赤字あり 20/06/19

ファーマフーズの最新業績

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社ファーマフーズ)、子会社3社及び関連会社1社によって構成されております。当社が営む事業であり、食品分野を中心として各種の機能性素材を販売しております。主な機能性素材製品は次のとおりであります。GABAは動植物や微生物で生産される非タンパク系のアミノ酸の一種で、脳内で抑制系の神経伝達物質として働くと言われております。当社では、GABA生産乳酸菌を食品中より分離し、醗酵法によりGABAを生産する方法を確立し、ファーマギャバ®として発売しております。ファーマギャバ®は、「ストレス緩和」「疲労感の軽減」「血圧の改善」及び「睡眠の質の改善」の4つの...
19年10月25日に提出された書類より抜粋

概況

ファーマフーズの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:ファーマフーズの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(0731)/連結/JPYの概況

損益貸借CF従業員比率総合収益性安全性成長性

売上高

20年04月 111億

19年04月 78億

18年04月 59億

売上総利益

20年04月 88億

19年04月 64億

18年04月 47億

営業利益

20年04月 -2億5724万

19年04月 -1億2043万

18年04月 -2億3869万

経常利益

20年04月 -2億2538万

19年04月 -6814万

18年04月 -1億9484万

当期純利益

20年04月 -1億9414万

19年04月 -6465万

18年04月 -1億8783万

親会社株主に帰属する当期純利益

20年04月 -1億9414万

19年04月 -7261万

18年04月 -1億9458万

包括利益

20年04月 -1億9504万

19年04月 -6660万

18年04月 -1億8895万

親会社株主に係る包括利益

20年04月 -1億9504万

19年04月 -7457万

18年04月 -1億9569万

期間データ

セグメントの内容

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
20年06月 20年04月 四半期報告書 第3四半期 5.88 7.63 0 10
20年03月 20年01月 半期報告書 6.07 8.42 0.17 9.62
19年12月 19年10月 四半期報告書 第1四半期 6.44 9.21 0.79 9.33
19年10月 19年07月 有価証券報告書 6.77 10 1.28 9.04
19年06月 19年04月 四半期報告書 第3四半期 6.21 8.71 1.26 8.66
19年03月 19年01月 半期報告書 5.81 7.93 1.23 8.28
18年12月 18年10月 四半期報告書 第1四半期 5.37 7.14 1.09 7.88
18年10月 18年07月 有価証券報告書 5.01 6.35 1.19 7.49
18年06月 18年04月 四半期報告書 第3四半期 4.27 4.78 0.84 7.18
18年03月 18年01月 半期報告書 4.05 4.77 0.48 6.91
17年12月 17年10月 四半期報告書 第1四半期 4.32 5.28 0.96 6.74
17年10月 17年07月 有価証券報告書 4.24 4.84 1.53 6.35
17年06月 17年04月 四半期報告書 第3四半期 3.61 3.23 1.65 5.95
17年03月 17年01月 半期報告書 3.25 2.43 1.75 5.56
16年12月 16年10月 四半期報告書 第1四半期 3.21 2.31 2.14 5.2
16年10月 16年07月 有価証券報告書 3.39 2.76 2.41 4.99
16年06月 16年04月 四半期報告書 第3四半期 3.14 1.95 2.86 4.63
16年03月 16年01月 半期報告書 3.23 1.98 3.37 4.33
15年12月 15年10月 四半期報告書 第1四半期 3.45 2.42 3.89 4.02
15年10月 15年07月 有価証券報告書 3.69 2.97 4.43 3.67
15年06月 15年04月 四半期報告書 第3四半期 3.98 3.71 4.71 3.52
15年03月 15年01月 半期報告書 4.24 4.45 4.99 3.27

提出書類から以下を設定しています。

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
赤字あり 20年06月 20/08/16

カイオム・バイオサイエンス の最新売上高、利益へ

ヒトには、体内に侵入した細菌やウイルス等のタンパク質を異物(抗原)として認識し、その異物を攻撃、排除するために、体内で抗体というタンパク質を作る能力(抗原抗体反応)が備わっています。これは免疫と言われ る身体を守る防御システムの一つです。こうして体内で作られた抗体は、特定の抗原にのみ結合する性質を持っており、正常な細胞とがん細胞を見分けたり、病気の原因となるタンパク質の機能を抑えたりすることができま...

製薬・医薬品

赤字あり 20年06月 20/08/16

免疫生物研究所 の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、株式会社免疫生物研究所(当社)及び連結子会社2社、関連会社1社(持分法適用会社)で構成されております。主要な製品およびサービスは、研究用関連では、主に抗体を基 盤とした研究用試薬販売及び試薬関連受託サービスを行っております。また、医薬用関連では、医薬シーズライセンス事業及び体外診断用医薬品原料の製造・販売を行っております。カイコの繭中に目的タンパク質を効率よ...

医療用製品

赤字あり 20年06月 20/08/07

リボミック の最新売上高、利益へ

当社は、アプタマー創薬技術に関するプラットフォームである「RiboARTシステム(Ribomic Aptamer Refined Therapeutics System)」をベースとした創薬事業を展開 している創薬プラットフォーム系バイオベンチャーです。「RiboARTシステム」は様々なアプタマー医薬の開発に応用できるものですが、当社は、特に「Unmet Medical Needs」疾患領域に的を絞...

製薬・医薬品

20年06月 20/08/16

テモナ の最新売上高、利益へ

当社は、2008年10月の設立後、受託開発事業を開始し、主にECサイトを制作してまいりました。その過程で多くのEC事業者と接触し、定期通販というビジネスモデルの魅力と、定期通販のためのシステムの高い需 要に気づき、「たまごカート(現たまごリピート)」の開発を開始いたしました。そして、2009年9月にインターネット通販の定期購入・頒布会に特化したショッピングカート付リピート通販専用WEBサービスとなる...

システム開発・保守・インフラ

赤字あり 20年03月 20/05/17

総医研ホールディングス の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社((株)総医研ホールディングス)及び子会社6社により構成されており、生体評価システム事業、ヘルスケアサポート事業、化粧品事業、健康補助食品事業及び機能性素 材開発事業を主たる業務としております。生体評価システム事業は(株)総合医科学研究所が営む事業であり、大学の研究成果を導入することにより、身体や病気の状態を客観的かつ定量的に評価するための指標であるバイ...

医療サービス

20年06月 20/08/16

太陽化学 の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(太陽化学株式会社)、子会社10社及び関連会社3社で構成されており、食品用乳化剤、安定剤、各種鶏卵加工品、即席食品用素材、フルーツ加工品及び農産加工品、栄 養機能食品、化粧品原料等の製造と販売を主たる目的としております。国内の子会社は、2社であり、その内、テクノ・マーケティング株式会社は、業務請負及び飲食業等の事業を行っております。また、株式会社タイヨー...

食品素材

赤字あり 19年09月 19/11/21

ファンペップ の最新売上高、利益へ

なお、「(*)」を付している用語及び出所については、「3 事業の内容」の末尾に用語解説及び参考文献を設け、説明しております。当社は、大阪大学大学院医学系研究科の研究成果である機能性ペプチドの研究開発を 進め、医薬品、化粧品及び医療機器等の事業分野に実用化することを主な事業としております。事業内容の詳細は以下のとおりであります。当社は、自らの技術領域を、機能性ペプチドを基礎とする領域及びこれとシナジー...

創薬・医療ベンチャー

赤字あり 20年06月 20/08/16

ユーグレナ の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社(株式会社ユーグレナ)、子会社12社及び関連会社3社により構成されており、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食品用途屋外大量培養技術をコア技術とし、ユーグレナをはじめとする微 細藻類に関する多様な研究開発活動を行うとともに、その研究開発成果を活かしてヘルスケア事業(ユーグレナ、クロレラ等を活用した食品製造販売及び化粧品製造販売)、エネルギー・環境事業(ユーグレナを活用したバ...

ヘルスケア

20年06月 20/08/16

新日本製薬 の最新売上高、利益へ

当社は「世界中の人々の健やかで心豊かな暮らしを創造します」というビジョンを掲げ、その実現に向け、「One to One health & beauty-care.」という事業領域において、化粧 品、健康食品及び医薬品の商品開発、販売を行っております。当社は、上記のビジョンに基づき、お客さまが抱える美と健康に関するお悩みにお応えすることをめざし、通信販売を主軸に各販売チャネルを通じて事業を展開...

化粧品

20年04月 20/06/19

セルソース の最新売上高、利益へ

当社は、再生医療(※)を提供する医療機関への「脂肪・血液由来の組織・細胞の加工受託サービス」、再生医療等の安全性の確保等に関する法律(以下、「再生医療等安全性確保法」)に関する再生医療等法規対応や経営 管理を支援する「コンサルティングサービス」、及び「医療機器販売」で構成される「再生医療関連事業」と、化粧品及び美顔器を一般消費者に販売する「コンシューマー事業」に取り組んでおります。なお、これらの事業...

医療サービス

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -39 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 20 % ( 伸び率: -57 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 60 % ( 伸び率: -19 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 54 % ( 伸び率: -9 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -64 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 45 % ( 伸び率: -27 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 43 % ( 伸び率: 40 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -26 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 22 % ( 伸び率: -67 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 86 % ( 伸び率: 129 % )