比較リスト

総合電機業界のランキングと概況

概況

※ポイント(0~10)表記

総合電機業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです(業界について)。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業は三菱電機シャープなどです。
キーワードは、ecosystem通信システム東芝シャープ三菱電機グループオートモティブシステム種類株式ランディス・ギアモティブシステム情報通信システム電器ストレージ日立金属液晶テレビメカトロニクスを設定しています。

ランキング(年度)

売上高(20年03月)

1位三菱電機:4兆4625億(連結)

2位シャープ:2兆2712億(連結)

売上総利益(20年03月)

1位三菱電機:5276億(単独)

2位シャープ:4097億(連結)

営業利益(20年03月)

1位三菱電機:2596億(連結)

2位シャープ:527億(連結)

経常利益(20年03月)

1位三菱電機:1432億(単独)

2位シャープ:555億(連結)

継続事業からの当期利益(19年03月)

1位日立製作所:3301億(連結)

当期純利益(20年03月)

1位三菱電機:2335億(連結)

2位シャープ:215億(連結)

親会社の所有者に帰属する当期利益(20年03月)

1位三菱電機:2218億(連結)

2位シャープ:209億(連結)

営業CF(20年03月)

1位三菱電機:3958億(連結)

2位シャープ:680億(連結)

投資CF(20年03月)

1位シャープ:-1278億(連結)

2位三菱電機:-2039億(連結)

総合点(20年03月)

1位三菱電機:8.05点

2位シャープ:4.75点

収益性(20年03月)

1位シャープ:7.01点

2位三菱電機:4.14点

安全性(20年03月)

1位三菱電機:10点

2位シャープ:4.44点

成長性(20年03月)

1位三菱電機:10点

2位シャープ:2.8点

資産(20年03月)

1位三菱電機:4兆4097億(連結)

2位シャープ:1兆8323億(連結)

純資産(20年03月)

1位三菱電機:2兆5388億(連結)

2位シャープ:2951億(連結)

全従業員(20年03月)

1位三菱電機:4万2754人(単独)

ROA(20年03月)

1位三菱電機:5.03%(連結)

2位シャープ:1.14%(連結)

ROE(20年03月)

1位三菱電機:9.13%(連結)

2位シャープ:5.75%(連結)

売上高総利益率(20年03月)

1位三菱電機:19.99%(単独)

2位シャープ:18.04%(連結)

売上高営業利益率(20年03月)

1位三菱電機:5.82%(連結)

2位シャープ:2.32%(連結)

売上高経常利益率(20年03月)

1位三菱電機:5.43%(単独)

2位シャープ:2.45%(連結)

売上高利益率(継続事業からの当期利益)(19年03月)

1位日立製作所:3.48%(連結)

売上高純利益率(20年03月)

1位三菱電機:4.97%(連結)

2位シャープ:0.92%(連結)

自己資本比率(20年03月)

1位三菱電機:55.1%(連結)

2位シャープ:19.9%(連結)

固定比率(20年03月)

1位三菱電機:73.33%(連結)

2位シャープ:203.99%(連結)

固定長期適合率(20年03月)

1位三菱電機:61.48%(連結)

2位シャープ:71.46%(連結)

流動比率(20年03月)

1位三菱電機:187.36%(連結)

2位シャープ:126.43%(連結)

手元流動性比率(20年03月)

1位三菱電機:1.45ヶ月(連結)

2位シャープ:0.9ヶ月(連結)

資産回転率(20年03月)

1位シャープ:1.24回転(連結)

2位三菱電機:1.01回転(連結)

総合電機業界の企業をもっと見る

全体像

業績が良くなっている、悪くなっている企業の一覧です。

製造工業(付加価値額)[2010年基準]

103.0 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

機械受注額(建設業)

44,083.0 (百万円)(20年04月)

すぐに比較する

機械受注額(通信業)

35,084.0 (百万円)(20年04月)

すぐに比較する

機械受注額(運輸業・郵便業)

59,862.0 (百万円)(20年04月)

すぐに比較する

精密機械工業(旧分類)(付加価値額)[2010年基準]

114.0 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

機械工業(付加価値額)[2010年基準]

108.5 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

鉱工業生産財在庫率指数(逆サイクル)(先行指数)

127.1 (2015=100)(20年04月)

すぐに比較する

鉱工業(付加価値額)[2010年基準]

103.0 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

機械受注額(農林漁業)

39,172.0 (百万円)(20年04月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

(19年12月) ”当社及び関係会社1,221社(連結子会社803社、持分法適用会社418社)から成る当グループは、情報・通信システム、社会・産業システム、電子装置・システム、建設機械、高機能材料、オートモティブシステム、生活・エコシステム、その他の8セグメントにわたって、製品の開発、生産、販売、サ...”(19年06月19日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月10日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社はIFRSに基づいて連結財務諸表を作成しています。三菱電機グループ(当社を中核として連結子会社203社、持分法適用会社39社を中心に構成)においては、重電システム、産業メカトロニクス、情報通信システム、電子デバイス、家庭電器、その他の6セグメントに関係する事業を行っており、そ...”(20年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月26日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”これについては、「第2 事業の状況」及び「第3 設備の状況」においても同様です。当社グループは、当社及び連結子会社350社(2019年3月31日現在)により構成され、「エネルギーシステムソリューション」、「インフラシステムソリューション」、「リテール&プリンティングソリューション...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月18日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、当社、親会社(鴻海精密工業股份有限公司)、連結子会社105社及び持分法適用会社21社を中心に構成され、電気通信機器・電気機器及び電子応用機器全般並びに電子部品の製造・販売を主な事業内容としております。また、当連結会計年度より報告セグメントの区分を変更しております。...”(20年07月01日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年07月01日

あとで比較する

すぐに比較する

総合電機業界の同業他社をもっと見る