20/08/07

京セラの最新業績

当社は創業以来、ファインセラミック技術をベースに新技術、新製品開発や新市場創造を進めてきました。また、素材・部品からデバイス、機器、システム、サービスに至るグループ内の経営資源を活用し、事業の多角化により成長を図るとともに、情報通信、産業機械、自動車、環境・エネルギー関連等の市場において、多種多様な製品の開発・製造・販売及びサービスをグローバルに提供しています。当社は、IFRSに準拠して連結財務諸表を作成しています。当社及び当社の関係会社(連結子会社283社、持分法適用会社14社(2020年3月31日現在)により構成)は、「産業・自動車用部品」、「半導体関連部品」、「電子デバイス」、「コミュニ...
20年06月25日に提出された書類より抜粋

概況

京セラの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:京セラの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(3月31日)/連結/JPYの概況

損益貸借CF比率総合収益性安全性成長性

売上高

20年06月 3170億

19年06月 3849億

18年06月 3874億

売上総利益

20年06月 836億

19年06月 1100億

18年06月 1092億

営業利益

20年06月 75億

19年06月 226億

18年06月 371億

当期利益

20年06月 228億

19年06月 343億

18年06月 448億

親会社の所有者に帰属する当期利益

20年06月 223億

19年06月 320億

18年06月 422億

当期包括利益

20年06月 361億

19年06月 980億

18年06月 1271億

親会社の所有者に帰属する当期包括利益

20年06月 355億

19年06月 979億

18年06月 1228億

期間データ

セグメントの内容

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
20年08月 20年06月 四半期報告書(第1四半期) 7.55 3.5 10 9.14
20年06月 20年03月 有価証券報告書 8.09 4.92 9.8 9.56
20年02月 19年12月 四半期報告書(第3四半期) 8.19 5.29 9.66 9.62
19年11月 19年09月 半期報告書 7.85 4.4 9.46 9.68
19年08月 19年06月 四半期報告書(第1四半期) 8.24 5.66 9.23 9.84
19年06月 19年03月 有価証券報告書 8.66 6.94 9.03 10
19年02月 18年12月 四半期報告書(第3四半期) 8.04 5.49 8.74 9.89
18年11月 18年09月 半期報告書 8.08 6.04 8.49 9.71
18年08月 18年06月 四半期報告書(第1四半期) 7.49 4.8 8.3 9.38
18年06月 18年03月 有価証券報告書 6.91 3.66 8.09 8.97
18年02月 17年12月 四半期報告書(第3四半期) 7.03 4.59 7.89 8.61
17年11月 17年09月 半期報告書 6.35 3.23 7.63 8.2
17年08月 17年06月 四半期報告書(第1四半期) 5.66 1.84 7.36 7.76
17年06月 17年03月 有価証券報告書 4.99 0.45 7.08 7.45
17年02月 16年12月 四半期報告書(第3四半期) 5.15 1.06 6.79 7.61
16年11月 16年09月 半期報告書 4.87 0.16 6.55 7.9
16年08月 16年06月 四半期報告書(第1四半期) 5.36 1.55 6.31 8.24
16年06月 16年03月 有価証券報告書 5.84 2.95 6.07 8.5
16年02月 15年12月 四半期報告書(第3四半期) 5.87 3.13 5.84 8.63
15年11月 15年09月 半期報告書 6.1 3.99 5.62 8.69
15年08月 15年06月 四半期報告書(第1四半期) 5.68 3.16 5.4 8.49
15年06月 15年03月 有価証券報告書 5.01 1.62 5.16 8.24
15年02月 14年12月 四半期報告書(第3四半期) 4.59 0.9 4.94 7.92

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
20年06月 20/08/16

日本特殊陶業 の最新売上高、利益へ

当企業集団は日本特殊陶業(株)(以下「当社」)、子会社58社、関連会社7社で構成され、自動車関連製品、テクニカルセラミックス関連の半導体関連製品及びセラミック関連製品の製造販売等を主な事業内容としてい ます。当事業は、スパークプラグ、グロープラグ、自動車用各種センサをはじめとした自動車部品の製造販売を行っています。国内では当社が製造販売を行っている他、当社からセラミックセンサ(株)・(株)日特スパー...

ファインセラミックス

赤字あり 20年06月 20/08/07

日本碍子 の最新売上高、利益へ

当社グループの企業集団は、当社、子会社70社(うち連結子会社55社、持分法適用会社1社)及び関連会社3社(うち持分法適用会社1社)で構成され、その主な事業内容と、各構成会社の当該事業に係る位置づけは次 のとおりです。当事業は、電力用がいし・機器及びNAS®電池の製造・販売を行っております。がいしの製造は、国内では当社と明知ガイシ(株)、海外については米国ではNGK-LOCKE POLYMER INS...

ファインセラミックス

20年06月 20/08/07

太陽誘電 の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び当社の関係会社(子会社34社及び関連会社5社)で構成されており、コンデンサ、フェライト及び応用製品、複合デバイス等の電子部品を製造販売する電子部品事業を行っております。当社は、 当社及び製造関係会社で完成品に加工した製品を、国内外のセットメーカー等及び販売関係会社へ販売及び供給しております。また、当社は、国内外の製造関係会社へ原材料及び半製品を供給しております。製造会社は、専...

電子部品

18年12月 19/02/19

バイテックホールディングス の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社、連結子会社26社、持分法適用関連会社3社で構成され、主な事業内容とその位置づけは、次のとおりであります。当部門におきましては、民生機器、車載、産機、インフラ分野等に向けて、各種半 導体・デバイス製品並びに電子機器の販売を行っております。また、ソリューション提案、技術開発サポート、ロジスティック、購買代行、ODM等の様々なサービスの提供を行い、付加価値の高いビジネスを展開しており...

情報通信・電子機器・部品卸売

20年06月 20/08/07

MARUWA の最新売上高、利益へ

当社の企業グループは、当社、子会社19社及びその他の関係会社1社により構成されており、電子部品を含むセラミック部品及び照明機器等の製造販売を事業としております。国内ユーザーに対しては、照明機器事業を除 き、当社の営業グループが製品の直接販売を行っております。一方、海外ユーザーに対しては、当社の営業グループ又は海外の子会社からユーザーへ直接販売する場合と、海外の子会社が当社と海外ユーザー間取引の取次を...

ファインセラミックス

赤字あり 20年06月 20/08/07

新光電気工業 の最新売上高、利益へ

当社および子会社11社(うち連結子会社10社)は、着実な進歩を続けるエレクトロニクス産業にあって、半導体パッケージのリーディングカンパニーとして幅広い半導体実装技術に基づく製品の開発・製造・販売を主な 事業内容としております。また、当社は富士通株式会社の子会社であります。当社は、リードフレーム、PLP(プラスチック・ラミネート・パッケージ、以下同じ)、ガラス端子等の半導体パッケージの開発・製造および...

電子部品

赤字あり 20年06月 20/08/22

大阪チタニウムテクノロジーズ の最新売上高、利益へ

当社は、日本製鉄株式会社と株式会社神戸製鋼所の持分法適用関連会社であります。日本製鉄株式会社(当社への出資23.9%)は製鉄事業を核にエンジニアリング事業、ケミカル・マテリアル事業、システムソリューシ ョン事業を営んでおり、株式会社神戸製鋼所(当社への出資23.9%)は、鉄鋼関連事業、電力卸供給事業、アルミ・銅関連事業、機械関連事業、建設機械関連事業、電子材料・その他の事業を営んでおります。金属チタ...

非鉄金属

20年06月 20/08/16

レノバ の最新売上高、利益へ

当社グループは「グリーンかつ自立可能なエネルギー・システムを構築し枢要な社会的課題を解決する」という経営理念のもと、再生可能エネルギー発電所を開発し、所有・運営しています。再生可能エネルギーとは、エネ ルギー源として永続的に利用可能な太陽光、バイオマス、風力、地熱及び水力等の総称です。当社グループは、大規模太陽光発電、バイオマス発電、洋上・陸上風力発電、地熱発電等のマルチ電源の発電事業を開発し運営す...

クリーンエネルギー

赤字あり 20年04月 20/06/19

ウインテスト の最新売上高、利益へ

当社は、今後大きな事業の進展が見込まれる中国市場へ対応するため、2019年3月山田電音株式会社の事業一部譲渡を受け、大阪事業所を開設、検査装置及び新規事業方面での製造強化に加えて、中国での製造拠点開設 の準備をを整えつつあります。また前々連結会計年度において、中長期的な企業基盤の強化や、今後成長が見込まれる新エネルギー関連分野への進出を目的として、太陽光発電システムの保守点検・整備・保証管理等の事業...

半導体・液晶製造装置

赤字あり 20年06月 20/08/07

北陸電気工業 の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(北陸電気工業株式会社)、子会社18社(2020年3月31日現在)により構成されており、主として電子部品(抵抗器、モジュール製品、電子デバイス及びその他の 電子部品)の製造・販売を事業としております。当部門においては、抵抗器(皮膜抵抗器及び可変抵抗器等)、モジュール製品(混成集積回路及びユニット製品等)、電子デバイス(センサ及び圧電部品等)およびその他電...

電子部品

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -39 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 20 % ( 伸び率: -57 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 60 % ( 伸び率: -19 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 54 % ( 伸び率: -9 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -64 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 45 % ( 伸び率: -27 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 43 % ( 伸び率: 40 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -26 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 22 % ( 伸び率: -67 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 86 % ( 伸び率: 129 % )