赤字あり 20/08/07
企業名 ペプチドリーム株式会社
カナ ペプチドリームカブシキガイシャ
英語 PeptiDream Inc.
業界 医療・介護
所在地 川崎市川崎区殿町三丁目25番23号
ホームページ http://www.peptidream.com/
EDINET E27486
証券コード 4587
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(4587)
決算日 12月31日

ペプチドリームの最新業績

当社は、当社独自の創薬開発プラットフォームシステム(*1)であるPDPS(Peptide Discovery Platform System)を活用して、国内外の製薬企業との共同研究開発のもと、新しい医薬品候補物質の研究開発を行っています。なお、当社のセグメントはアライアンス事業のみの単一セグメントであります。当社は、特殊ペプチドを基にした医薬品開発を中核とした事業を展開しております。「特殊ペプチド」とは、当社窪田(現当社取締役会長)の造語ですが、生体内タンパク質を構成する20種類のL体のアミノ酸だけではなく、特殊アミノ酸と呼ばれるD体のアミノ酸やNメチルアミノ酸等を含んだ特殊なペプチドをいい...
20年03月30日に提出された書類より抜粋

概況

ペプチドリームの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:ペプチドリームの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(1231)/単独/JPYの概況

損益貸借CF比率総合収益性安全性成長性

売上高

20年06月 31億

19年06月 51億

18年06月 55億

売上総利益

20年06月 22億

19年06月 41億

18年06月 45億

営業利益

20年06月 11億

19年06月 30億

18年06月 38億

経常利益

20年06月 11億

19年06月 30億

18年06月 39億

当期純利益

20年06月 8億9036万

19年06月 21億

18年06月 28億

期間データ

セグメントの内容

セグメント情報は未設定です。

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
20年08月 20年06月
半期報告書
6.16 0.02 10 8.45
20年05月 20年03月
四半期報告書 第1四半期
6.26 1.3 8.47 9.01
20年03月 19年12月
有価証券報告書
6.38 1.96 7.7 9.48
19年11月 19年09月
四半期報告書 第1四半期
6.57 3.22 6.68 9.8
19年09月 19年06月
有価証券報告書
6.81 4.47 6.03 9.93
19年05月 19年03月
四半期報告書 第3四半期
7.04 5.65 5.47 10
19年02月 18年12月
半期報告書
6.36 4.32 5.43 9.34
18年11月 18年09月
四半期報告書 第1四半期
5.72 3.01 5.48 8.68
18年09月 18年06月
有価証券報告書
4.92 1.71 5.03 8.02
18年05月 18年03月
四半期報告書 第3四半期
4.37 0.46 5.26 7.38
18年02月 17年12月
半期報告書
5.01 1.12 6.32 7.6
17年11月 17年09月
四半期報告書 第1四半期
5.37 2.4 6.32 7.37
17年09月 17年06月
有価証券報告書
5.91 3.69 6.56 7.48
17年05月 17年03月
四半期報告書 第3四半期
5.66 3.71 6.19 7.08
17年02月 16年12月
半期報告書
6.11 4.38 6.4 7.55
16年11月 16年09月
四半期報告書 第1四半期
6.13 4.74 6.76 6.89
16年09月 16年06月
有価証券報告書
5.93 4.76 6.8 6.23
16年05月 16年03月
四半期報告書 第3四半期
5.98 5.3 7.08 5.57
16年02月 15年12月
半期報告書
5.49 3.98 7.58 4.91
15年11月 15年09月
四半期報告書 第1四半期
4.89 2.65 7.79 4.25
15年09月 15年06月
有価証券報告書
4.31 1.33 8 3.61
15年05月 15年03月
四半期報告書 第3四半期
3.81 0 8.47 2.95
15年02月 14年12月
半期報告書
3.92 0.66 8.49 2.59
14年11月 14年09月
四半期報告書 第1四半期
4.08 1.99 7.41 2.83
14年09月 14年06月
有価証券報告書
4.3 2.65 7.25 3

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
赤字あり 20年06月 20/08/07

リボミック の最新売上高、利益へ

当社は、アプタマー創薬技術に関するプラットフォームである「RiboARTシステム(Ribomic Aptamer Refined Therapeutics System)」をベースとした創薬事業を展開 している創薬プラットフォーム系バイオベンチャーです。「RiboARTシステム」は様々なアプタマー医薬の開発に応用できるものですが、当社は、特に「Unmet Medical Needs」疾患領域に的を絞...

製薬・医薬品

赤字あり 20年06月 20/08/16

ブライトパス・バイオ の最新売上高、利益へ

当社は、新規の「がん免疫治療薬」の開発に領域を定める、臨床試験段階にあるパイプラインを有する創薬ベンチャーです。事業モデル、技術の特徴は以下のとおりであります。当社の事業モデルは、新規がん免疫治療薬を 自社創製もしくは導入し、探索研究から早期臨床試験までを手掛け、国内外の製薬会社に開発製造販売権をライセンスアウトし、ライセンス先からライセンス収入を得るものです。医薬品開発は上市までに一般的に10年以...

創薬・医療ベンチャー

赤字あり 20年06月 20/08/16

カイオム・バイオサイエンス の最新売上高、利益へ

ヒトには、体内に侵入した細菌やウイルス等のタンパク質を異物(抗原)として認識し、その異物を攻撃、排除するために、体内で抗体というタンパク質を作る能力(抗原抗体反応)が備わっています。これは免疫と言われ る身体を守る防御システムの一つです。こうして体内で作られた抗体は、特定の抗原にのみ結合する性質を持っており、正常な細胞とがん細胞を見分けたり、病気の原因となるタンパク質の機能を抑えたりすることができま...

製薬・医薬品

赤字あり 19年09月 19/11/21

ファンペップ の最新売上高、利益へ

なお、「(*)」を付している用語及び出所については、「3 事業の内容」の末尾に用語解説及び参考文献を設け、説明しております。当社は、大阪大学大学院医学系研究科の研究成果である機能性ペプチドの研究開発を 進め、医薬品、化粧品及び医療機器等の事業分野に実用化することを主な事業としております。事業内容の詳細は以下のとおりであります。当社は、自らの技術領域を、機能性ペプチドを基礎とする領域及びこれとシナジー...

創薬・医療ベンチャー

赤字あり 20年06月 20/08/16

オンコセラピー・サイエンス の最新売上高、利益へ

当社の企業集団は、当社、連結子会社2社により構成されており、医薬品の研究および開発、がん遺伝子の大規模解析検査ならびにがん免疫療法の研究開発を主たる事業としております。当社は、元東京大学医科学研究所ヒ トゲノム解析センター長(現 公益財団法人がん研究会 がんプレシジョン医療研究センター所長、東京大学名誉教授、シカゴ大学名誉教授)中村祐輔教授の研究成果(シーズ)を事業化することを目的として2001年4...

製薬・医薬品

赤字あり 20年04月 20/06/19

ステムリム の最新売上高、利益へ

当社が創業以来、その実現を目指し研究開発に取り組んできた「再生誘導医薬」は、怪我や病気により損傷し機能を失った生体組織の機能的再生・治癒を促進する、新しい作用メカニズムにもとづく医薬品です。再生誘導医 薬開発により、生きた細胞製剤では難しい安定した品質による迅速な再生医療を実現する製品供給が可能となることから、広く普及可能な新しい再生医療となり得ます。損傷部位に集積した幹細胞は、神経や皮膚、骨、軟骨...

創薬・医療ベンチャー

赤字あり 19年09月 20/04/22

UMNファーマ の最新売上高、利益へ

当社は、製薬業界で培った豊富な開発経験と幅広いネットワークを駆使し、満足な治療法や製造技術のない領域にて、革新的な医薬品を迅速に開発することを会社のミッションに掲げ、平成16年4月に設立されました。当 社は、これまで当社及び連結子会社(株式会社UNIGEN)によりグループ体制が構成されておりましたが、平成29年1月31日に、当社連結子会社である株式会社UNIGENの当社保有株式全株を譲渡したため、以...

製薬・医薬品

赤字あり 20年06月 20/08/16

ナノキャリア の最新売上高、利益へ

当社の主たる事業目的は、日本発のナノテクノロジーを応用したミセル化ナノ粒子をコア技術として、主にがん領域において新しい医薬品を生み出し、社会に貢献することです。当社は、東京大学の片岡一則教授(現 当社 取締役)、東京女子医科大学の岡野光夫教授(現 当社取締役)らが発明したミセル化ナノ粒子技術による医薬品の開発を目的に、1996年6月に設立されました。同教授らは、医薬品を封入したミセル化ナノ粒子が静脈...

製薬・医薬品

赤字あり 20年04月 20/08/02

スリー・ディー・マトリックス の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び連結子会社9社で構成され、MITより自己組織化ペプチド技術に係る特許の専用実施権の許諾を受けて、同技術を用いた製品の研究開発・製造・販売を実施することを目的とした医療製品事業を 行っております。当社グループは、医療製品事業の単一セグメントであり、医療製品開発・研究試薬販売で構成されております。その内容は以下のとおりです。自己組織化ペプチド技術を基盤技術として外科領域・再生医療...

創薬・医療ベンチャー

赤字あり 20年06月 20/08/16

カルナバイオサイエンス の最新売上高、利益へ

がん疾患、リウマチなどの免疫炎症疾患、アルツハイマー病などの神経変性疾患では、生体恒常性機能に異常をきたしており、生体内では異常なシグナル伝達が起こっていることが知られています。この原因と考えられてい る分子のひとつに、細胞内外の情報伝達をつかさどるキナーゼ(*)と呼ばれる酵素があります。このキナーゼが遺伝子変異やストレスなどによって異常な働きになった場合には、シグナル伝達機能に支障をきたし病気につ...

医療サービス

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -39 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 20 % ( 伸び率: -57 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 60 % ( 伸び率: -19 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 54 % ( 伸び率: -9 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -64 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 45 % ( 伸び率: -27 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 43 % ( 伸び率: 40 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -26 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 22 % ( 伸び率: -67 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 86 % ( 伸び率: 129 % )

機械受注額(運輸業・郵便業)

219984(百万円) 20年06月