比較リスト

創薬・医療ベンチャー業界のランキングと概況

概況

※ポイント(0~10)表記

創薬・医療ベンチャー業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです(業界について)。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業はそーせいグループジーエヌアイグループペプチドリームヘリオスサンバイオアンジェス窪田製薬ホールディングスジャパン・ティッシュ・エンジニアリングナノキャリアリプロセルなどです。
キーワードは、臨床臨床試験細胞創薬再生医療がん抗体パイプライン治験疾患ペプチド化合物幹細胞遺伝子ワクチンを設定しています。

ランキング(年度)

売上高(19年03月)

1位トランスジェニック:86億(連結)

2位ペプチドリーム:82億(単独)

3位そーせいグループ:60億(連結)

4位ジーエヌアイグループ:55億(連結)

5位ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:23億(単独)

6位リプロセル:10億(連結)

7位セルシード:10億(連結)

8位ジーンテクノサイエンス:10億(単独)

9位メディネット:9億8188万(単独)

10位サンバイオ:7億6212万(連結)

売上総利益(19年03月)

1位ペプチドリーム:65億(単独)

2位トランスジェニック:14億(連結)

3位ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:12億(単独)

4位セルシード:9億9569万(連結)

5位ジーンテクノサイエンス:6億 931万(単独)

6位デ・ウエスタン・セラピテクス研究所:5億 64万(連結)

7位リプロセル:4億9645万(連結)

8位ナノキャリア:4億1685万(単独)

9位メディネット:3億3617万(単独)

10位テラ:3億 106万(連結)

営業利益(19年03月)

1位ペプチドリーム:49億(単独)

2位トランスジェニック:2億7006万(連結)

3位セルシード:9514万(連結)

4位ファンペップ:-5450万(単独)

5位ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:-3億4974万(単独)

6位桃太郎源:-4億 21万(単独)

7位デ・ウエスタン・セラピテクス研究所:-4億4823万(連結)

8位キャンバス:-5億5921万(単独)

9位LTTバイオファーマ:-5億7412万(単独)

10位ステムリム:-5億7602万(単独)

経常利益(19年03月)

1位ペプチドリーム:52億(単独)

2位LTTバイオファーマ:3億9450万(単独)

3位トランスジェニック:2億5643万(連結)

4位セルシード:9679万(連結)

5位ファンペップ:-3256万(単独)

6位ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:-3億3963万(単独)

7位桃太郎源:-4億 290万(単独)

8位デ・ウエスタン・セラピテクス研究所:-4億5736万(連結)

9位ステムリム:-5億6007万(単独)

10位キャンバス:-5億6473万(単独)

当期純利益(19年03月)

1位ペプチドリーム:38億(単独)

2位ジーエヌアイグループ:6億9152万(連結)

3位LTTバイオファーマ:3億2713万(単独)

4位トランスジェニック:2億 221万(連結)

5位セルシード:8833万(連結)

6位ファンペップ:-3568万(単独)

7位ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:-3億3324万(単独)

8位桃太郎源:-4億 388万(単独)

9位デ・ウエスタン・セラピテクス研究所:-4億6575万(連結)

10位キャンバス:-4億8599万(単独)

親会社の所有者に帰属する当期利益(19年03月)

1位ジーエヌアイグループ:2億5874万(連結)

2位トランスジェニック:2億 221万(連結)

3位セルシード:8833万(連結)

4位デ・ウエスタン・セラピテクス研究所:-4億1206万(連結)

5位リプロセル:-6億 142万(連結)

6位ラクオリア創薬:-8億9583万(連結)

7位テラ:-8億9599万(連結)

8位メドレックス:-14億(連結)

9位スリー・ディー・マトリックス:-25億(連結)

10位ソレイジア・ファーマ:-26億(連結)

営業CF(19年03月)

1位ペプチドリーム:55億(単独)

2位ジーエヌアイグループ:4億1209万(連結)

3位LTTバイオファーマ:2億8419万(単独)

4位トランスジェニック:1億4769万(連結)

5位セルシード:-2億8503万(連結)

6位デ・ウエスタン・セラピテクス研究所:-3億3470万(連結)

7位キャンバス:-3億5439万(単独)

8位桃太郎源:-3億9081万(単独)

9位ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:-3億9611万(単独)

10位リプロセル:-5億5483万(連結)

投資CF(19年03月)

1位窪田製薬ホールディングス:34億(連結)

2位メドレックス:1億5920万(連結)

3位ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:2763万(単独)

4位ジーンテクノサイエンス:-2万(単独)

5位桃太郎源:-16万(単独)

6位テラ:-253万(連結)

7位DeltaーFly Pharma:-354万(単独)

8位セルシード:-449万(連結)

9位ステムリム:-552万(単独)

10位デ・ウエスタン・セラピテクス研究所:-5730万(連結)

資産(19年03月)

1位そーせいグループ:618億(連結)

2位ジーエヌアイグループ:179億(連結)

3位ペプチドリーム:165億(単独)

4位ヘリオス:135億(単独)

5位サンバイオ:132億(連結)

6位アンジェス:119億(連結)

7位窪田製薬ホールディングス:114億(連結)

8位ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:87億(単独)

9位ナノキャリア:85億(単独)

10位リプロセル:74億(連結)

純資産(19年03月)

1位ペプチドリーム:153億(単独)

2位アンジェス:116億(連結)

3位ヘリオス:99億(単独)

4位サンバイオ:83億(連結)

5位ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:79億(単独)

6位リプロセル:70億(連結)

7位ナノキャリア:58億(単独)

8位ブライトパス・バイオ:50億(単独)

9位LTTバイオファーマ:50億(単独)

10位トランスジェニック:48億(連結)

全従業員(19年03月)

1位トランスジェニック:278人(連結)

2位ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:197人(単独)

3位リプロセル:116人(連結)

4位メディネット:108人(単独)

5位オンコセラピー・サイエンス:73人(連結)

6位スリー・ディー・マトリックス:54人(連結)

7位ブライトパス・バイオ:45人(単独)

8位ナノキャリア:42人(単独)

9位ステムリム:35人(単独)

10位ジーンテクノサイエンス:26人(単独)

ROA(19年03月)

1位ペプチドリーム:23.28%(単独)

2位LTTバイオファーマ:6.15%(単独)

3位セルシード:6.05%(連結)

4位トランスジェニック:3.12%(連結)

5位ジーエヌアイグループ:1.44%(連結)

6位ファンペップ:-2.74%(単独)

7位ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:-3.81%(単独)

8位リプロセル:-8.03%(連結)

9位そーせいグループ:-8.52%(連結)

10位DeltaーFly Pharma:-18.89%(単独)

ROE(19年03月)

1位ペプチドリーム:25.18%(単独)

2位セルシード:7.04%(連結)

3位LTTバイオファーマ:6.45%(単独)

4位トランスジェニック:4.09%(連結)

5位ジーエヌアイグループ:2.81%(連結)

6位ファンペップ:-3.13%(単独)

7位ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:-4.21%(単独)

8位リプロセル:-8.49%(連結)

9位そーせいグループ:-12.08%(連結)

10位DeltaーFly Pharma:-19.23%(単独)

売上高総利益率(19年03月)

1位LTTバイオファーマ:100%(単独)

2位UMNファーマ:100%(単独)

3位デ・ウエスタン・セラピテクス研究所:97.25%(連結)

4位セルシード:96.42%(連結)

5位ナノキャリア:83.92%(単独)

6位ペプチドリーム:80.22%(単独)

7位メドレックス:79.36%(連結)

8位テラ:64.5%(連結)

9位ジーンテクノサイエンス:59.64%(単独)

10位ブライトパス・バイオ:54.62%(単独)

売上高営業利益率(19年03月)

1位ペプチドリーム:59.83%(単独)

2位セルシード:9.21%(連結)

3位トランスジェニック:3.11%(連結)

4位ファンペップ:-14.83%(単独)

5位ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:-14.83%(単独)

6位リプロセル:-71.76%(連結)

7位ジーンテクノサイエンス:-78.85%(単独)

8位デ・ウエスタン・セラピテクス研究所:-87.07%(連結)

9位ラクオリア創薬:-134.96%(連結)

10位テラ:-143.15%(連結)

売上高経常利益率(19年03月)

1位LTTバイオファーマ:1443.02%(単独)

2位ペプチドリーム:64.03%(単独)

3位セルシード:9.37%(連結)

4位トランスジェニック:2.96%(連結)

5位ファンペップ:-8.86%(単独)

6位ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:-14.4%(単独)

7位リプロセル:-57.61%(連結)

8位ジーンテクノサイエンス:-79.91%(単独)

9位デ・ウエスタン・セラピテクス研究所:-88.84%(連結)

10位ラクオリア創薬:-125.66%(連結)

売上高純利益率(19年03月)

1位LTTバイオファーマ:1196.57%(単独)

2位ペプチドリーム:47%(単独)

3位セルシード:8.55%(連結)

4位ジーエヌアイグループ:4.64%(連結)

5位トランスジェニック:2.33%(連結)

6位ファンペップ:-9.71%(単独)

7位ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:-14.13%(単独)

8位リプロセル:-55.25%(連結)

9位デ・ウエスタン・セラピテクス研究所:-80.04%(連結)

10位ジーンテクノサイエンス:-83.81%(単独)

自己資本比率(19年03月)

1位DeltaーFly Pharma:98.23%(単独)

2位アンジェス:97.45%(連結)

3位ステムリム:96.02%(単独)

4位LTTバイオファーマ:95.47%(単独)

5位ブライトパス・バイオ:94.73%(単独)

6位リプロセル:94.63%(連結)

7位ラクオリア創薬:93.99%(連結)

8位ソレイジア・ファーマ:93.16%(連結)

9位カイオム・バイオサイエンス:92.45%(単独)

10位ペプチドリーム:92.43%(単独)

固定比率(19年03月)

1位桃太郎源:0.27%(単独)

2位ステムリム:0.55%(単独)

3位ファンペップ:0.63%(単独)

4位DeltaーFly Pharma:1%(単独)

5位スリー・ディー・マトリックス:1.96%(連結)

6位ブライトパス・バイオ:2.84%(単独)

7位リボミック:4.52%(単独)

8位オンコセラピー・サイエンス:6.77%(連結)

9位セルシード:6.93%(連結)

10位カイオム・バイオサイエンス:7.25%(単独)

固定長期適合率(19年03月)

1位桃太郎源:0.26%(単独)

2位ステムリム:0.54%(単独)

3位スリー・ディー・マトリックス:0.98%(連結)

4位DeltaーFly Pharma:1%(単独)

5位リボミック:2.7%(単独)

6位ブライトパス・バイオ:2.81%(単独)

7位オンコセラピー・サイエンス:6.58%(連結)

8位カイオム・バイオサイエンス:7.16%(単独)

9位サンバイオ:7.47%(連結)

10位アンジェス:10.22%(連結)

流動比率(19年03月)

1位DeltaーFly Pharma:6197.91%(単独)

2位アンジェス:4673.84%(連結)

3位ナノキャリア:3916.83%(単独)

4位ブライトパス・バイオ:3468.48%(単独)

5位ステムリム:2962.95%(単独)

6位リボミック:2908.78%(単独)

7位リプロセル:1877.11%(連結)

8位カイオム・バイオサイエンス:1717.71%(単独)

9位桃太郎源:1694.93%(単独)

10位LTTバイオファーマ:1670.59%(単独)

手元流動性比率(19年03月)

1位LTTバイオファーマ:1201.48ヶ月(単独)

2位メドレックス:820.61ヶ月(連結)

3位ブライトパス・バイオ:377.48ヶ月(単独)

4位サンバイオ:218.04ヶ月(連結)

5位オンコセラピー・サイエンス:207.75ヶ月(連結)

6位アンジェス:168.12ヶ月(連結)

7位カイオム・バイオサイエンス:135.54ヶ月(単独)

8位ソレイジア・ファーマ:89.73ヶ月(連結)

9位UMNファーマ:79.92ヶ月(単独)

10位ナノキャリア:74.05ヶ月(単独)

資産回転率(19年03月)

1位トランスジェニック:1.34回転(連結)

2位セルシード:0.71回転(連結)

3位テラ:0.59回転(連結)

4位ペプチドリーム:0.5回転(単独)

5位ジーンテクノサイエンス:0.32回転(単独)

6位ジーエヌアイグループ:0.31回転(連結)

7位メディネット:0.3回転(単独)

8位ファンペップ:0.28回転(単独)

9位ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:0.27回転(単独)

10位デ・ウエスタン・セラピテクス研究所:0.25回転(連結)

創薬・医療ベンチャー業界の企業をもっと見る

全体像

業績が良くなっている、悪くなっている企業の一覧です。

後発医薬品

すぐに比較する

調剤

すぐに比較する

製薬・医薬品

すぐに比較する

医療・介護

すぐに比較する

医療サービス

すぐに比較する

医療用製品

すぐに比較する

精密機器

すぐに比較する

理化学機器

すぐに比較する

動物病院

すぐに比較する

介護・福祉

すぐに比較する

業界検索へ

授業料等(消費者物価指数)

90.1 (2015=100)(20年03月)

すぐに比較する

調剤医薬品(ドラッグストア)

96,246.0 (百万円)(20年02月)

すぐに比較する

OTC(ドラッグストア)

156,173.0 (百万円)(20年02月)

すぐに比較する

調剤(医療費の診療種類別)

4.474 (兆円)(19年10月)

すぐに比較する

医薬部外品(生産額)

943,672,680.999 (千円)(18年12月)

すぐに比較する

医療費(75歳未満)

14.14 (兆円)(19年10月)

すぐに比較する

診療費(合計)

20.21 (兆円)(19年10月)

すぐに比較する

医療業(活動指数)

123.2 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

医療,福祉(活動指数)

123.0 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

医療費(75歳以上)

9.92 (兆円)(19年10月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

(20年03月) ”当社グループは、サイエンス及び技術に立脚した企業であり、創薬及び初期開発を専門としています。薬品企業になることをビジョンに掲げています。当社グループは特に、体内の細胞や組織に存在する内在性膜タンパク質のスーパーファミリーである、Gタンパク質共役受容体(以下「GPCR」)を標的とす...”(20年03月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年05月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社は、「『生きる』を増やす。爆発的に。」というミッションの下、幹細胞技術をもって難治性疾患を罹患された方々に治癒と希望を届けるべく、体性幹細胞再生医薬品分野、及びiPS細胞に関連する技術を活用した再生医療等製品(iPSC再生医薬品)の研究・開発・製造を行うiPSC再生医薬品分野...”(20年04月11日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年05月17日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下、当社という)と、連結子会社13社で構成され、その事業内容を医薬品事業と医療機器事業に区分しています。医薬品事業では、中国市場で販売しているアイスーリュイ及び臨床試験中のF351を主力とする開発化合物の研究開発・製造・販売を行っています。...”(20年04月11日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年05月17日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社は、当社独自の創薬開発プラットフォームシステム(*1)であるPDPS(Peptide Discovery Platform System)を活用して、国内外の製薬企業との共同研究開発のもと、新しい医薬品候補物質の研究開発を行っています。なお、当社のセグメントはアライアンス事業...”(20年04月11日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年05月17日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年01月) ”当社グループ(以下、当社及び連結子会社SanBio, Inc.(米国カリフォルニア州マウンテンビュー市)の2社を指します。)は「再生医療の開発を通して、患者さんをはじめとしたステークホルダーの皆さまへ価値を提供する」ことをコーポレート・ミッションに掲げ、東京を本社とし、SanBi...”(20年05月01日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年05月01日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、当社及び連結子会社1社より構成され、遺伝子医薬品を中心とする医薬品の開発及び販売を進めております。アンジェス USA, Inc.当社はHGF(Hepatocyte Growth Factor、肝細胞増殖因子)遺伝子を含む遺伝子治療用製品を主要プロジェクトとして開発...”(20年04月11日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年05月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年01月) ”当社が創業以来、その実現を目指し研究開発に取り組んできた「再生誘導医薬」は、怪我や病気により損傷し機能を失った生体組織の機能的再生・治癒を促進する、新しい作用メカニズムにもとづく医薬品です。再生誘導医薬開発により、生きた細胞製剤では難しい安定した品質による迅速な再生医療を実現する...”(19年10月29日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年03月12日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社の主たる事業目的は、日本発のナノテクノロジーを応用したミセル化ナノ粒子をコア技術として、主にがん領域において新しい医薬品を生み出し、社会に貢献することです。当社は、東京大学の片岡一則教授、東京女子医科大学の岡野光夫教授(現 当社取締役)らが発明したミセル化ナノ粒子技術による医...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社は、「医療の質的変化をもたらすティッシュエンジニアリングをベースに、組織再生による根本治療を目指し、21世紀の医療そのものを変えてゆく事業を展開する」ことを会社設立の趣旨とする企業であり、再生医療等製品の開発、製造、販売を行う再生医療製品事業、再生医療に関する開発及び製造等を...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、世界中で眼疾患に悩む皆さまの視力維持と回復に貢献することを目的として、イノベーションをさまざまな医薬品・医療機器の開発及び実用化に繋げる眼科医療ソリューション・カンパニーです。当社の100%子会社であるアキュセラ・インク(米国)が研究開発の拠点となり、革新的な治療...”(20年03月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年05月17日

あとで比較する

すぐに比較する

創薬・医療ベンチャー業界の同業他社をもっと見る