赤字あり 20/05/17

メルカリの最新業績

当社グループのミッションは、「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」ことです。当社は、スマートフォンやソーシャルメディアの普及により、個人がスマートフォンを通じてモノの売買や情報発信を行えるようになったことを追い風に、スマートフォン上で不要品を簡単に売買できるフリマアプリ「メルカリ」を提供しています。当社グループは、モノなどの資産を有する出品者とそれに価値を見出す購入者を結ぶ、簡単で、楽しく、安全なCtoCマーケットプレイスを提供することにより、循環型社会を実現していきます。当社が運営する「メルカリ」はスマートフォンに特化した個人間取引(CtoC)のためのマーケットプレイスであ...
19年09月27日に提出された書類より抜粋

概況

メルカリの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:メルカリの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について

累計四半期(6月30日)/連結/JPYの概況

損益貸借CF従業員比率総合収益性安全性成長性

売上高

20年03月 533億

19年03月 373億

18年03月 261億

売上総利益

20年03月 383億

19年03月 283億

18年03月 215億

営業利益

20年03月 -202億

19年03月 -59億

18年03月 -18億

経常利益

20年03月 -203億

19年03月 -59億

18年03月 -19億

当期純利益

20年03月 -222億

19年03月 -73億

18年03月 -34億

親会社株主に帰属する当期純利益

20年03月 -222億

19年03月 -73億

18年03月 -34億

包括利益

20年03月 -212億

19年03月 -74億

18年03月 -35億

親会社株主に係る包括利益

20年03月 -211億

19年03月 -74億

18年03月 -35億

期間データ

セグメントの内容

セグメント情報は未設定です。

提出書類

提出日 対象時期 書類名 総合 収益 安全 成長
20年05月 20年03月 四半期報告書(第3四半期) 3.81 1.42 0 10
20年02月 19年12月 半期報告書 4.65 2.78 1.62 9.56
19年11月 19年09月 四半期報告書(第1四半期) 5.65 4.15 3.68 9.13
19年09月 19年06月 有価証券報告書 6.65 5.52 5.73 8.69
19年05月 19年03月 四半期報告書(第3四半期) 7.51 6.89 7.38 8.26
19年02月 18年12月 半期報告書 7.44 7.19 7.32 7.82
18年11月 18年09月 四半期報告書(第1四半期) 7.19 6.99 7.21 7.38
19年02月 18年06月 有価証券届出書 7.13 7.63 6.79 6.98
19年01月 18年06月 有価証券届出書 7.13 7.63 6.79 6.98
18年09月 18年06月 有価証券報告書 7.13 7.63 6.79 6.98
18年06月 17年06月 有価証券届出書 6.42 4.55 9.47 5.23
18年06月 17年06月 有価証券届出書 6.42 4.55 9.47 5.23
18年05月 17年06月 有価証券届出書 6.42 4.55 9.47 5.23

類似企業、業界、統計

類似企業業界統計比較例
20年04月 20/09/05

エニグモ の最新売上高、利益へ

当社は「世界を変える、新しい流れを。」というミッションの下、インターネットを通じて、法人・個人の垣根を壊し、誰もが多様な専門性を生かすことで今まで存在しなかった新しい価値を創造する、Specialty Market Place(スペリャルティマーケットプレイス)「BUYMA(バイマ)」を中心とした事業を展開しております。当社は、パーソナルショッパーと呼ばれる専門性の高い出品者が世界中の話題のアイテ...

サイト運営(通販)

20年06月 20/08/16

オークファン の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社と連結子会社3社で構成されております。当社は、「あらゆる人が、あらゆる場所で、あらゆるモノを売り買いできる新たな時代を創る」ことをミッションに掲げ、「グローバルな循環型消費社会の先 駆者であり続ける」というビジョンのもとに、唯一無二の『データ×流通プラットフォーム』のサービスを展開しております。「予想していたよりも冷夏だった」、「競合製品に顧客を奪われてしまった」、「パッケージ変...

サイト運営(専門情報・SNS)

赤字あり 20年06月 20/08/16

BASE の最新売上高、利益へ

当社グループは、「Payment to the People, Power to the People.」をミッションとして掲げ、当社、連結子会社であるPAY株式会社及びBASE BANK株式会社の計 3社で構成されており、Eコマースプラットフォーム、オンライン決済サービス及び資金調達サービス等の事業を営んでおります。当社は、Eコマースプラットフォーム「BASE」を提供するBASE事業を、連結子会社...

サイト運営(通販)

20年06月 20/08/16

オークネット の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び連結子会社15社(他に非連結子会社9社)、持分法適用関連会社1社(他に持分法を適用していない関連会社10社)で構成されており、中古車を中心として、中古スマートフォン・中古PC等 の中古デジタル機器、ブランド品、中古バイク、花き(切花・鉢物)等のオークション関連事業を主たる業務としております。当事業は、インターネットによる中古車の業者間取引関連ビジネスを、中古自動車販売業者等に...

サイト運営(専門情報・SNS)

赤字あり 20年06月 20/08/07

LINE の最新売上高、利益へ

当社グループは、メッセンジャー・プラットフォームとなる「LINE」を基盤とし、その上でゲームや音楽配信サービス等のコンテンツサービスや広告、モバイル送金・決済を含む金融サービスを提供しております。コア 事業は、広告、コミュニケーション、コンテンツ等から構成されます。広告サービスにはディスプレイ広告、アカウント広告、その他の広告が含まれます。コミュニケーションには、主にスタンプ・絵文字等が含まれます。...

ゲーム・スマホアプリ

赤字あり 20年06月 20/08/16

ピクスタ の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社(ピクスタ株式会社)及び連結子会社2社(スナップマート株式会社及びTopic Images Inc.)によって構成されております。当社グループは、「才能をつなぎ、世界をポジティブに する」ことを企業理念として掲げ、インターネットを最大限活用し、価値を生む人とそれを活かす人を最大多数結びつけ、多様性に富む活気ある社会の実現に貢献していくことを目指しております。「PIXTA」は、イン...

サイト運営(通販)

赤字あり 20年06月 20/08/16

グローバルウェイ の最新売上高、利益へ

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社グローバルウェイ)、子会社2社(株式会社タイムチケット、TimeTicket GmbH)により構成されており、事業の種類別にソーシャル・ウェブメ ディア事業、ビジネスアプリケーション事業及びシェアリングビジネス事業の3つを報告セグメントとしております。ソーシャル・ウェブメディア事業ではITシステムに対する理解を強みとして、社会人や就職活動生(以...

サイト運営(専門情報・SNS)

赤字あり 20年04月 20/06/19

SKIYAKI の最新売上高、利益へ

当社グループは、当社及び連結子会社6社((株)ロックガレージ、(株)SKIYAKI LIVE PRODUCTION、(株)SKIYAKI APPS、(株)SEA Global、SKIYAKI 65 P te. Ltd.及びSKIYAKI 82 Inc.)、持分法適用会社4社(Remember(株)、(株)3DAY、(株)コンテンツレンジ及びディグ(株))により構成されております。また、当社グループは...

サイト運営(専門情報・SNS)

20年06月 20/08/16

ジモティー の最新売上高、利益へ

当社は「地域の今を可視化して、人と人の未来をつなぐ」という経営理念のもと、地域に存在する情報を隅々までいきわたらせ、生活の中で生まれる問題を地域の人・お店同士で補い合える仕組みを提供するため、地元情報 のプラットフォーム「ジモティー」を運営しております。「ジモティー」は、クラシファイドサイトと呼ばれる形態をとっております。クラシファイドサイトとは、地域や目的によって分類された募集広告を、一覧形式で掲...

サイト運営(専門情報・SNS)

20年06月 20/08/07

シュッピン の最新売上高、利益へ

当社は初心者から愛好家までの幅広い層を対象に、「インターネットを利用して価値ある新品と中古品(注)1の安心・安全なお取引を行うこと」を目標に事業を展開しております。その中の中古品市場は、中古ビジネスへ の注目から多様な業態が参入したことによるBtoC取引の増加、スマートフォンによる購入環境の進化と取扱品の多様化によるユーザー層の広がりによって、インターネットオークション、フリマアプリなどを利用したC...

リサイクルショップ

精密機器業界 (大)

良い企業の割合: 38 % ( 伸び率: -39 % )

アパレル・雑貨業界 (大)

良い企業の割合: 20 % ( 伸び率: -57 % )

通信業界 (大)

良い企業の割合: 60 % ( 伸び率: -19 % )

広告業界 (大)

良い企業の割合: 54 % ( 伸び率: -9 % )

放送業界 (大)

良い企業の割合: 25 % ( 伸び率: -64 % )

電子機器・情報通信機器業界 (大)

良い企業の割合: 45 % ( 伸び率: -27 % )

電子部品・デバイス業界 (大)

良い企業の割合: 43 % ( 伸び率: 40 % )

林業・木材業界 (大)

良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -26 % )

飲料業界 (大)

良い企業の割合: 22 % ( 伸び率: -67 % )

畜産業界 (大)

良い企業の割合: 86 % ( 伸び率: 129 % )