18/02/14

沖電線の最新業績

当社グループは、当社、子会社5社、その他の関係会社1社で構成され、電線・ケーブルや電極線の製造販売及び不動産の賃貸を主な内容とし展開しております。電線・ケーブル 当社が製造販売するほか、連結子会社である沖電線ワイヤーハーネス(株)が製造、モガミ電線(株)が製造販売、日沖電線(常熟)有限公司、昨年設立したOKI ELECTRIC CABLE AMERICA CORPORATIONが販売しております。電極線 当社が製造販売しております。不動産賃貸 当社が不動産の賃貸をしております。非連結子会社である沖電線サービス(株)は、当社のサービス業務を受託しております。なお、その他の関係会社である沖電気工業...
17年06月22日に提出された書類より抜粋

概況

沖電線の最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:沖電線の業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(3月31日)/連結/JPYの概況

損益貸借CF従業員比率総合収益性安全性成長性

売上高

17年12月 95億

16年12月 80億

15年12月 85億

売上総利益

17年12月 25億

16年12月 20億

15年12月 20億

営業利益

17年12月 7億8952万

16年12月 5億1386万

15年12月 5億1529万

経常利益

17年12月 7億7715万

16年12月 5億1173万

15年12月 5億3411万

当期純利益

17年12月 5億9667万

16年12月 3億6270万

15年12月 3億2436万

親会社株主に帰属する当期純利益

17年12月 5億9667万

16年12月 3億6270万

15年12月 3億2436万

包括利益

17年12月 6億8259万

16年12月 5億 572万

15年12月 3億8217万

親会社株主に係る包括利益

17年12月 6億8259万

16年12月 5億 572万

15年12月 3億8217万

期間データ

セグメントの内容

セグメント情報は未設定です。

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
18年02月 17年12月 四半期報告書(第3四半期) 10 10 10 10
17年11月 17年09月 半期報告書 9.22 8.93 9.85 8.87
17年08月 17年06月 四半期報告書(第1四半期) 8.42 7.85 9.68 7.72
17年06月 17年03月 有価証券報告書 7.57 6.75 9.46 6.5
17年02月 16年12月 四半期報告書(第3四半期) 7.07 5.68 9.21 6.31
16年11月 16年09月 半期報告書 6.8 5.13 8.92 6.34
16年08月 16年06月 四半期報告書(第1四半期) 7.17 6.13 8.62 6.75
16年06月 16年03月 有価証券報告書 7.58 7.16 8.3 7.3
16年02月 15年12月 四半期報告書(第3四半期) 7.9 8.1 8 7.59
15年11月 15年09月 半期報告書 8.02 8.87 7.7 7.49
15年08月 15年06月 四半期報告書(第1四半期) 7.8 9.07 7.45 6.88
15年06月 15年03月 有価証券報告書 7.52 9.23 7.21 6.12
15年02月 14年12月 四半期報告書(第3四半期) 6.8 8.15 6.96 5.3

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
20年06月 20/08/16

オーナンバ の最新売上高、利益へ

当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下当社という)及び連結子会社18社、持分法適用関連会社1社及び非連結子会社2社で構成されており、電線・ケーブル、ワイヤーハーネス、太陽光発電関連製品及びハーネス 加工用機械・部品の製造販売を事業としております。・当社及び連結子会社であるアスレ電器(株)、O&S CALIFORNIA,INC.、CZECH REPUBLIC ONAMBA S.R.O.、欧...

電線・ケーブル

20年06月 20/08/07

平河ヒューテック の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社21社により構成されており、電気・電子産業を支えるエレクトリックワイヤーの全般と光中継システム等の伝送・放送機器及び電線ケーブル技術を応用した医療 チューブ等の製品の開発・設計・製造・販売・サービスを主たる業務としております。(1)「電線・加工品」.........このセグメントに含まれる品目は、機器用電線・加工品、ファインケーブル・加工品、電源...

電線・ケーブル

20年06月 20/08/16

三ッ星 の最新売上高、利益へ

当社の企業集団は、当社及び子会社3社により構成されており、ゴム電線、プラスチック電線、合成樹脂異形押出品ならびにその附属品、電熱線・帯、その他の製造販売を主たる業務としております。主要品目は次のとおり であります。...

電線・ケーブル

20年06月 20/08/07

タツタ電線 の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社、連結子会社6社で構成され、電線・ケーブル事業、電子材料事業のほか、センサー&メディカル事業、環境分析事業等を行っております。当社、TATSUTA ELECTRONIC MATER IALS MALAYSIA SDN. BHD.事業を「機能性フィルム事業」および「機能性ペースト事業」に分割して表記しました。...

電線・ケーブル

20年04月 20/06/19

泉州電業 の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社(泉州電業株式会社)、連結子会社12社(国内6社・海外6社)及び関連当事者1社で構成され、電線・ケーブル(機器用電線、通信用電線、電力用ケーブル、汎用被覆線等の電線類及び電線に附帯 する各種電設資材)等の販売及び情報関連機器等の販売を主な内容とした事業活動を展開しております。ました。...

電線・ケーブル卸売

赤字あり 20年05月 20/07/22

JMACS の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び連結子会社2社で構成され、セグメント別の事業内容は次のとおりであります。防災用電線、通信用ケーブル、計装・制御用ケーブル、その他の弱電用電線の製造・販売を行っております。産業用 製品の製造・販売及び各種自動化・省力化システム等の受託開発ソリューション、スマート工場構築の支援を行っております。海外におけるトータルソリューション事業及び電線事業が取扱う製品の販売を行っております。...

電線・ケーブル

20年06月 20/08/07

東京特殊電線 の最新売上高、利益へ

当社グループ(提出会社及び提出会社の関係会社)は、提出会社及び親会社1社、連結子会社5社及び関連会社1社で構成されており、電線・デバイス製品の製造販売を主な事業内容とし、さらに電線・デバイス製品に関連 する研究等の事業を展開しております。電線・デバイス製品の製造販売については、提出会社が製造販売するほか、連結子会社である(株)特電及び関連会社である東特巻線(株)に対し材料の供給を行い、また、これらの...

電線・ケーブル

赤字あり 20年06月 20/08/16

CKサンエツ の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社(株式会社CKサンエツ)、子会社10社により構成されており、伸銅・精密部品・配管・鍍金及びこれに付帯する事業を行っております。伸銅事業では、黄銅の棒と線とめっき線を生産しています。 これらの伸銅品は、自動車や家電製品や水栓金具等の素材として、広範に使用されています。鉛やカドミウムなどの環境負荷物質を使用しない環境対応合金を実用化し、多数の特許を取得しています。生産拠点は、サンエツ...

非鉄金属

20年06月 20/08/07

昭和電線ホールディングス の最新売上高、利益へ

当社および当社の主要な関係会社の、セグメント情報との関連における事業内容および当該事業に係る位置付けは、次のとおりである。なお、2019年4月1日付でコーポレートガバナンス体制の見直しを行った。これに 伴い事業セグメントを、従来の製品群を主体とするセグメントから、当社グループのビジネス分野や事業戦略に即したセグメントへと変更している。当事業では、主に電線、電力ケーブル、免震装置、制振・防振の製造販売...

電線・ケーブル

赤字あり 20年06月 20/08/16

古河電気工業 の最新売上高、利益へ

当連結会計年度末における当企業集団の事業内容、各関係会社の当該事業に係わる位置づけ及び報告セグメントとの関連は、次のとおりであります。なお、当連結会計年度より事業セグメントの区分方法を変更しております 。当社、OFS Fitel,LLC、Furukawa Electric LatAm S.A.、古河電工産業電線(株)、瀋陽古河電纜有限公司他が製造及び販売を行っております。当社、東京特殊電線(株)、T...

電線・ケーブル

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -39 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 20 % ( 伸び率: -57 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 60 % ( 伸び率: -19 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 54 % ( 伸び率: -9 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -64 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 45 % ( 伸び率: -27 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 43 % ( 伸び率: 40 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -26 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 22 % ( 伸び率: -67 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 86 % ( 伸び率: 129 % )