赤字あり 20/08/16

ディーブイエックスの最新業績

当社は、1986年4月の設立以来、「人に優しい医療」への貢献をコンセプトに、循環器疾病分野の医療機器を中心に事業展開しており、医療現場に携わる企業として多くの患者様のQOL(Quality of Life)の向上に貢献していくことを使命としております。当社の事業内容は商品に応じて「不整脈事業」、「虚血事業」、「その他」に区分されます。不整脈とは、心臓を動かす刺激の発生又は刺激が伝わる伝導路の異常によって心臓のリズムが乱れる疾患のことで、脈が遅くなる徐脈、速くなる頻脈、脈が飛ぶ期外性収縮の3つに分けられます。原因としては、先天的なもの以外に加齢や喫煙、ストレス等によって引き起こされるといわれてお...
20年06月25日に提出された書類より抜粋

概況

ディーブイエックスの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:ディーブイエックスの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(3月31日)/単独/JPYの概況

損益貸借CF従業員比率総合収益性安全性成長性

売上高

20年06月 86億

19年06月 108億

18年06月 100億

売上総利益

20年06月 9億9019万

19年06月 12億

18年06月 12億

営業利益

20年06月 -1360万

19年06月 1億5073万

18年06月 2億6127万

経常利益

20年06月 -1383万

19年06月 1億5769万

18年06月 2億7092万

当期純利益

20年06月 -1133万

19年06月 1億 664万

18年06月 2億3599万

期間データ

セグメントの内容

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
20年08月 20年06月 四半期報告書 第1四半期 6.56 0 10 9.69
20年06月 20年03月 有価証券報告書 6.74 0.45 9.78 10
20年02月 19年12月 四半期報告書 第3四半期 6.92 1.33 9.63 9.81
19年11月 19年09月 半期報告書 6.98 1.85 9.48 9.61
19年08月 19年06月 四半期報告書 第1四半期 7.15 2.72 9.34 9.39
19年06月 19年03月 有価証券報告書 7.36 3.65 9.2 9.25
19年02月 18年12月 四半期報告書 第3四半期 7.18 3.39 9.05 9.1
18年11月 18年09月 半期報告書 7.34 4.1 8.9 9
18年08月 18年06月 四半期報告書 第1四半期 7.5 4.86 8.75 8.88
18年06月 18年03月 有価証券報告書 7.71 5.81 8.56 8.75
18年02月 17年12月 四半期報告書 第3四半期 7.86 6.65 8.32 8.63
17年11月 17年09月 半期報告書 7.99 7.42 8.13 8.41
17年08月 17年06月 四半期報告書 第1四半期 7.96 7.78 7.88 8.22
17年06月 17年03月 有価証券報告書 7.5 6.87 7.65 7.99
17年02月 16年12月 四半期報告書 第3四半期 7.63 7.71 7.41 7.78
16年11月 16年09月 半期報告書 7.74 8.52 7.15 7.55
16年08月 16年06月 四半期報告書 第1四半期 7.84 9.3 6.92 7.29
16年06月 16年03月 有価証券報告書 7.91 10 6.69 7.03
16年02月 15年12月 四半期報告書 第3四半期 7.57 9.5 6.43 6.8
15年11月 15年09月 半期報告書 7.21 8.88 6.15 6.61
15年08月 15年06月 四半期報告書 第1四半期 6.87 8.28 5.89 6.45
15年06月 15年03月 有価証券報告書 6.54 7.69 5.63 6.29
15年02月 14年12月 四半期報告書 第3四半期 6.35 7.54 5.42 6.1

提出書類から以下を設定しています。

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
20年06月 20/08/16

日本ライフライン の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び子会社4社(連結子会社2社、非連結子会社2社)により構成されており、心臓循環器領域を中心とした医療機器の製造、販売、輸出および輸入販売を行っております。心臓の不整脈の治療に用い る心臓ペースメーカ、ICD(植込み型除細動器)及びCRT-D(除細動機能付き両心室ペースメーカ)が主たる商品となります。当社がこれらの商品の仕入及び販売を行っております。心臓の不整脈の検査に用いるEP...

医療用製品卸売

20年06月 20/08/16

ウイン・パートナーズ の最新売上高、利益へ

当社は2013年4月1日に、株式会社ウイン・インターナショナルとテスコ株式会社が共同株式移転の方法により経営統合し、両社の完全親会社となる共同持株会社として設立されました。現在のところ首都圏及び東北地 方を中心に主要な拠点を設けており、全国展開を目指しております。主な分類別の取扱商品は以下のとおりであります。当社グループの主要商品群であり、心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患の治療に使用されるカテー...

医療用製品卸売

20年03月 20/05/17

カワニシホールディングス の最新売上高、利益へ

当社グループは、以下の7社からなります。当社グループ内の取引関係及び顧客との取引関係は以下の図のとおりです。 ...

医療用製品卸売

20年06月 20/08/07

フクダ電子 の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社、子会社57社及び関連会社1社で構成され、医用電子機器の製造・購買及び販売を主な事業の内容とし、それに関連する物流・サービス等の事業活動を展開しております。製造......当社、フ クダ電子ファインテック仙台(株)、北京福田電子医療儀器有限公司購買......当社販売......当社、フクダライフテック(株)、フクダ電子北海道販売(株)他販売子会社、FUKUDA DENSHI U...

医療用製品

赤字あり 20年04月 20/08/02

スリー・ディー・マトリックス の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び連結子会社9社で構成され、MITより自己組織化ペプチド技術に係る特許の専用実施権の許諾を受けて、同技術を用いた製品の研究開発・製造・販売を実施することを目的とした医療製品事業を 行っております。当社グループは、医療製品事業の単一セグメントであり、医療製品開発・研究試薬販売で構成されております。その内容は以下のとおりです。自己組織化ペプチド技術を基盤技術として外科領域・再生医療...

創薬・医療ベンチャー

20年06月 20/08/16

日本光電工業 の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社、子会社29社の合計30社(2020年3月31日現在)で構成されており、医用電子機器の研究開発・製造・販売および修理・保守等の事業活動を展開しています。 国内では、当社および日本光 電富岡(株)が医用電子機器の研究開発・製造を行っています。また、(株)日本バイオテスト研究所が免疫化学製品の開発・製造・販売、(株)ベネフィックスが医療情報システム製品の製造・販売を行っています。 海...

医療用製品

赤字あり 20年04月 20/06/19

ステムリム の最新売上高、利益へ

当社が創業以来、その実現を目指し研究開発に取り組んできた「再生誘導医薬」は、怪我や病気により損傷し機能を失った生体組織の機能的再生・治癒を促進する、新しい作用メカニズムにもとづく医薬品です。再生誘導医 薬開発により、生きた細胞製剤では難しい安定した品質による迅速な再生医療を実現する製品供給が可能となることから、広く普及可能な新しい再生医療となり得ます。損傷部位に集積した幹細胞は、神経や皮膚、骨、軟骨...

創薬・医療ベンチャー

20年05月 20/08/27

ヤマシタヘルスケアホールディングス の最新売上高、利益へ

当社は、持株会社として傘下グループ会社の経営管理およびそれに附帯する業務を行っております。当社グループは、当社及び連結子会社4社、ならびに関連会社1社により構成され、主に、医療機器メーカーより仕入れた 医療機器を、病院をはじめとする医療機関等に販売しております。医療機器販売業は、一般機器分野、一般消耗品分野、低侵襲治療分野、専門分野及び情報・サービス分野の5分野から構成されます。汎用医療機器から高度...

医療用製品卸売

20年06月 20/08/16

テルモ の最新売上高、利益へ

当社の企業集団は、連結財務諸表提出会社(以下当社という。なお、当連結会計年度より、従来の「血液システムカンパニー」のセグメント名称を「血液・細胞テクノロジーカンパニー」に変更しております。当社グループ を構成している各会社間の取引の概要は以下の図のとおりです。(国内)当社は、カテーテルシステム、人工心肺システムの製品を製造し、また人工心肺システムの一部、人工血管を輸入し、主として医家向業務用代理店を...

医療用製品

赤字あり 18年09月 19/01/18

アドメテック の最新売上高、利益へ

当社は愛媛大学発の医工連携ベンチャーとして、「熱」により腫瘍を治療する医療機器の研究開発を目的として、平成15年に設立されました。これまで当社は、約60°C付近の領域の「熱」が難治性腫瘍の治療に有効で あることを明らかにし、その治療原理を応用した医療機器を研究開発及び製造販売する事業を展開しております。古来より、マラリアなどで高熱を発したがん患者が、自らの高熱によりがんが縮小したとする伝承はありまし...

創薬・医療ベンチャー

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -39 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 20 % ( 伸び率: -57 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 60 % ( 伸び率: -19 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 54 % ( 伸び率: -9 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -64 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 45 % ( 伸び率: -27 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 43 % ( 伸び率: 40 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -26 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 22 % ( 伸び率: -67 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 86 % ( 伸び率: 129 % )

ディーブイエックス / 日本ライフライン / ウイン・パートナーズ / カワニシホールディングス / フクダ電子 を比較する

ディーブイエックス / スリー・ディー・マトリックス / 日本光電工業 / ステムリム / ヤマシタヘルスケアホールディングス を比較する

ディーブイエックス / 精密機器(業界) / アパレル・雑貨(業界) / 通信(業界) / 広告(業界) を比較する

ディーブイエックス / 放送(業界) / 電子機器・情報通信機器(業界) / 電子部品・デバイス(業界) / 林業・木材(業界) を比較する

ディーブイエックス / 飲料(業界) / 畜産(業界) を比較する

ディーブイエックス / 商業(統計分類) / 卸売(統計分類) / 精密機械(統計分類) / 鉱工業(統計分類) を比較する