20/06/19

カナモトの最新業績

当社グループは当社、連結子会社10社、非連結子会社14社、関連会社4社の計29社で構成されております。当社及び(株)ニシケン、(株)九州建産、(株)カンキ、第一機械産業(株)、(株)サンワ機械リース、(株)小松土木通商は建設機械のレンタル・販売を行っており、(株)アシスト、セフティー石川(株)、(株)朝日レンタックスは什器備品・保安用品等のレンタル・販売、(株)カナテックは仮設ユニットハウスの設計・販売、東洋工業(株)はシールド工法関連の周辺機器のレンタル・販売、ユナイト(株)、九州ロード(株)は道路建設機械のレンタル・販売、道路工事施工、(株)KGフローテクノは地盤改良工事や地下構造物建築な...
20年01月28日に提出された書類より抜粋

概況

カナモトの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:カナモトの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(10月31日)/連結/JPYの概況

損益貸借CF比率総合収益性安全性成長性

売上高

20年04月 914億

19年04月 918億

18年04月 853億

売上総利益

20年04月 273億

19年04月 285億

18年04月 272億

営業利益

20年04月 92億

19年04月 112億

18年04月 109億

経常利益

20年04月 90億

19年04月 115億

18年04月 111億

当期純利益

20年04月 59億

19年04月 78億

18年04月 72億

親会社株主に帰属する当期純利益

20年04月 53億

19年04月 72億

18年04月 67億

包括利益

20年04月 53億

19年04月 75億

18年04月 71億

親会社株主に係る包括利益

20年04月 47億

19年04月 69億

18年04月 66億

期間データ

セグメントの内容

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
20年06月 20年04月 半期報告書 8.92 6.81 10 9.95
20年03月 20年01月 四半期報告書(第1四半期) 9.08 7.46 9.78 10
20年01月 19年10月 有価証券報告書 9 7.59 9.56 9.85
19年09月 19年07月 四半期報告書(第3四半期) 8.97 8 9.26 9.63
19年06月 19年04月 半期報告書 8.89 8.3 8.94 9.42
19年03月 19年01月 四半期報告書(第1四半期) 8.78 8.52 8.62 9.2
19年01月 18年10月 有価証券報告書 8.84 9.2 8.31 9.02
18年09月 18年07月 四半期報告書(第3四半期) 8.68 9.14 8.06 8.84
18年06月 18年04月 半期報告書 8.52 9.1 7.81 8.64
18年03月 18年01月 四半期報告書(第1四半期) 8.41 9.23 7.56 8.43
18年01月 17年10月 有価証券報告書 8.2 9.08 7.3 8.22
17年09月 17年07月 四半期報告書(第3四半期) 7.85 8.52 7.04 8
17年06月 17年04月 半期報告書 7.49 7.98 6.77 7.73
17年03月 17年01月 四半期報告書(第1四半期) 7.13 7.44 6.51 7.43
17年01月 16年10月 有価証券報告書 6.84 7.07 6.28 7.17
16年09月 16年07月 四半期報告書(第3四半期) 6.89 7.66 6.07 6.94
16年06月 16年04月 半期報告書 6.99 8.32 5.89 6.76
16年03月 16年01月 四半期報告書(第1四半期) 7.09 8.98 5.66 6.64
16年01月 15年10月 有価証券報告書 7.26 9.67 5.38 6.73
15年09月 15年07月 四半期報告書(第3四半期) 7.19 9.9 5.13 6.53
15年06月 15年04月 半期報告書 7.08 10 4.92 6.33
15年03月 15年01月 四半期報告書(第1四半期) 6.77 9.46 4.73 6.12
15年01月 14年10月 有価証券報告書 6.44 8.9 4.57 5.85

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
20年06月 20/08/07

サコス の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社2社及び非連結子会社2社で構成されており、機械・機器のレンタル、中古の建設機械及び産業機械等の販売、並びに工事用電気設備工事の設計監理及び請負 等を主な事業としております。また、当社グループが所属する西尾レントオール株式会社グループは、建設機械を中心とした機械・機器の賃貸及び販売を主な内容として事業活動を展開しております。なお、非連結子会社2...

建機・建材レンタル

20年06月 20/08/07

南陽 の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社8社、関連会社1社で構成され、主に商品(建設機械及び産業機器)の販売、建設機械のレンタルを中心として事業活動を展開しております。なお、次の3事業は 「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社が、建設機械及び産業用車輌等の販売、建設機械のレンタルを行うほか、(株)南陽レンテックが、当社より主に...

産業機械・工作機械卸売

20年06月 20/08/07

前田製作所 の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び親会社、子会社3社により構成され、建設機械等商品・部品の販売、サービス、レンタルを主な事業内容とし、更にクレーン製品、トンネル用機器、各種プラント、特装自動車、油圧シリンダー、 設備機械関連装置・情報関連機器製造装置の設計、製造、販売等の事業を展開しております。なお、セグメントと同一の区分であります。当社は、建設機械等商品の販売、サービス、レンタルを行っており、これに関連する...

建設機械・鉱山機械

20年06月 20/08/07

三協フロンテア の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、三協フロンテア(株)(当社)と、子会社であるフロンテア流通(株)、 広州番禺三協豪施有限公司、SANKYO FRONTIER MYANMAR COMPANY LIMITED、SANKYO FRONTIER MALAYSIA SDN. BHD.、SANKYO FRONTIER TECHNOLOGIES MYANMAR COMPANY LIMITED及び親会社...

建機・建材レンタル

20年06月 20/08/16

藤井産業 の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び子会社7社、関連会社1社により構成されており、電設資材、電気機器、工作機械、情報機器、土木建設機械等の販売を主な内容とし、さらに総合建築、設備、建設資材の施工等やメガソーラー発 電に亘る幅広い事業活動を展開しております。の変更をいたしました。ション部門が新設され、「施工」セグメントに属しております。す。おります。...

電気機器卸売

20年06月 20/08/07

ジェコス の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社、連結子会社ならびに関連会社)は、建設仮設材の賃貸および販売ならびに仮設工事の設計、施工等を主たる事業内容とする当社を中核として、各建設作業所における関連商品群を取扱い、総合的な営業 活動を全国規模で展開しております。仮設鋼材事業におきましては、当社ならびに連結子会社4社、関連会社2社にて展開しております。連結子会社のうちジェコス設計(株)は、設計およびコンサルティング等を、ジェコ...

建材・住設卸売

18年06月 20/02/18

三信建設工業 の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社2社で構成され、建設事業及び建設コンサルティング事業を主な事業の内容としております。建設事業 当社は特殊土木技術の専門工事業を営んでおります。子会 社である三信建設工業(香港)有限公司が建設業を営んでおりましたが、現在は平成23年10月に開設しました香港支店が香港を拠点とした東南アジア諸国での建設事業を営んでおり、業務移管をしております。その他の...

建設・土木

赤字あり 18年06月 18/08/23

サムシングホールディングス の最新売上高、利益へ

主に戸建用住宅地を対象として、地盤調査、地盤改良工事及び地盤保証を主に展開しております。 ...

建設・土木

20年06月 20/08/16

中部鋼鈑 の最新売上高、利益へ

当社グループは、提出会社である当社と連結子会社である5社(明徳産業株式会社、MEITOKU ENGINEERING VIETNAM CO.,LTD.、シーケー商事株式会社、シーケークリーンアド株式会社 、シーケー物流株式会社)で構成されております。事業内容別には鉄鋼関連事業、レンタル事業、物流事業及びエンジニアリング事業に大別され、各企業の事業及び関連は下記のとおりであります。なお、セグメントと同一...

電炉

20年05月 20/07/22

竹内製作所 の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び連結子会社4社の計5社により構成され、建設機械の開発・製造・販売を主たる業務とした事業を営んでおり、主要品目は、ミニショベル、油圧ショベル、クローラーローダー((注)1)であり ます。なお、報告セグメントは地域別としております。TAKEUCHI MFG.(U.S.),LTD. (販売会社)TAKEUCHI MFG.(U.K.)LTD. (販売会社)TAKEUCHI FRANC...

建設機械・鉱山機械

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -39 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 20 % ( 伸び率: -57 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 60 % ( 伸び率: -19 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 54 % ( 伸び率: -9 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -64 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 45 % ( 伸び率: -27 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 43 % ( 伸び率: 40 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -26 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 22 % ( 伸び率: -67 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 86 % ( 伸び率: 129 % )