20/08/16

カナレ電気の最新業績

当社グループは放送・通信用ケーブル・ハーネス・コネクタ・機器(パッシブ・電子)及びその付帯器具を製造、販売しております。製造についてはカナレハーネス株式会社(日本)、株式会社カナレテック(日本)、カナレシステムワークス株式会社(日本)、Canare Electric(Shanghai)Co.,Ltd.(中国)がその役割を担っております。一方、販売については当社が国内及びその他の地域を、Canare Corporation of America(米国)が米国、カナダ及び中南米諸国への販売を、Canare Corporation of Korea(韓国)が韓国への販売を、Canare Electr...
20年03月23日に提出された書類より抜粋

概況

カナレ電気の最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:カナレ電気の業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(1231)/連結/JPYの概況

損益貸借CF従業員比率総合収益性安全性成長性

売上高

20年06月 47億

19年06月 56億

18年06月 55億

売上総利益

20年06月 19億

19年06月 22億

18年06月 23億

営業利益

20年06月 4億 187万

19年06月 5億7125万

18年06月 7億2497万

経常利益

20年06月 4億2481万

19年06月 5億8651万

18年06月 7億2906万

当期純利益

20年06月 2億9890万

19年06月 3億3640万

18年06月 5億1212万

親会社株主に帰属する当期純利益

20年06月 2億9890万

19年06月 3億3640万

18年06月 5億1212万

包括利益

20年06月 1億4707万

19年06月 2億4850万

18年06月 3億4089万

親会社株主に係る包括利益

20年06月 1億4707万

19年06月 2億4850万

18年06月 3億4089万

期間データ

セグメントの内容

セグメント情報は未設定です。

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
20年08月 20年06月 半期報告書 6.39 0 10 9.17
20年05月 20年03月 四半期報告書 第1四半期 6.65 0.52 9.73 9.71
20年03月 19年12月 有価証券報告書 6.54 0.13 9.49 10
19年11月 19年09月 四半期報告書 第3四半期 6.76 1.21 9.28 9.79
19年08月 19年06月 半期報告書 6.96 2.24 9.08 9.56
19年05月 19年03月 四半期報告書 第1四半期 7.19 3.33 8.9 9.33
19年03月 18年12月 有価証券報告書 7.47 4.45 8.71 9.24
18年11月 18年09月 四半期報告書 第3四半期 7.48 4.97 8.52 8.95
18年08月 18年06月 半期報告書 7.55 5.7 8.33 8.63
18年05月 18年03月 四半期報告書 第1四半期 7.61 6.38 8.15 8.3
18年03月 17年12月 有価証券報告書 7.56 6.71 7.98 7.99
17年11月 17年09月 四半期報告書 第3四半期 7.73 7.55 7.74 7.89
17年08月 17年06月 半期報告書 7.98 8.6 7.53 7.8
17年05月 17年03月 四半期報告書 第1四半期 8.24 9.67 7.33 7.73
17年03月 16年12月 有価証券報告書 8.24 10 7.09 7.64
16年11月 16年09月 四半期報告書 第3四半期 8.02 9.78 6.9 7.39
16年08月 16年06月 半期報告書 7.73 9.33 6.7 7.16
16年05月 16年03月 四半期報告書 第1四半期 7.35 8.51 6.48 7.06
16年03月 15年12月 有価証券報告書 7.13 8.3 6.26 6.83
15年11月 15年09月 四半期報告書 第3四半期 7.1 8.66 6.07 6.58
15年08月 15年06月 半期報告書 6.99 8.82 5.9 6.26
15年05月 15年03月 四半期報告書 第1四半期 6.84 8.99 5.77 5.76
15年03月 14年12月 有価証券報告書 6.49 8.5 5.64 5.33

提出書類から以下を設定しています。

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
20年06月 20/08/07

平河ヒューテック の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社21社により構成されており、電気・電子産業を支えるエレクトリックワイヤーの全般と光中継システム等の伝送・放送機器及び電線ケーブル技術を応用した医療 チューブ等の製品の開発・設計・製造・販売・サービスを主たる業務としております。(1)「電線・加工品」.........このセグメントに含まれる品目は、機器用電線・加工品、ファインケーブル・加工品、電源...

電線・ケーブル

20年06月 20/08/16

トレンドマイクロ の最新売上高、利益へ

当社の企業集団は、コンピュータセキュリティ対策製品の開発、販売及び関連サービスの提供を行っている当社ならびに北米、欧州、アジア・パシフィック、中南米地域の子会社と、関連会社としてモバイルデバイスプラッ トフォームサービスプロバイダであるGeneral Mobile Corporation等により構成されております。当社及び連結子会社のグループ内におけるセグメントに関連づけた機能分担は以下の通りです。...

システム開発・保守・インフラ

赤字あり 20年06月 20/08/16

池上通信機 の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社および子会社5社から構成されており、情報通信機器の開発、生産、販売、サービスにわたる事業活動を展開しています。当社が情報通信機器の開発、生産ならびに北米・中南米、欧州・中東・アフリ カ、西アジア・東南アジア・大洋州地域を除いた販売、サービス活動を行っています。(株)テクノイケガミでは当社が生産した情報通信機器の修理・サービスの一部を行うとともに、当社プロダクトセンターの製品の一部...

音響・映像機器

20年06月 20/08/16

メック の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社および連結子会社6社で構成されております。連結子会社は、台湾・香港・中国・欧州(ベルギー)・タイにあり、世界の電子基板・電子部品市場を包括できる体制をとっております。当社グループの 事業内容は、電子基板・電子部品用薬品の製造販売および電子基板用機械、電子基板用資材の販売であります。なお、次の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグ...

産業用ガス・薬品

赤字あり 20年06月 20/08/16

ストリームメディアコーポレーション の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社ストリームメディアコーポレーション)及び非連結子会社3社により構成されております。当社は、SMエンターテインメントグループ傘下として、韓国コンテ ンツを主に展開しており、韓国芸能事務所、制作会社及びテレビ局等との提携・企画により、韓国ドラマあるいは映画の放送権、配給権、ビデオグラム化権、商品化権等の関連する諸権利を取得し、国内関連企業と提携取得...

映像・アニメーション製作

赤字あり 20年06月 20/08/16

古河電気工業 の最新売上高、利益へ

当連結会計年度末における当企業集団の事業内容、各関係会社の当該事業に係わる位置づけ及び報告セグメントとの関連は、次のとおりであります。なお、当連結会計年度より事業セグメントの区分方法を変更しております 。当社、OFS Fitel,LLC、Furukawa Electric LatAm S.A.、古河電工産業電線(株)、瀋陽古河電纜有限公司他が製造及び販売を行っております。当社、東京特殊電線(株)、T...

電線・ケーブル

赤字あり 20年06月 20/07/29

メディアリンクス の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社(株式会社メディアリンクス)と、子会社2社(米国法人であるMEDIA LINKS, INC.およびオーストラリア法人であるML AU PTY LTD)により構成され、主に放送用ネッ トワークのインフラを形成するための機器・システムを開発・販売するファブレスメーカー(製造設備を自社で保有せず、外部へ製造委託する業務形態をとるメーカー)です。テレビ放送で使用される高品位映像素材を放送...

通信機器

20年06月 20/08/16

野村マイクロ・サイエンス の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(野村マイクロ・サイエンス株式会社)及び連結子会社6社により構成されており、超純水製造装置(注)の設計・施工・販売とそのメンテナンス及び消耗品の販売を主た る業務としております。半導体の製造過程では洗浄工程は必須であり、使用される水の純度は歩留りに影響するため、水中に溶解している不純物を徹底的に除去した超純水が必要となります。当社グループは、水処理装置事...

プラント・環境・水処理装置

20年06月 20/08/07

日本ピラー工業 の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社(日本ピラー工業株式会社)、子会社25社及び関連会社1社で構成されており、メカニカルシール製品、グランドパッキン・ガスケット製品及びピラフロン製品(ふっ素樹脂製品)を主力とした流体 制御関連機器製品の製造販売を行っております。これらの製品は半導体・液晶をはじめとして電力、石油、自動車、化学、船舶、土木建築、食品、医薬品などの幅広い産業分野の重要機能部品として不可欠であり、得意先は...

メカニカルシール

20年06月 20/08/07

エーザイ の最新売上高、利益へ

当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下、「当社」という。)、連結子会社45社および持分法適用関連会社1社で構成され、その事業内容を医薬品事業とその他事業に区分しています。医薬品事業では、医療用医薬 品、一般用医薬品等の研究開発・製造・販売を行っており、医薬品事業を構成する日本、アメリカス(北米)、中国、EMEA(欧州、中東、アフリカ、オセアニア)、アジア・ラテンアメリカ(韓国、台湾、香港、インド...

製薬・医薬品

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -39 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 20 % ( 伸び率: -57 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 60 % ( 伸び率: -19 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 54 % ( 伸び率: -9 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -64 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 45 % ( 伸び率: -27 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 43 % ( 伸び率: 40 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -26 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 22 % ( 伸び率: -67 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 86 % ( 伸び率: 129 % )