赤字あり 20/09/05

ながの東急百貨店の最新業績

当社の企業集団は、当社と、親会社2社及び連結子会社1社、並びに当社と継続的で密接な事業上の関係にある関連当事者により構成されており、一般消費者を対象とした店頭販売を事業の内容としております。なお、当社及び連結子会社(以下「当社グループ」という。)は、商品の種類、販売市場の類似性から判断して、単一の事業であります。...
20年04月16日に提出された書類より抜粋

概況

ながの東急百貨店の最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:ながの東急百貨店の業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(0131)/連結/JPYの概況

損益貸借CF従業員比率総合収益性安全性成長性

売上高

20年07月 63億

19年07月 85億

18年07月 88億

営業総利益

20年07月 15億

19年07月 20億

18年07月 20億

営業利益

20年07月 -1億8185万

19年07月 2221万

18年07月 1億1734万

経常利益

20年07月 -1億9477万

19年07月 715万

18年07月 1億 27万

当期純利益

20年07月 -3億2775万

19年07月 -609万

18年07月 248万

親会社株主に帰属する当期純利益

20年07月 -3億2775万

19年07月 -609万

18年07月 248万

包括利益

20年07月 -3億 21万

19年07月 288万

18年07月 331万

親会社株主に係る包括利益

20年07月 -3億 21万

19年07月 288万

18年07月 331万

期間データ

セグメントの内容

セグメント情報は未設定です。

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
20年09月 20年07月 半期報告書 3.53 0.6 10 0
20年06月 20年04月 四半期報告書 第1四半期 3.85 1.07 9.89 0.58
20年04月 20年01月 有価証券報告書 4.2 1.53 9.78 1.3
19年12月 19年10月 四半期報告書 第3四半期 4.38 2 9.66 1.5
19年09月 19年07月 半期報告書 4.5 2.46 9.34 1.7
19年06月 19年04月 四半期報告書 第1四半期 4.62 2.93 9.03 1.91
19年04月 19年01月 有価証券報告書 4.36 2.27 8.7 2.11
18年12月 18年10月 四半期報告書 第3四半期 4.62 3.15 8.38 2.35
18年09月 18年07月 半期報告書 4.43 2.71 8.02 2.58
18年06月 18年04月 四半期報告書 第1四半期 4.63 3.36 7.71 2.81
18年04月 18年01月 有価証券報告書 4.7 3.69 7.35 3.05
17年12月 17年10月 四半期報告書 第3四半期 4.33 2.72 7.12 3.16
17年09月 17年07月 半期報告書 4.27 2.24 7.11 3.45
17年06月 17年04月 四半期報告書 第1四半期 4.06 1.27 7.17 3.73
17年06月 17年01月 有価証券報告書 3.81 0.31 7.23 3.89
17年04月 17年01月 有価証券報告書 3.81 0.31 7.23 3.89
17年06月 16年10月 四半期報告書 第3四半期 3.81 0 7.24 4.18
16年12月 16年10月 四半期報告書 第3四半期 3.81 0 7.24 4.18
16年09月 16年07月 半期報告書 4.14 0.48 7.25 4.7
16年05月 16年04月 四半期報告書 第1四半期 4.45 0.95 7.22 5.16
16年04月 16年01月 有価証券報告書 4.59 0.95 7.19 5.62
15年12月 15年10月 四半期報告書 第3四半期 4.84 1.43 6.98 6.11
15年09月 15年07月 半期報告書 4.97 1.91 6.63 6.35
15年06月 15年04月 四半期報告書 第1四半期 5.24 2.38 6.75 6.59
15年04月 15年01月 有価証券報告書 5.53 2.84 6.9 6.87
15年04月 14年01月 有価証券報告書 6.43 6.32 5.58 7.4

提出書類から以下を設定しています。
業界は 百貨店

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
赤字あり 20年05月 20/07/22

山陽百貨店 の最新売上高、利益へ

当社の親会社である山陽電気鉄道(株)は、鉄道事業及び付帯事業(索道事業、遊園事業、土地建物事業)を営んでおり、又、その他の関係会社である神姫バス(株)は、自動車運送事業、不動産事業及びレジャーサービス 事業を営んでおります。当社はそれぞれから営業用設備等を賃借しております。なお、当社グループは、百貨店業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。当社は百貨店業を営んでおります。...

百貨店

赤字あり 20年05月 20/07/22

大和 の最新売上高、利益へ

百貨店業・その他事業を行っている。なお、次の部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一である。当社は、金沢市・富山市において百貨店2店舗 を営んでいる。このほか、連結子会社の(株)大和カーネーションサークルが百貨店の友の会運営を行っている。主な連結子会社は(株)大和印刷社、(株)勁草書房、(株)レストランダイワ、(株)金沢ニューグランド...

百貨店

赤字あり 20年05月 20/07/22

井筒屋 の最新売上高、利益へ

当社の企業集団は、当社、子会社4社、関連会社1社で構成され、百貨店事業を主な内容とし、百貨店事業に付随、関連する友の会事業等の事業活動を展開しております。なお、セグメントと同一の区分であります。百貨店 業 ... 当社及び連結子会社(株)山口井筒屋が事業展開しており、当社は(株)山口井筒屋に対し商品の供給を行うほか、商品券の共通使用等営業上の提携を行っております。なお、連結子会社(株)レストラン井筒...

百貨店

赤字あり 20年05月 20/07/10

近鉄百貨店 の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社、子会社6社で構成されており、百貨店業、卸・小売業、内装業などの事業活動を展開しております。百貨店業........ 当社、(株)近鉄友の会が営んでおります。(株)近鉄友の会は、当 社と各種サービスの提供を目的とした前払式の商品売買の取次ぎを行っております。卸・小売業...... (株)シュテルン近鉄が輸入自動車の販売を、(株)ジャパンフーズクリエイトが食料品の製造・販売をそれぞ...

百貨店

赤字あり 20年05月 20/07/22

松屋 の最新売上高、利益へ

当社グループが営んでいる主な事業内容と各社の当該事業における位置づけ及びセグメントとの関連は次のとおりであります。なお、当連結会計年度より報告セグメント区分を変更しております。当社グループの主な事業と して(株)松屋が営んでおります。連結子会社である(株)アターブル松屋ホールディングス、(株)アターブル松屋、(株)アターブルイーピー、(株)アターブル松屋フードサービス、(株)アターブルイーピーエヌが...

百貨店

赤字あり 20年05月 20/07/22

髙島屋 の最新売上高、利益へ

当社グループは2020年2月29日現在、当社と子会社43社及び関連会社13社で構成され、百貨店業を主要業務として、商業開発業、金融業及び建装業等を営んでおります。当社、連結子会社の(株)岡山髙島屋等の 子会社14社及び関連会社3社で構成し、商品の供給、商品券等の共通取扱を行っております。連結子会社の東神開発(株)等の子会社13社及び関連会社7社で構成し、百貨店とのシナジー効果を発揮する商業開発及び資...

百貨店

赤字あり 20年05月 20/07/22

さいか屋 の最新売上高、利益へ

(1)当社の企業集団は、当社及び連結子会社2社並びに非連結子会社1社で構成され、百貨店業を中核として、以下の関連する各種事業活動を展開しております。なお、当社は百貨店業のみの単一セグメントであるため、 セグメント別の記載を省略しております。連結財務諸表提出会社(以下「株式会社さいか屋」という)が、横須賀市及び藤沢市で百貨店を営業し、川崎市ではサテライト型店舗、町田市では専門店ビルのテナント管理運営業...

百貨店

赤字あり 20年05月 20/07/22

J.フロント リテイリング の最新売上高、利益へ

当社の企業集団は、当社を純粋持株会社とする42社(当社を含む)によって構成されており、百貨店事業を中心としてパルコ事業、不動産事業、クレジット金融事業、卸売業、事務処理業務受託業、リース業、駐車場管理 業、建装工事請負業及び家具製造販売業などの事業を展開しております。なお、当社は特定上場会社等であります。株式会社J.フロント建装株式会社ディンプル、株式会社J.フロントフーズ、...

百貨店

20年05月 20/07/22

イオン北海道 の最新売上高、利益へ

当社は純粋持株会社イオン株式会社を中心とする企業集団に属しております。同企業集団はゼネラル・マーチャンダイズ・ストア(GMS)を核とした総合小売事業を主力事業としております。なお、当社は総合小売事業及 びその付随業務の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。当社は、衣料品・住居余暇・食品などの総合小売を主な事業として活動しており、北海道内にGMS40店舗、小型スーパー38店舗...

総合スーパー・スーパー

赤字あり 20年06月 20/08/16

エイチ・ツー・オー リテイリング の最新売上高、利益へ

当社の企業集団は、当社、子会社55社及び関連会社7社で構成され、百貨店事業、食品事業、不動産事業及びその他事業などの事業活動を展開しております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります 。なお、当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しております。百貨店事業........................子会社(株)阪急阪神百貨店が百貨店業を展開しております。食品事業........

百貨店

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -39 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 20 % ( 伸び率: -57 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 60 % ( 伸び率: -19 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 54 % ( 伸び率: -9 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -64 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 45 % ( 伸び率: -27 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 43 % ( 伸び率: 40 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -26 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 22 % ( 伸び率: -67 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 86 % ( 伸び率: 129 % )