20/10/04

創薬・医療ベンチャー業界のランキングと概況

医療・介護

創薬・医療ベンチャー業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです( 業界について )。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業は そーせいグループヘリオスジーエヌアイグループペプチドリームサンバイオ などです。
キーワードは 臨床臨床試験細胞創薬再生医療がん抗体治験 を設定しています。

ランキング

損益貸借CF従業員比率総合収益性安全性成長性

主要企業一覧

全体像

期間データ

類似企業、業界、統計、比較例

企業類似業界関連統計比較例
赤字あり 20年06月 20/08/16

そーせいグループ の最新売上高、利益へ

当社グループは、サイエンス及び技術に立脚した企業であり、創薬及び初期開発を専門としています。薬品企業になることをビジョンに掲げています。当社グループは特に、体内の細胞や組織に存在する内在性膜タンパク質 のスーパーファミリーである、Gタンパク質共役受容体(以下「GPCR」)を標的とする新規の低分子、ペプチド並びに抗体医薬品の創薬に注力しています。GPCRは、幅広い生体内反応に影響を与えるシグナル伝達経...

製薬・医薬品

赤字あり 20年06月 20/08/07

ヘリオス の最新売上高、利益へ

当社は、「『生きる』を増やす。爆発的に。」というミッションの下、幹細胞技術をもって難治性疾患を罹患された方々に治癒と希望を届けるべく、体性幹細胞再生医薬品分野、及びiPS細胞に関連する技術を活用した再 生医療等製品(iPSC再生医薬品)の研究・開発・製造を行うiPSC再生医薬品分野において事業を推進しております。なお、当社の事業セグメントは、医薬品事業のみの単一セグメントであります。以下の表は、当事...

創薬・医療ベンチャー

赤字あり 20年06月 20/08/16

アンジェス の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び連結子会社1社より構成され、遺伝子医薬品を中心とする医薬品の開発及び販売を進めております。アンジェス USA, Inc.当社はHGF(Hepatocyte Growth Fac tor、肝細胞増殖因子)遺伝子を含む遺伝子治療用製品を主要プロジェクトとして開発しています。HGFは、肝臓の細胞を増やす因子として1980年代に発見されました。最初は、肝臓の病気の治療薬として研究され...

製薬・医薬品

赤字あり 20年06月 20/08/16

ジーエヌアイグループ の最新売上高、利益へ

当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下、当社という)と、連結子会社13社で構成され、その事業内容を医薬品事業と医療機器事業に区分しています。医薬品事業では、中国市場で販売しているアイスーリュイ及び 臨床試験中のF351を主力とする開発化合物の研究開発・製造・販売を行っています。医療機器事業では、米国を拠点とし、当社グループが独自に開発した医療機器(生体材料)の製造及び販売を行っています。Cull...

創薬・医療ベンチャー

赤字あり 20年06月 20/08/07

ペプチドリーム の最新売上高、利益へ

当社は、当社独自の創薬開発プラットフォームシステム(*1)であるPDPS(Peptide Discovery Platform System)を活用して、国内外の製薬企業との共同研究開発のもと、新しい 医薬品候補物質の研究開発を行っています。なお、当社のセグメントはアライアンス事業のみの単一セグメントであります。当社は、特殊ペプチドを基にした医薬品開発を中核とした事業を展開しております。「特殊ペプチ...

製薬・医薬品

赤字あり 20年07月 20/09/13

サンバイオ の最新売上高、利益へ

当社グループ(以下、当社及び連結子会社SanBio, Inc.(米国カリフォルニア州マウンテンビュー市)の2社を指します。)は「再生医療の開発を通して、患者さんをはじめとしたステークホルダーの皆さまへ 価値を提供する」ことをコーポレート・ミッションに掲げ、東京を本社とし、SanBio, Inc.のある米国に研究開発の主たる拠点を構え、日米において再生細胞医薬品の研究、開発、製造及び販売を手掛ける再生...

製薬・医薬品

赤字あり 20年04月 20/06/19

ステムリム の最新売上高、利益へ

当社が創業以来、その実現を目指し研究開発に取り組んできた「再生誘導医薬」は、怪我や病気により損傷し機能を失った生体組織の機能的再生・治癒を促進する、新しい作用メカニズムにもとづく医薬品です。再生誘導医 薬開発により、生きた細胞製剤では難しい安定した品質による迅速な再生医療を実現する製品供給が可能となることから、広く普及可能な新しい再生医療となり得ます。損傷部位に集積した幹細胞は、神経や皮膚、骨、軟骨...

創薬・医療ベンチャー

赤字あり 20年06月 20/08/16

ナノキャリア の最新売上高、利益へ

当社の主たる事業目的は、日本発のナノテクノロジーを応用したミセル化ナノ粒子をコア技術として、主にがん領域において新しい医薬品を生み出し、社会に貢献することです。当社は、東京大学の片岡一則教授(現 当社 取締役)、東京女子医科大学の岡野光夫教授(現 当社取締役)らが発明したミセル化ナノ粒子技術による医薬品の開発を目的に、1996年6月に設立されました。同教授らは、医薬品を封入したミセル化ナノ粒子が静脈...

製薬・医薬品

赤字あり 20年06月 20/08/16

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング の最新売上高、利益へ

当社は、「医療の質的変化をもたらすティッシュエンジニアリングをベースに、組織再生による根本治療を目指し、21世紀の医療そのものを変えてゆく事業を展開する」ことを会社設立の趣旨とする企業であり、再生医療 等製品の開発、製造、販売を行う再生医療製品事業、再生医療に関する開発及び製造等を受託する再生医療受託事業、研究用ヒト培養組織の開発、製造、販売を行う研究開発支援事業を展開しています。当社は、富士フイル...

創薬・医療ベンチャー

赤字あり 20年06月 20/08/16

トランスジェニック の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社12社及び関連会社1社により構成されており、遺伝子改変マウスの作製受託、抗体作製受託、臨床・非臨床試験受託、遺伝子解析受託、病理診断サービス、M& Aによる新規事業の推進、事業承継及び事業再生分野における助言・支援サービスを主たる業務としております。当社は、遺伝子改変マウス作製受託、モデルマウスの販売、抗体作製受託、新規バイオマーカーの開発などを...

医療サービス

後発医薬品業界

良い企業の割合: 17 % ( 伸び率: -75 % )

調剤業界

良い企業の割合: 13 % ( 伸び率: -85 % )

製薬・医薬品業界

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -7 % )

医療・介護業界 (大)

良い企業の割合: 51 % ( 伸び率: -23 % )

医療サービス業界

良い企業の割合: 52 % ( 伸び率: -33 % )

医療用製品業界

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -44 % )

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 35 % ( 伸び率: -43 % )

理化学機器業界

良い企業の割合: 0 % ( 伸び率: -100 % )

動物病院業界

良い企業の割合: 0 % ( 伸び率: -100 % )

介護・福祉業界

良い企業の割合: 58 % ( 伸び率: -25 % )

授業料等(消費者物価指数)

86.8(2015=100) 20年07月

調剤医薬品(ドラッグストア)

293397(百万円) 20年06月

OTC(ドラッグストア)

448753(百万円) 20年06月

調剤(医療費の診療種類別)

7.747(兆円) 20年03月

医薬部外品(生産額)

943672680.999(千円) 18年12月

医療費(75歳未満)

24.38(兆円) 20年03月

診療費(合計)

34.74(兆円) 20年03月

医療業(活動指数)

99.3(2010=100) 20年06月

医療,福祉(活動指数)

99(2010=100) 20年06月

医療費(75歳以上)

17.03(兆円) 20年03月

創薬・医療ベンチャー業界 / そーせいグループ / ヘリオス / ジーエヌアイグループ / ペプチドリーム を比較する

創薬・医療ベンチャー業界 / サンバイオ / アンジェス / ステムリム / ナノキャリア を比較する

創薬・医療ベンチャー業界 / 精密機器(業界) / アパレル・雑貨(業界) / 通信(業界) / 広告(業界) を比較する

創薬・医療ベンチャー業界 / 放送(業界) / 電子機器・情報通信機器(業界) / 電子部品・デバイス(業界) / 林業・木材(業界) を比較する

創薬・医療ベンチャー業界 / 飲料(業界) / 畜産(業界) を比較する

創薬・医療ベンチャー業界 / 医薬品(統計分類) / 医療(統計分類) / 全分類(統計分類) / 歯科(統計分類) を比較する