赤字あり 20/08/16

東京一番フーズの最新業績

当社グループは「こだわりを持って日本の食文化を変えていく」という理念のもと、水産業において自社で生産・加工物流・販売を一貫して手掛ける「6次産業化」による垂直統合的な事業展開を行っております。「6次産業化」においては、生産である第1次産業から加工・物流の第2次産業、そして飲食・卸売の第3次産業に至るすべてを一貫して行うことで当社グループの食材に対するこだわりを徹底することができ、中間流通コストをカットするだけでなく、トレーサビリティが徹底された安全安心な食材を提供することができます。また販売店舗の状況を常に把握することで、タイムリーな食材提供が可能となり、品質の良い食材をより鮮度の高い状態でお...
19年12月25日に提出された書類より抜粋

概況

東京一番フーズの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:東京一番フーズの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(0930)/連結/JPYの概況

損益貸借CF従業員比率総合収益性安全性成長性

売上高

20年06月 28億

19年06月 37億

18年06月 33億

売上総利益

20年06月 17億

19年06月 23億

18年06月 22億

営業利益

20年06月 -1億7811万

19年06月 3億 840万

18年06月 3億 695万

経常利益

20年06月 -1億6878万

19年06月 3億 989万

18年06月 3億1336万

当期純利益

20年06月 -3億3167万

19年06月 1億7617万

18年06月 1億6953万

親会社株主に帰属する当期純利益

20年06月 -3億3167万

19年06月 1億7617万

18年06月 1億6952万

包括利益

20年06月 -3億3119万

19年06月 1億7708万

18年06月 1億6184万

親会社株主に係る包括利益

20年06月 -3億3119万

19年06月 1億7708万

18年06月 1億6184万

期間データ

セグメントの内容

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
20年08月 20年06月 四半期報告書 第3四半期 7.26 3.13 9.77 8.88
20年06月 20年03月 半期報告書 7.71 3.76 9.88 9.49
20年02月 19年12月 四半期報告書 第1四半期 8.05 4.38 9.92 9.85
19年12月 19年09月 有価証券報告書 8.53 5.63 9.97 10
19年08月 19年06月 四半期報告書 第3四半期 8.21 5.2 9.97 9.45
19年05月 19年03月 半期報告書 8.2 5.8 10 8.81
19年02月 18年12月 四半期報告書 第1四半期 8.23 6.34 9.95 8.39
18年12月 18年09月 有価証券報告書 8.37 7.31 9.84 7.95
18年08月 18年06月 四半期報告書 第3四半期 7.76 6.12 9.75 7.42
18年05月 18年03月 半期報告書 7.63 6.06 9.67 7.17
18年05月 18年03月 半期報告書 7.63 6.06 9.67 7.17
18年02月 17年12月 四半期報告書 第1四半期 7.41 5.86 9.61 6.77
17年12月 17年09月 有価証券報告書 6.84 4.59 9.5 6.44
17年08月 17年06月 四半期報告書 第3四半期 6.28 3.36 9.28 6.19
17年05月 17年03月 半期報告書 6.01 2.95 9.11 5.98
17年02月 16年12月 四半期報告書 第1四半期 6.14 3.51 8.95 5.95
16年12月 16年09月 有価証券報告書 6.46 4.47 8.81 6.08
16年08月 16年06月 四半期報告書 第3四半期 6.92 5.73 8.98 6.06
16年05月 16年03月 半期報告書 7.23 6.99 8.72 5.98
16年02月 15年12月 四半期報告書 第1四半期 7.46 8.25 8.41 5.71
15年12月 15年09月 有価証券報告書 7.65 9.52 8.12 5.31
15年08月 15年06月 四半期報告書 第3四半期 7.6 10 7.98 4.8
15年05月 15年03月 半期報告書 7.13 9.13 7.91 4.36
15年02月 14年12月 四半期報告書 第1四半期 6.62 8.14 7.85 3.88

提出書類から以下を設定しています。

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
赤字あり 20年06月 20/08/07

関門海 の最新売上高、利益へ

当社グループは、主に食材に関連する技術開発及び調達力の強化により、品質面及び安全面において差別化された食材をより低価格で提供することを競争力として、主力事業であるとらふぐ料理専門店「玄品」の店舗展開等 を行っております。また、上記に該当しない事業として、暖簾分け店舗や業務提携先への食材販売等の事業を行っております。当連結会計年度において、KANMONKAI-SG PTE.LTD.の全株式を取得し子会...

レストラン

赤字あり 20年06月 20/08/16

木曽路 の最新売上高、利益へ

当社は、料理及び飲食物の加工調理提供を主要業務とする飲食業であります。営業部門としては、しゃぶしゃぶ・日本料理の木曽路部門、居酒屋部門(素材屋・とりかく・ワイン食堂ウノ・九州味巡り ここの・酒場 大穴 )、焼肉のじゃんじゃん亭部門、和食レストランの鈴のれん部門及びその他部門(からしげ、てんや、外販及び不動産の賃貸等)となっており、店舗出店地域は中部地区の4県、関東地区の1都6県、関西地区の1府3県及...

レストラン

赤字あり 20年04月 20/08/27

梅の花 の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社(株式会社梅の花)及び子会社10社並びに関連会社1社により構成され、食と文化の融合をテーマに、外食事業として「湯葉と豆腐の店 梅の花」、「和食鍋処 すし半」、「海産物居酒屋 さくら 水産」、「熊本あか牛 しゃぶしゃぶ甲梅(こうばい)」等の店舗展開を行い、テイクアウト事業として、巻寿司・いなり寿司等の販売店「古市庵」及び和総菜・お弁当の販売店「梅の花」の店舗展開を行い、外販事業とし...

レストラン

20年04月 20/06/19

浜木綿 の最新売上高、利益へ

当社は、東海地方を中心に中国料理専門店の店舗展開を行っております。「新しい食文化を創造し、来店されたすべてのお客様に豊かでハッピーな食事時間を提供します」というミッションの下、1967年2月に創業して 以来、約半世紀、おいしい中国料理を手頃な価格で顧客に楽しんでもらえるように工夫をしてまいりました。手頃な価格でおいしい料理を提供するために、新卒者を自社で調理師に育成し、また約30年前から独自のオーダ...

レストラン

赤字あり 20年06月 20/08/16

チムニー の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、親会社、連結子会社5社、非連結子会社1社、持分法適用関連会社1社及び持分法非適用関連会社1社で構成されており、飲食事業、コントラクト事業、その他(通信販 売等)、酒販事業を行っております。飲食事業におきましては、「はなの舞」、「さかなや道場」をはじめとしたブランドで店舗の運営をおこなっております。また、店舗におきましては、当社が直接飲食の運営を行う直営...

居酒屋

赤字あり 20年06月 20/08/16

あさくま の最新売上高、利益へ

当社グループは、株式会社テンポスホールディングスを親会社とする企業グループに属し、当社及び連結子会社(株式会社あさくまサクセッション及び株式会社竹若)の3社で構成されており、飲食店の経営を主な事業とし て取り組んでおります。当社の事業は「ステーキのあさくま」の店舗展開を主業態とするレストラン事業であり、「ステーキのあさくま」では、メインメニューであるステーキやハンバーグは和牛、国産牛、米国産牛、豪州...

レストラン

赤字あり 20年06月 20/08/16

ゼネラル・オイスター の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の子会社)は、当社、100%出資子会社の株式会社ヒューマンウェブ、株式会社ジーオー・ストア、株式会社ゼネラル・オイスター・ヴィレッジ、株式会社海洋深層水かきセンター、株式会社 日本かきセンター及び株式会社ジーオーシード、52.5%出資子会社の株式会社ジーオー・ファームの8社で構成され、牡蠣を主体とするレストラン(オイスターバー)を経営する店舗事業と、安全性の高い牡蠣の生産研...

レストラン

赤字あり 20年06月 20/08/16

一家ダイニングプロジェクト の最新売上高、利益へ

当社は「あらゆる人の幸せに関わる日本一のおもてなし集団」をグループミッションに掲げ、以下の経営理念に従い、おもてなしを通して、関わる人と喜びと感動を分かちあえる企業を目指し、飲食事業及びブライダル事業 を行っております。飲食事業においては、当社が企画・業態開発した飲食店「こだわりもん一家」「屋台屋 博多劇場」「大衆ジンギスカン酒場ラムちゃん」「爆辛スパゲティ専門店青とうがらし」「Trattoria&...

居酒屋

赤字あり 20年06月 20/08/16

JBイレブン の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社および子会社4社により構成されています。当社は、純粋持株会社としてグループ各社を取りまとめ、経営管理および業務遂行支援を行い、JBレストラン株式会社はラーメンおよび中華料理飲食店の 運営事業、株式会社ハートフルワークは「珈琲所コメダ珈琲店」の運営事業、株式会社ハットリフーズは洋食レストラン「ドン・キホーテ」の運営事業、桶狭間フーズ株式会社は食材の製造販売事業を行っています。飲食店...

ファミレス・ファーストフード

赤字あり 20年04月 20/07/10

くら寿司 の最新売上高、利益へ

当社グループは当社及び連結子会社2社により構成されており、すしを主力とする直営による回転すし店のチェーン展開が主たる事業であります。なお、当社グループは飲食事業の単一セグメントであるため、セグメント別 の記載を省略しております。...

すし

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -39 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 20 % ( 伸び率: -57 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 60 % ( 伸び率: -19 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 54 % ( 伸び率: -9 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -64 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 45 % ( 伸び率: -27 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 43 % ( 伸び率: 40 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -26 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 22 % ( 伸び率: -67 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 86 % ( 伸び率: 129 % )