赤字あり 20/08/16

北海道中央バスの最新業績

当社グループは、北海道中央バス(株)(当社)、子会社14社及び関連会社3社(うち関連会社1社はその他の関係会社でもあります)により構成されており、これらの会社が行っている主な事業の内容と、当該事業におけるこれらの会社の位置付けは、次のとおりであります。なお、セグメントと同一内容で区分しております。当社と子会社の空知中央バス(株)、ニセコバス(株)及び札幌第一観光バス(株)の4社が乗合運送事業及び貸切運送事業を行っております。当社は、一部路線の運行管理を子会社の空知中央バス(株)、ニセコバス(株)及び札幌第一観光バス(株)に、乗車券発売業務の一部を子会社の中央バスビジネスサービス(株)に、車両の...
20年06月30日に提出された書類より抜粋

概況

北海道中央バスの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:北海道中央バスの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(3月31日)/連結/JPYの概況

損益貸借CF従業員比率総合収益性安全性成長性

売上高

20年06月 50億

19年06月 85億

18年06月 80億

売上総利益

20年06月 -15億

19年06月 4億9819万

18年06月 3億5519万

営業利益

20年06月 -22億

19年06月 -2億6609万

18年06月 -3億9283万

経常利益

20年06月 -21億

19年06月 -1億8297万

18年06月 -3億 777万

当期純利益

20年06月 -15億

19年06月 -1億6990万

18年06月 -2億8340万

親会社株主に帰属する当期純利益

20年06月 -15億

19年06月 -1億5398万

18年06月 -2億6683万

包括利益

20年06月 -15億

19年06月 1億5139万

18年06月 -1億4128万

親会社株主に係る包括利益

20年06月 -15億

19年06月 1億6732万

18年06月 -1億2472万

期間データ

セグメントの内容

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
20年08月 20年06月 四半期報告書(第1四半期) 7.15 4.58 10 6.86
20年06月 20年03月 有価証券報告書 7.95 5.38 9.85 8.61
20年02月 19年12月 四半期報告書(第3四半期) 7.47 4.04 9.64 8.74
19年11月 19年09月 半期報告書 6.99 2.45 9.4 9.11
19年08月 19年06月 四半期報告書(第1四半期) 6.39 0.86 9.17 9.13
19年06月 19年03月 有価証券報告書 6.03 0.06 8.95 9.07
19年02月 18年12月 四半期報告書(第3四半期) 6.6 1.57 8.72 9.51
18年11月 18年09月 半期報告書 7.08 3.12 8.55 9.58
18年08月 18年06月 四半期報告書(第1四半期) 7.42 3.92 8.35 9.98
18年06月 18年03月 有価証券報告書 7.64 4.71 8.2 10
18年02月 17年12月 四半期報告書(第3四半期) 7.98 6.21 8.03 9.71
17年11月 17年09月 半期報告書 8.3 7.65 7.81 9.44
17年08月 17年06月 四半期報告書(第1四半期) 8.56 9.07 7.63 8.99
17年06月 17年03月 有価証券報告書 8.07 8.27 7.4 8.54
17年02月 16年12月 四半期報告書(第3四半期) 7.5 7.24 7.19 8.06
16年11月 16年09月 半期報告書 7.64 8.48 7.04 7.41
16年08月 16年06月 四半期報告書(第1四半期) 7.92 10 6.87 6.88
16年06月 16年03月 有価証券報告書 7.51 9.53 6.69 6.31
16年02月 15年12月 四半期報告書(第3四半期) 6.74 7.98 6.51 5.73
15年11月 15年09月 半期報告書 6.11 6.39 6.29 5.64
15年08月 15年06月 四半期報告書(第1四半期) 5.5 4.8 6.12 5.59
15年06月 15年03月 有価証券報告書 5.59 5.23 5.97 5.57
15年02月 14年12月 四半期報告書(第3四半期) 5.61 5.9 5.83 5.1

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
20年03月 20/06/26

じょうてつ の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、当社の親会社、子会社3社により構成されており、運輸業、不動産業及びサービス業を主たる業務としている。なお、次の5部門は「第5 経理の状況 ― 1.(1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一である。旅客自動車運送事業等.........当社は、乗合バス、貸切バス業を行っている。土地・建物の建設販売業等...当社は、土地・住宅及びマン...

バス・タクシー

赤字あり 20年06月 20/08/16

北海道コカ・コーラボトリング の最新売上高、利益へ

当社の企業集団は、当社、当社の親会社及び連結子会社4社で構成されており、親会社の大日本印刷株式会社は印刷事業を主な事業内容としているのに対し、当社グループの事業は清涼飲料の製造・販売事業であります。当 社が販売するほか、子会社が製造、運送、自動販売機のオペレーションなどの付帯業務を行っております。なお、当社グループは清涼飲料の製造・販売事業の単一セグメントであります。当社が販売するほか、北海道ベンデ...

飲料

19年12月 20/04/11

長崎自動車 の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社、子会社15社及び関連会社1社で構成され、その営んでいる主な事業内容をセグメントに関連付けて示すと、次のとおりであります。当連結会計年度から、「関連事業」に含まれていた「ICカード 事業」について量的な重要性が増したため、報告セグメントとして記載する方法に変更しております。また、従来、「水運事業」として表示していたセグメント名称を「船舶運航事業」に変更しております。なお、次の10...

バス・タクシー

赤字あり 20年06月 20/08/16

HANATOUR JAPAN の最新売上高、利益へ

当社は、韓国からの日本向けインバウンド旅行商品にかかる日本国内の各種手配業務、中国、東南アジアからのインバウンド手配業務、旅行販売専用サイトの運営等を中心に以下の事業を展開しております。HANATOU R SERVICE INC.からの送客に対し、現地のホテル、バス、レストラン、観光地等の手配業務を行っております。(株)友愛観光バスとの業務提携により、各地のバス手配を行っております。パッケージツアー...

旅行

20年03月 20/06/29

新日本海フェリー の最新売上高、利益へ

なお、次の4部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。定期航路は、当社グループの主体事業であり、国内定期航路(フェリー事業 )として日本海において一般旅客、自動車の海上輸送を展開しています。その航路は大型カーフェリー8隻によって小樽-舞鶴航路、苫小牧-敦賀航路、小樽-新潟航路、苫小牧-秋田-新潟-敦賀航路であり、各航路とも...

水運

赤字あり 20年06月 20/08/16

神姫バス の最新売上高、利益へ

当社及び当社の関係会社(当社、子会社26社(内、連結子会社20社、持分法適用子会社2社)及び関連会社4社(内、持分法適用関連会社2社)により構成)が営んでいる主な事業内容と当該事業における位置付けは、 次の通りであります。なお、同日付で(株)エルテオは神姫バス不動産(株)に商号変更しております。また、当連結会計年度より、(株)ケアサービス神姫を新たに設立したため、連結の範囲に含めております。なお、以...

バス・タクシー

赤字あり 20年06月 20/08/16

富士急行 の最新売上高、利益へ

当社及び当社の関係会社(当期末の連結子会社35社、持分法適用関連会社3社)は主に運輸、不動産、レジャー・サービスなどに関係する事業を行っており、各分野で相互に協力しあいながらそれぞれの分野で、地域社会 の開発と発展のため企業活動を展開しております。なお、セグメントと同一の区分であります。当事業においては鉄道、バス、タクシーなど地域に密着した利便性の高い生活の足として、また快適な観光、レジャー等のアク...

鉄道

赤字あり 20年03月 20/07/01

瀬戸内運輸 の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社9社で構成され、運送事業を主体にこれらに関連する事業を営んでおり、当社グループ各社の事業における位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであり ます。...

バス・タクシー

赤字あり 20年05月 20/08/16

サツドラホールディングス の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、及び連結子会社6社、並びに関連会社2社の計9社により構成されております。当社グループは、主にドラッグストアと調剤薬局の運営を行うリテール事業を中心に、I Tソリューション事業にてPOSアプリケーションの開発や販売等を行っております。また、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。なお、当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しております...

ドラッグストア

赤字あり 20年06月 20/08/16

栗林商船 の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び連結子会社13社並びにその他関係会社8社で構成され、海上運送業を主たる事業としている内航船社であり、輸送貨物の集配及び積揚げなどをグループとして行い、海陸一貫輸送の事業に従事し ております。なお、セグメントと同一の区分であります。日本国内での内航運送業、内航運送取扱業、内航船舶貸渡業、一般旅客フェリー事業に従事しております。東南アジア地域での外航定期航路運送業、外航不定期航路...

水運

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -39 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 20 % ( 伸び率: -57 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 60 % ( 伸び率: -19 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 54 % ( 伸び率: -9 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -64 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 45 % ( 伸び率: -27 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 43 % ( 伸び率: 40 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -26 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 22 % ( 伸び率: -67 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 86 % ( 伸び率: 129 % )