20/08/07

娯楽施設(ボウリング、カラオケなど)業界のランキングと概況

レジャー・エンタメ

娯楽施設(ボウリング、カラオケなど)業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです( 業界について )。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業は 第一興商ラウンドワンコシダカホールディングスイオンファンタジーウチヤマホールディングス などです。
キーワードは 店舗カラオケアミューズメント運営事業景品放課後ルームアミューズメント施設 を設定しています。

ランキング

損益貸借CF従業員比率総合収益性安全性成長性

売上高 (20年03月)

1位 第一興商 1462億(連結)

2位 ラウンドワン 1047億(連結)

3位 イオンファンタジー 686億(連結)

4位 コシダカホールディングス 627億(連結)

5位 ウチヤマホールディングス 302億(連結)

6位 KeyHolder 136億(連結)

7位 共和コーポレーション 135億(単独)

8位 ランシステム 80億(連結)

9位 鉄人化計画 68億(連結)

10位 SDエンターテイメント 46億(連結)

売上総利益 (20年03月)

1位 第一興商 539億(連結)

2位 コシダカホールディングス 176億(連結)

3位 ラウンドワン 123億(連結)

4位 イオンファンタジー 71億(連結)

5位 共和コーポレーション 62億(単独)

6位 SDエンターテイメント 41億(連結)

7位 KeyHolder 28億(連結)

8位 ウチヤマホールディングス 28億(連結)

9位 ランシステム 13億(連結)

10位 鉄人化計画 10億(連結)

営業利益 (20年03月)

1位 第一興商 190億(連結)

2位 ラウンドワン 88億(連結)

3位 コシダカホールディングス 75億(連結)

4位 イオンファンタジー 17億(連結)

5位 ウチヤマホールディングス 10億(連結)

6位 共和コーポレーション 2億4949万(単独)

7位 ランシステム 2億1402万(連結)

8位 SDエンターテイメント 1億7593万(連結)

9位 KeyHolder -5939万(連結)

10位 鉄人化計画 -1億 309万(連結)

経常利益 (20年03月)

1位 第一興商 201億(連結)

2位 ラウンドワン 87億(連結)

3位 コシダカホールディングス 76億(連結)

4位 ウチヤマホールディングス 13億(連結)

5位 イオンファンタジー 9億1463万(連結)

6位 共和コーポレーション 3億3567万(単独)

7位 ランシステム 2億1544万(連結)

8位 SDエンターテイメント 1億1419万(連結)

9位 鉄人化計画 -1億4547万(連結)

継続事業からの当期利益 (19年03月)

1位 KeyHolder -1億6816万(連結)

当期純利益 (20年03月)

1位 第一興商 126億(連結)

2位 コシダカホールディングス 51億(連結)

3位 ラウンドワン 47億(連結)

4位 SDエンターテイメント 8148万(連結)

5位 共和コーポレーション 3870万(単独)

6位 ランシステム 3695万(連結)

7位 ウチヤマホールディングス 265万(連結)

8位 鉄人化計画 -3億8937万(連結)

9位 KeyHolder -12億(連結)

10位 イオンファンタジー -21億(連結)

親会社の所有者に帰属する当期利益 (20年03月)

1位 第一興商 125億(連結)

2位 コシダカホールディングス 51億(連結)

3位 ラウンドワン 47億(連結)

4位 SDエンターテイメント 8148万(連結)

5位 ランシステム 3695万(連結)

6位 ウチヤマホールディングス 265万(連結)

7位 鉄人化計画 -3億8937万(連結)

8位 KeyHolder -9億5730万(連結)

9位 イオンファンタジー -21億(連結)

主要企業一覧

全体像

期間データ

類似企業、業界、統計、比較例

企業類似業界関連統計比較例
20年03月 20/07/01

第一興商 の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社38社により構成されており、業務用カラオケ機器の販売、賃貸及び通信カラオケへの音源・映像コンテンツの提供、カラオケルーム及び飲食店舗の運営並びに 音楽・映像ソフトの制作、販売を主たる業務としております。なお、次の区分はセグメントの区分と同一であります。...

娯楽施設(ボウリング、カラオケなど)

赤字あり 20年06月 20/08/07

ラウンドワン の最新売上高、利益へ

当社グループは、提出会社、連結子会社3社及び関連会社1社で構成されており、ボウリング・アミューズメント・カラオケ・スポッチャ(スポーツをテーマとした時間制の施設)等を中心とした、地域密着の屋内型複合レ ジャー施設を運営しております。Round One Entertainment Inc.Kiddleton, Inc.主な事業の系統は、次の図のとおりであります。...

娯楽施設(ボウリング、カラオケなど)

赤字あり 20年05月 20/07/22

イオンファンタジー の最新売上高、利益へ

当社グループは当社、連結子会社7社で構成され、各社が営んでいる主な事業内容と当該事業に係る位置づけは、次のとおりであります。国内事業は当社1社で構成されており、当社はイオングループ及びその他のディベロ ッパーが運営するショッピングセンター内において遊戯施設(子どもとそのファミリーを対象としたアミューズメント施設「モーリーファンタジー」とインドアプレイグラウンド「キッズーナ」等)を展開しております。中...

娯楽施設(ボウリング、カラオケなど)

20年05月 20/07/22

コシダカホールディングス の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社コシダカホールディングス)、連結子会社10社(株式会社コシダカ、株式会社カーブスホールディングス、Curves International, I nc.、株式会社カーブスジャパン、株式会社ハイ・スタンダード、株式会社コシダカプロダクツ、株式会社コシダカビジネスサポート、株式会社韓国コシダカ、KOSHIDAKA INTERNATIONAL PTE...

スポーツクラブ・施設

20年03月 20/06/26

ウチヤマホールディングス の最新売上高、利益へ

当社グループは当社(持株会社)及び連結子会社である株式会社さわやか倶楽部、株式会社ボナー、Bonheure (Thailand) Co., Ltd.並びにKANTEKIYA(THAILAND)CO., LTD.、非連結子会社であるPT. Sawayaka Fujindo Indonesiaにより構成されており、主に5つの事業(介護事業、カラオケ事業、飲食事業、不動産事業、その他)を展開しております。...

介護・福祉

赤字あり 20年03月 20/05/13

KeyHolder の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び連結子会社8社により構成され、各部門における主な事業の内容と当社及び連結子会社の当該事業における位置付けは以下のとおりであります。なお、次の5部門は「第5 経理の状況 1 連結 財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社の企業集団につきまして図示しますと、次のとおりであります。...

娯楽施設(ボウリング、カラオケなど)

20年03月 20/06/23

共和コーポレーション の最新売上高、利益へ

当社は、経営理念「三つの楽しみ(顧客満足の楽しみ、一生懸命の楽しみ、実践と行動の楽しみ)」の下、アミューズメント施設の運営と、アミューズメント機器(注)等の販売の2分野を中心としたアミューズメント事業 を主たる業務としております。アミューズメント施設の運営は、当社のアミューズメント事業の中核をなすものであります。当社の直営店は、長野県を中心として、新潟、富山、埼玉、東京、神奈川、静岡等の各県のロード...

娯楽施設(ボウリング、カラオケなど)

20年03月 20/07/01

SDエンターテイメント の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び連結子会社4社により構成されており、ウェルネス事業、クリエーション事業、不動産賃貸事業、その他の事業を展開しております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。また、当連結会計年度より報告セグメントの区分を変更しております。フィットネスクラブ等の運営、企業主導型保育の運営及び介護施設等...

娯楽施設(ボウリング、カラオケなど)

20年03月 20/05/17

ランシステム の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社2社により構成されており、「直営店舗事業」「外販事業」「不動産事業」及びその他の事業を営んでおります。なお、当社は、2018年7月の組織変更に伴 い、当連結会計年度より報告セグメントの区分を変更しております。当事業は、当社及び子会社である株式会社ランセカンドにおいて、複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間」等の店舗展開を主として行っております。...

娯楽施設(ボウリング、カラオケなど)

赤字あり 20年05月 20/07/22

鉄人化計画 の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社鉄人化計画)、連結子会社1社により構成されており、カラオケ・飲食事業を主たる事業とする他、メディア・コンテンツ企画事業を主な事業としております。 国内では「カラオケの鉄人」の店舗名でカラオケルーム56店舗を展開しております。「カラオケの鉄人」の店舗では「お客様に提供する楽曲数を最大化」するとともに、「お客様を主役化し、楽しく歌ってもらう」という...

娯楽施設(ボウリング、カラオケなど)

写真・アート業界

良い企業の割合: 0 % ( 伸び率: -100 % )

芸能業界

良い企業の割合: 100 % ( 伸び率: 0 % )

旅行業界

良い企業の割合: 0 % ( 伸び率: -100 % )

舞台・劇場業界

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -50 % )

ドーム・スタジアム業界

良い企業の割合: 0 % ( 伸び率: -100 % )

スポーツクラブ・施設業界

良い企業の割合: 0 % ( 伸び率: -100 % )

映画館業界

良い企業の割合: 40 % ( 伸び率: -60 % )

ゴルフ場業界

良い企業の割合: 56 % ( 伸び率: -11 % )