比較リスト

(19年12月)

20年02月13日

富士古河E&Cの最新業績

”当社の企業集団は、当社、連結子会社16社、関連会社3社で構成されており、電気・空調・情報通信を中心とした建築設備工事・プラント設備工事の企画、設計および現地工事の施工を主な事業として取り組んでおります。当社の親会社は富士電機株式会社であり、当社は同社を中心とした富士電機グループにおける唯一の総合設備企業として、同グループから各種設備工事を受注しております。当事業は、社会インフラ工事、産業システム工事、並びに太陽光以外の発電設備工事を行っております。当事業は、産業プロセス空調設備工事、一般空調・衛生設備工事を行ってお... ”
(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

※ポイント(0~10)表記

富士古河E&Cの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:富士古河E&Cの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。 企業ページについて 総合点について

累計四半期/連結/JPYの概況

売上高

19年12月:537億

18年12月:576億

17年12月:503億

売上総利益

19年12月:83億

18年12月:76億

17年12月:66億

営業利益

19年12月:27億

18年12月:21億

17年12月:15億

経常利益

19年12月:26億

18年12月:21億

17年12月:14億

当期純利益

19年12月:19億

18年12月:14億

17年12月:9億6400万

親会社株主に帰属する当期純利益

19年12月:19億

18年12月:13億

17年12月:8億7000万

包括利益

19年12月:19億

18年12月:14億

17年12月:11億

親会社株主に係る包括利益

19年12月:19億

18年12月:13億

17年12月:10億

営業CF

19年09月:6億7900万

18年09月:29億

17年09月:18億

投資CF

19年09月:-6億7900万

18年09月:-1億2600万

17年09月:-5000万

財務CF

19年09月:-6億8700万

18年09月:-6億1100万

17年09月:-5億8900万

資産

19年12月:513億

18年12月:517億

17年12月:469億

負債

19年12月:273億

18年12月:307億

17年12月:289億

純資産

19年12月:239億

18年12月:209億

17年12月:180億

資本金

19年12月:19億

18年12月:19億

17年12月:19億

株主資本

19年12月:237億

18年12月:207億

17年12月:179億

現金及び預金

19年12月:55億

18年12月:47億

17年12月:41億

現金及び現金同等物

19年09月:45億

18年09月:92億

17年09月:67億

流動資産

19年12月:450億

18年12月:452億

17年12月:408億

固定資産

19年12月:63億

18年12月:65億

17年12月:61億

流動負債

19年12月:236億

18年12月:262億

17年12月:238億

固定負債

19年12月:37億

18年12月:45億

17年12月:51億

総合点

19年12月:9.76

19年09月:9.44

19年06月:9.3

収益性

19年12月:9.76

19年09月:8.81

19年06月:8.4

安全性

19年12月:10

19年09月:9.8

19年06月:9.5

成長性

19年12月:9.52

19年09月:9.72

19年06月:10

ROA

19年12月:4.91

18年12月:3.54

17年12月:2.46

ROE

19年12月:10.62

18年12月:8.82

17年12月:6.42

売上高総利益率

19年12月:15.59

18年12月:13.23

17年12月:13.3

売上高営業利益率

19年12月:5.13

18年12月:3.79

17年12月:2.98

売上高経常利益率

19年12月:5.02

18年12月:3.74

17年12月:2.97

売上高純利益率

19年12月:3.53

18年12月:2.39

17年12月:1.73

自己資本比率

19年12月:46.2

18年12月:40.15

17年12月:38.3

固定比率

19年12月:26.86

18年12月:31.37

17年12月:33.95

固定長期適合率

19年12月:23.23

18年12月:25.74

17年12月:26.44

流動比率

19年12月:190.02

18年12月:172.3

17年12月:171.6

手元流動性比率

19年12月:0.94

18年12月:1.13

17年12月:1.21

資産回転率

19年12月:1.39

18年12月:1.48

17年12月:1.42

提出日対象時期書類名総合点収益性安全性成長性
20年02月19年12月四半期報告書(第3四半期)9.769.76109.52
19年11月19年09月半期報告書9.448.819.89.72
19年08月19年06月四半期報告書(第1四半期)9.38.49.510
19年06月19年03月有価証券報告書8.827.419.249.8
19年02月18年12月四半期報告書(第3四半期)8.747.339.379.52
18年11月18年09月半期報告書8.236.429.119.16
18年08月18年06月四半期報告書(第1四半期)7.926.158.888.72
18年06月18年03月有価証券報告書7.936.648.648.51
18年02月17年12月四半期報告書(第3四半期)87.268.418.32
17年11月17年09月半期報告書8.248.228.118.39
17年08月17年06月四半期報告書(第1四半期)8.469.117.778.5
17年06月17年03月有価証券報告書8.7107.388.72
17年02月16年12月四半期報告書(第3四半期)8.249.067.018.64
16年11月16年09月半期報告書7.738.116.698.4
16年08月16年06月四半期報告書(第1四半期)7.217.146.527.99
16年06月16年03月有価証券報告書6.656.166.397.39
16年02月15年12月四半期報告書(第3四半期)6.365.786.227.08
15年11月15年09月半期報告書5.945.045.956.83
15年08月15年06月四半期報告書(第1四半期)6.025.765.626.67
15年06月15年03月有価証券報告書6.026.235.286.54
15年02月14年12月四半期報告書(第3四半期)5.675.6956.31

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
富士古河E&C

設備工事

すぐに比較する

建設

すぐに比較する

電気・通信工事

すぐに比較する

ビル・施設管理

すぐに比較する

建設・土木

すぐに比較する

道路

すぐに比較する

ビル・商業施設

すぐに比較する

総合不動産

すぐに比較する

業界検索へ

(19年12月) ”当社グループ(当社及び関係会社)は、当社と子会社16社、関連会社5社及びその他の関係会社1社により構成されており、事業は設備工事(電気工事、情報通信工事)の請負、企画、設計・積算、監理を主として、電気設備の保守、電気機器・材料の製作、販売、不動産の賃貸・仲介・管理ならびに電気設備...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下「当社」という。)、連結子会社7社及び持分法適用関連会社2社で構成され、設備工事業を主な事業の内容としている。また、当社は中部電力(株)〔電気事業〕の子会社である。配電線工事については、当社が中部電力(株)より受注しており、(株)トーエネ...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月10日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当企業集団は、当社、親会社、子会社16社、関連会社1社によって構成され、電気設備工事を中心とする設備工事業を主な事業とし、設備工事に関連するエンジニアリングサービス、機器の販売等の事業活動を展開している。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分である。当社は電気設備工事を中...”(19年06月20日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループの事業に係わる位置づけは、次のとおりであります。当社が大型空調衛生設備工事を中心として設計・施工するほか、子会社4社〔東京ダイヤエアコン(株)、菱和エアコン(株)、(株)アール・デザインワークス、PT.TECHNO RYOWA ENGINEERING〕においては、下記...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、親会社1社、子会社1社で構成され、設備工事業を主な事業の内容としている。当社は親会社である北陸電力(株)から配電設備等の電力供給設備に係わる電気工事を請負施工している。当社は電力設備工事以外の電気工事、電気通信工事、管工事、水道施設工事、消防施設工事、土木工...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月18日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社及び当社の関係会社(連結子会社7社(2019年3月31日現在)により構成)においては、建築設備事業、機械システム事業、環境システム事業、不動産事業を主な事業として取り組んでおります。なお、セグメントと同一の区分であります。ビル空調衛生、産業空調、電気、ファシリティシステムなど...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社ならびに子会社7社で構成され、空気調和、冷暖房、換気、環境保全、温湿度調整、除塵、除菌、給排水、衛生設備、電気設備等の設計、監理ならびに工事請負を行い、幅広い分野の環境づくりに貢献しております。なお、セグメントと同一の区分であります。当社グループは設備工事事業...”(19年06月24日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社5社及び関連会社2社で構成され、電力関連設備や一般電気設備工事等の設計及び施工を主な事業としております。また、太陽光発電による電力の販売、不動産の賃貸・管理、工具・備品・車両等のリース・レンタル及び保険代理業等の事業活動を展開しております。なお、電力関...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、連結子会社3社及び非連結子会社7社で構成され、電気、空調、水道衛生設備工事の設計、監理及び施工を主な事業としております。当社が受注した工事のうちの一部については、ダイダンサービス関東(株)、ダイダンサービス関西(株)、大電工事(株)、岡山大電設備(株)、九州...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社17社、関連会社3社及びその他の関係会社1社で構成され、その主な事業内容と各社の事業に係る位置付けは、次のとおりである。当社及び子会社である三親電材(株)他7社が屋内電気工事、空調管工事、情報通信工事、配電線工事、発送変電工事の設備工事業を営んでいる。...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

富士古河E&Cの同業他社をもっと見る

機械等修理業(売上高)

3,903,719.0 (百万円)(20年02月)

すぐに比較する

エンジニアリング業(活動指数)

91.9 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

貸事務所業(活動指数)

121.3 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

不動産賃貸業(活動指数)

106.3 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

不動産仲介業(活動指数)

93.7 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

土地売買業(活動指数)

94.5 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

道路施設提供業(活動指数)

100.1 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

運輸施設提供業(活動指数)

111.7 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

飛行場業(活動指数)

158.3 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

住宅賃貸業(活動指数)

96.5 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

富士古河E&Cの基本情報

企業名 富士古河E&C
カナ フジフルカワイーアンドシーカブシキガイシャ
英語名 FUJI FURUKAWA ENGINEERING & CONSTRUCTION CO.LTD.
業界 建設
所在地 川崎市幸区堀川町580番地
ホームページ http://www.ffec.co.jp/
EDINET E00273
証券コード 1775
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(1775)
決算日 3月31日