赤字あり 20/08/16
企業名 株式会社ユーグレナ
カナ カブシキガイシャユーグレナ
英語 euglena Co.,Ltd.
業界 食料品
所在地 港区芝五丁目33番1号
ホームページ http://www.euglena.jp/
EDINET E27054
証券コード 2931
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(2931)
決算日 9月30日

ユーグレナの最新業績

当社グループは、当社(株式会社ユーグレナ)、子会社12社及び関連会社3社により構成されており、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食品用途屋外大量培養技術をコア技術とし、ユーグレナをはじめとする微細藻類に関する多様な研究開発活動を行うとともに、その研究開発成果を活かしてヘルスケア事業(ユーグレナ、クロレラ等を活用した食品製造販売及び化粧品製造販売)、エネルギー・環境事業(ユーグレナを活用したバイオ燃料開発等)といった事業を展開しております。子会社である八重山殖産株式会社は微細藻類の大量培養施設を有し、微細藻類の大量培養を行い、ユーグレナ、クロレラ等の乾燥粉末を製造しております。ユーグレナは...
19年12月23日に提出された書類より抜粋

概況

ユーグレナの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:ユーグレナの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(0930)/連結/JPYの概況

損益貸借CF従業員比率総合収益性安全性成長性

売上高

20年06月 95億

19年06月 104億

18年06月 111億

売上総利益

20年06月 67億

19年06月 75億

18年06月 82億

営業利益

20年06月 -10億

19年06月 -67億

18年06月 -15億

経常利益

20年06月 -8億2204万

19年06月 -63億

18年06月 -12億

当期純利益

20年06月 -8億1836万

19年06月 -65億

18年06月 -13億

親会社株主に帰属する当期純利益

20年06月 -8億1906万

19年06月 -65億

18年06月 -13億

包括利益

20年06月 -8億1889万

19年06月 -65億

18年06月 -13億

親会社株主に係る包括利益

20年06月 -8億1968万

19年06月 -65億

18年06月 -13億

期間データ

セグメントの内容

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
20年08月 20年06月
四半期報告書 第3四半期
5.39 3.82 3.29 9.05
20年05月 20年03月
半期報告書
5.3 3.27 3.37 9.26
20年02月 19年12月
四半期報告書 第1四半期
5.37 2.73 3.9 9.48
19年12月 19年09月
有価証券報告書
5.36 2.18 4.25 9.65
19年08月 19年06月
四半期報告書 第3四半期
5.44 2.75 3.72 9.84
19年05月 19年03月
半期報告書
5.43 3.32 3.08 9.91
19年02月 18年12月
四半期報告書 第1四半期
5.42 3.89 2.4 9.98
18年12月 18年09月
有価証券報告書
5.69 4.45 2.62 10
18年08月 18年06月
四半期報告書 第3四半期
6.21 5.02 3.83 9.77
18年05月 18年03月
半期報告書
6.7 5.57 5 9.54
18年02月 17年12月
四半期報告書 第1四半期
7.19 6.12 6.2 9.25
17年12月 17年09月
有価証券報告書
7.61 6.67 7.15 9.01
17年08月 17年06月
四半期報告書 第3四半期
7.56 6.76 7.28 8.66
17年05月 17年03月
半期報告書
8.11 7.85 8.15 8.31
17年02月 16年12月
四半期報告書 第1四半期
8.69 8.95 9.13 8
16年12月 16年09月
有価証券報告書
8.38 7.81 9.67 7.67
16年08月 16年06月
四半期報告書 第3四半期
7.7 7.18 8.53 7.39
16年05月 16年03月
半期報告書
6.89 6.12 7.48 7.05
16年02月 15年12月
四半期報告書 第1四半期
6.85 5.19 8.69 6.68
16年01月 15年09月
有価証券報告書
6.92 4.47 10 6.3
15年12月 15年09月
有価証券報告書
6.92 4.47 10 6.3
15年08月 15年06月
四半期報告書 第3四半期
6.21 3.3 9.4 5.93
15年05月 15年03月
半期報告書
5.58 2.15 9.02 5.57
15年02月 14年12月
四半期報告書 第1四半期
4.91 0.98 8.35 5.39
14年12月 14年09月
有価証券報告書
4.44 0 8.27 5.05

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
赤字あり 20年03月 20/05/17

ジェイテックコーポレーション の最新売上高、利益へ

当社は、世の中にないオンリーワンの技術により、広く社会に貢献することを経営理念として、創薬、医療技術分野におけるイノベーションの推進に貢献するシステムの開発、販売を推進してまいりました。当社は、『オプ ティカル事業』と『ライフサイエンス・機器開発事業』の2つのセグメントを有しております。『オプティカル事業』の主要製品は放射光及びX線自由電子レーザー施設向けX線ナノ集光ミラー及び各種ミラーであります。...

光学機器・部品

20年05月 20/07/22

AFC-HDアムスライフサイエンス の最新売上高、利益へ

当社の企業集団は、当社((株)AFC-HDアムスライフサイエンス)及び連結子会社7社により構成されており、主な事業として当社及び連結子会社5社により、下記の事業を営んでおります。なお、当社グループのセ グメントは、健康食品を中心とするヘルスケア事業と漢方医療用医薬品を中心とする医薬品事業に分類しております。以上、述べた事業を、当社グループを構成する会社別に要約いたしますと、次のとおりであります。...

ヘルスケア

赤字あり 20年04月 20/06/19

ステムリム の最新売上高、利益へ

当社が創業以来、その実現を目指し研究開発に取り組んできた「再生誘導医薬」は、怪我や病気により損傷し機能を失った生体組織の機能的再生・治癒を促進する、新しい作用メカニズムにもとづく医薬品です。再生誘導医 薬開発により、生きた細胞製剤では難しい安定した品質による迅速な再生医療を実現する製品供給が可能となることから、広く普及可能な新しい再生医療となり得ます。損傷部位に集積した幹細胞は、神経や皮膚、骨、軟骨...

創薬・医療ベンチャー

赤字あり 20年06月 20/08/16

免疫生物研究所 の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、株式会社免疫生物研究所(当社)及び連結子会社2社、関連会社1社(持分法適用会社)で構成されております。主要な製品およびサービスは、研究用関連では、主に抗体を基 盤とした研究用試薬販売及び試薬関連受託サービスを行っております。また、医薬用関連では、医薬シーズライセンス事業及び体外診断用医薬品原料の製造・販売を行っております。カイコの繭中に目的タンパク質を効率よ...

医療用製品

赤字あり 20年03月 20/05/17

総医研ホールディングス の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社((株)総医研ホールディングス)及び子会社6社により構成されており、生体評価システム事業、ヘルスケアサポート事業、化粧品事業、健康補助食品事業及び機能性素 材開発事業を主たる業務としております。生体評価システム事業は(株)総合医科学研究所が営む事業であり、大学の研究成果を導入することにより、身体や病気の状態を客観的かつ定量的に評価するための指標であるバイ...

医療サービス

赤字あり 20年04月 20/08/02

スリー・ディー・マトリックス の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び連結子会社9社で構成され、MITより自己組織化ペプチド技術に係る特許の専用実施権の許諾を受けて、同技術を用いた製品の研究開発・製造・販売を実施することを目的とした医療製品事業を 行っております。当社グループは、医療製品事業の単一セグメントであり、医療製品開発・研究試薬販売で構成されております。その内容は以下のとおりです。自己組織化ペプチド技術を基盤技術として外科領域・再生医療...

創薬・医療ベンチャー

赤字あり 20年04月 20/06/19

サンバイオ の最新売上高、利益へ

当社グループ(以下、当社及び連結子会社SanBio, Inc.(米国カリフォルニア州マウンテンビュー市)の2社を指します。)は「再生医療の開発を通して、患者さんをはじめとしたステークホルダーの皆さまへ 価値を提供する」ことをコーポレート・ミッションに掲げ、東京を本社とし、SanBio, Inc.のある米国に研究開発の主たる拠点を構え、日米において再生細胞医薬品の研究、開発、製造及び販売を手掛ける再生...

製薬・医薬品

赤字あり 20年06月 20/08/16

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング の最新売上高、利益へ

当社は、「医療の質的変化をもたらすティッシュエンジニアリングをベースに、組織再生による根本治療を目指し、21世紀の医療そのものを変えてゆく事業を展開する」ことを会社設立の趣旨とする企業であり、再生医療 等製品の開発、製造、販売を行う再生医療製品事業、再生医療に関する開発及び製造等を受託する再生医療受託事業、研究用ヒト培養組織の開発、製造、販売を行う研究開発支援事業を展開しています。当社は、富士フイル...

創薬・医療ベンチャー

赤字あり 20年06月 20/08/16

メディネット の最新売上高、利益へ

当社は、「常に本質を究め、誠実性と公正性をもって真の社会的付加価値を創造する」という経営理念の下、「次世代の医療を支える革新的な技術及びサービスを迅速かつ効率的に社会に提供し続ける」ことにより、人々の 健康と“Quality of Life(生活の質)”の向上に資することを使命として、細胞加工業及び再生医療等製品事業を展開しております。当社の当事業年度末における事業内容は次のとおりであります。なお、...

医療サービス

赤字あり 20年06月 20/08/16

フェニックスバイオ の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社と連結子会社3社により構成されており、PXBマウス(ヒト肝細胞を持つキメラマウス)を用いた医薬品開発の受託試験サービスを主たる業務としております。なお、当社のセグメントはPXBマウ ス事業のみの単一セグメントであります。当社は、マウスの肝臓の70%以上がヒトの肝細胞に置き換えられた「PXBマウス=ヒト肝細胞キメラマウス」を作製する技術を持ち、このヒト肝細胞キメラマウス(製品名:P...

医療サービス

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -39 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 20 % ( 伸び率: -57 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 60 % ( 伸び率: -19 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 54 % ( 伸び率: -9 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -64 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 45 % ( 伸び率: -27 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 43 % ( 伸び率: 40 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -26 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 22 % ( 伸び率: -67 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 86 % ( 伸び率: 129 % )

ユーグレナ / ジェイテックコーポレーション / AFC-HDアムスライフサイエンス / ステムリム / 免疫生物研究所 を比較する

ユーグレナ / 総医研ホールディングス / スリー・ディー・マトリックス / サンバイオ / ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング を比較する

ユーグレナ / 精密機器(業界) / アパレル・雑貨(業界) / 通信(業界) / 広告(業界) を比較する

ユーグレナ / 放送(業界) / 電子機器・情報通信機器(業界) / 電子部品・デバイス(業界) / 林業・木材(業界) を比較する

ユーグレナ / 飲料(業界) / 畜産(業界) を比較する

ユーグレナ / 産業機械(統計分類) / 一般機械(統計分類) / 食品(統計分類) / 鉱工業(統計分類) を比較する