20/08/16

兼松エンジニアリングの最新業績

当社は、主に強力吸引作業車、高圧洗浄車、汚泥脱水機・減容機等の環境整備機器の製造販売を行っております。強力吸引作業車は、道路での側溝清掃、土木建築現場での汚泥吸引、工場での乾粉等各種産業廃棄物の吸引回収に利用されております。高圧洗浄車は、下水道管、側溝、タンク、熱交換器等の洗浄作業に利用されております。また、汚泥脱水機・減容機は、中間処理場での汚泥の脱水、減容化に利用されております。なお、製品の部品製作については、外注先に委託し、その委託管理は当社の調達部が担当しております。高圧洗浄車の組立先及び製品の塗装先2社は、当社の所有する工場にて作業を行っております。なお、当社と指定サービス工場は、サ...
20年06月22日に提出された書類より抜粋

概況

兼松エンジニアリングの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:兼松エンジニアリングの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(3月31日)/単独/JPYの概況

損益貸借CF比率総合収益性安全性成長性

売上高

20年06月 30億

19年06月 29億

18年06月 22億

売上総利益

20年06月 7億3165万

19年06月 6億6269万

18年06月 4億7197万

営業利益

20年06月 3億6192万

19年06月 2億4663万

18年06月 1億1112万

経常利益

20年06月 3億7057万

19年06月 2億5563万

18年06月 1億1943万

当期純利益

20年06月 2億5624万

19年06月 1億7904万

18年06月 8045万

期間データ

セグメントの内容

セグメント情報は未設定です。

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
20年08月 20年06月 四半期報告書(第1四半期) 10 10 10 10
20年06月 20年03月 有価証券報告書 9.65 9.31 9.82 9.81
20年02月 19年12月 四半期報告書(第3四半期) 9.37 9.07 9.53 9.51
19年11月 19年09月 半期報告書 8.99 8.51 9.29 9.18
19年08月 19年06月 四半期報告書(第1四半期) 8.52 7.82 9.1 8.63
19年06月 19年03月 有価証券報告書 8.04 7.13 8.85 8.13
19年02月 18年12月 四半期報告書(第3四半期) 7.97 7.33 8.6 7.98
18年11月 18年09月 半期報告書 8.12 8.01 8.33 8.04
18年08月 18年06月 四半期報告書(第1四半期) 8.33 8.7 8.06 8.24
18年06月 18年03月 有価証券報告書 8.58 9.41 7.84 8.49
18年02月 17年12月 四半期報告書(第3四半期) 8.55 9.67 7.61 8.37
17年11月 17年09月 半期報告書 8.32 9.45 7.35 8.16
17年08月 17年06月 四半期報告書(第1四半期) 7.95 8.97 7.03 7.84
17年06月 17年03月 有価証券報告書 7.62 8.58 6.69 7.6
17年02月 16年12月 四半期報告書(第3四半期) 7.38 8.45 6.36 7.33
16年11月 16年09月 半期報告書 7.06 8.06 6.01 7.11
16年08月 16年06月 四半期報告書(第1四半期) 6.73 7.67 5.68 6.86
16年06月 16年03月 有価証券報告書 6.35 7.18 5.38 6.48
16年02月 15年12月 四半期報告書(第3四半期) 6.07 6.85 5.11 6.23
15年11月 15年09月 半期報告書 5.81 6.43 5.15 5.86
15年08月 15年06月 四半期報告書(第1四半期) 5.57 6 5.18 5.54
15年06月 15年03月 有価証券報告書 5.51 6.23 5.17 5.12
15年02月 14年12月 四半期報告書(第3四半期) 5.14 5.71 4.86 4.84

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
赤字あり 20年06月 20/08/16

月島機械 の最新売上高、利益へ

当社グループは、当連結会計年度末現在、当社と子会社23社および関連会社11社で構成され、上下水道設備を主要マーケットとする水環境事業と、化学、鉄鋼、食品等の産業用設備および廃液、固形廃棄物処理や二次電 池製造関連設備等の環境・エネルギー関連設備を主要マーケットとする産業事業の2つを主たる事業と位置付けており、それら以外の事業をその他としておりますが、その主要な事業内容は以下のとおりであります。当社、...

プラント・環境・水処理装置

20年06月 20/08/07

イワキ の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社(株式会社イワキ)、子会社8社及び関連会社14社で構成され、化学薬品等の薬液移送に使用されるケミカルポンプ及びポンプ専用コントローラ等の周辺機器の開発、製造、仕入及び販売(輸出入を 含む)を主な事業として営んでおり、また、それに附帯する製品の修理及びアフターサービス並びに設置工事を行っております。ケミカルポンプは、半導体や液晶をはじめ、化学、電子部品、水処理、食品、製紙、医療及び...

ポンプ・圧縮機器

20年06月 20/08/07

ミダック の最新売上高、利益へ

当社グループは、廃棄物の適正処理を通じて循環型社会の確立を目指す企業集団であり、「ミダック」の社名は、環境を象徴する水、大地、空気の頭文字に由来いたします。かけがえのない地球を美しいまま次代に渡すこと を使命とし、その前線を担う環境創造集団を目指して、事業者の廃棄物処理・管理等に関するソリューション事業を手掛けております。当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び連結子会社2社で構成されてお...

廃棄物処理

20年03月 20/05/13

ナガオカ の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び子会社1社で構成され、水関連事業及びエネルギー関連事業を行っています。なお、当社の親会社である株式会社ハマダ及び株式会社ハマダコムは、当社事業とは異なる事業を営んでいますが、当 社は株式会社ハマダに対し、エネルギー関連事業及び水関連事業に係る製品製造工程の一部について製造委託を行っています。また、株式会社ハマダコムとの間で当社姫路工場の土地及び建物に係る賃貸借契約を締結してい...

プラント・環境・水処理装置

20年06月 20/08/07

神鋼環境ソリューション の最新売上高、利益へ

また、親会社である株式会社神戸製鋼所は、鉄鋼関連事業、アルミ・銅関連事業、産業機械の製造販売等を営んでおります。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」 に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社及び子会社3社により構成されており、主要な製品は次のとおりであります。神鋼環境メンテナンス株式会社、KOBELCO ECO-SOLUTIONS VIETN...

プラント・環境・水処理装置

20年06月 20/08/07

新明和工業 の最新売上高、利益へ

連結財務諸表提出会社(以下、当社という)に係る企業集団は、当社、子会社35社及び関連会社4社で構成され、事業内容と主要な関係会社の当該事業に係る位置づけ及びセグメントとの関連は、次のとおりである。次の 5部門は「第5 経理の状況 1 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一である。主な製品は、救難飛行艇、訓練支援機等の航空機及び海外航空機メーカー向けの航空機部品であり、当社がそ...

特殊車両関連

20年06月 20/08/07

リックス の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社17社、関連会社2社で構成されており、高圧液圧応用機器を中心とした産業用機器類の仕入販売及び製造販売、並びに精密計測・検査機器類の仕入販売を主な事 業として取り組んでおります。高圧液圧技術を核とした流体の圧力発生機をベースに、その応用機器・システム製品、付属機器・部品、関連技術商品などの販売を行っております。コア技術であるトライボロジ技術、高圧・...

産業機械・工作機械卸売

20年06月 20/08/07

栗田工業 の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は栗田工業株式会社(当社)、子会社65社及び関連会社6社により構成されております。事業としては、水処理に関する技術、商品、メンテナンス・サービスを幅広く提供してお り、水処理に関する薬品類の製造販売及びメンテナンス・サービスの提供を行う水処理薬品事業と、水処理に関する装置・施設類の製造販売及びメンテナンス・サービスの提供を行う水処理装置事業の2つに区分できます。...

プラント・環境・水処理装置

20年06月 20/08/07

大研医器 の最新売上高、利益へ

当社は、研究開発型医療機器メーカーとして、主に麻酔関連・病院内感染防止関連製品の企画開発・製造販売を行っております。なお、当社には、親会社、子会社、関連会社及びその他の関係会社はありません。当社の製品 開発の特徴は、麻酔関連・病院内感染防止関連の医師、看護師及び臨床工学技士を中心とした医療現場のニーズを開発担当者が直接聞き、特許を含め独創的な技術を駆使して製品化することを製品開発の基本理念としている...

医療用製品

20年06月 20/08/16

ユタカフーズ の最新売上高、利益へ

当社及び当社の関係会社(親会社及び関連会社2社により構成)においては、液体調味食品、粉粒体食品、チルド食品及び即席麺の4部門の製造販売を主な事業とし、即席麺等は親会社の受託製造を主な内容とし、事業活動 を展開しております。液体調味食品、粉粒体食品 ....................................当社が製造販売しております。液体調味食品、粉粒体食品、チルド食品、即席麺 .......

調味料

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -39 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 20 % ( 伸び率: -57 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 60 % ( 伸び率: -19 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 54 % ( 伸び率: -9 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -64 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 45 % ( 伸び率: -27 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 43 % ( 伸び率: 40 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -26 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 22 % ( 伸び率: -67 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 86 % ( 伸び率: 129 % )

製造業(雇用者)

1,016.000(万人) 20年07月