赤字あり 20/08/16

ゼネラル・オイスターの最新業績

当社グループ(当社及び当社の子会社)は、当社、100%出資子会社の株式会社ヒューマンウェブ、株式会社ジーオー・ストア、株式会社ゼネラル・オイスター・ヴィレッジ、株式会社海洋深層水かきセンター、株式会社日本かきセンター及び株式会社ジーオーシード、52.5%出資子会社の株式会社ジーオー・ファームの8社で構成され、牡蠣を主体とするレストラン(オイスターバー)を経営する店舗事業と、安全性の高い牡蠣の生産研究、産地の開拓、牡蠣の安定供給を目的として、牡蠣の卸売事業を展開しております。当社グループは、店舗事業を通じて安全安心な牡蠣を提供しております。卸売事業においては、牡蠣を安全に提供するため、厚生労働省...
20年06月29日に提出された書類より抜粋

概況

ゼネラル・オイスターの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:ゼネラル・オイスターの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(3月31日)/連結/JPYの概況

損益貸借CF従業員比率総合収益性安全性成長性

売上高

20年06月 2億3150万

19年06月 8億 375万

18年06月 8億2270万

売上総利益

20年06月 1億3667万

19年06月 5億2369万

18年06月 5億5890万

営業利益

20年06月 -2億1350万

19年06月 -7113万

18年06月 -6157万

経常利益

20年06月 -2億1256万

19年06月 -7059万

18年06月 -5981万

当期純利益

20年06月 -2億1116万

19年06月 -6968万

18年06月 -5843万

親会社株主に帰属する当期純利益

20年06月 -2億 608万

19年06月 -6341万

18年06月 -5178万

包括利益

20年06月 -2億1116万

19年06月 -6968万

18年06月 -5843万

親会社株主に係る包括利益

20年06月 -2億 608万

19年06月 -6341万

18年06月 -5178万

期間データ

セグメントの内容

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
20年08月 20年06月 四半期報告書(第1四半期) 3.94 1.44 3.01 7.36
20年06月 20年03月 有価証券報告書 4.21 1.9 2.98 7.74
20年02月 19年12月 四半期報告書(第3四半期) 4.29 1.61 3.25 8.02
19年11月 19年09月 半期報告書 4.67 1.98 3.82 8.2
19年08月 19年06月 四半期報告書(第1四半期) 4.97 2.1 4.42 8.4
20年05月 19年03月 有価証券報告書 5.41 2.54 5.01 8.69
19年06月 19年03月 有価証券報告書 5.41 2.54 5.01 8.69
19年02月 18年12月 四半期報告書(第3四半期) 5.84 2.8 5.7 9.02
18年11月 18年09月 半期報告書 5.84 2.37 5.98 9.18
18年08月 18年06月 四半期報告書(第1四半期) 5.79 2.21 5.78 9.37
19年11月 18年03月 有価証券報告書 5.58 1.76 5.58 9.41
18年06月 18年03月 有価証券報告書 5.58 1.76 5.58 9.41
18年02月 17年12月 四半期報告書(第3四半期) 5.4 1.31 5.47 9.41
17年12月 17年09月 半期報告書 5.42 0.87 5.73 9.67
17年11月 17年09月 半期報告書 5.42 0.87 5.73 9.67
17年09月 17年06月 四半期報告書(第1四半期) 5.61 0.43 6.58 9.8
18年02月 17年03月 有価証券届出書 5.64 0 6.92 10
18年02月 17年03月 有価証券届出書 5.64 0 6.92 10
18年02月 17年03月 有価証券届出書 5.64 0 6.92 10
18年02月 17年03月 有価証券届出書 5.64 0 6.92 10
18年01月 17年03月 有価証券届出書 5.64 0 6.92 10
18年01月 17年03月 有価証券届出書 5.64 0 6.92 10
18年01月 17年03月 有価証券届出書 5.64 0 6.92 10
18年01月 17年03月 有価証券報告書 5.64 0 6.92 10
17年06月 17年03月 有価証券報告書 5.64 0 6.92 10
17年02月 16年12月 四半期報告書(第3四半期) 5.94 0.45 7.38 9.98
16年11月 16年09月 半期報告書 6.23 0.9 8 9.81
16年08月 16年06月 四半期報告書(第1四半期) 6.52 1.35 8.61 9.61
16年06月 16年03月 有価証券報告書 6.81 1.8 9.23 9.41
16年02月 15年12月 四半期報告書(第3四半期) 7.16 2.25 9.84 9.38
15年11月 15年09月 半期報告書 7.26 2.7 10 9.07
15年08月 15年06月 四半期報告書(第1四半期) 7.32 3.15 9.96 8.86
15年06月 15年03月 有価証券報告書 7.34 3.58 9.81 8.64
15年03月 14年03月 有価証券届出書 7.47 7.14 8.65 6.63

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
赤字あり 20年06月 20/08/16

東京一番フーズ の最新売上高、利益へ

当社グループは「こだわりを持って日本の食文化を変えていく」という理念のもと、水産業において自社で生産・加工物流・販売を一貫して手掛ける「6次産業化」による垂直統合的な事業展開を行っております。「6次産 業化」においては、生産である第1次産業から加工・物流の第2次産業、そして飲食・卸売の第3次産業に至るすべてを一貫して行うことで当社グループの食材に対するこだわりを徹底することができ、中間流通コストをカ...

レストラン

赤字あり 20年06月 20/08/22

ヒガシマル の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び連結子会社。以下「当社グループ」という。)は、養魚用配合飼料等の製造・販売及び食品の製造・販売の事業活動を展開しております。当社が養魚用配合飼料の製造販売を、マリンテック株式会社 が水産初期飼料及び養魚用配合飼料等の製造販売を、永屋水産株式会社が生鮮魚介類及び養魚用配合飼料の販売を、奄美クルマエビ株式会社がクルマエビの養殖生産販売を、株式会社ヤンバル琉宮水産がマグロの養殖生産販...

飼料

20年06月 20/08/16

王将フードサービス の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び連結子会社である王將餐飲服務股份有限公司、株式会社王将ハートフルから構成され、中華料理を主体にした直営レストランチェーンの運営及びフランチャイズ加盟店等への中華食材等の販売を目 的とした中華事業を行っております。...

レストラン

赤字あり 20年06月 20/08/16

WDI の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社、子会社16社及び関連会社1社で構成されており、2020年3月31日現在、180店舗を展開しております。(但し、海外子会社が運営または管理する店舗については2019年12月31日現 在の数字であります。セグメント別の店舗数は、日本148店舗、北米12店舗、ミクロネシア6店舗、アジア14店舗となっております。当社グループは、様々な業態のレストランを運営しており、国内に79店舗、海外...

レストラン

赤字あり 20年06月 20/08/16

木曽路 の最新売上高、利益へ

当社は、料理及び飲食物の加工調理提供を主要業務とする飲食業であります。営業部門としては、しゃぶしゃぶ・日本料理の木曽路部門、居酒屋部門(素材屋・とりかく・ワイン食堂ウノ・九州味巡り ここの・酒場 大穴 )、焼肉のじゃんじゃん亭部門、和食レストランの鈴のれん部門及びその他部門(からしげ、てんや、外販及び不動産の賃貸等)となっており、店舗出店地域は中部地区の4県、関東地区の1都6県、関西地区の1府3県及...

レストラン

赤字あり 20年06月 20/08/16

イートアンド の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社、連結子会社(株式会社ナインブロック、フードランナー株式会社、株式会社A&B)、非連結子会社(一特安餐飲股份有限公司)、関連会社(EAT&INT ERNATIONAL(H.K.)CO.,LIMITED、Osaka Ohsho(Thailand)Company Limited)の7社で構成されており、中華惣菜を中心とする冷凍食品の製造および販売と...

レストラン

赤字あり 20年05月 20/07/22

ゼットン の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社(株式会社ゼットン)及び連結子会社1社により構成されており、当連結会計年度末現在、直営店68店舗(国内62店舗、海外6店舗)、FC店8店舗の合計76店舗を運営しております。今後も魅 力あるコンテンツが街を活性化させるという思想にて新しい文化の醸成に貢献してまいります。)との間で、当該会社による当社の連結子会社化を目的とする「合意書」を締結いたしました。この結果、合意書の効力発生日...

レストラン

赤字あり 20年05月 20/07/22

ハイデイ日高 の最新売上高、利益へ

当社は、ラーメン・餃子・中華料理などを主とした飲食店チェーンを展開する事業を行っており、さいたま市を発祥の地として、2020年2月末現在、東京都に213店舗、埼玉県に108店舗、神奈川県に69店舗、千 葉県に49店舗、栃木県1店舗、茨城県3店舗の計443店舗を直営で経営しております。品質の向上と安定、均一化を図るため、食材の購買、麺・餃子・調味料などの製造、各店舗の発注に関わる業務管理、物流までの機...

レストラン

赤字あり 20年06月 20/08/07

藤田観光 の最新売上高、利益へ

(注)「主要な関係会社等」欄に記載している会社名および会社数は、当社を除き全て連結子会社であります。上記の他、持分法適用の東海汽船(株)を含む関連会社2社と、その他の関係会社にDOWAホールディングス (株)があります。なお、同社との取引関係については、取引金額が些少であり、重要なものはありません。これら当社の企業集団は相互に連携して事業の発展を図っております。...

レストラン

赤字あり 20年06月 20/08/22

グローバルダイニング の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び米国子会社であるグローバルダイニング,インク.オブ カリフォルニアにより構成されており、レストラン経営を主とする飲食事業を営んでおります。都内を中心にイタリア料理、メキシコアメ リカ料理、アジア料理、国際折衷料理、和食の飲食店など、計47店舗の経営を行っております。(子会社)グローバルダイニング,インク.オブ カリフォルニア米国内においてレストランチェーンを展開するためカリフ...

レストラン

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -39 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 20 % ( 伸び率: -57 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 60 % ( 伸び率: -19 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 54 % ( 伸び率: -9 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -64 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 45 % ( 伸び率: -27 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 43 % ( 伸び率: 40 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -26 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 22 % ( 伸び率: -67 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 86 % ( 伸び率: 129 % )

肉用牛(農業総産出額)

7,312.0(億円) 17年12月

畜産物(総合農業物価)

102.8(2015=100) 20年07月

ブロイラー(農業総産出額)

3,578.0(億円) 17年12月

鶏(農業総産出額)

9,031.0(億円) 17年12月

鶏卵(農業総産出額)

5,278.0(億円) 17年12月

生乳(農業総産出額)

7,402.0(億円) 17年12月

豚(農業総産出額)

6,494.0(億円) 17年12月

飼料(農業物価)

98.600(平成22年=100) 20年03月

乳用牛(農業総産出額)

8,955.0(億円) 17年12月

鶏卵(農業物価)

75.0(2015=100) 20年07月