

4位大森屋:142億(連結)

純資産(19年03月)

1位日本水産:1661億(連結)

2位はごろもフーズ:271億(連結)

3位一正蒲鉾:113億(連結)

4位大森屋:102億(連結)

全従業員(19年03月)

1位日本水産:1万8597人(連結)

2位一正蒲鉾:1912人(連結)

3位はごろもフーズ:834人(連結)

4位大森屋:337人(連結)

ROA(19年03月)

1位一正蒲鉾:3.39%(連結)

2位日本水産:3.22%(連結)

3位はごろもフーズ:2.09%(連結)

4位大森屋:1.88%(連結)

ROE(19年03月)

1位日本水産:11.31%(連結)

2位一正蒲鉾:7.96%(連結)

3位はごろもフーズ:4%(連結)

4位大森屋:2.62%(連結)

売上高総利益率(19年03月)

1位はごろもフーズ:36.25%(連結)

2位大森屋:31.33%(連結)

3位一正蒲鉾:25.78%(連結)

4位日本水産:19.48%(連結)

売上高営業利益率(19年03月)

1位一正蒲鉾:3.64%(連結)

2位日本水産:3.05%(連結)

3位大森屋:2.42%(連結)

4位はごろもフーズ:1.95%(連結)

売上高経常利益率(19年03月)

1位一正蒲鉾:3.61%(連結)

2位日本水産:3.56%(連結)

3位大森屋:2.47%(連結)

4位はごろもフーズ:2.34%(連結)

売上高純利益率(19年03月)

1位一正蒲鉾:2.26%(連結)

2位日本水産:2.16%(連結)

3位大森屋:1.45%(連結)

4位はごろもフーズ:1.24%(連結)

自己資本比率(19年03月)

1位大森屋:71.75%(連結)

2位はごろもフーズ:52.36%(連結)

3位一正蒲鉾:42.57%(連結)

4位日本水産:28.45%(連結)

固定比率(19年03月)

1位大森屋:28.42%(連結)

2位はごろもフーズ:72.51%(連結)

3位一正蒲鉾:162.98%(連結)

4位日本水産:169.39%(連結)

固定長期適合率(19年03月)

1位大森屋:26.78%(連結)

2位はごろもフーズ:67.73%(連結)

3位日本水産:94%(連結)

4位一正蒲鉾:112.27%(連結)

流動比率(19年03月)

1位大森屋:343.34%(連結)

2位はごろもフーズ:158.33%(連結)

3位日本水産:122.15%(連結)

4位一正蒲鉾:94.61%(連結)

手元流動性比率(19年03月)

1位大森屋:0.39ヶ月(連結)

2位一正蒲鉾:0.33ヶ月(連結)

3位日本水産:0.27ヶ月(連結)

4位はごろもフーズ:0.12ヶ月(連結)

資産回転率(19年03月)

1位はごろもフーズ:1.68回転(連結)

2位一正蒲鉾:1.5回転(連結)

3位日本水産:1.49回転(連結)

4位大森屋:1.29回転(連結)

水産加工品業界の企業をもっと見る

全体像

業績が良くなっている、悪くなっている企業の一覧です。

調味料

すぐに比較する

惣菜

すぐに比較する

即席カップ麺

すぐに比較する

製粉

すぐに比較する

菓子

すぐに比較する

パン

すぐに比較する

製油

すぐに比較する

ヘルスケア

すぐに比較する

冷凍食品

すぐに比較する

業界検索へ

漁業生産額(内水面)

1,148 (億円)(17年12月)

すぐに比較する

船舶・同機関(付加価値額)[2010年基準]

68.8 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

漁業生産額(内水面での養殖)

950 (億円)(17年12月)

すぐに比較する

漁業生産額

15,755 (億円)(17年12月)

すぐに比較する

漁業生産額(海面)

14,607 (億円)(17年12月)

すぐに比較する

漁業生産額(海面での養殖)

4,979 (億円)(17年12月)

すぐに比較する

野菜・海藻(消費者物価指数)

99.2 (2015=100)(20年03月)

すぐに比較する

生鮮野菜(消費者物価指数)

94.2 (2015=100)(20年03月)

すぐに比較する

飲食料品(百貨店商品別販売額)

261,423.0 (百万円)(20年02月)

すぐに比較する

飲食料品(スーパーの商品別販売額)

1,620,145.0 (百万円)(20年02月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

(19年12月) ”当社グループの事業に関わる位置付け及びセグメントとの関連は次の通りである。○水産事業.........当社及び連結子会社[黒瀬水産(株)、NIPPON SUISAN(U.S.A.),INC.他30社]、非連結子会社5社[持分法適用会社]、並びに関連会社(株)ホウスイ、(株)大水他...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

業界水産

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社2社および関連会社1社で構成され、食品事業を主な事業内容とし、他に不動産賃貸等の事業を行っています。食品事業 :当社は、缶詰類・パスタ・包装米飯・かつお削りぶし・のりおよびその他製品の製造販売を行っています。子会社であるはごろも商事(株)は、ギフト等の...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、当社、連結子会社3社及び関連会社1社で構成され、その事業は、食品の製造販売を主な事業内容として、当事業に関する物流、サービス等の事業を展開しております。水産練製品・惣菜の製造販売及びきのこの生産販売を行っております。水産練製品の製造販売を行っており、当社が一部原材...”(19年09月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年05月17日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、当社及び連結子会社(大森屋(上海)貿易有限公司)の計2社で構成され、海苔を中心とした食料品全般にわたる「食品製造販売事業」及び「不動産賃貸事業」を主な内容として事業活動を展開しております。なお、当社は、当連結会計年度より、「不動産賃貸事業」の重要性が乏しくなったこ...”(19年12月20日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年05月17日

あとで比較する

すぐに比較する

水産加工品業界の同業他社をもっと見る