20/10/31
企業名 ジャパンメディアシステム株式会社
カナ ジャパンメディアシステムカブシキガイシャ
英語 Japan Media Systems Corporation
業界 IT
所在地 千代田区外神田二丁目14番10号
ホームページ http://www.jm-s.co.jp/
EDINET E05357
証券コード -
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(-)
決算日 7月31日

ジャパンメディアシステムの最新業績

当社は、単一セグメントでビジュアルコミュニケーション事業(以下、VC事業という)を行っており、ビジュアルコミュニケーションシステム「LiveOn」の開発・販売を主たる業務としております。「LiveOn」は、ブラウザ上で動作するソフトウエアタイプのビジュアルコミュニケーションシステムであり、簡単・手軽に始められるWeb会議・テレビ会議システムとしても認知されています。業界の先駆けとして2001年より開発・販売を行っており、100%自社開発という強みを活かして、定期的なバージョンアップによりユーザの要望を実現しております。また、製品に関わる技術においては全て社内で一括管理しており、システムに関する...
20年10月29日に提出された書類より抜粋

概況

ジャパンメディアシステムの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:ジャパンメディアシステムの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(0731)/単独/JPYの概況

損益貸借CF従業員比率総合収益性安全性成長性

売上高

20年07月 26億

19年07月 16億

18年07月 15億

売上総利益

20年07月 18億

19年07月 11億

18年07月 10億

営業利益

20年07月 6億2342万

19年07月 2億7676万

18年07月 2億3144万

経常利益

20年07月 6億2364万

19年07月 2億7573万

18年07月 2億3249万

当期純利益

20年07月 4億2233万

19年07月 1億8889万

18年07月 1億6810万

期間データ

セグメントの内容

セグメント情報は未設定です。

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
20年10月 20年07月
有価証券報告書
8.54 10 5.61 10
20年04月 20年01月
書類
7.45 8.06 4.93 9.35
19年10月 19年07月
有価証券報告書
6.56 6.18 4.8 8.7
19年04月 19年01月
書類
6.3 6.51 4.09 8.3
18年10月 18年07月
有価証券報告書
6.3 6.94 4.01 7.95
18年04月 18年01月
書類
5.28 5.31 3.2 7.32
17年10月 17年07月
有価証券報告書
4.4 4 2.45 6.75
17年04月 17年01月
書類
3.37 2.01 1.89 6.2
16年10月 16年07月
有価証券報告書
2.43 0 1.68 5.61
16年04月 16年01月
書類
2.88 1.51 1.9 5.24
15年10月 15年07月
有価証券報告書
3.18 2.49 2.1 4.95
15年04月 15年01月
書類
3.6 4.4 1.58 4.81

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
20年06月 20/08/27

ブイキューブ の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社(株式会社ブイキューブ)、アジアを中心とした海外の連結子会社5社、国内の連結子会社1社の計6社で構成されており、「アジアNo.1のビジュアルコミュニケーションプラットフォーム」を目

システム開発・保守・インフラ

20年06月 20/08/16

ファインデックス の最新売上高、利益へ

当社グループは、システム開発事業とヘルステック事業を報告セグメントとしており、各報告セグメントの事業の内容は以下のとおりであります。当社は、医療機関の情報管理に係る負担を軽減させることが医療機関経営の

システム開発・保守・インフラ

赤字あり 20年06月 20/08/16

アステリア の最新売上高、利益へ

当社は、「ソフトウェアで世界をつなぐ」をコンセプトに、ソフトウェア技術とインターネット技術を中核としたさまざまな「つなぐ」ニーズに応えるソフトウェアの開発と販売およびそれに付帯する事業を行っています。

システム開発・保守・インフラ

20年07月 20/09/13

ネオジャパン の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社、連結子会社1社、非連結子会社2社により構成されており、ソフトウェア事業、システム開発サービス事業等の事業を展開しております。なお、当連結会計年度より報告セグメントの区分を変更して

システム開発・保守・インフラ

赤字あり 20年06月 20/09/05

アルファクス・フード・システム の最新売上高、利益へ

当社は、「食文化の発展に情報システムで貢献する」ことを社是に、外食企業に特化した基幹業務システムのASP(注1)/パッケージによる提供から、飲食店店舗にて利用するPOSシステム(注2)、オーダーエント

システム開発・保守・インフラ

20年06月 20/08/16

Chatwork の最新売上高、利益へ

当社事業は、自社開発のビジネスコミュニケーションツールを提供する「Chatwork事業」及びセキュリティソフトの販売代理を行う「セキュリティ事業」に区分されます。それぞれの事業内容の詳細は以下のとおり

システム開発・保守・インフラ

20年06月 20/09/13

エムケイシステム の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社(株式会社エムケイシステム)、株式会社ビジネスネットコーポレーションの2社で構成され、社労夢事業とCuBe事業の2事業を営んでおります。社労夢事業では、社会保険労務士事務所、労働保

システム開発・保守・インフラ

赤字あり 20年06月 20/08/16

オプティム の最新売上高、利益へ

当社グループは、「ネットを空気に変える」というコンセプトを掲げ、もはや生活インフラとなったインターネットが、いまだに利用にあたりITリテラシー(※1)を必要とする現状を変え、インターネットそのものを空

システム開発・保守・インフラ

赤字あり 20年06月 20/08/16

エイジア の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社、連結子会社である株式会社FUCA及び株式会社ままちゅ、持分法適用会社である株式会社グリーゼにより構成されております。当連結会計年度より、連結子会社でありましたAZIA MARKE

システム開発・保守・インフラ

20年08月 20/10/18

協立情報通信 の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び神奈川協立情報通信株式会社の2社で構成)は、中堅・中小企業を中心とした法人及び官公庁向けに、ICT(*1)と情報活用によって経営課題を効果的に解決するための「経営情報ソリューショ

システム開発・保守・インフラ

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 36 % ( 伸び率: -41 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 19 % ( 伸び率: -58 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 58 % ( 伸び率: -22 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 0 % ( 伸び率: -100 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 0 % ( 伸び率: -100 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 50 % ( 伸び率: -20 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 100 % ( 伸び率: 261 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 0 % ( 伸び率: -100 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 0 % ( 伸び率: -100 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 100 % ( 伸び率: 167 % )

ジャパンメディアシステム / ブイキューブ / ファインデックス / アステリア / ネオジャパン を比較する

ジャパンメディアシステム / アルファクス・フード・システム / Chatwork / エムケイシステム / オプティム を比較する

ジャパンメディアシステム / 精密機器(業界) / アパレル・雑貨(業界) / 通信(業界) / 広告(業界) を比較する

ジャパンメディアシステム / 放送(業界) / 電子機器・情報通信機器(業界) / 電子部品・デバイス(業界) / 林業・木材(業界) を比較する

ジャパンメディアシステム / 飲料(業界) / 畜産(業界) を比較する

ジャパンメディアシステム / IT・通信(統計分類) / 医療(統計分類) / 広告(統計分類) / 労働(統計分類) を比較する