赤字あり 17/06/21

中部証券金融の最新業績

当社は、金融商品取引法に基づき免許を受けた証券金融の専門機関であり、金融商品取引業者及び投資家に対して有価証券を担保に貸付業務を行うほか、有価証券の運用業務、有価証券の保管業務及び国債元利金支払いの代理業務を行っており、その内容は次のとおりであります。当貸付は、名古屋証券取引所の総合取引参加者及びIPO取引参加者のうち、貸借取引参加者に対し、金融商品市場の決済機構を利用して貸し付けるものであります。 なお、当貸付については、平成29年4月24日付で日本証券金融株式会社に業務移管しております。名古屋証券取引所上場銘柄のうち、貸借取引貸付を行う銘柄(貸借銘柄)数及び金銭の貸付のみを行う銘柄(貸借融...
17年06月21日に提出された書類より抜粋

概況

中部証券金融の最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:中部証券金融の業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(3月31日)/単独/JPYの概況

損益貸借CF比率総合収益性安全性成長性

営業収益

17年03月 6億8223万

16年03月 8億6421万

15年03月 8億6000万

営業総利益

17年03月 5億1379万

16年03月 6億2026万

15年03月 6億 275万

営業利益

17年03月 5959万

16年03月 1億9654万

15年03月 1億7397万

経常利益

17年03月 -2800万

16年03月 2億5935万

15年03月 2億6599万

当期純利益

17年03月 -9億 399万

16年03月 1億7357万

15年03月 1億8200万

期間データ

セグメントの内容

セグメント情報は未設定です。

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
17年06月 17年03月 有価証券報告書 5.75 7.25 10 0
17年02月 16年12月 四半期報告書(第3四半期) 6.31 7.82 9.56 1.55
16年11月 16年09月 半期報告書 6.61 8.34 9.39 2.1
16年08月 16年06月 四半期報告書(第1四半期) 6.85 8.87 9.01 2.69
16年06月 16年03月 有価証券報告書 7.44 10 8.98 3.35
16年02月 15年12月 四半期報告書(第3四半期) 7.13 9.94 8.23 3.23
15年11月 15年09月 半期報告書 6.93 9.62 7.59 3.57
15年08月 15年06月 四半期報告書(第1四半期) 6.28 8.81 6.76 3.27
15年08月 15年03月 有価証券報告書 5.53 7.7 5.72 3.16
15年08月 14年12月 四半期報告書(第3四半期) 5.21 6.74 5.52 3.38
15年08月 14年09月 半期報告書 5.11 5.99 5.59 3.77
15年08月 14年06月 四半期報告書(第1四半期) 5.38 6.19 5.62 4.33
15年08月 14年03月 有価証券報告書 5.19 5.05 5.69 4.81

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
20年06月 20/08/16

日本証券金融 の最新売上高、利益へ

当社は、連結子会社2社および持分法適用関連会社2社を含む日証金グループの中核企業です。当社グループの事業は、次のとおりであります。証券金融業............当社は貸借取引、公社債貸付、一般貸付 、債券貸借及び貸株業務などにより、金融商品取引業者や個人投資家、機関投資家に対し、金銭または有価証券を貸付けています。貸借取引については金融商品取引法第156条の24の規定により内閣総理大臣の免許を受...

証券・先物・外為

赤字あり 20年06月 20/08/16

第一商品 の最新売上高、利益へ

また、当社は商品先物取引関連事業を主業務とする投資・金融サービス事業の単一セグメントであります。当社は、商品先物取引法に基づき設置された商品取引所が開設する商品市場に上場されている各種の商品先物取引( 商品先物取引法第2条第3項第1号から第4号に規定する現物先物取引、現金決済取引、指数先物取引及びオプション取引)について、顧客の委託を受けて執行する業務(以下「受託業務」という。)及び自己の計算に基づ...

証券・先物・外為

20年06月 20/08/16

日本取引所グループ の最新売上高、利益へ

当社は、株式会社東京証券取引所、株式会社大阪取引所、株式会社東京商品取引所、日本取引所自主規制法人、株式会社日本証券クリアリング機構及び株式会社日本商品清算機構を含む連結子会社7社並びに持分法適用関連 会社3社を有する金融商品取引法上の金融商品取引所持株会社です。当社グループは、金融商品取引法上の金融商品取引所持株会社グループとして、有価証券やデリバティブの上場から、取引の場の提供、清算・決済サービ...

証券・先物・外為

20年06月 20/08/16

モルガン・スタンレーMUFG証券 の最新売上高、利益へ

当社の最終親会社および支配事業体はモルガン・スタンレーであり、当社、当社の親会社(モルガン・スタンレー・ホールディングス株式会社)およびその子会社(総称して「当グループ」)ならびにモルガン・スタンレー のその他の連結子会社とともに、「モルガン・スタンレー・グループ」を構成しています。モルガン・スタンレー・グループはグローバルな金融サービス会社であり、法人・機関投資家向け証券業務、ウェルス・マネジメン...

証券・先物・外為

赤字あり 20年06月 20/08/07

光世証券 の最新売上高、利益へ

当社の主たる事業は、金融商品取引業(有価証券売買等および売買等の委託の媒介、有価証券の引受および売出し)を中核とする投資金融サービス業であり、金融資本市場を通じ、顧客に対し資金調達、資産運用の両面で幅 広いサービスを提供しております。当企業集団は、当社および子会社1社から構成されております。当社の業務は、投資・金融サービス業という単一セグメントであります。当社の主な業務は以下のとおりであります。(1...

証券・先物・外為

赤字あり 20年03月 20/06/26

三菱UFJ証券ホールディングス の最新売上高、利益へ

当社グループ(連結子会社12社、持分法適用関連会社1社)は、金融商品取引業を中心とする営業活動を各地域で展開し、主たる事業として投資・金融サービス業(有価証券の売買およびその委託の媒介等、有価証券の引 受けおよび売出し、有価証券の募集および売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い、その他の金融商品取引業ならびに貸金業等)を営んでおり、お客さまに対し資金調達、資金運用の両面で幅広い投資・金融サービスを提...

証券・先物・外為

20年06月 20/08/16

SBI証券 の最新売上高、利益へ

当社の事業内容は、主にインターネット・コールセンターを通じた株式等有価証券の売買注文の委託業務、有価証券の引受け業務、有価証券の募集若しくは売出しの取扱い又は私募の取扱い業務、その他の金融商品取引業務 であり、これらの業務を通じて、顧客(投資家)のニーズに応じた金融サービスを提供することであります。当社グループ(当社及び当社の関係会社)には、当社、親会社2社及び連結子会社18社があり、システム関連事...

証券・先物・外為

20年06月 20/08/16

野村ホールディングス の最新売上高、利益へ

当社および当社の連結子会社等(連結子会社および連結変動持分事業体、2020年3月末現在1,342社)の主たる事業は、証券業を中核とする投資・金融サービス業であり、わが国をはじめ世界の主要な金融・資本市 場を網羅する営業拠点等を通じ、お客様に対し資金調達、資産運用の両面で幅広いサービスを提供しております。具体的な事業として、有価証券の売買等および売買等の委託の媒介、有価証券の引受けおよび売出し、有価証...

証券・先物・外為

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -39 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 20 % ( 伸び率: -57 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 60 % ( 伸び率: -19 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 54 % ( 伸び率: -9 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -64 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 45 % ( 伸び率: -27 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 43 % ( 伸び率: 40 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -26 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 22 % ( 伸び率: -67 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 86 % ( 伸び率: 129 % )