赤字あり 20/08/07

神戸天然物化学の最新業績

当社は、有機化学品の研究・開発・生産ソリューション事業を主たる業務としております。より具体的には、顧客の製品開発及び製品販売のために行う研究、開発及び生産活動における必要なサンプル及び製品を供給するとともに、顧客の製品開発段階に応じた諸課題を解決するサービスを提供しております。これらのサービスは顧客と密に協力を行いながら実施し、より迅速な製品開発等を支援することを通じて、社会へ新たな医薬品・工業製品等を提供できるものと認識しています。対象としている有機化学品は、主に医薬分野、情報電子分野等で用いる有用な機能を持った化学品及びその中間体であり、より汎用的な化学品を原料として製造いたします。化学品...
20年06月25日に提出された書類より抜粋

概況

神戸天然物化学の最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:神戸天然物化学の業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(3月31日)/単独/JPYの概況

損益貸借CF比率総合収益性安全性成長性

売上高

20年06月 10億

19年06月 10億

18年06月 14億

売上総利益

20年06月 2億9608万

19年06月 2億5797万

18年06月 6億2398万

営業利益

20年06月 -818万

19年06月 -2080万

18年06月 3億2510万

経常利益

20年06月 1289万

19年06月 153万

18年06月 3億4867万

当期純利益

20年06月 377万

19年06月 -338万

18年06月 2億5599万

期間データ

セグメントの内容

セグメント情報は未設定です。

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
20年08月 20年06月 四半期報告書 第1四半期 6.66 3.51 8.56 7.9
20年06月 20年03月 有価証券報告書 6.28 2.87 8.5 7.48
20年02月 19年12月 四半期報告書 第3四半期 6.6 4.2 8.41 7.2
19年11月 19年09月 半期報告書 7.34 5.52 8.91 7.6
19年08月 19年06月 四半期報告書 第1四半期 8.2 6.84 9.42 8.35
19年06月 19年03月 有価証券報告書 8.97 7.51 10 9.4
19年02月 18年12月 四半期報告書 第3四半期 8.72 7.13 9.37 9.65
18年11月 18年09月 半期報告書 8.77 8.28 8.31 9.72
18年08月 18年06月 四半期報告書 第1四半期 8.77 9.42 7.08 9.81
18年06月 18年03月 有価証券報告書 8.6 10 5.81 10
18年03月 17年03月 有価証券届出書 4.74 5.18 3.32 5.73
18年02月 17年03月 有価証券届出書 4.74 5.18 3.32 5.73
18年02月 17年03月 有価証券届出書 4.74 5.18 3.32 5.73

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
20年06月 20/08/07

堺化学工業 の最新売上高、利益へ

当社の企業集団は、当社、連結子会社17社及び非連結子会社2社で構成され、化学工業製品の製造販売を主な事業とし、その他の関連事業を行っております。当事業の事業内容は以下のとおりです。・酸化チタン製品.. .・樹脂添加剤.........・バリウム製品......・触媒製品............・電子材料...............

化成品(樹脂・油脂・界面活性剤・機能性原料)

20年04月 20/06/19

トリケミカル研究所 の最新売上高、利益へ

当社グループの事業は、半導体等製造用高純度化学化合物事業並びにこれらの付帯業務の単一セグメントであります。当社グループは、当社、連結子会社(三化電子材料股份有限公司)、持分法適用関連会社(SK Tri Chem Co., Ltd.及び(株)エッチ・ビー・アール)の4社で構成されております。連結子会社三化電子材料股份有限公司は、台湾での高純度化学化合物の開発・製造・販売を行うことを目的として設立され...

化成品(樹脂・油脂・界面活性剤・機能性原料)

20年06月 20/08/07

KHネオケム の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(KHネオケム株式会社)、子会社6社及び関連会社2社(2019年12月31日現在)により構成されており、各種石油化学製品の製造・販売を主たる業務としており ます。「オキソ技術」と呼ばれる製造方法をコア技術として、さまざまな産業分野に特色ある化学製品を提供し、化学の力でより良い明日を実現するため、挑戦を続けています。オキソ技術とはオレフィン(注1)を原料に...

化成品(樹脂・油脂・界面活性剤・機能性原料)

20年06月 20/08/07

ケミプロ化成 の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び関連会社1社により構成されており、化学品事業(紫外線吸収剤、写真薬中間体、製紙用薬剤などの製造販売)、ホーム産業事業(木材保存薬剤等の製造販売)の2事 業を主たる業務としております。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1) 財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。...

化成品(樹脂・油脂・界面活性剤・機能性原料)

20年06月 20/08/07

昭栄薬品 の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び子会社2社により構成されており、天然油脂由来の油脂化学品(総称して以下、「オレオケミカル」といいます。)を主な取扱商品とする化学品事業を主たる事業としております。当社グループの 主な取扱商品である「オレオケミカル」とは、パーム油、ヤシ油及びパーム核油等の天然油脂を原材料として生み出される油脂化学品の総称であり、多種多様な化学品の中で資源に限りがある石油化学品とは異なり、再生産...

化成品(樹脂・油脂・界面活性剤・機能性原料)

20年05月 20/07/09

大阪有機化学工業 の最新売上高、利益へ

当社グループは、大阪有機化学工業株式会社(当社)と連結子会社2社及び関連会社1社(持分法非適用)より構成され、有機化学工業薬品の製造販売を主な業務としております。当社グループの事業は、化成品事業、電子 材料事業及び機能化学品事業の3分野の事業を展開しております。塗料・粘接着剤・インキ向け等特殊アクリル酸エステル及びアクリル酸の製造販売。ディスプレイ・半導体を中心とした電子材料の製造販売。化粧品向け原...

化成品(樹脂・油脂・界面活性剤・機能性原料)

赤字あり 20年06月 20/08/07

リボミック の最新売上高、利益へ

当社は、アプタマー創薬技術に関するプラットフォームである「RiboARTシステム(Ribomic Aptamer Refined Therapeutics System)」をベースとした創薬事業を展開 している創薬プラットフォーム系バイオベンチャーです。「RiboARTシステム」は様々なアプタマー医薬の開発に応用できるものですが、当社は、特に「Unmet Medical Needs」疾患領域に的を絞...

製薬・医薬品

20年06月 20/08/16

大阪ソーダ の最新売上高、利益へ

当社の企業集団は、2020年3月31日現在、当社、連結子会社14社、非連結子会社2社および関連会社3社で構成されている。主な製品として、かせいソーダ、塩酸、液化塩素、塩素ガス、次亜塩素酸ソーダ、亜塩素 酸ソーダ、塩素酸ソーダ、かせいカリ、水素ガス、エピクロルヒドリン、アリルクロライド等の製造・販売を行っている。当社が製造・販売するほか、連結子会社であるダイソーケミカル株式会社を通じて販売するとともに...

基礎原料

赤字あり 20年06月 20/08/16

カルナバイオサイエンス の最新売上高、利益へ

がん疾患、リウマチなどの免疫炎症疾患、アルツハイマー病などの神経変性疾患では、生体恒常性機能に異常をきたしており、生体内では異常なシグナル伝達が起こっていることが知られています。この原因と考えられてい る分子のひとつに、細胞内外の情報伝達をつかさどるキナーゼ(*)と呼ばれる酵素があります。このキナーゼが遺伝子変異やストレスなどによって異常な働きになった場合には、シグナル伝達機能に支障をきたし病気につ...

医療サービス

20年06月 20/08/16

ダイセル の最新売上高、利益へ

当社グループは、株式会社ダイセル(当社)および子会社64社、関連会社12社より構成されております。なお、次の5部門は「第5 経理の状況 1 (1) 連結財務諸表 注記」に掲げるセグメントの区分と同一で あります。当社が、酢酸セルロース、たばこフィルター用トウなどを製造・販売しております。連結子会社ダイセルファインケム(株)が、アセテート・プラスチック、セルロイドおよびその成形加工品、CMC、HECな...

化成品(樹脂・油脂・界面活性剤・機能性原料)

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -39 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 20 % ( 伸び率: -57 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 60 % ( 伸び率: -19 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 54 % ( 伸び率: -9 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -64 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 45 % ( 伸び率: -27 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 43 % ( 伸び率: 40 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -26 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 22 % ( 伸び率: -67 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 86 % ( 伸び率: 129 % )

機械受注額(化学工業)

62633(百万円) 20年06月