比較リスト

赤字あり (19年12月)

20年02月18日

リプロセルの最新業績

”当社グループは当社(株式会社リプロセル)及び米国子会社のREPROCELL USA Inc.、英国子会社のREPROCELL Europe Ltd.などの連結子会社6社、さらに関連会社3社の合計9社により構成されております。当社の中核事業領域であるiPS細胞は、山中伸弥教授によるヒトiPS細胞の発明以降、世界中で研究が盛んに行われております。最近では、iPS細胞を活用した病態解明や再生医療への応用など、実用的な研究開発が多く行われるようになりました。「研究支援事業」を短中期的な収益の柱として、「メディカル事業」を中... ”
(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

※ポイント(0~10)表記

リプロセルの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:リプロセルの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。 企業ページについて 総合点について

累計四半期/連結/JPYの概況

売上高

19年12月:8億9152万

18年12月:8億 605万

17年12月:6億8696万

売上総利益

19年12月:3億 926万

18年12月:3億6284万

17年12月:2億6940万

営業利益

19年12月:-6億7160万

18年12月:-5億8773万

17年12月:-7億7240万

経常利益

19年12月:-6億5667万

18年12月:-4億5607万

17年12月:-6億3905万

当期純利益

19年12月:-6億6430万

18年12月:-4億5760万

17年12月:-6億5219万

親会社株主に帰属する当期純利益

19年12月:-6億6388万

18年12月:-4億3012万

17年12月:-6億5219万

包括利益

19年12月:-6億7181万

18年12月:-4億8559万

17年12月:-6億1022万

親会社株主に係る包括利益

19年12月:-6億7124万

18年12月:-4億5804万

17年12月:-6億1022万

営業CF

19年09月:-3億6424万

18年09月:-3億7872万

17年09月:-4億 145万

投資CF

19年09月:1155万

18年09月:-11億

17年09月:-2億3139万

財務CF

19年09月:640万

18年09月:13億

17年09月:10億

総資産

19年12月:68億

18年12月:76億

17年12月:82億

負債

19年12月:4億3347万

18年12月:3億7720万

17年12月:4億2345万

純資産

19年12月:64億

18年12月:72億

17年12月:77億

資本金

19年12月:67億

18年12月:67億

17年12月:60億

株主資本

19年12月:65億

18年12月:72億

17年12月:77億

現金及び預金

19年12月:31億

18年12月:52億

17年12月:37億

現金及び現金同等物

19年09月:36億

18年09月:54億

17年09月:58億

流動資産

19年12月:59億

18年12月:59億

17年12月:61億

固定資産

19年12月:9億5234万

18年12月:17億

17年12月:20億

流動負債

19年12月:3億4465万

18年12月:2億8871万

17年12月:2億3289万

固定負債

19年12月:8882万

18年12月:8848万

17年12月:1億9056万

正規従業員

19年03月:111

18年03月:63

17年03月:60

平均臨時雇用人員

19年03月:5

18年03月:16

17年03月:16

全従業員

19年03月:116

18年03月:79

17年03月:76

総合点

19年12月:4.2

19年09月:4.56

19年06月:4.95

収益性

19年12月:2.61

19年09月:3.81

19年06月:4.96

安全性

19年12月:0

19年09月:0.05

19年06月:0.17

成長性

19年12月:10

19年09月:9.81

19年06月:9.72

ROA

19年12月:-12.8

18年12月:-7.51

17年12月:-10.54

ROE

19年12月:-13.52

18年12月:-7.86

17年12月:-11.11

売上高総利益率

19年12月:34.69

18年12月:45.01

17年12月:39.22

売上高営業利益率

19年12月:-75.33

18年12月:-72.92

17年12月:-112.44

売上高経常利益率

19年12月:-73.66

18年12月:-56.58

17年12月:-93.03

売上高純利益率

19年12月:-74.47

18年12月:-53.36

17年12月:-94.94

自己資本比率

19年12月:94.71

18年12月:95.44

17年12月:94.87

固定比率

19年12月:14.61

18年12月:23.49

17年12月:26.36

固定長期適合率

19年12月:14.41

18年12月:23.21

17年12月:25.73

流動比率

19年12月:1720.96

18年12月:2043.74

17年12月:2644.75

手元流動性比率

19年12月:32.37

18年12月:53.49

17年12月:75.22

資産回転率

19年12月:0.17

18年12月:0.14

17年12月:0.11

提出日対象時期書類名総合点収益性安全性成長性
20年02月19年12月四半期報告書(第3四半期)4.22.61010
19年11月19年09月半期報告書4.563.810.059.81
19年08月19年06月四半期報告書(第1四半期)4.954.960.179.72
19年06月19年03月有価証券報告書5.316.10.269.58
19年02月18年12月四半期報告書(第3四半期)4.954.860.859.14
18年11月18年09月半期報告書4.613.621.288.94
18年08月18年06月四半期報告書(第1四半期)4.32.371.818.71
18年06月18年03月有価証券報告書4.021.152.268.64
18年02月17年12月四半期報告書(第3四半期)4.562.392.39.01
17年11月17年09月半期報告書4.822.992.399.07
17年08月17年06月四半期報告書(第1四半期)4.532.092.429.07
17年06月17年03月有価証券報告書4.251.132.419.19
17年02月16年12月四半期報告書(第3四半期)3.8202.329.14
16年11月16年09月半期報告書3.860.092.189.3
16年08月16年06月四半期報告書(第1四半期)4.411.332.429.48
16年06月16年03月有価証券報告書4.872.562.719.33
16年06月15年12月四半期報告書(第3四半期)5.243.533.248.94
16年02月15年12月四半期報告書(第3四半期)5.243.533.248.94
15年11月15年09月半期報告書5.434.183.728.4
15年08月15年06月四半期報告書(第1四半期)5.594.913.947.93
15年06月15年03月有価証券報告書5.274.024.447.35
15年02月14年12月四半期報告書(第3四半期)5.75.265.076.78

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
リプロセル
なし

創薬・医療ベンチャー

すぐに比較する

後発医薬品

すぐに比較する

調剤

すぐに比較する

医療・介護

すぐに比較する

医療サービス

すぐに比較する

医薬品卸売

すぐに比較する

医療用製品

すぐに比較する

精密機器

すぐに比較する

ドラッグストア

すぐに比較する

ヘルスケア

すぐに比較する

業界検索へ

(20年04月) ”当社が創業以来、その実現を目指し研究開発に取り組んできた「再生誘導医薬」は、怪我や病気により損傷し機能を失った生体組織の機能的再生・治癒を促進する、新しい作用メカニズムにもとづく医薬品です。再生誘導医薬開発により、生きた細胞製剤では難しい安定した品質による迅速な再生医療を実現する...”(19年10月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月19日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社は、「『生きる』を増やす。爆発的に。」というミッションの下、幹細胞技術をもって難治性疾患を罹患された方々に治癒と希望を届けるべく、体性幹細胞再生医薬品分野、及びiPS細胞に関連する技術を活用した再生医療等製品(iPSC再生医薬品)の研究・開発・製造を行うiPSC再生医薬品分野...”(20年04月11日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年05月17日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年04月) ”当社グループ(以下、当社及び連結子会社SanBio, Inc.(米国カリフォルニア州マウンテンビュー市)の2社を指します。)は「再生医療の開発を通して、患者さんをはじめとしたステークホルダーの皆さまへ価値を提供する」ことをコーポレート・ミッションに掲げ、東京を本社とし、SanBi...”(20年05月01日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月19日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社は、アプタマー創薬技術に関するプラットフォームである「RiboARTシステム(Ribomic Aptamer Refined Therapeutics System)」をベースとした創薬事業を展開している創薬プラットフォーム系バイオベンチャーであります。「RiboARTシステ...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”ヒトには、体内に侵入した細菌やウイルス等のタンパク質を異物(抗原)として認識し、その異物を攻撃、排除するために、体内で抗体というタンパク質を作る能力(抗原抗体反応)が備わっています。これは免疫と言われる身体を守る防御システムの一つです。こうして体内で作られた抗体は、特定の抗原にの...”(20年03月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年05月17日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社は、「医療の質的変化をもたらすティッシュエンジニアリングをベースに、組織再生による根本治療を目指し、21世紀の医療そのものを変えてゆく事業を展開する」ことを会社設立の趣旨とする企業であり、再生医療等製品の開発、製造、販売を行う再生医療製品事業、再生医療に関する開発及び製造等を...”(20年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月26日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当企業集団は、当社の親会社、当社および当社の関係会社(子会社)8社(以下、当社を含めて「当社グループ」という。)で構成され、バイオ産業支援事業および遺伝子医療事業の両事業を展開しております。当社グループは、バイオテクノロジーを利用して研究、製品開発、検査事業等を行う大学、公的研究...”(20年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月26日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社は、新規の「がん免疫治療薬」の開発に領域を定める、臨床試験段階にあるパイプラインを有する創薬ベンチャーです。事業モデル、技術の特徴は以下のとおりであります。当社の事業モデルは、新規がん免疫治療薬を自社創製もしくは導入し、探索研究から早期臨床試験までを手掛け、国内外の製薬会社に...”(20年06月29日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月29日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、当社(株式会社セルシード)及び欧州における細胞シート再生医療等製品の研究開発を行う子会社(CellSeed Sweden AB)の2社により構成されております。当社グループは、日本発の「細胞シート工学」を基盤技術とし、この技術に基づいて作製される「細胞シート」を用...”(20年04月11日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年05月17日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年03月) ”当社グループは、(株)アイロムグループ(当社)、連結子会社20社((株)アイロム、(株)アイロムCS、(株)エシック、(株)アイクロス、CMAX CLINICAL RESEARCH PTY LTD、(株)IDファーマ、(株)アイロムPM等)及び関連会社1社(CJ PARTNERS...”(20年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年06月26日

あとで比較する

すぐに比較する

リプロセルの同業他社をもっと見る

農業用機械(付加価値額)[2015年基準]

79.7 (2015=100)(20年04月)

すぐに比較する

建設・鉱山機械(付加価値額)[2015年基準]

86.9 (2015=100)(20年04月)

すぐに比較する

金属加工機械(付加価値額)[2015年基準]

43.6 (2015=100)(20年04月)

すぐに比較する

基礎素材産業用機械(付加価値額)[2015年基準]

58.6 (2015=100)(20年04月)

すぐに比較する

汎用機械工業(付加価値額)[2015年基準]

82.2 (2015=100)(20年04月)

すぐに比較する

汎用・業務用機械工業(付加価値額)[2015年基準]

84.2 (2015=100)(20年04月)

すぐに比較する

冷凍機・温湿調整装置(付加価値額)[2015年基準]

84.9 (2015=100)(20年04月)

すぐに比較する

汎用機械器具部品(付加価値額)[2015年基準]

85.9 (2015=100)(20年04月)

すぐに比較する

生活関連産業用機械(付加価値額)[2015年基準]

69.4 (2015=100)(20年04月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

リプロセルの基本情報

企業名 リプロセル
カナ カブシキガイシャリプロセル
英語名 ReproCELL Incorporated
業界 医療・介護
所在地 横浜市港北区新横浜3-8-11
ホームページ https://www.reprocell.com/
EDINET E27585
証券コード 4978
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(4978)
決算日 3月31日